メインメニューを開く
Jリーグ > Jリーグカップ > 2004年のJリーグカップ

2004年Jリーグカップ3月27日に開幕、11月3日国立霞ヶ丘陸上競技場で決勝戦が行われた。

2004 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2004年3月27日-11月3日
参加チーム数 16
優勝 FC東京
準優勝 浦和レッドダイヤモンズ
試合総数 103
ゴール数 160 (1試合平均 1.55 点)
観客動員数 720,098 (1試合平均 6,991 人)
得点王 ウェズレイ (名古屋・7得点)
最優秀選手 土肥洋一 (FC東京)
2003
2005
テンプレートを表示

優勝はFC東京(初優勝)。

大会名称編集

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとしてJリーグヤマザキナビスコカップとして開催された。

レギュレーション編集

2004年のJリーグカップのレギュレーションは以下の通りである。

  • 参加クラブはJ1リーグの16クラブのみである。[2]
  • 16クラブを4クラブずつのグループリーグに分けてホーム・アンド・アウェーの総当りリーグ戦を行う。
  • グループリーグの1位と2位のクラブが予選通過、決勝トーナメントに進出する。
  • 準々決勝、準決勝、決勝戦は1試合のみで決着を付ける。
  • 準々決勝、準決勝、決勝で90分以内に勝敗が決しない場合は、15分ハーフでVゴール方式の延長戦を行い、それでも決着がつかない場合はPK戦によって決定する。

グループリーグ編集

グループリーグは3月27日4月29日5月29日6月5日7月17日24日に行われた。

グループリーグの結果は以下の通りである。

グループA編集

         
   東京ヴェルディ1969 × 3-0
2-1
3-0
3-1
4-1
1-1
6 5 1 0 16 4 12 16
   横浜F・マリノス 1-2
0-3
× 2-1
0-0
1-0
1-0
6 3 1 2 5 6 -1 10
   サンフレッチェ広島 1-3
0-3
0-0
1-2
× 2-0
2-0
6 2 1 3 6 8 -2 7
   セレッソ大阪 1-1
1-4
0-1
0-1
0-2
0-2
× 6 0 1 5 2 11 -9 1

グループB編集

         
   名古屋グランパスエイト × 2-2
3-1
1-2
1-0
5-2
1-1
6 3 2 1 13 8 5 11
   ガンバ大阪 1-3
2-2
× 2-0
4-4
2-3
1-0
6 2 2 2 12 12 0 8
   アルビレックス新潟 0-1
2-1
4-4
0-2
× 1-1
0-0
6 1 3 2 7 9 -2 6
   ジュビロ磐田 1-1
2-5
0-1
3-2
0-0
1-1
× 6 1 3 2 7 10 -3 6

グループC編集

         
   浦和レッズ × 3-0
0-2
2-1
2-1
2-3
3-0
6 4 0 2 12 7 5 12
   清水エスパルス 2-0
0-3
× 3-2
0-4
1-0
2-0
6 4 0 2 8 9 -1 12
   ジェフ市原 1-2
1-2
4-0
2-3
× 2-0
4-1
6 3 0 3 14 8 6 9
   大分トリニータ 0-3
3-2
0-2
0-1
1-4
0-2
× 6 1 0 5 4 14 -10 3

グループD編集

         
   FC東京 × 1-2
2-1
1-1
2-0
2-1
2-1
6 4 1 1 10 6 4 13
   鹿島アントラーズ 1-2
2-1
× 0-2
0-0
2-0
3-0
6 3 1 2 8 5 3 10
   柏レイソル 0-2
1-1
0-0
2-0
× 1-1
0-1
6 1 3 2 4 5 -1 6
   ヴィッセル神戸 1-2
1-2
0-3
0-2
1-0
1-1
× 6 1 1 4 4 10 -6 4

決勝トーナメント編集

決勝トーナメントは準々決勝が9月4日に、準決勝が10月11日/13日に、決勝戦は11月3日に行われた。

延長戦Vゴール方式。

準々決勝 準決勝 決勝
                   
9月4日        
 FC東京 4
10月13日
 ガンバ大阪 1  
 FC東京 4v
9月4日
   東京ヴェルディ1969 3  
 東京ヴェルディ1969 2v
11月3日
 清水エスパルス 1  
 FC東京 0 (PK4)
9月4日
   浦和レッズ 0 (PK2)
 名古屋グランパスエイト 2
10月11日
 鹿島アントラーズ 1  
 名古屋グランパスエイト 1
9月4日
   浦和レッズ 4  
 浦和レッズ 3
 横浜F・マリノス 2  

