メインメニューを開く

2005年J1最終節

2005年J1最終節(2005ねん・J1・さいしゅうせつ)は、2005年12月3日におこなわれた日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)ディビジョン1第34節のことを差す。特に本項目では、最終節で優勝の可能性のあったセレッソ大阪(C大阪)・ガンバ大阪(G大阪)・浦和レッドダイヤモンズ(浦和)・鹿島アントラーズ(鹿島)・ジェフユナイテッド市原・千葉(千葉)の5チームの試合について記す。

目次

最終戦までの経緯編集

1996年シーズン以来となる1ステージ制となったこのシーズンは、2004年シーズンの16クラブにJ2から昇格した川崎フロンターレ(川崎)と大宮アルディージャ(大宮)を加えた18クラブ2回戦総当たり(全34節)で行われた。

この年の序盤はFC東京、鹿島、横浜F・マリノス(横浜FM)が第4節まで3勝1分けでトップ集団を形成したが、FC東京は第5節から6連敗し、横浜FMも勝ち星を積み重ねられず、共に優勝争いから後退しはじめる。代わって名古屋グランパスエイト(名古屋)、サンフレッチェ広島(広島)、千葉が浮上してきたが、互いに敗戦や引き分けなどを繰り返し、またC大阪、G大阪といった関西勢や大宮、川崎の昇格2クラブも上位に絡むなどの混戦を呈した。

第11節終了時には首位鹿島が2位の名古屋との勝ち点差を10に広げ、且つ2位から14位のアルビレックス新潟(新潟)までが勝ち点差6の中でひしめく状況となったが、これを境に鹿島の快進撃は影を潜めるとともに2位以下の激しい争いからG大阪が抜け出すと第22節に首位を奪取。さらにジュビロ磐田(磐田)、浦和、広島といったタイトルホルダーや、後に日本代表監督となるイビチャ・オシム率いる千葉も浮上し、また終盤にはC大阪が怒涛の追い上げを見せた。首位に立ったG大阪は一時、2位と勝ち点5差をつけるもその後は一進一退の攻防が続き、千葉の優勝で終了したヤマザキナビスコカップ2005後の第30節には、勝ち点差8の中に6チームがにひしめく状況となった。

第30節終了時点での上位順位表[1]
順位 クラブ 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 得失点差 得点 失点
1 ガンバ大阪 30 57 17 6 7 +25 76 51
2 鹿島アントラーズ 30 54 15 9 6 +20 54 34
3 セレッソ大阪 30 53 15 8 7 +6 42 36
4 浦和レッズ 30 50 14 8 8 +21 56 35
5 ジェフユナイテッド千葉 30 50 13 11 6 +12 50 38
6 川崎フロンターレ 30 49 15 4 11 +13 51 38

その後もこれら上位陣の攻防は続く中、首位のG大阪が名古屋・大宮・千葉相手に3連敗を喫し勝ち点を上積みできず、2位鹿島も2分け1敗と停滞。その間隙を縫って、この3試合を上位陣で唯一無敗(1勝2分け)で乗り切った3位C大阪が、最終節前の第33節で遂に首位へ浮上、4位浦和・5位千葉も2勝1敗でそれぞれ勝ち点を6ずつ上積みした。一方で、6位川崎はC大阪・磐田に連敗して第32節の時点で優勝戦線から脱落した。

第33節終了時点での上位順位表[2]
順位 クラブ 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 得失点差 得点 失点
1 セレッソ大阪 33 58 16 10 7 +8 46 38
2 ガンバ大阪 33 57 17 6 10 +22 78 56
3 浦和レッズ 33 56 16 8 9 +24 61 37
4 鹿島アントラーズ 33 56 15 11 7 +18 57 39
5 ジェフユナイテッド千葉 33 56 15 11 7 +13 54 41
6 川崎フロンターレ 33 50 15 5 13 +9 52 43

上位が終盤で勝ち星を大きく上積みできなかったこともあって勝ち点差はさらに詰まり、最終節を前に首位と勝ち点差2の中に5チームがひしめく状態となり、まれに見る大混戦となった。

