2005年のSUPER GT
前年: 2004 翌年: 2006

2005年のSUPER GTは、2005年3月26・27日に岡山国際サーキットで開幕し、11月5・6日に鈴鹿サーキットで閉幕した全8戦のシリーズである。

前年からの主な変更点編集

全日本GT選手権から体制を改めた初年度のシリーズであり、この年から日本自動車連盟(JAF)の管轄下を離れ、国際自動車連盟(FIA)の所管する国際シリーズとなった。

レーススケジュール編集

  • 5月21・22日に上海(市街地コースを予定)でシリーズ戦を、12月10・11日にアメリカ(カリフォルニアスピードウェイ)でオールスター戦をそれぞれ開催される予定だったが、いずれも現地オーガナイザーとの間の交渉が不調に終わり、開催は中止された。
  • スポーツランドSUGOでの開催が、5月下旬から7月下旬に変更された。

マシン編集

 
RAYBRIG NSX
 
ZENTセルモ スープラ
2019年大阪オートメッセより)

GT500クラス編集

  • ホンダ陣営は、前後のオーバーハングと全幅を拡大させた「NSX Type-R GT」(5台限定[1]、価格:5,000万円)を販売し、空力特性とT/C周辺レイアウトの改善を計ったが、ライバルを凌駕するに至らなかった。2004年開幕より投入した3L T/Cエンジンは、熱対策や排気へのオイルリーク等の問題が発生し、「NAエンジンは技術的な限界に達した」として一度は見切りをつけた[要出典]はずのNAエンジンに回帰することとなり、第3戦より3.5L NAエンジンを順次投入(第3戦はARTA NSXのみ。第4戦より全車)した。
  • トヨタ陣営は、昨年とベース車両は同じスープラであったが、これまでにない大幅な改良を実施。主にフレーム構成(カーボンによる補強)やリアサスペンション(Zに近いレイアウト)を中心に改良。開幕戦では散々な結果であったものの(代わりに前年型を使うチームが優勝)、第2戦では同年にリニューアルしたホームコースの富士スピードウェイで優勝した。以後 安定した成績を収め、最終戦においても雨の中難しいレースを制し、2002年以来となるドライバーズ・タイトルを獲得した。体制面では、ワークスチームのサード,ルマンとセルモは開幕戦より新車を投入し、第3戦からはトムスの2台とクラフトの35号車が新車となった。なお、土屋とクラフトの34号車はシーズンを通して前年型のマシンを使用した。
  • 日産陣営は、トヨタとホンダとが大規模な改良を実施したのに対し、前年ベース車両の変更(フェアレディZ Type-E)やチャンピオンを獲得したことから、速さの面でアドバンテージを有しているとし、基本的には前年型から大きく変化せず、ドラッグの多さや軽微な接触によりリタイアに陥る等 弱点を改善した。しかし、序盤戦こそアドバンテージを有していたものの、ライバルマシンの急激な成長で一気に苦戦を強いられ、チームズタイトルは獲得したもののドライバーズタイトル3連覇はならなかった。

GT300クラス編集

  • アークテックモータースポーツがポルシェ・ボクスターを投入。このマシンはR&D SPORTと共同開発で製作されたものである。
  • R&D SPORTが2003年にGT500クラスに投入していたVEMAC RD350Rをコンバートして参戦した。
  • JLOCが第4戦からムルシエラゴを300クラスにコンバートした車両を投入。その第4戦で発生したアクシデントでマシンが炎上。そのため第5戦から新車のムルシエラゴになった。(それまでのムルシエラゴは第2戦までGT500クラスに参戦していた車両である。)
  • A&S RACINGが独自開発で製作したシボレー・コルベットを投入。

