メインメニューを開く

2003年自由民主党総裁選挙(2003ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、2003年9月20日に行われた自由民主党総裁選挙である。

概要編集

小泉純一郎総裁の任期満了に伴って行われた総裁選挙である。この選挙で選出された総裁から任期が2年から3年に延長された。各都道府県連の持ち票が党員数に応じてそれぞれ3票から11票ずつ配分された。

2001年4月以降の小泉政権、約2年間半の実績が党内で問われた選挙になった。

当時自民党最大派閥の橋本派は、青木幹雄ら小泉再選を支持するグループと野中広務藤井孝男を擁立するグループとの分裂選挙となり弱体化を印象づけた。野中の「毒まんじゅう」発言が出たのはこのときのことである。

立候補者編集

選挙の開票結果編集

得票数 議員票 党員票
小泉純一郎 399票 194票 205票
亀井静香 139票 66票 73票
藤井孝男 65票 50票 15票
高村正彦 54票 47票 7票

外部リンク編集