メインメニューを開く

2004年の日本グランプリ (ロードレース)

2004年の日本グランプリは、ロードレース世界選手権2004年シーズン第12戦として、9月17日から19日まで栃木県ツインリンクもてぎで開催された。前年までの4年間「パシフィックグランプリ 」として開催されてきたツインリンクもてぎでのGPだったが、この年から鈴鹿での開催が無くなったため、もてぎとしては1999年以来となる「日本グランプリ」の名前での開催となった。

日本の旗   2004年の日本グランプリ
レース詳細
2004年のロードレース世界選手権 全16戦中第12戦
Twin Ring Motegi road course map.svg
決勝日 2004年9月19日
開催地 ツインリンクもてぎ
開催コース 常設サーキット
4.801km
MotoGP
ポールポジション ファステストラップ
日本の旗 玉田誠 日本の旗 玉田誠
1:46.673 1:48.524
表彰台
1. 日本の旗 玉田誠
2. イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ 3. 日本の旗 中野真矢


250 cc
ポールポジション ファステストラップ
スペインの旗 ダニ・ペドロサ スペインの旗 ダニ・ペドロサ
1:52.137 1:52.788
表彰台
1. スペインの旗 ダニ・ペドロサ
2. スペインの旗 トニ・エリアス 3. 日本の旗 青山博一
125 cc
ポールポジション ファステストラップ
イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ
1:58.385 1:58.766
表彰台
1. イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ
2. イタリアの旗 ファブリツィオ・ライ 3. イタリアの旗 シモーネ・コルシ


目次

概要編集

125ccクラス決勝では序盤からポイントリーダーのアンドレア・ドヴィツィオーゾがレースをリードしていたが、8周目に後方集団でクラッシュが発生し、マシンがコース上に残ったため赤旗が掲示されてレース中断。その後、8周目終了時点の順位をグリッドに13周の再レースで決着を付けることとなった。再レースでもドヴィツィオーゾが速さを見せ、ファイナルラップまでトップを争っていたロベルト・ロカテリの転倒を尻目にシーズン4勝目を挙げた。2位に入ったファブリツィオ・ライと3位のシモーネ・コルシは、共に初の表彰台獲得となった。この結果ポイントランキングでは、今回マシントラブルでリタイヤに終わったエクトル・バルベラに対し45ポイント、転倒後再スタートしたが14位に終わったロカテリに対し52ポイントの大差を築いたドヴィツィオーゾが、チャンピオン獲得に大きく近付くこととなった[1]

250ccクラスでも、ポイントリーダーのダニ・ペドロサトニ・エリアスとのバトルを制してシーズン5勝目を挙げた。3位にはフル参戦開始後初の表彰台となる地元青山博一が入った。ポイントランキングでは、ペドロサが2位ランディ・ド・プニエに対し47ポイント、3位セバスチャン・ポルトに対し48ポイントと差を広げた[2]

MotoGPクラスでは、2戦連続のポールポジションからスタートした玉田誠が独走でホームグランプリを制し、シーズン2勝目を挙げた。2位はポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシ、そして3位には中野真矢が入り、自身にとって、またカワサキとしてもMotoGPクラス初となる表彰台に立った。ポイントランキングでは、今回6位に終わったセテ・ジベルナウに対しロッシが39ポイントのリードを築いた[3]

