メインメニューを開く

< 2005年

2005年のスポーツでは、2005年平成17年)のスポーツ関連の出来事についてまとめる。

2005年前後:2004年のスポーツ - 2005年のスポーツ - 2006年のスポーツ

目次

できごと編集

下記のスポーツはそれぞれの個別記事を参照すること。

2005年の野球プロ野球MLB)、2005年のサッカー2005年の相撲2005年のバレーボール2005年のバスケットボール2005年の日本競馬2005年のNFL

ただし上記に含まれるスポーツのうち、世界的な影響があった事件、一般社会に対しても長期的かつ大きな影響を及ぼした事件や快挙、複数のスポーツに跨る事態等については本項に重複記載する。

2005年全般編集

1 - 3月編集

4 - 6月編集

7 - 9月編集

10 - 12月編集

総合競技大会編集

アイスホッケー編集

アメリカンフットボール編集

オートレース編集

オリエンテーリング編集

カーリング編集

競艇編集

競馬編集

日本編集

2005年の日本競馬を参照。

アイルランド編集

アメリカ合衆国編集

アラブ首長国連邦編集

イギリス編集

オーストラリア編集

シンガポール編集

フランス編集

香港編集

広域・その他編集

ワールド・サラブレッド・レースホース・ランキング編集

レート 距離区分 競走馬名
124 芝・超長距離 マカイビーディーヴァ(牝馬)
130 芝・長距離 ハリケーンラン
123 芝・中距離 アザムール / デビッドジュニア / オラトリオ
125 芝・短距離 シャマルダル
123 芝・超短距離 サイレントウィットネス
124 ダ・長距離 アフリートアレックス
125 ダ・中距離 セイントリアム
128 ダ・短距離 ゴーストザッパー
119 ダ・超短距離 ロストインザフォグ

芝・超長距離のマカイビーディーヴァは南半球で最高レートを記録したため本来は2005/06シーズンに区分される。また、同馬のセックスアローワンスによる加算は考慮していない。

競輪編集

剣道編集

ゴルフ編集

男子プロ

男子アマ

女子プロ

10代の新鋭選手たちの活躍が目立った1年。全米女子プロゴルフでは15歳のミシェル・ウィーが2位、18歳のポーラ・クリーマーが3位に入賞し、全米女子オープンでは17歳のモーガン・プレッセルが2位に入賞。ウィーは全英女子オープンでも3位に入った。日本勢は全英女子オープンで好成績を出し、宮里藍がメジャー大会で自己最高の11位を記録した。

  • LPGAツアー賞金女王:アニカ・ソレンスタム $2,588,240

PGA・男子国際大会編集

世界ゴルフ選手権シリーズ

LPGA・女子国際大会編集

日本編集

男女とも、2004年のマネーランキング1位選手がその座を守った。不動の6年連続賞金女王は樋口久子の9年連続に次ぐ記録。一方、男子では尾崎将司健夫兄弟が賞金によるシード権を失った。

PGA・日本男子メジャー大会編集

JLPGA・日本女子メジャー大会編集

サッカー編集

自転車競技編集

ロードレース編集

トラックレース編集

柔道編集

水泳編集

スキー・スノーボード編集

スケート編集

スピードスケート編集

ショートトラック編集

フィギュアスケート編集

相撲編集

卓球編集

体操編集

体操競技編集

新体操編集

トランポリン編集

テニス編集

バイアスロン編集

バスケットボール編集

バドミントン編集

バレーボール編集

ハンドボール編集

プロレス編集

ボクシング編集

プロボクシング編集

日本のジム所属選手の世界戦編集

詳細はタイトルマッチを参照

年間表彰選手編集

詳細は年間表彰選手を参照

モータースポーツ編集

四輪カテゴリー編集

二輪カテゴリー編集

野球編集

ラグビー編集

陸上競技編集

駅伝編集

マラソン編集

レスリング編集

スポーツの賞編集

その他のスポーツ編集

誕生編集

死去編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 公式サイト(2016年2月26日閲覧)