エントリーリスト編集

GT500クラス編集

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 ザナヴィ ニスモ Z   本山哲
  リチャード・ライアン
NISMO B
3 G'ZOX・HASEMI・Z   金石年弘
  エリック・コマス
ハセミモータースポーツ B
6 エッソウルトラフロースープラ   脇阪寿一
  飯田章
ESSO TOYOTA Team LeMans B
8 ARTA NSX   伊藤大輔
  ラルフ・ファーマン
Team Honda Racing B
12 カルソニックインパル Z   ブノワ・トレルイエ
  井出有治
TEAM IMPUL B
18 TAKATA童夢NSX   道上龍
  小暮卓史
Team Honda Racing B
20 Tajimax McLaren F1-GTR(Rd.2,6)   田嶋栄一
  一ツ山康(Rd.2)
  一ツ山幹雄(Rd.6)
HITOTSUYAMA RACING D
21 ノマド フェラーリ 550GTS   黒澤琢弥
  光貞秀俊
HITOTSUYAMA RACING D
22 モチュール ピットワーク Z   ミハエル・クルム
  柳田真孝
NISMO B
25 ECLIPSE ADVAN スープラ   織戸学
  ドミニク・シュワガー(Rd.1-5,7,8)
  野田英樹(Rd.6)
TEAM ADVAN・ツチヤ Y
32 EPSON NSX   松田次生
  アンドレ・ロッテラー
NAKAJIMA RACING D
34 BANDAIスープラ   荒聖治
  横溝直輝
KRAFT D
35 イエローハットYMSスープラ   服部尚貴
  脇阪薫一(Rd.1-4)
  ピーター・ダンブレック(Rd.5-8)
KRAFT D
36 DYNACITY TOM'S SUPRA(Rd.1-4)
OPEN INTERFACE TOM'S SUPRA(Rd.5-8)
  土屋武士
  ジェームス・コートニー
TOYOTA TEAM TOM’S B
37 DYNACITY TOM'S SUPRA(Rd.1-4)
→OPEN INTERFACE TOM'S SUPRA(Rd.5-8)
  片岡龍也
  山本左近
TOYOTA TEAM TOM’S B
38 ZENTセルモスープラ   立川祐路
  高木虎之介
TOYOTA TEAM CERUMO B
39 デンソーサードスープラGT   アンドレ・クート
  ロニー・クインタレッリ
TOYOTA TEAM SARD B
88 JLOCムルシェ RG-1(Rd.1,2,4~6)   山西康司
  WADA-Q(Rd.1,2)
  マルコ・アピチェラ(Rd.4,5)
  古谷直広(Rd.6)
JLOC
(Rd.8はGT300クラスに変更)
Y
100 RAYBRIG NSX   セバスチャン・フィリップ
  ジェレミー・デュフォア
TEAM KUNIMITSU B

GT300クラス編集

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
0 EBBRO M-TEC NSX   黒澤治樹
  細川慎弥
M-TEC CO.,LTD. D
2 Privee Zurich アップル RD320R   高橋一穂
  渡辺明
VERNO TOKAI DREAM 28 Y
5 プロμMACH5B-1320R TEAM KYUSYU   玉中哲二
  筒井克彦
TEAM MACH Y
7 雨宮アスパラドリンクRX-7   山路慎一
  井入宏之
RE雨宮レーシング Y
9 Gulf ADVAN FORTUNE MT   山下潤一郎
  山田英二(Rd.1-4,6-7)
  周防彰悟(Rd.5,8)
A&S RACING Y
10 MACH-GO FERRARI DUNLOP   三船剛
  松田秀士(Rd.1,3-5,7,8)
  番場琢(Rd.2,6)
JIM GAINER D
11 JIM GAINER FERRARI DUNLOP   田中哲也
  パオロ・モンティン
JIM GAINER D
13 エンドレス アドバン Z   木下みつひろ
  影山正美
ENDLESS SPORTS Y
15 PROTON R3 LOTUS EXIGE 300RR(Rd.3)   トウンクー・ジャン・レイ
  ノーマン・サイモン
AMPREX MOTORSPORTS Y
19 ウェッズスポーツセリカ   加藤寛規
  谷口信輝
RACING PROJECT BANDOH Y
26 DIRECTION TAISAN TOTAL S GT3R(Rd.1-3,8)   山岸大
  井尻薫(Rd.1,2)
  井上貴志(Rd.3)
  伊橋勲(Rd.8)
TEAM TAISAN ADVAN Y
27 direxiv ADVAN 320R   密山祥吾
  宮川やすお(Rd.1-6)
  吉本大樹(Rd.7,8)
direxiv motorsports Y
30 RECKLESS MR-S   佐々木孝太
  山野哲也
TEAM RECKLESS M
31 吉兆宝山 MR-S   田中実
  中嶋一貴
吉兆宝山 with apr M
43 ARTA Garaiya   新田守男
  高木真一
AUTOBACS RECING TEAM AGURI M
46 Dream Cube's ADVAN Z   星野一樹
  青木孝行
MOLA Y
47 CCI・リカルデント・ADVAN Z   清水剛
  藤井誠暢
MOLA Y
52 プロμ太陽石油 KUMHO セリカ   竹内浩典
  平中克幸
TOYOTA TEAM CERUMO
TEAM TAKEUCHI
K
62 WILLCOM ADVAN VEMAC350R   植松忠雄
  柴原眞介(Rd.1-6,8)
  八木宏之(Rd.7)
WILLCOM R&D SPORT Y
70 外国屋アドバンポルシェ(Rd.1-6,8)   石橋義三
  田嶋栄一(Rd.1,3)
  武井寛史(Rd.2,4,5)
  山岸大(Rd.6)
  井上貴志(Rd.8)
TEAM GAIKOKUYA Y
72 T.T.O ADVAN ポルシェ  平川晃
  井上貴志(Rd.1,5)
  和田博(Rd.2,3,6,8)
 浅井亮博(Rd.4)
テラモトテクニカルオフィス Y
77 クスコ スバル ADVAN インプレッサ   小林且雄
  谷川達也
CUSCO RACING Y
86 JLOC ムルシェ RG-1(Rd.8)   山西康司
  古谷直広
JLOC
Y
87 JLOC ムルシェ RG-1(Rd.4-6,8)   WADA-Q
  古谷直広(Rd.4,5)
  マルコ・アピチェラ(Rd.6,8)
JLOC Y
110 ARKTECH TOTALBENEFIT BOXSTERGT(Rd.2-8)   菅一乗
  大井貴之
ARKTECH MOTORSPORTS Y
111 ARKTECH with TeamLeyJun 968GT4   飯島寛也
  Guts城内
TEAM LEYJUN Y
112 ARKTECH RodeoDrive WAKO'S GT3(Rd.1-3,5,7,8)   余郷敦
  澤圭太(Rd.1-3)
  壷林貴也(Rd.5,7,8)
ARKTECH MOTORSPORTS Y
777 梁山泊・TEAM高見沢ADVAN GT3   高見沢一吉
  砂子塾長
910RACING Y
913 フィールズ ADVAN CORVETTE C6(Rd.1-6)   福山英朗
 松本晴彦(Rd.1)
  周防彰悟(Rd.2-4,6)
  山田英二(Rd.5)
A&S RACING Y