MotoGPクラス決勝結果編集

250ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   ダニ・ペドロサ ホンダ 43:36.798 1 25
2   トニ・エリアス ホンダ +3.174 4 20
3   青山博一 ホンダ +15.991 2 16
4   セバスチャン・ポルト アプリリア +20.075 5 13
5   高橋裕紀 ホンダ +25.450 6 11
6   アレックス・デ・アンジェリス アプリリア +33.451 7 10
7   ロベルト・ロルフォ ホンダ +43.084 12 9
8   青山周平 ホンダ +43.270 13 8
9   フランコ・バッタイーニ アプリリア +48.773 9 7
10   アレックス・デボン ホンダ +52.000 14 6
11   ランディ・ド・プニエ アプリリア +1:00.707 3 5
12   藤岡祐三 ホンダ +1:01.472 15 4
13   松戸直樹 ヤマハ +1:02.120 16 3
14   ユーゴ・マルシャン アプリリア +1:06.488 25 2
15   エクトル・ファウベル アプリリア +1:09.070 18 1
16   亀谷長純 ホンダ +1:12.091 17
17   マヌエル・ポジャーリ アプリリア +1:15.444 10
18   関口太郎 ヤマハ +1:17.484 30
19   シルバン・ギュントーリ アプリリア +1:17.753 24
20   中須賀克行 ヤマハ +1:27.294 28
21   デューク・ヘイドルフ アプリリア +1:44.246 23
22   エルワン・ナイゴン ヤマハ +1:45.825 20
Ret   ホアン・オリベ アプリリア 棄権 26
Ret   チャズ・デイビス アプリリア 棄権 19
Ret   アンソニー・ウエスト アプリリア 棄権 8
Ret   クラウス・ノーレス アプリリア 棄権 33
Ret   ラドミル・ロウス アプリリア 棄権 32
Ret   ヨハン・シュティーグフェルト アプリリア 棄権 29
Ret   フォンシ・ニエト アプリリア 棄権 11
Ret   アレックス・バルドリーニ アプリリア 棄権 31
Ret   ヤコブ・シュムルツ ホンダ 棄権 21
Ret   アルノー・ヴァンサン アプリリア 棄権 27

125ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   アンドレア・ドヴィツィオーゾ ホンダ 25:52.175 1 25
2   ファブリツィオ・ライ ジレラ +11.082 12 20
3   シモーネ・コルシ ホンダ +11.101 10 16
4   ミルコ・ジャンサンティ アプリリア +11.341 15 13
5   スティーブ・イェンクナー アプリリア +11.519 14 11
6   マルコ・シモンチェリ アプリリア +14.491 11 10
7   ホルヘ・ロレンソ デルビ +25.279 6 9
8   ガボール・タルマクシ マラグーティ +25.320 7 8
9   小山知良 ヤマハ +25.863 17 7
10   葛原稔永 ホンダ +30.172 24 6
11   ジーノ・ボルソイ アプリリア +30.432 13 5
12   トーマス・ルティ ホンダ +30.562 19 4
13   セルヒオ・ガデア アプリリア +32.170 25 3
14   ロベルト・ロカテリ アプリリア +32.949 2 2
15   ヴェサ・カリオ アプリリア +41.950 30 1
16   ジョエレ・ペリーノ アプリリア +42.058 38
17   スハタイ・チャンサップ ホンダ +44.536 32
18   マヌエル・エルナンデス アプリリア +51.234 33
19   ジョルディ・カルチャノ アプリリア +51.283 31
20   レイモンド・スカウテン ホンダ +1:04.719 36
21   ロレンツォ・ザネッティ ホンダ +1:11.829 34
22   マヌエル・マンナ マラグーティ +1:13.894 37
23   マルケタ・ヤナコヴァ ホンダ +1:36.250 39
Ret   アンヘル・ロドリゲス デルビ 棄権 22
Ret   則包茂樹 ヤマハ 棄権 29
Ret   エクトル・バルベラ アプリリア 棄権 4
Ret   ミカ・カリオ KTM 棄権 5
Ret   ルーカス・ペセック ホンダ 棄権 8
Ret   ステファノ・ペルジーニ ジレラ 棄権 23
Ret   イムレ・トス アプリリア 棄権 28
Ret   アルバロ・バウティスタ アプリリア 棄権 18
Ret   ダリオ・ギウセペッティ ホンダ 棄権 27
Ret   パブロ・ニエト アプリリア 第1レースでリタイヤ 9
Ret   イムレ・トス アプリリア 第1レースでリタイヤ 28
Ret   ケーシー・ストーナー KTM 第1レースでリタイヤ 3
Ret   アンドレア・バレリーニ アプリリア 第1レースでリタイヤ 16
Ret   マティア・パシーニ アプリリア 第1レースでリタイヤ 20
Ret   マイク・ディ・メッリオ アプリリア 第1レースでリタイヤ 21
Ret   波多野祐樹 ホンダ 第1レースでリタイヤ 35
  • グリッドは赤旗中断前の第1レースのもの。

脚注編集

参考文献編集