最終節編集

概要編集

最終節の組み合わせは以下の通り。優勝の可能性を残す5チーム(下記の太字で表したチーム)すべてが別の会場で戦うという組み合わせの妙となった。

※左側がホームチーム。開始予定時刻はすべて午後2時。

1位C大阪は勝てば他4会場の結果に関係なく優勝できるが、得失点差で他4チームに大きく劣るため、引き分け以下の場合、優勝には他4チームがいずれも引き分け以下であることが必要で(敗戦の場合はG大阪の敗戦も必要)、優勝のためには勝利が必須条件とも言えた。またC大阪が引き分け以下の場合、2位G大阪は勝てば他3会場の結果に関係なく優勝であり(勝てなかった場合はG大阪引き分け・C大阪敗戦・他3チームいずれも引き分け以下の場合のみ優勝)、優勝には勝利が最低条件となる、同勝ち点で並ぶ3位浦和、4位鹿島、5位千葉の間には、それぞれ1節では逆転困難な程度の得失点差が付いていたことから、この日のために5試合すべてに中継車を送り込んだNHKでは、実況中継の中で「勝ったクラブのうち(試合前時点で)最も順位が上のクラブが優勝」と説明していた。

前半編集

各会場とも午後2時4分に試合開始。そのわずか3分後に長居で試合が動いた。

試合開始から3分、C大阪のMF久藤清一が右サイドからあげたクロスをFW西澤明訓ヘディングしゴール左角に。2000年のファーストステージで掴みそこねた夢を手繰り寄せる一撃であった。

その1分後(4分)には新潟で浦和のDF堀之内聖が、7分にはカシマで鹿島のFW野沢拓也が続けて得点。さらに12分には等々力でG大阪のFW・アラウージョペナルティエリア間近からゴール左上角へのミドルシュートを決め先制。13分には浦和のMFポンテFKを直接決めて追加点を重ね、各地で優勝を狙うチームにゴールが続々と誕生した。

C大阪 1 – 0 F東京
川崎 0 – 1 G大阪
新潟 0 – 2 浦和
鹿島 1 – 0 柏
千葉 0 – 0 名古屋
15分終了時点での順位
昇降 順位 クラブ 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 得失点差 得点 失点
1 セレッソ大阪 34 61 17 10 7 +9 47 38
2 ガンバ大阪 34 60 18 6 10 +23 79 56
3 浦和レッズ 34 59 17 8 9 +26 63 37
4 鹿島アントラーズ 34 59 16 11 7 +19 58 39
5 ジェフユナイテッド千葉 34 57 15 12 7 +13 54 41

上位4クラブが揃ってリードしているため、この時点での順位の変動はなかった。

この動きに対戦相手もただ耐えているばかりではなかった。20分、長居ではFC東京MF鈴木規郎が1点を返し、試合を振り出しに戻した。

37分、等々力で川崎のDF寺田周平コーナーキックからのボールを頭で決めて同点としたそのとき、長居では試合の行方を大きく左右する場面が訪れていた。

C大阪のFW古橋達弥がFC東京の選手に倒されたことにより、C大阪はPKを得たものの、FC東京の執拗な抗議により焦らされたこともあったのか、C大阪MFゼ・カルロスの放ったPKはFC東京GK土肥洋一により阻止され、得点のビッグチャンスを逃した。

このワンプレーにより順位は大きく変動し、浦和が首位に立った。さらにカシマでは前半終了間際にアレックス・ミネイロが追加点をあげ、鹿島にとって国内3大会(リーグ戦カップ戦天皇杯)通算10個目のタイトルを掴もうと攻め込んでいった。

C大阪 1 – 1 F東京
川崎 1 – 1 G大阪
新潟 0 – 2 浦和
鹿島 2 – 0 柏
千葉 0 – 0 名古屋
前半終了時点での順位
昇降 順位 クラブ 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 得失点差 得点 失点
↑2 1 浦和レッズ 34 59 17 8 9 +26 63 37
↑2 2 鹿島アントラーズ 34 59 16 11 7 +20 59 39
↓2 3 セレッソ大阪 34 59 16 11 7 +8 47 39
↓2 4 ガンバ大阪 34 58 17 7 10 +22 79 57
5 ジェフユナイテッド千葉 34 57 15 12 7 +13 54 41

