メインメニューを開く
2004年のスポーツ  > 2004年のサッカー > 2004年のJリーグ  > 2004年のJリーグ ディビジョン2

この項目では、2004年シーズンのJリーグ ディビジョン2(J2)について述べる。

Jリーグ ディビジョン2
シーズン 2004
優勝 川崎フロンターレ
昇格 川崎フロンターレ
大宮アルディージャ
試合数 264
ゴール数 635 (1試合平均2.41)
得点王 ジュニーニョ(川崎・37得点)
最大差勝利ホーム試合
川崎 6-0 札幌(第19節・6月23日)
最大差勝利アウェー試合
仙台 0-5 京都(第2日・3月20日)
最多得点試合
京都 2-6 川崎(第38節・10月15日)
最多観客動員
20,062人 - 山形 vs 仙台(第10節・5月5日)
最少観客動員
1,338人 - 水戸 vs 湘南(第31節・8月29日)
平均観客動員 7,213人
2003
2005

目次

2004年シーズンのJ2のクラブ編集

レギュレーションの変更点編集

J1・J2入れ替え戦が導入された事により、J2リーグ3位のクラブはJ1リーグ16位のクラブとの入れ替え戦に臨む事になった。

スケジュール編集

J2リーグでは、国際大会のスケジュールに合わせた大きなインターバルは設けられなかった。

リーグ概要編集

川崎がリーグ開幕当初からトップを独走。他のクラブを寄せ付けず、9月26日の第36節(vs水戸戦)で早々とJ1昇格を決定した。これはJ2が発足して以来最速記録である。川崎はこの勢いを駆って、J2リーグ戦最多となる勝ち点105を記録した。

残る自動昇格枠1とこの年から導入された入れ替え戦に臨む枠1を大宮・福岡・山形・京都で争う形となったが、まず中盤から終盤にかけて勝ち点を伸ばした大宮が11月20日の第42節(vs水戸戦)で自動昇格決定。入れ替え戦枠は山形・福岡・京都で争い。最終節前で京都は脱落。最終節で 4位 山形vs3位 福岡の直接対決を制した福岡が切符を手にした。

下位クラブでは、クラブの編成を若手主体に大きく入れ替えた札幌が順位を最下位まで落とした。また降格してきた2チームは、京都は最後まで昇格争いに加わったものの最終節を前に脱落、仙台は早々と昇格争いから脱落し、2部制に移行して初めて降格1年目チームの昇格の無いシーズンともなった。

順位表編集

チーム 出場権または降格
1 川崎フロンターレ (C) (P) 44 34 3 7 104 38 +66 105 J1 2005へ昇格 
2 大宮アルディージャ (P) 44 26 9 9 63 38 +25 87
3 アビスパ福岡 44 23 7 14 56 41 +15 76 J1・J2入れ替え戦 2004
4 モンテディオ山形 44 19 14 11 58 51 +7 71
5 京都パープルサンガ 44 19 12 13 65 53 +12 69
6 ベガルタ仙台 44 15 14 15 62 66 −4 59
7 ヴァンフォーレ甲府 44 15 13 16 51 46 +5 58
8 横浜FC 44 10 22 12 42 50 −8 52
9 水戸ホーリーホック 44 6 19 19 33 60 −27 37
10 湘南ベルマーレ 44 7 15 22 39 64 −25 36
11 サガン鳥栖 44 8 11 25 32 66 −34 35
12 コンサドーレ札幌 44 5 15 24 30 62 −32 30

最終更新は2004年11月27日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

出典編集