メインメニューを開く

2004年の南アフリカグランプリ (ロードレース)

2004年の南アフリカグランプリは、ロードレース世界選手権2004年シーズン開幕戦として、4月16日から18日まで南アフリカ共和国パキサ・フリーウェイ(ウェルコム・サーキット)で開催された。1999年から始まった同地での南アフリカGPだったが、この年が現在のところ最後の開催となっている。

南アフリカ共和国の旗   2004年の南アフリカグランプリ
レース詳細
2004年のロードレース世界選手権 全16戦中第1戦
Phakisa Freeway - Road course.svg
決勝日 2004年4月18日
開催地 ウェルコム
開催コース 常設サーキット
4.242km
MotoGP
ポールポジション ファステストラップ
イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ イタリアの旗 マックス・ビアッジ
1:32.647 1:33.208
表彰台
1. イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ
2. イタリアの旗 マックス・ビアッジ 3. スペインの旗 セテ・ジベルナウ


250 cc
ポールポジション ファステストラップ
フランスの旗 ランディ・ド・プニエ アルゼンチンの旗 セバスチャン・ポルト
1:35.300 1:35.593
表彰台
1. スペインの旗 ダニ・ペドロサ
2. フランスの旗 ランディ・ド・プニエ 3. アルゼンチンの旗 セバスチャン・ポルト
125 cc
ポールポジション ファステストラップ
イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ イタリアの旗 ロベルト・ロカテリ
1:40.942 1:40.711
表彰台
1. イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ
2. イタリアの旗 ロベルト・ロカテリ 3. オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー


概要編集

125ccクラス決勝では、グランプリ3年目のアンドレア・ドヴィツィオーゾロベルト・ロカテリとのバトルを僅差で制し、初優勝を遂げた。続いてKTMケーシー・ストーナーがファイナルラップの最終コーナーでパブロ・ニエトをオーバーテイクし、3位表彰台に立った[1]

250ccクラスでは、前年度の125ccクラスチャンピオンのダニ・ペドロサがファイナルラップの最終コーナーでランディ・ド・プニエを追い抜き、クラスデビューウィンを達成した。セバスチャン・ポルトはトップ走行中の2周目にコースアウトを喫し、ロードコースから遠く離れたオーバルトラック(右記コース図の点線で描かれた部分)まで行ってしまい、22位にまで落ちる。しかしそこから怒濤の追い上げを見せ、最終的には3位表彰台に立つ活躍を見せた[2]

MotoGPクラスでは、ヤマハ移籍後初のレースとなるバレンティーノ・ロッシマックス・ビアッジキャメル・ホンダ・ポンス)とのマッチレースを制し、ヤマハに2002年のマレーシアGP以来となる勝利をもたらした。ウィニングラップ中にコース脇にマシンを停めたロッシはヘルメット越しにYZR-M1にキスをし、この特別な勝利に対する喜びを表した[3]

MotoGPクラス決勝結果編集

250ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   ダニ・ペドロサ ホンダ 42:04.690 4 25
2   ランディ・ド・プニエ アプリリア +0.536 1 20
3   セバスチャン・ポルト アプリリア +5.859 2 16
4   マヌエル・ポジャーリ アプリリア +24.561 3 13
5   アレックス・デ・アンジェリス アプリリア +30.018 5 11
6   アレックス・デボン ホンダ +30.653 15 10
7   フォンシ・ニエト アプリリア +31.458 6 9
8   トニ・エリアス ホンダ +31.458 11 8
9   ロベルト・ロルフォ ホンダ +31.940 7 7
10   フランコ・バッタイーニ アプリリア +35.643 10 6
11   青山博一 ホンダ +36.418 9 5
12   エクトル・ファウベル アプリリア +36.864 12 4
13   アルノー・ヴァンサン アプリリア +39.105 24 3
14   デューク・ヘイドルフ アプリリア +43.027 22 2
15   シルバン・ギュントーリ アプリリア +51.493 19 1
16   アンソニー・ウエスト アプリリア +51.699 20
17   ホアン・オリベ アプリリア +52.883 18
18   松戸直樹 ヤマハ +59.900 14
19   ユーゴ・マルシャン アプリリア +1:02.819 16
20   エルワン・ナイゴン ヤマハ +1:14.844 23
21   ヤコブ・シュムルツ ホンダ +1:15.026 21
22   関口太郎 ヤマハ +1:19.230 28
23   ヨハン・シュティーグフェルト アプリリア +1:21.627 26
24   マックス・サバターニ ヤマハ +1:28.990 29
25   グレゴリー・ルフォー アプリリア +1:29.832 27
Ret   クリスチャン・ゲンメル ホンダ 棄権 25
Ret   アレックス・バルドリーニ アプリリア 棄権 17
Ret   チャズ・デイビス アプリリア 棄権 13
Ret   エリック・バタイユ ホンダ 棄権 8

125ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   アンドレア・ドヴィツィオーゾ ホンダ 40:34.318 1 25
2   ロベルト・ロカテリ アプリリア +0.071 2 20
3   ケーシー・ストーナー KTM +2.203 5 16
4   パブロ・ニエト アプリリア +2.416 6 13
5   マイク・ディ・メッリオ アプリリア +12.312 4 11
6   ジーノ・ボルソイ アプリリア +13.270 12 10
7   ミルコ・ジャンサンティ アプリリア +14.457 3 9
8   スティーブ・イェンクナー アプリリア +15.046 18 8
9   アルバロ・バウティスタ アプリリア +24.835 8 7
10   エクトル・バルベラ アプリリア +25.266 11 6
11   フリアン・シモン アプリリア +29.356 10 5
12   ミカ・カリオ KTM +33.134 15 4
13   マティア・パシーニ アプリリア +33.237 20 3
14   シモーネ・コルシ ホンダ +33.682 21 2
15   宇井陽一 アプリリア +36.977 9 1
16   ホルヘ・ロレンソ デルビ +43.650 13
17   ステファノ・ペルジーニ ジレラ +45.230 19
18   ロビン・ハームス ホンダ +45.389 22
19   ダリオ・ギウセペッティ ホンダ +45.590 16
20   ルーカス・ペセック ホンダ +45.715 27
21   ファブリツィオ・ライ ジレラ +45.961 17
22   イムレ・トス アプリリア +46.129 25
23   セルヒオ・ガデア アプリリア +1:04.990 24
24   ヴェサ・カリオ アプリリア +1:05.784 26
25   マティア・アンジェローニ ホンダ +1:23.541 32
26   マヌエル・マンナ マラグーティ +1:23.753 31
27   ジョルディ・カルチャノ アプリリア +1:24.960 33
Ret   トーマス・ルティ ホンダ 棄権 23
Ret   マルコ・シモンチェリ アプリリア 棄権 7
Ret   アンドレア・バレリーニ アプリリア 棄権 29
Ret   ジョエレ・ペリーノ アプリリア 棄権 30
Ret   アンヘル・ロドリゲス デルビ 棄権 28
Ret   レイモンド・スカウテン ホンダ 棄権 34
Ret   ガボール・タルマクシ マラグーティ 棄権 14

脚注編集

参考文献編集