メインメニューを開く
2004年の全日本GT選手権
前年: 2003 翌年: 2005

2004年の全日本GT選手権JGTC)は、2004年4月3・4日にTIサーキット英田で開幕し、11月20・21日に鈴鹿サーキットで閉幕する全7戦と、12月18・19日にカリフォルニア・スピードウェイでのオールスター戦(ノンタイトルレース)とのシリーズである。この年をもってJGTCは終焉を迎え、2005年よりSUPER GTに移行した。

目次

前年からの主な変更点編集

レーススケジュール編集

マシン(GT500)編集

フェアレディZ編集

 
2006年のFoSでのザナヴィニスモZ

日産自動車陣営は、日産・スカイラインGT-Rの販売終了(2002年8月)の関係から、この年より参戦車種をフェアレディZ(Z33)に変更した。ただしエンジンは、2002年シーズン途中からGT-Rに搭載されていたVQ30DETTを継続使用している。

NSX編集

 
RAYBRIG NSX

本田技研工業陣営は、NSX自然吸気エンジンの開発が一定の技術的限界に達したとして、前年までのC32B型エンジンから、新たにC30A型エンジンにターボを追加した新エンジンを投入した。

スープラ編集

トヨタ自動車陣営は前年同様スープラを継続使用。ただしレギュレーションの関係[2]から、3UZ-FEエンジンの排気量を5.2Lから4.5Lに引き下げている。

フェラーリ・550マラネロ編集

HITOTSUYAMA RACINGがこれまでのマクラーレン・F1GTRに変わって、フェラーリ・550マラネロを投入[3]FIA-GT選手権で走っているマシンそのもので、ワークスカーに対抗するためフロントタイヤの大径化とリアウイングの大型化の改造を施した。

ランボルギーニ・ムルシエラゴ編集

 
セパンでのAMPREXムルシエラゴ R-GT

JLOCがこれまでのディアブロに代わって、ランボルギーニ・ムルシエラゴRG-1を投入。第2戦から登場するが、参戦当初はトラブルに苦しみ一旦ヨーロッパに送り返して新たに作り直された。そのため、第4戦では旧型のディアブロが復帰した。
また、アンプレックス・モータースポーツがムルシエラゴR-GTを投入。第3戦と第4戦にスポット参戦した。

VEMAC RD408R編集

R&D SPORTがVEMAC RD408Rを投入。前年投入したRD350Rでの経験を基に、よりパワーのある無限MF408Sエンジンに変更。車体もそれに合わせて改良された。開発が遅れたため、最終戦のみの参戦となった。

マシン(GT300)編集

  • RE雨宮パイプフレームシャシーのRX-7を第2戦から投入。
  • ガライヤが前年までのSR20DETエンジンからVQ35DEエンジンに変更された。
  • aprMR-Sの新車を投入。エンジンを縦置きに改め、シャシーもパイプフレーム化、エンジンもウォーターインジェクション搭載のものになった。
  • M-TECが前年までGT500クラスに参戦していたNSXをコンバートして参戦。もともとの性能が高いためあえてドアミラーを純正のものにし、インテークも500クラスと違うものだった。外観は若干独自の改良が施された程度で後は前年までのGT500クラスのマシンそのものであった。最終戦ではインテークとドアミラーの形状がGT500クラスと同じものになった。
  • アークテックモータースポーツが独自開発したポルシェ・968を投入。すでに古い車であったが、パイプフレームシャシーなど最新技術を投入した。