タイヤ=BブリヂストンYヨコハマDダンロップMミシュランKクムホ

スケジュール及び勝者編集

Rd 開催日 開催サーキット レース距離 GT500優勝者 GT300優勝者
Rd.1 3月26日・27日 岡山国際サーキット 約300km 織戸学
ドミニク・シュワガー
(トヨタ・スープラ)
木下みつひろ
影山正美
(日産・フェアレディZ)
Rd.2 5月3日・4日 富士スピードウェイ 約500km 立川祐路
高木虎之介
(トヨタ・スープラ)
黒澤治樹
細川慎弥
(ホンダ・NSX)
Rd.3 6月25日・26日 セパンサーキット 約300km 本山哲
リチャード・ライアン
(日産・フェアレディZ)
新田守男
高木真一
ASL・ガライヤ
Rd.4 7月23日・24日 スポーツランドSUGO 約300km 片岡龍也
山本左近
(トヨタ・スープラ)
田中実
中嶋一貴
トヨタ・MR-S
Rd.5 9月3日・4日 ツインリンクもてぎ 約300km セバスチャン・フィリップ
ジェレミー・デュフォア
(ホンダ・NSX)
星野一樹
青木孝行
(日産・フェアレディZ)
Rd.6 9月24日・25日 富士スピードウェイ 約300km 立川祐路
高木虎之介
(トヨタ・スープラ)
黒澤治樹
細川慎弥
(ホンダ・NSX)
Rd.7 10月15日・16日 オートポリス 約300km 伊藤大輔
ラルフ・ファーマン
(ホンダ・NSX)
佐々木孝太
山野哲也
(トヨタ・MR-S)
Rd.8 11月5日・6日 鈴鹿サーキット 約300km 立川祐路
高木虎之介
(トヨタ・スープラ)
田中哲也
パオロ・モンティン
フェラーリ・F360モデナ

ポイントランキング編集

ドライバー編集

決勝順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント 20 15 12 8 6 5 4 3 2 1
予選順位 1位 2位 3位
ポイント 2 1 1
決勝ベストラップ順位 1位 2位 3位
ポイント 1 1 1