後半編集

わずかなインターバルを終え、優勝を狙う5クラブのうち、G大阪がメンバー交代を行う。後半からDFシジクレイ實好礼忠に交代し守りを修正したのである。

後半が開始し、試合が動いたのはまたも長居からであった。48分、C大阪MFゼ・カルロスのドリブル突破からのこぼれ球をFW西澤明訓がゴール左隅に叩き込み、PK失敗により霞んでいた夢を再び手繰り寄せる、執念の一撃を与える。西澤は試合前の「勝たなければ一生負け犬」という言葉に表れた意気込みどおり、2ゴールという形を見事に残してみせる。さらに58分にはカシマで鹿島FW野沢拓也が決め、56分には等々力でG大阪DF宮本恒靖のゴールで勝ち越すも62分に川崎MF谷口博之のヘディングにより同点とされ、その数分前の60分に新潟で浦和FWマリッチが得点するという、前半とほぼ同じ展開で試合は進んでいった。

C大阪 2 – 1 F東京
川崎 2 – 2 G大阪
新潟 0 – 3 浦和
鹿島 3 – 0 柏
千葉 0 – 0 名古屋
60分終了時点での順位
昇降 順位 クラブ 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 得失点差 得点 失点
↑2 1 セレッソ大阪 34 61 17 10 7 +9 48 39
↓1 2 浦和レッズ 34 59 17 8 9 +27 64 37
↓1 3 鹿島アントラーズ 34 59 16 11 7 +21 60 39
4 ガンバ大阪 34 58 17 7 10 +22 80 58
5 ジェフユナイテッド千葉 34 57 15 12 7 +13 54 41

各会場ともその後は一進一退の攻防が15分ほど続いたが、試合は等々力で動いた。川崎DF森勇介がG大阪の左サイドのMF家長昭博の突破を阻止すべく守りにいくも、ペナルティエリア内での痛恨のファウルを起こし、G大阪にPKが与えられる。前半のほぼ同じ時間帯にPKを止められたC大阪に対し、G大阪は79分にMF遠藤保仁が冷静に決め勝ち越しに成功。このシーズンの開幕時、Jリーグ創設時の「オリジナル10」では千葉とともに国内3大会のタイトルのいずれも獲得していないチームであったが、その両チームはこの年のナビスコカップ決勝戦で対戦。PK戦までもつれ込む死闘の末、タイトルは千葉が獲得した。それゆえ最後のチームとなったG大阪にとって優勝のかかったこの一戦に対する思いは熱く、また遠藤にとってはその時の失敗を払拭する1点でもあった。

しかしほぼ同じ時刻にカシマでも鹿島がPKを獲得し、これを決めるべく投入されたMF本田泰人が期待に応えてゴール。直後の80分には新潟で浦和MF山田暢久もゴールし、さらにスコアレスが続いていたフクアリでも82分、名古屋のFW鴨川奨のゴールにより千葉が1点リードされるなど、試合は各地で再び大きく動き始めた。

C大阪 2 – 1 F東京
川崎 2 – 3 G大阪
新潟 0 – 4 浦和
鹿島 4 – 0 柏
千葉 0 – 1 名古屋
85分終了時点での順位
昇降 順位 クラブ 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 得失点差 得点 失点
1 セレッソ大阪 34 61 17 10 7 +9 48 39
↑2 2 ガンバ大阪 34 60 18 6 10 +23 81 58
↓1 3 浦和レッズ 34 59 17 8 9 +28 65 37
↓1 4 鹿島アントラーズ 34 59 16 11 7 +22 61 39
5 ジェフユナイテッド千葉 34 56 15 11 8 +12 54 42

そして迎えた後半終了間際。このままC大阪が優勝するかと思われたが、ドラマは起こった。ロスタイム突入直前の89分、FC東京は相手ゴール前に攻め込む。対するC大阪はクリアの応酬を繰り返す混戦となったが、そのこぼれ球をFC東京のMF今野泰幸により決められ、同点に追いつかれてしまう。その直後にはフクアリで千葉がPKを得るとMF阿部勇樹が決め、続けざまに千葉MF坂本將貴のゴールで逆転に成功。

一方等々力でも、C大阪が同点に追いつかれ最後の最後で優勝の芽が出てきたG大阪は、それを祝うかのようにFWアラウージョがこの日2点目となる駄目押し点を入れ、試合を決着。あまりに劇的な展開に、サポーターが観客席から飛び出し選手たちと抱き合って狂喜乱舞するという光景が生まれた。そして全ての会場で試合は終了した。