エントリーリスト編集

GT500クラス編集

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 ザナヴィニスモZ   本山哲
  リチャード・ライアン
NISMO B
3 G'ZOX・SSR・ハセミ Z   金石年弘
  エリック・コマス
ハセミモータースポーツ B
6 エッソウルトラフロースープラ   脇阪寿一
  飯田章
ESSO TOYOTA Team LeMans B
8 ARTA NSX   金石勝智
  伊藤大輔
AUTOBACS RACING TEAM AGURI B
12 カルソニックIMPULZ   ブノワ・トレルイエ
  井出有治
TEAM IMPUL B
15 AMPREXムルシエラゴ R-GT   橋本元次
  ノーマン・サイモン
AMPREX MOTORSPORTS M
18 TAKATA 童夢 NSX   道上龍
  セバスチャン・フィリップ
童夢レーシングチーム B
21 フェラーリ550GTSマラネロ   光貞秀俊
  植松忠雄
HITOTSUYAMA RACING D
22 モチュール ピットワーク Z   影山正美
  ミハエル・クルム
NISMO B
25 ECLIPSE ADVAN スープラ   織戸学
  ドミニク・シュワガー
TEAM ADVAN・ツチヤ Y
32 EPSON NSX   松田次生
  アンドレ・ロッテラー
EPSON NAKAJIMA RACING B
35 イエローハットスープラ   服部尚貴
  脇阪薫一
KRAFT D
36 WOODONEトムススープラ   土屋武士
  マルコ・アピチェラ
TOYOTA TEAM TOM'S B
37 DYNACITYトムススープラ   ジェームス・コートニー
  片岡龍也
TOYOTA TEAM TOM'S B
38 auセルモスープラ   立川祐路
  荒聖治
TOYOTA TEAM CERUMO B
39 デンソー サードスープラ GT   ジェレミー・デュフォア
  アンドレ・クート
TOYOTA TEAM SARD B
62 Vemac R&D DUNLOP 408R   柴原眞介
  密山祥吾
アールアンドデースポーツ D
88 JLOC ムルシェRG-1   山西康司
  WADA-Q
JLOC Y
100 RAYBRIG NSX   中野信治
  加藤寛規
チーム国光 with MOONCRAFT B

タイヤ=BブリヂストンYヨコハマDダンロップMミシュランKクムホHハンコックBFグッドリッチ

GT300クラス編集

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
2 プリヴェチューリッヒ・クムホ NSX   高橋一穂
  渡辺明
ベルノ東海ドリーム28 K
5 プロジェクトμB-1マッハ号GT320R   玉中哲二
  三船剛
TEAMマッハ Y
7 雨宮アスパラドリンクRX7   山路慎一
  井入宏之
RE雨宮レーシング Y
9 ADVAN K-STADIUM MT   清水剛
  細川慎弥
A&S RACING Y
10 JIM Gainer アドバンF360   田中哲也
  余郷敦
Team GAINER Y
11 JIM RodeoDrive アドバンF360   松田秀士
  菅一乗
Team GAINER Y
16 M-TEC NSX   山野哲也
  八木宏之
M-TEC CO., LTD. D
17 エスペリア Kosei セリカ   長嶋正興
  松永まさひろ
SPIRIT Motorsport Y
19 ウェッズスポーツセリカ   青木孝行
  谷口信輝
RACING PROJECT BANDOH Y
20 FK/Massimo ADVAN ポルシェ   和田博
  井上貴志
HITOTSUYAMA RACING Y
26 エンドレスタイサンADVAN GT3R   山岸大
  井尻薫
TEAM TAISAN Y
30 RECKLESS MR-S   佐々木孝太
  後藤聡
TEAM RECKLESS BF
31 A'PEX i-mobisess MR-S   田中実
  松田晃司
A'PEX with apr BF
43 ARTA Garaiya   新田守男
  高木真一
AUTOBACS RACING TEAM AGURI BF
51 NSC・AUTO-STAFF・ADVANシルビア   加藤正将
  筒井克彦
AUTO STAFF RACING Y
52 プロジェクトμ太陽石油セリカ   竹内浩典
  西澤誠剛
TOYOTA TEAM CERUMO D
63 LEYJUNダンロップ320R   OSAMU
  壷林貴也
TEAM LEYJUN D
70 フィールズ外国屋ADVANポルシェ   石橋義三
  ヒロミ
TEAM GAIKOKUYA Y
72 アドバンBOROポルシェ   平川晃
  福山英朗
TEAM GAIKOKUYA Y
77 クスコスバルADVANインプレッサ   小林且雄
  谷川達也
CUSCO RACING Y
80 エンドレスダイシンアドバンZ   木下みつひろ
  星野一樹
TEAM DAISHIN Y
81 シーウエストダイシンアドバンZ   柳田真孝
  尾本直史
TEAM DAISHIN Y
111 ARKTECH ENDLESS ADVAN GT4   飯島寛也
  大井貴之
アークテックモータスポーツ Y
112 ARKTECH ADVAN GT3   Guts城内
  澤圭太
アークテックモータスポーツ K
910 高見沢整骨院アドバンポルシェ   高見沢一吉
  砂子塾長
910 RACING Y