準々決勝編集

2004年9月4日
19:16
FC東京 4 - 1 ガンバ大阪
ケリー   44分
阿部吉朗   66分
梶山陽平   77分
ジャーン   79分
レポート   16分 (o.g.)
国立霞ヶ丘陸上競技場
観客数: 14,069人
主審: 上川徹

2004年9月4日
19:16
東京ヴェルディ1969 2 - 1
(延長)
清水エスパルス
山田卓也   35分
桜井直人   104分
レポート チョ ジェジン   26分
味の素スタジアム
観客数: 6,644人
主審: 太田潔

2004年9月4日
19:02
名古屋グランパスエイト 2 - 1 鹿島アントラーズ
井川祐輔   37分
マルケス   70分
レポート 中島裕希   64分

2004年9月4日
18:00
浦和レッズ 3 - 2 横浜F・マリノス
山瀬功治   16分
エメルソン   37分66分
レポート 奥大介   12分
坂田大輔   73分
埼玉スタジアム2002
観客数: 28,977人
主審: 岡田正義

準決勝編集

2004年10月13日
19:01
FC東京 4 - 3
(延長)
東京ヴェルディ1969
ジャーン   6分
ルーカス   14分42分   90分
レポート 山田卓也   47分
平本一樹   78分
小林大悟   79分
味の素スタジアム
観客数: 15,885人
主審: 柏原丈二

2004年10月11日
15:03
名古屋グランパスエイト 1 - 4 浦和レッズ
中村直志   76分 レポート エメルソン   26分
田中達也   33分57分84分

決勝編集

3年連続で決勝進出を果たした前回王者の浦和と初のタイトル獲得を狙うFC東京が対戦した。この年も大勢の浦和サポーターがチケットを求めに走った結果、決勝戦のチケットは3年連続で即日完売した。試合は前半29分にFC東京のCBジャーンが浦和FWエメルソンを倒して退場となり、FC東京にとっては早々に1人少なくなるという苦しい展開となったが、浦和の攻勢を延長を含む120分間耐え抜きPK戦に持ち込んだ。PK戦では日本代表GK土肥洋一が好セーブを見せ、FC東京が初優勝を果たす。J2からスタートしたクラブがタイトルを獲得したのはFC東京が初めてであった。

2004年11月3日
14:07
FC東京 0 - 0
(延長)
浦和レッズ
レポート
  PK戦  
ルーカス  
馬場憂太  
今野泰幸  
梶山陽平  
加地亮  
4 - 2   田中マルクス闘莉王
  長谷部誠
  田中達也
  山田暢久
国立霞ヶ丘陸上競技場
観客数: 53,236人
主審: 吉田寿光
GK 01   土肥洋一
DF 20   加地亮
DF 02   茂庭照幸
DF 03   ジャーン   13分   29分
DF 17   金沢浄
MF 18   石川直宏
MF 06   今野泰幸   99分
MF 10   三浦文丈   10分   33分
MF 19   ケリー   71分
FW 09   ルーカス   49分
FW 13   戸田光洋   84分
サブメンバー
GK 22   塩田仁史
DF 08   藤山竜仁   33分
MF 14   馬場憂太   84分
MF 23   梶山陽平   71分
FW 11   阿部吉朗
監督
  原博実
GK 01   山岸範宏
DF 03   アルパイ
DF 04   田中マルクス闘莉王
DF 33   ネネ
MF 06   山田暢久
MF 17   長谷部誠
MF 16   三都主アレサンドロ   64分
MF 13   鈴木啓太   84分
FW 11   田中達也
FW 09   永井雄一郎   110分
FW 10   エメルソン
サブメンバー
GK 23   都築龍太
DF 19   内舘秀樹
MF 07   酒井友之
MF 14   平川忠亮   64分
FW 30   岡野雅行   110分
監督
  ギド・ブッフバルト
テレビ中継

表彰編集

得点ランキング
順位 選手名 所属 得点
1 ウェズレイ 名古屋グランパスエイト 7
2 ルーカス FC東京 6
3 マルケス 名古屋グランパスエイト 5

脚注編集

  1. ^ 本来であれば、2002年度の天皇杯で優勝した京都パープルサンガがACL出場となるべきだったが、京都が当時属していたJ2リーグの日程の過密などを理由に出場辞退し、磐田が代替参加した
  2. ^ この年はAFCチャンピオンズリーグ20042003年J1年間総合優勝の横浜FMと、同2位のジュビロ磐田[1]が出場しているが、2003年の事象とは異なり、予選免除とはしなかった

関連項目編集

外部リンク編集