メインメニューを開く

2003年スペイングランプリ (Gran Premio Marlboro de Espana) は、2003年F1世界選手権の第5戦として、2003年5月4日にカタロニアサーキットで開催された。

スペインの旗 2003年スペイングランプリ
レース詳細
2003年F1世界選手権全16戦の第5戦
Barcelona 2000.jpg
日程 2003年シーズン
決勝開催日 5月4日
正式名称 Gran Premio Marlboro de Espana
開催地 カタロニアサーキット
スペイン バルセロナ
コース Permanent racing facility
コース長 4.730
レース距離 307.324
決勝日天候 Clear
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:17.762
ファステストラップ
ドライバー ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ
タイム 1:20.143
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 ルノー
3位 フェラーリ
スタート時


目次

予選編集

フェラーリは開幕戦5目にして新車、F2003-GAをデビューさせ、早速ミハエル・シューマッハがポールポジションを獲得した。GAは同年1月に死去した元フィアット会長のジャンニ・アニェッリのイニシャルに因む。

ルノーフェルナンド・アロンソは地元グランプリで予選3位を獲得。スターティンググリッドの1列目がフェラーリ、2列目がルノーという並びになった。ポイントリーダーのキミ・ライコネンは予選アタックでオーバーランし、最後尾スタートとなった。

順位 No ドライバー コンストラクター Q2
1 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1:17.762
2 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1:18.020 +0.258
3 8   フェルナンド・アロンソ ルノー 1:18.233 +0.471
4 7   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 1:18.615 +0.853
5 17   ジェンソン・バトン B・A・R-ホンダ 1:18.704 +0.942
6 20   オリビエ・パニス トヨタ 1:18.881 +1.049
7 4   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 1:19.006 +1.244
8 5   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 1:19.128 +1.366
9 3   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 1:19.377 +1.615
10 10   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバー-ペトロナス 1:19.427 +1.665
11 16   ジャック・ヴィルヌーヴ B・A・R-ホンダ 1:19.563 +1.801
12 14   マーク・ウェバー ジャガー-コスワース 1:19.615 +1.853
13 21   クリスチアーノ・ダ・マッタ トヨタ 1:19.623 +1.861
14 9   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 1:19.646 +1.884
15 12   ラルフ・ファーマン ジョーダン-フォード 1:20.215 +2.453
16 15   アントニオ・ピッツォニア ジャガー-コスワース 1:20.308 +2.546
17 11   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダン-フォード 1:20.976 +3.214
18 18   ジャスティン・ウィルソン ミナルディ-コスワース 1:22.104 +4.342
19 19   ヨス・フェルスタッペン ミナルディ-コスワース 1:22.237 +4.475
20 6   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 1:31.900 +14.138

決勝編集

スタートではグリッド上でエンジンストールしたアントニオ・ピッツォニアのマシンにライコネンが追突して両者リタイア。1コーナーではヤルノ・トゥルーリデビッド・クルサードが接触し、トゥルーリはリタイア、クルサードは最後尾へ転落した。事故処理のため、4周目までセーフティカーが出動した。

上位はグリッド通りシューマッハ、バリチェロ、アロンソの順で走行していたが、1回目のピットストップでアロンソが2位に浮上した。クルサードは18周目に再度1コーナーでジェンソン・バトンと接触してリタイアとなった。今シーズン、マクラーレンチームにとって2台がリタイアした初のレースとなった。

レース終盤はラルフ・シューマッハクリスチアーノ・ダ・マッタの5位争いのバトルが白熱する。ダ・マッタはラルフを抜けなかったものの、6位で初入賞を果たした。最初のセーフティカー出動中に燃料給油を行っていたラルフ・ファーマンも8位で初入賞した。

ミハエル・シューマッハは新車F2003-GAのデビューウィンを達成。5秒差の2位でフィニッシュしたアロンソは、スペインGPで表彰台に上った最初のスペイン人ドライバーとなった。アロンソは「最終ラップになって、大勢の観客が旗を振りながら応援してくれるのを見たときの気持ちは、言葉なんかじゃ言い表せないよ[1]」と感激を露わにした。

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 65 1:33:46.933 1 10
2 8   フェルナンド・アロンソ ルノー 65 +5.716 3 8
3 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 65 +18.001 2 6
4 3   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 65 +1:02.022 9 5
5 4   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 64 +1 Lap 7 4
6 21   クリスチアーノ・ダ・マッタ トヨタ 64 +1 Lap 13 3
7 14   マーク・ウェバー ジャガー-コスワース 64 +1 Lap 12 2
8 12   ラルフ・ファーマン ジョーダン-フォード 63 +2 Laps 15 1
9 17   ジェンソン・バトン B・A・R-ホンダ 63 +2 Laps 5  
10 9   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 63 +2 Laps 14  
11 18   ジャスティン・ウィルソン ミナルディ-コスワース 63 +2 Laps 18  
12 19   ヨス・フェルスタッペン ミナルディ-コスワース 62 +3 Laps 19  
リタイア 11   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダン-フォード 43 エンジン 17  
リタイア 20   オリビエ・パニス トヨタ 41 ギアボックス 6  
リタイア 10   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバー-ペトロナス 38 サスペンション 10  
リタイア 5   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 17 接触 8  
リタイア 16   ジャック・ヴィルヌーヴ B・A・R-ホンダ 12 電気系 11  
リタイア 7   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 0 接触 4  
リタイア 15   アントニオ・ピッツォニア ジャガー-コスワース 0 ローンチコントロール 16  
リタイア 6   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 0 接触 20  

第5戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照編集

  1. ^ 『F1速報 2003 総集編』、ニューズ出版、2003年、110頁。

外部リンク編集