タイヤ=BブリヂストンYヨコハマDダンロップMミシュランKクムホHハンコックBFグッドリッチ

スケジュール及び勝者編集

開催日 開催サーキット レース距離 GT500優勝者 GT300優勝者
第1戦 4月3日・4日 TIサーキット英田 約300km 本山哲
リチャード・ライアン
日産・フェアレディZ
田中哲也
余郷敦
フェラーリ・360モデナ
第2戦 5月22日・23日 スポーツランドSUGO 約300km 立川祐路
荒聖治
トヨタ・スープラ
青木孝行
谷口信輝
トヨタ・セリカ
第3戦 6月18日・19日 セパンサーキット 約300km ジェレミー・デュフォア
アンドレ・クート
(トヨタ・スープラ)
山路慎一
井入宏之
マツダ・RX-7
第4戦 7月17日・18日 十勝インターナショナル
スピードウェイ
約300km 影山正美
ミハエル・クルム
(日産・フェアレディZ)
新田守男
高木真一
ASL・ガライヤ
第5戦 9月4日・5日 ツインリンクもてぎ 約300km 松田次生
アンドレ・ロッテラー
ホンダ・NSX
新田守男
高木真一
(ASL・ガライヤ)
第6戦 10月30日・31日 オートポリス 約300km 本山哲
リチャード·ライアン
(日産・フェアレディZ)
山路慎一
井入宏之
(マツダ・RX-7)
第7戦 11月20日・21日 鈴鹿サーキット 約300km ブノワ・トレルイエ
井出有治
(日産・フェアレディZ)
山野哲也
八木宏之
(ホンダ・NSX)
All star 12月18日・19日 カリフォルニア・スピードウェイ 200miles 金石年弘
エリック・コマス
(日産・フェアレディZ)
山野哲也
八木宏之
黒澤治樹
(ホンダ・NSX)
36.25miles 松田次生
アンドレ・ロッテラー
(ホンダ・NSX)
新田守男
高木真一
(ASL・ガライヤ)

ポイントランキング編集

ドライバー編集

決勝順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント 20 15 12 8 6 5 4 3 2 1
予選順位 1位 2位 3位
ポイント 2 1 1
決勝ベストラップ順位 1位 2位 3位
ポイント 1 1 1