GT500編集

順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
1 38 立川祐路
高木虎之介
14 1 11 11 12 1 7 1 67
2 8 伊藤大輔
ラルフ・ファーマン
4 12 2 6 16 8 1 12 61
3 1 本山哲
リチャード・ライアン
15Ret 4 1 8 6 10 6 2 60
4 36 土屋武士
ジェームス・コートニー
2 10 3 3 7 5 8 5 60
5 22 ミハエル・クルム
柳田真孝
12 2 6 7 4 9 2 8 57
6 6 脇阪寿一
飯田章
11 5 4 4 9 3 10 3 51
7 37 片岡龍也
山本左近
6 6 13 1 8 7 17Ret 7 43
8 3 金石年弘
エリック・コマス
3 9 16Ret 15 13 4 3 4 42
9 32 松田次生
アンドレ・ロッテラー
5 8 5 13 10 2 14 10 38
10 18 道上龍
小暮卓史
7 13 7 17Ret 2 11 5 6 37
11 12 ブノワ・トレルイエ
井出有治
17Ret 15 8 5 3 13 4 9 35
12 35 服部尚貴 9 3 14 10 5 6 9 13 29
13 25 織戸学 1 14 15 9 15 18Ret 16Ret 14 26
14 100 セバスチャン・フィリップ
ジェレミー・デュフォア
10 11 10 18Ret 1 14 15Ret 17Ret 26
15 25 ドミニク・シュワガー 1 14 15 9 15 20- 16Ret 14 25
16 39 アンドレ・クート
ロニー・クインタレッリ
8 17Ret 9 2 14 12 11 11 21
17 35 脇阪薫一 9 3 14 10 19- 21- 18- 18- 16
18 35 ピーター・ダンブレック 19- 20- 18- 19- 5 6 9 13 13
19 34 荒聖治
横溝直輝
18Ret 7 12 14 11 16 12 16 4
20 25 野田英樹 20- 21- 19- 20- 20- 18Ret 19- 19- 1
21 21 黒澤琢弥
光貞秀俊
16Ret 16Ret 17Ret 12 18Ret 15 13 15 0
22 88 山西康司 13 19DNS 20- 16Ret 17 19Ret 20- 20- 0
23 88 WADA-Q 13 19DNS 21- 21- 21- 22- 21- 21- 0
24 88 マルコ・アピチェラ 21- 22- 22- 16Ret 17 23- 22- 22- 0
25 21 田嶋栄一 22- 18DNS 23- 23- 22- 17 23- 23- 0
26 21 一ツ山康 23- 18DNS 24- 24- 23- 24- 24- 24- 0
27 21 一ツ山幹雄 24- 23- 25- 25- 24- 17 25- 25- 0
28 88 古谷直広 25- 24- 26- 26- 25- 19Ret 26- 26- 0
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
スタートせず (DNS)
レースキャンセル (C)
予選不通過 (DNQ)
出走せず(DNR)
失格 (DSQ)
空欄 エントリーせず (WD)
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

チーム編集

GT500編集

順位 No チーム Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
1 1 NISMO 15Ret 4 1 8 6 10 6 2 86
22 12 2 6 7 4 9 2 8
2 8 Team Honda Racing 4 12 2 6 16 8 1 12 82
18 7 13 7 17Ret 2 11 5 6
3 36 TOYOTA TEAM TOM'S 2 10 3 3 7 5 8 5 73
37 6 6 13 1 8 7 17Ret 7
4 38 TOYOTA TEAM CERUMO 14 1 11 11 12 1 7 1 67
5 6 ESSO TOYOTA Team LeMans 11 5 4 4 9 3 10 3 51
6 3 ハセミモータースポーツ 3 9 16Ret 15 13 4 3 4 42
7 32 NAKAJIMA RACING 5 8 5 13 10 2 14 10 38
8 12 TEAM IMPUL 17Ret 15 8 5 3 13 4 9 35
9 34 KRAFT 18Ret 7 12 14 11 16 12 16 29
35 9 3 14 10 5 6 9 13
10 25 TEAM ADVAN・ツチヤ 1 14 15 9 15 18Ret 16Ret 14 26
11 100 TEAM KUNIMITSU 10 11 10 18Ret 1 14 15Ret 17Ret 26
12 39 TOYOTA TEAM SARD 8 17Ret 9 2 14 12 11 11 21
13 20 HITOTSUYAMA RACING 19- 18DNS 18- 19- 19- 17 18- 18- 0
21 16Ret 16Ret 17Ret 12 18Ret 15 13 15
14 88 JLOC 13 19DNS 19- 16Ret 17 19Ret 19- 19- 0

脚注編集

  1. ^ 実際に受注したのは1台のみであった。