C大阪 2 – 2 F東京
川崎 2 – 4 G大阪
新潟 0 – 4 浦和
鹿島 4 – 0 柏
千葉 2 – 1 名古屋

これによりG大阪の優勝が決定し念願の「タイトルホルダー」となった。対してあと一歩のところまでタイトルを掴みかけていたC大阪はまたしてもタイトルを取り逃しただけでなく、得失点差により5位まで順位を落とす結果となった。

最終順位表[3]
昇降 順位 クラブ 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 得失点差 得点 失点
↑1 1 ガンバ大阪 34 60 18 6 10 +24 82 58
↑1 2 浦和レッズ 34 59 17 8 9 +28 65 37
↑1 3 鹿島アントラーズ 34 59 16 11 7 +22 61 39
↑1 4 ジェフユナイテッド千葉 34 59 16 11 7 +14 56 42
↓4 5 セレッソ大阪 34 59 16 11 7 +8 48 40

試合データ編集

2005年12月3日
14:04
川崎フロンターレ 2 - 4 ガンバ大阪
寺田周平   37分
谷口博之   62分
公式記録 アラウージョ   12分89分
宮本恒靖   56分
遠藤保仁   79分
等々力陸上競技場
観客数: 23,113人
主審: 岡田正義
川崎フロンターレ
GK 28 相澤貴志
DF 05 箕輪義信
DF 13 寺田周平
DF 02 伊藤宏樹
MF 23 相馬直樹   62分
MF 14 中村憲剛
MF 29 谷口博之   79分   41分
MF 04 アウグスト
MF 11 マルクス
FW 09 我那覇和樹   76分
FW 10 ジュニーニョ
サブメンバー
GK 01 吉原慎也
DF 03 佐原秀樹   79分   89分
MF 25 森勇介   62分   78分
MF 08 久野智昭
FW 24 黒津勝   76分
監督
関塚隆
ガンバ大阪
GK 22 藤ヶ谷陽介
DF 02 シジクレイ   45分
DF 05 宮本恒靖   25分
DF 06 山口智
MF 15 渡辺光輝   66分
MF 27 橋本英郎   22分
MF 07 遠藤保仁   71分
MF 14 家長昭博
MF 09 アラウージョ
FW 16 大黒将志   74分
FW 08 フェルナンジーニョ     84分、84分
サブメンバー
GK 01 松代直樹
DF 04 實好礼忠   45分
MF 20 寺田紳一   66分   89分
FW 21 三木良太
FW 11 松波正信   74分
監督
西野朗

2005年12月3日
14:04
アルビレックス新潟 0 - 4 浦和レッズ
公式記録 堀之内聖   4分
ポンテ   13分
マリッチ   60分
山田暢久   80分
新潟スタジアム
観客数: 41,988人
主審: 松村和彦
アルビレックス新潟
GK 01 木寺浩一
DF 05 梅山修   45分
DF 31 藤井大輔   84分
DF 19 海本慶治
DF 03 萩村滋則
MF 07 アンデルソン・リマ
MF 15 本間勲   79分
MF 06 桑原裕義   72分   34分
MF 16 寺川能人
FW 10 エジミウソン
FW 09 ファビーニョ   50分
サブメンバー
GK 21 野澤洋輔
DF 14 高橋直樹   84分
MF 13 宮沢克行
MF 35 田中亜土夢   72分
FW 11 上野優作   45分
監督
反町康治
浦和レッズ
GK 23 都築龍太
DF 02 坪井慶介
DF 04 田中マルクス闘莉王
DF 20 堀之内聖
MF 06 山田暢久   41分
MF 13 鈴木啓太
MF 17 長谷部誠
MF 08 三都主アレサンドロ   44分
MF 10 ポンテ
FW 30 岡野雅行   76分
FW 18 マリッチ
サブメンバー
GK 01 山岸範宏
DF 32 細貝萌
MF 07 酒井友之
FW 27 横山拓也
FW 09 永井雄一郎   76分
監督
ギド・ブッフバルト

