メインメニューを開く

2005年ブラジルグランプリ

ウィキニュースの記事

2005年ブラジルグランプリ (XXXIV Grande Premio do Brasil) は、2005年F1世界選手権の第17戦として、2005年9月25日にインテルラゴス・サーキットで開催された。

ブラジルの旗 2005年ブラジルグランプリ
レース詳細
2005年F1世界選手権全19戦の第17戦
Autódromo José Carlos Pace (AKA Interlagos) track map.svg
日程 2005年シーズン
決勝開催日 9月25日
正式名称 XXXIV Grande Premio do Brasil
開催地 インテルラゴス・サーキット
ブラジル サンパウロ
コース長 4.309
レース距離 305.939
ポールポジション
ドライバー ルノー
タイム 1:11.988
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス
タイム 1:12.268 (29周目)
決勝順位
優勝 マクラーレン-メルセデス
2位 マクラーレン-メルセデス
3位 Renault

目次

レース概要編集

予選編集

佐藤琢磨はベルギーGPでのミハエル・シューマッハに対する追突のペナルティが科され、このレースでは10番グリッド降格でスタートとなるため予選タイムアタックを行わなかった。ヤルノ・トゥルーリもエンジン交換のペナルティで10番グリッド降格となった。トゥルーリは18番手、佐藤は19番手スタートとなった。

決勝編集

ファン・パブロ・モントーヤがチームメイトのキミ・ライコネンを従え、マクラーレンの1-2フィニッシュとなった。マクラーレンの1-2は2000年オーストリアグランプリ以来のことであった。フェルナンド・アロンソが3位に入り、初のワールドタイトルを獲得、24歳と59日で最年少のチャンピオンとなる。ジャック・ヴィルヌーヴはパルクフェルメでの車両検査で違反が見つかりピットスタートとなった。マーク・ウェバーは開始直後のアクシデントに巻き込まれたが20ラップ以上遅れてレースに復帰、次戦の予選順位を上げるために走行した。ティアゴ・モンテイロがドライブシャフトの問題でリタイアしたが、これは彼にとって2005年シーズン唯一のリタイアであった。

結果編集

解説者はルノーの「保守的なフェーズ」が終わり、その性能を証明したと判断した。ルノーのパット・シモンズは、チームが表彰台に上ることを目指すのでは無く、むしろ勝利を目指していたと語った。BBCのモーリス・ハミルトンは「フェルナンド・アロンソがチャンピオンシップに向けて巡航するかもしれないという考え...それは最も説得力があるファッションで晴らされた。」と語った。マクラーレンの最高経営責任者ロン・デニスは、キミ・ライコネンが予選ラップでミスをしたにもかかわらず、ファン・パブロ・モントーヤが2番手に入ったことでチームのレース戦略に自信を持っていた。

予選編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回
1 5   フェルナンド・アロンソ ルノー 1:11.988
2 10   ファン・パブロ・モントーヤ マクラーレン-メルセデス 1:12.145 +0.157
3 6   ジャンカルロ・フィジケラ ルノー 1:12.558 +0.570
4 3   ジェンソン・バトン B・A・R-ホンダ 1:12.696 +0.708
5 9   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 1:12.781 +0.793
6 15   クリスチャン・クリエン レッドブル-コスワース 1:12.889 +0.901
7 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1:12.976 +0.988
8 16   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:13.041 +1.053
9 12   フェリペ・マッサ ザウバー-ペトロナス 1:13.151 +1.163
10 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1:13.183 +1.195
11 17   ラルフ・シューマッハ トヨタ 1:13.285 +1.297
12 11   ジャック・ヴィルヌーヴ ザウバー-ペトロナス 1:13.372 +1.384
13 18   ティアゴ・モンテイロ ジョーダン-トヨタ 1:13.387 +1.399
14 7   マーク・ウェバー ウィリアムズ-BMW 1:13.538 +1.550
15 8   アントニオ・ピッツォニア ウィリアムズ-BMW 1:13.581 +1.593
16 14   デビッド・クルサード レッドブル-コスワース 1:13.844 +1.856
17 19   ナレイン・カーティケヤン ジョーダン-トヨタ 1:14.520 +2.532
18 21   クリスチャン・アルバース ミナルディ-コスワース 1:14.763 +2.775
19 4   佐藤琢磨 B・A・R-ホンダ No time
20 20   ロバート・ドーンボス ミナルディ-コスワース No time スピン

決勝編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム グリッド ポイント
1 10   ファン・パブロ・モントーヤ マクラーレン-メルセデス 71 1:29:20.574 2 10
2 9   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 71 +2.527 5 8
3 5   フェルナンド・アロンソ ルノー 71 +24.840 1 6
4 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 71 +35.668 7 5
5 6   ジャンカルロ・フィジケラ ルノー 71 +40.218 3 4
6 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 71 +1:09.173 9 3
7 3   ジェンソン・バトン B・A・R-ホンダ 70 +1 Lap 4 2
8 17   ラルフ・シューマッハ トヨタ 70 +1 Lap 10 1
9 15   クリスチャン・クリエン レッドブル-コスワース 70 +1 Lap 6
10 4   佐藤琢磨 B・A・R-ホンダ 70 +1 Lap 19
11 12   フェリペ・マッサ ザウバー-ペトロナス 70 +1 Lap 8
12 11   ジャック・ヴィルヌーヴ ザウバー-ペトロナス 70 +1 Lap 20
13 16   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 69 エンジン 17
14 21   クリスチャン・アルバース ミナルディ-コスワース 69 +2 Laps 16
15 19   ナレイン・カーティケヤン ジョーダン-トヨタ 68 +3 Laps 15
Ret 18   ティアゴ・モンテイロ ジョーダン-トヨタ 55 ドライブシャフト 11
NC 7   マーク・ウェバー ウィリアムズ-BMW 45 +26 Laps 12
Ret 20   ロバート・ドーンボス ミナルディ-コスワース 34 エンジン 18
Ret 8   アントニオ・ピッツォニア ウィリアムズ-BMW 0 接触 13
Ret 14   デビッド・クルサード レッドブル-コスワース 0 接触 14

第17戦終了時点でのランキング編集

  • 太字は理論上ワールドチャンピオンの可能性あり
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照編集