メインメニューを開く

できごと編集

下記のスポーツはそれぞれの個別記事を参照すること。

2004年の野球プロ野球MLB)、2004年のバレーボール2004年のバスケットボール2004年の日本競馬2004年のNFL

ただし上記に含まれるスポーツのうち、世界的な影響があった事件、一般社会に対しても長期的かつ大きな影響を及ぼした事件や快挙、複数のスポーツに跨る事態等については本項に重複記載する。

総合競技大会編集

順位 国・地域
1   アメリカ 35 39 29 103
2   中国 32 17 14 63
3   ロシア 27 27 38 92
4   オーストラリア 17 16 16 49
5   日本 16 9 12 37
6   ドイツ 14 16 18 47
7   フランス 11 9 13 31
8   イタリア 10 11 11 32
9   韓国 9 12 9 30
10   イギリス 9 9 12 30
詳細はメダル受賞数一覧を参照

アイスホッケー編集

アメリカンフットボール編集

競艇編集

競馬編集

平地競走編集

騎手

障害競走編集

騎手

繋駕速歩(トロット)編集

繋駕速歩(ペース)編集

ばんえい編集

JRA賞・NAR賞編集

競輪編集

ゴルフ編集

サッカー編集

日本編集

国際編集

相撲編集

テニス編集

グランドスラム編集

男子でフェデラーが「16年ぶり」に年間3冠を獲得。女子は全仏オープンのミスキナを皮切りに、3大会連続でロシア勢が優勝した。

アテネオリンピック編集

日本編集

バスケットボール編集

バレーボール編集

プロレス編集

ボクシング編集

プロボクシング編集

日本のジム所属選手の世界戦編集

詳細はタイトルマッチを参照

年間表彰選手編集

詳細は年間表彰選手を参照

モータースポーツ編集

F1編集

野球編集

ラグビー編集

陸上競技編集

駅伝編集

マラソン編集

スポーツの賞編集

誕生編集

死去編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「安田矩明氏(中京大名誉教授)死去 ローマ五輪棒高跳び代表」読売新聞2004年4月17日付朝刊、中部版社会面31ページ
  2. ^ 「安田矩明さん 68歳 死去=ローマ五輪陸上棒高跳び代表、中京大名誉教授」毎日新聞2004年4月17日付朝刊、東京版スポーツ面21ページ