2005年12月3日
14:04
鹿島アントラーズ 4 - 0 柏レイソル
野沢拓也   7分53分
アレックス・ミネイロ   44分
本田泰人   79分
公式記録
鹿島アントラーズ
GK 21 曽ヶ端準
DF 02 名良橋晃   63分
DF 15 岩政大樹
DF 04 大岩剛
DF 07 新井場徹
MF 08 小笠原満男
MF 16 フェルナンド   78分
MF 10 本山雅志   68分
MF 11 深井正樹   61分
FW 25 野沢拓也
FW 09 アレックス・ミネイロ
サブメンバー
GK 29 杉山哲
MF 06 本田泰人   78分
MF 24 青木剛
MF 26 増田誓志   61分
FW 30 鈴木隆行   68分
監督
トニーニョ・セレーゾ
柏レイソル
GK 01 南雄太
DF 03 薩川了洋   88分
DF 04 波戸康広
DF 20 永田充
MF 02 小林亮
MF 23 大谷秀和
MF 13 小林祐三   64分   62分
MF 14 大野敏隆   45分
MF 24 平山智規   77分
FW 18 矢野貴章   74分
FW 10 クレーベル   56分
サブメンバー
GK 31 加藤慎也
DF 32 石川直樹
MF 34 柳澤隼   64分
FW 25 李忠成   74分
FW 19 宇野沢祐次   45分   89分
監督
早野宏史

2005年12月3日
14:04
ジェフユナイテッド千葉 2 - 1 名古屋グランパスエイト
阿部勇樹   89分
坂本將貴   89分
公式記録 鴨川奨   89分
フクダ電子アリーナ
観客数: 17,003人
主審: 柏原丈二
ジェフユナイテッド千葉
GK 17 櫛野亮
DF 03 斎藤大輔
DF 05 ストヤノフ   43分
MF 29 水野晃樹
MF 02 坂本將貴
MF 06 阿部勇樹
MF 07 佐藤勇人
MF 16 山岸智   76分
MF 22 羽生直剛   83分
FW 18 巻誠一郎
FW 10 ハース   89分
サブメンバー
GK 01 立石智紀
DF 24 結城耕造
MF 15 中島浩司   89分
MF 20 工藤浩平   83分
FW 09 林丈統   76分
監督
イビチャ・オシム
名古屋グランパスエイト
GK 01 楢崎正剛   52分
DF 17 安英学
DF 02 秋田豊
DF 04 大森征之
MF 20 角田誠   86分
MF 13 山口慶   56分
MF 07 中村直志   89分
MF 10 藤田俊哉   69分
MF 24 本田圭佑   64分
FW 15 鴨川奨
FW 23 豊田陽平   83分
サブメンバー
GK 22 川島永嗣   52分
DF 18 中島俊一   56分
MF 06 中谷勇介
FW 19 杉本恵太   83分
FW 37 津田知宏
監督
中田仁司

2005年12月3日
14:04
セレッソ大阪 2 - 2 FC東京
西澤明訓   3分48分 公式記録 鈴木規郎   20分
今野泰幸   89分
長居スタジアム
観客数: 43,927人
主審: 上川徹
セレッソ大阪
GK 22 吉田宗弘
DF 30 前田和哉
DF 26 藤本康太
DF 03 柳本啓成
MF 05 ファビーニョ
MF 23 下村東美   11分
MF 07 久藤清一   89分
MF 06 ゼ・カルロス   88分   63分
FW 08 森島寛晃   82分   79分
FW 20 西澤明訓
FW 09 古橋達弥   84分
サブメンバー
GK 01 伊藤友彦
DF 19 山崎哲也   89分
MF 11 徳重隆明   82分
MF 16 宮原裕司
FW 10 黒部光昭   88分
監督
小林伸二
FC東京
GK 01 土肥洋一   35分
DF 08 藤山竜仁
DF 03 ジャーン
DF 02 茂庭照幸
DF 17 金沢浄
MF 23 梶山陽平   69分
MF 06 今野泰幸   89分
MF 15 鈴木規郎
MF 27 栗澤僚一   54分
FW 13 戸田光洋
FW 11 阿部吉朗
サブメンバー
GK 21 遠藤大志
MF 07 浅利悟
MF 10 三浦文丈
MF 16 宮沢正史   54分
FW 32 近藤祐介   69分
監督
原博実

脚注編集

関連項目編集