GT500編集

順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント All star All star
1 1 本山哲
リチャード・ライアン
1 15DNS 3 17Ret 3 1 7 73 9Ret 7DNS
2 39 ジェレミー・デュフォア
アンドレ・クート
3 13Ret 1 7 6 2 8 61 11- 11-
3 6 脇阪寿一
飯田章
2 11 14 2 2 4 17Ret 57 12- 12-
4 3 金石年弘
エリック・コマス
6 6 4 3 7 17Ret 3 50 1 5
5 38 立川祐路
荒聖治
5 1 7 14 10 11 4 45 13- 13-
6 37 ジェームス・コートニー
片岡龍也
11 3 5 5 4 6 6 44 5 2
7 36 土屋武士
マルコ・アピチェラ
7 7 10 4 5 7 2 43 14- 14-
8 32 松田次生
アンドレ・ロッテラー
10 4 9 6 1 12 5 42 2 1
9 22 影山正美
ミハエル・クルム
9 14Ret 6 1 8 9 18Ret 39 8Ret 8DNS
10 35 服部尚貴
脇阪薫一
4 5 2 9 13 8 16 37 3 6Ret
11 12 ブノワ・トレルイエ
井出有治
8 10 17Ret 11 16Ret 5 1 35 4 9DNS
12 25 織戸学
ドミニク・シュワガー
14 2 16Ret 13 12 3 10 31 15- 15-
13 100 中野信治
加藤寛規
16Ret 8 15 10 9 10 9 9 6 4
14 18 道上龍
セバスチャン・フィリップ
12 12 8 8 15 14 12 6 10Ret 3
15 8 金石勝智
伊藤大輔
13 9 11 12 11 13 11 2 7Ret 10DNR
16 15 橋本元次
ノーマン・サイモン
17- 18- 12 15 18- 18- 18- 0 16- 16-
17 21 光貞秀俊
植松忠雄
15 16DNQ 13 16 14 15 14 0 17- 17-
18 62 柴原眞介
密山祥吾
18- 19- 19- 19- 19- 19- 13 0 18- 18-
19 88 山西康司
WADA-Q
19- 17DNQ 18Ret 18DNQ 17Ret 16Ret 15 0 19- 19-

チーム編集

GT500編集

順位 No チーム Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント All star All star
1 1 NISMO 1 15DNS 3 17Ret 3 1 7 98 9Ret 7DNS
22 9 14Ret 6 1 8 9 18Ret 8Ret 8DNS
2 39 TOYOTA TEAM SARD 3 13Ret 1 7 6 2 8 61 11- 11-
3 36 TOYOTA TEAM TOM'S 7 7 10 4 5 7 2 60 12- 12-
37 11 3 5 5 4 6 6 5 2
4 6 ESSO TOYOTA Team LeMans 2 11 14 2 2 4 17Ret 57 13- 13-
5 3 ハセミモータースポーツ 6 6 4 3 7 17Ret 3 50 1 5
6 38 TOYOTA TEAM CERUMO 5 1 7 14 10 11 4 45 14- 14-
7 32 EPSON NAKAJIMA RACING 10 4 9 6 1 12 5 42 2 1
8 35 KRAFT 4 5 2 9 13 8 16 37 3 6Ret
9 12 TEAM IMPUL 8 10 17Ret 11 16Ret 5 1 35 4 9DNS
10 25 TEAM ADVAN・ツチヤ 14 2 16Ret 13 12 3 10 31 15- 15-
11 100 チーム国光 with MOONCRAFT 16Ret 8 15 10 9 10 9 9 6 4
12 16 童夢レーシングチーム 12 12 8 8 15 14 12 6 10Ret 3
13 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 13 9 11 12 11 13 11 2 7Ret 10DNR
14 15 AMPREX MOTORSPORTS 17- 18- 12 15 18- 18- 18- 0 16- 16-
15 21 HITOTSUYAMA RACING 15 16DNQ 13 16 14 15 14 0 17- 17-
16 62 アールアンドデースポーツ 18- 19- 19- 19- 19- 19- 13 0 18- 18-
17 88 JLOC 19- 17DNQ 18Ret 18DNQ 17Ret 16Ret 15 0 19- 19-

脚注編集

  1. ^ 松田秀士 (2003年12月3日). “オールスター戦は海外で2戦開催 2004年JGTCの日程変更”. モータースポーツ. AllAbout. http://allabout.co.jp/gm/gc/192307/ 2016年5月8日閲覧。 
  2. ^ レギュレーションで装着が義務づけられているリストリクター径が、前年まではエンジン排気量が3.5L以上全て同一サイズから、3.5L以上4.5Lまで、4.5L以上5.5Lまで、5.5L以上とより細分化された。
  3. ^ “植松忠雄、2004年度全日本GT選手権体制発表!!”. TEAM UEMATSU RACING SITE. 株式会社ウエマツ. (2004年4月). http://www.uematsu.co.jp/race/news/bn03.html 2016年5月8日閲覧。 

関連項目編集