メインメニューを開く

2004年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

2004年のオーストラリアグランプリは、ロードレース世界選手権2004年シーズン第15戦として、10月15日から17日までオーストラリアフィリップアイランド・サーキットで開催された。この年のレースでは、250ccクラスとMotoGPクラスでライダーズチャンピオンが決定した。

オーストラリアの旗   2004年のオーストラリアグランプリ
レース詳細
2004年のロードレース世界選手権 全16戦中第15戦
Phillip Island Grand Prix Circuit.svg
決勝日 2004年10月17日
開催地 フィリップアイランド・サーキット
開催コース 常設サーキット
4.445km
MotoGP
ポールポジション ファステストラップ
スペインの旗 セテ・ジベルナウ イタリアの旗 ロリス・カピロッシ
1:30.122 1:31.102
表彰台
1. イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ
2. スペインの旗 セテ・ジベルナウ 3. イタリアの旗 ロリス・カピロッシ


250 cc
ポールポジション ファステストラップ
アルゼンチンの旗 セバスチャン・ポルト アルゼンチンの旗 セバスチャン・ポルト
1:32.099 1:33.381
表彰台
1. アルゼンチンの旗 セバスチャン・ポルト
2. サンマリノの旗 アレックス・デ・アンジェリス 3. サンマリノの旗 マヌエル・ポジャーリ
125 cc
ポールポジション ファステストラップ
イタリアの旗 ロベルト・ロカテリ イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ
1:37.417 1:38.024
表彰台
1. イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ
2. スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ 3. オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー


概要編集

125ccクラス決勝では、前戦でチャンピオンを確定させたアンドレア・ドヴィツィオーゾホルヘ・ロレンソケーシー・ストーナーとの三つ巴のバトルを制し、シーズン5勝目を挙げた。ロレンソとストーナーは同タイムでのフィニッシュとなったが、写真判定の結果ロレンソが2位となった[1]

250ccクラスでは、ポイントリーダーのダニ・ペドロサはランキング2位のセバスチャン・ポルトが勝ったとしても13位以上でフィニッシュすればタイトルを獲得できる有利な状況となっていた[2]。決勝レースでは、ポールポジションからスタートしたポルトが独走し、シーズン5勝目を挙げた。ペドロサはリスクを避けた走りで4位でフィニッシュし、前年の125ccクラスに続いて2クラス連覇(カルロ・ウビアリ以来44年ぶり[3])、史上最年少(19歳と18日)の250ccクラス世界チャンピオンに輝いた[4]

MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシが今回タイトルを獲得するには、ランキング2位のセテ・ジベルナウに5ポイント以上差を詰められないことが条件となっていた[5]。決勝レースでは、僅かな逆転の可能性に賭けてポールポジションからスタートしたジベルナウとロッシの熾烈なバトルが展開された。最後は僅か0.097秒差でロッシが抑えきり、シーズン8勝目でチャンピオンを確定させた。これはロッシ自身にとって、ホンダでの3連覇に続いて4年連続となる最高峰クラスタイトル獲得となった。異なるメーカーで連覇を遂げたのは、1989年エディ・ローソン(ヤマハ→ホンダ)以来の快挙となった。またヤマハにとっては、1992年ウェイン・レイニー以来のライダーズタイトルとなった[6]

MotoGPクラス決勝結果編集

250ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   セバスチャン・ポルト アプリリア 39:24.604 1 25
2   アレックス・デ・アンジェリス アプリリア +5.941 2 20
3   マヌエル・ポジャーリ アプリリア +13.289 3 16
4   ダニ・ペドロサ ホンダ +14.966 4 13
5   トニ・エリアス ホンダ +46.083 9 11
6   チャズ・デイビス アプリリア +55.140 10 10
7   青山博一 ホンダ +1:01.014 7 9
8   シルバン・ギュントーリ アプリリア +1:04.684 13 8
9   ヨハン・シュティーグフェルト アプリリア +1:07.656 12 7
10   ロベルト・ロルフォ ホンダ +1:09.889 17 6
11   アレックス・デボン ホンダ +1:13.572 11 5
12   ユーゴ・マルシャン アプリリア +1:13.608 19 4
13   ヤコブ・シュムルツ ホンダ +1:14.681 14 3
14   ダビド・デ・ヘア ホンダ +1:21.473 18 2
15   松戸直樹 ヤマハ +1:21.515 15 1
16   エクトル・ファウベル アプリリア +1:26.860 27
17   グレゴリー・ルブラン アプリリア +1:30.317 22
18   Joshua Waters ホンダ +1 Lap 28
19   ラドミル・ロウス アプリリア +1 Lap 24
Ret   デューク・ヘイドルフ アプリリア 棄権 25
Ret   アレックス・バルドリーニ アプリリア 棄権 20
Ret   ホアン・オリベ アプリリア 棄権 21
Ret   関口太郎 ヤマハ 棄権 26
Ret   フランコ・バッタイーニ アプリリア 棄権 8
Ret   ランディ・ド・プニエ アプリリア 棄権 5
Ret   フォンシ・ニエト アプリリア 棄権 6
Ret   エルワン・ナイゴン ヤマハ 棄権 16

125ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   アンドレア・ドヴィツィオーゾ ホンダ 38:01.877 5 25
2   ホルヘ・ロレンソ デルビ +0.123 2 20
3   ケーシー・ストーナー KTM +0.123 3 16
4   ロベルト・ロカテリ アプリリア +2.480 1 13
5   スティーブ・イェンクナー アプリリア +5.336 4 11
6   エクトル・バルベラ アプリリア +5.415 8 10
7   ジーノ・ボルソイ アプリリア +5.448 6 9
8   マイク・ディ・メッリオ アプリリア +17.976 16 8
9   アルバロ・バウティスタ アプリリア +18.404 24 7
10   セルヒオ・ガデア アプリリア +18.427 14 6
11   ガボール・タルマクシ マラグーティ +18.501 12 5
12   ルーカス・ペセック ホンダ +18.530 11 4
13   ミルコ・ジャンサンティ アプリリア +18.739 9 3
14   アンドレア・バレリーニ アプリリア +19.331 19 2
15   パブロ・ニエト アプリリア +19.826 13 1
16   シモーネ・コルシ ホンダ +27.971 21
17   ジョエレ・ペリーノ アプリリア +27.983 29
18   マティア・パシーニ アプリリア +27.996 23
19   トーマス・ルティ ホンダ +28.006 22
20   フリアン・シモン アプリリア +28.892 10
21   イムレ・トス アプリリア +40.943 20
22   ダリオ・ギウセペッティ ホンダ +41.080 26
23   ヴェサ・カリオ アプリリア +48.127 27
24   ロレンツォ・ザネッティ ホンダ +55.439 25
25   マックス・サバターニ ホンダ +1:28.474 33
26   レイモンド・スカウテン ホンダ +1:28.656 32
27   Matthew Kuhne ホンダ +1:28.730 30
28   ジョルディ・カルチャノ アプリリア +1:36.917 34
29   Bryan Staring ホンダ +3 Laps 31
Ret   ミカ・カリオ KTM 棄権 7
Ret   ファブリツィオ・ライ ジレラ 棄権 18
Ret   ステファノ・ペルジーニ ジレラ 棄権 15
Ret   マヌエル・マンナ マラグーティ 棄権 28
Ret   アンヘル・ロドリゲス デルビ 棄権 17

脚注編集

参考文献編集