メインメニューを開く

< 2006年

2006年のスポーツでは、2006年平成18年)のスポーツ関連の出来事についてまとめる。

2006年前後:2005年のスポーツ - 2006年のスポーツ - 2007年のスポーツ

目次

できごと編集

下記のスポーツはそれぞれの個別記事を参照すること。

2006年の野球プロ野球MLB)、2006年のサッカー2006年の相撲2006年のバレーボール2006年のバスケットボール2006年の日本競馬2006年のNFL

ただし上記に含まれるスポーツのうち、世界的な影響があった事件、一般社会に対しても長期的かつ大きな影響を及ぼした事件や快挙、複数のスポーツに跨る事態等については本項に重複記載する。

1月 - 3月編集

4月 - 6月編集

7月 - 9月編集

10月 - 12月編集

総合競技大会編集

第20回トリノオリンピック
順位 国・地域名
1   ドイツ 11 12 6 29
2   アメリカ合衆国 9 9 7 25
3   オーストリア 9 7 7 23
4   ロシア 8 6 8 22
5   カナダ 7 10 7 24
6   スウェーデン 7 2 5 14
7   韓国 6 3 2 11
8   スイス 5 4 5 14
9   イタリア 5 0 6 11
10   フランス 3 2 4 9
詳細はメダル受賞数一覧を参照。
第18回コモンウェルスゲームズ
順位 国・地域名
1   オーストラリア 84 69 68 221
2   イングランド 36 40 34 110
3   カナダ 26 29 31 86
4   インド 22 17 11 50
5   南アフリカ共和国 12 13 13 38
6   スコットランド 11 7 11 29
7   ジャマイカ 10 4 8 22
8   マレーシア 7 12 10 29
9   ニュージーランド 6 12 13 31
10   ケニア 6 5 7 18
詳細はメダル受賞数一覧を参照。

アイスホッケー編集

アメリカンフットボール編集

オートレース編集

オリエンテーリング編集

カーリング編集

キックボクシング編集

競艇編集

競馬編集

日本編集

アイルランド編集

アメリカ合衆国編集

グライドマスターは、ケンタッキーフューチュリティ、ヨンカーズトロットも制しトロッター三冠を達成。

エクリプス賞

  • 年度代表馬 - インヴァソール
  • 最優秀騎手 - エドガー・プラード

アラブ首長国連邦編集

イギリス編集

オーストラリア編集

シンガポール編集

フランス編集

香港編集

広域・その他編集

ワールド・サラブレッド・レースホース・ランキング編集

レート 距離区分 競走馬名
123 芝・超長距離 ディープインパクト
127 芝・長距離 レイルリンク / ディープインパクト
126 芝・中距離 ディラントーマス
127 芝・短距離 ジョージワシントン
120 芝・超短距離 テイクオーバーターゲット
119 ダ・長距離 ジャジル
129 ダ・中距離 インヴァソール
128 ダ・短距離 ディスクリートキャット
120 ダ・超短距離 ヘニーヒューズ / ソーズエコー
  • 南半球の一部競走については未確定

競輪編集

剣道編集

ゴルフ編集

世界4大大会(男子)編集

日本勢最高は、片山晋呉の+4(292)で27位タイ
日本勢最高は、今田竜二の+9(289)で12位タイ
日本勢最高は、谷原秀人の-11(277)で5位タイ
日本勢最高は、谷原秀人の+4(292)で55位タイ

世界4大大会(女子)編集

日本勢最高は、不動裕理の+2(290)で15位タイ
日本勢最高は、宮里藍の-7(281)で3位タイ
日本勢最高は、宮里藍の+14(298)で28位タイ
日本勢最高は、宮里藍の0(288)で9位

PGA・男子国際大会編集

世界ゴルフ選手権シリーズ

LPGA・女子国際大会編集

PGA・日本男子メジャー大会編集

JLPGA・日本女子メジャー大会編集

日本男子編集

  • 賞金王 片山晋呉(3年連続4回目)

日本女子編集

サッカー編集

自転車競技編集

ロードレース編集

トラックレース編集

柔道編集

水泳編集

スケート編集

ショートトラック編集

スピードスケート編集

フィギュアスケート編集

相撲編集

体操編集

体操競技編集

新体操編集

トランポリン編集

卓球編集

テニス編集

バスケットボール編集

バドミントン編集

バレーボール編集

ハンドボール編集

プロレス編集

ボクシング編集

プロボクシング編集

日本のジム所属選手の世界戦編集

日本のジムに所属するプロボクサーが2006年度に国内外で戦った世界戦
開催日 会場 タイトル種別 対戦者 結果 対戦者
1月9日 横浜市西区
パシフィコ横浜
WBC世界ミニマム級
タイトルマッチ
イーグル京和
(王者/角海老宝石)
☆7RTKO★ 中島健
(8位/グリーンツダ)
1月29日 福岡市中央区
福岡市
九電記念体育館
WBC世界フェザー級
タイトルマッチ
池仁珍
(王者/韓国
★判定1-2☆ 越本隆志[1]
(5位/Fukuoka)
2月27日 大阪市
大阪市中央体育館
WBC世界スーパーフライ級
タイトルマッチ
徳山昌守
(王者/金沢)
☆判定3-0★ ホセ・ナバーロ
(1位/アメリカ
3月4日 文京区
後楽園ホール
WBA世界ミニマム級
タイトルマッチ
新井田豊
(王者/横浜光)
☆判定3-0★ ロナルド・バレラ
(8位/コロンビア
3月25日 神戸市
神戸ワールド
記念ホール
WBC世界バンタム級
タイトルマッチ
長谷川穂積
(王者/千里馬神戸)
☆9RKO★ ウィラポン・
ナコンルアンプロモーション

(1位/タイ
5月1日 タイ バンコク WBC世界フライ級
タイトルマッチ
ポンサクレック・
ウォンジョンカム

(王者/タイ)
☆判定3-0★ 中広大悟
(15位/広島三栄)
5月6日 文京区
後楽園ホール
WBC世界ミニマム級
タイトルマッチ
イーグル京和
(王者/角海老宝石)
☆判定3-0★ ロデル・マヨール
(1位/三迫)
5月20日 アメリカ ロサンゼルス WBC世界ライト級
暫定王座決定戦
稲田千賢
(3位/帝拳)
★6RTKO☆ ホセ・アルマンド・サンタクルス
(4位/メキシコ
7月22日 東大阪市
東大阪アリーナ
WBA世界スーパーフライ級
タイトルマッチ
マーティン・カスティーリョ
(王者/メキシコ)
★10RTKO☆ 名城信男
(1位/六島)
7月30日 福岡市博多区
マリンメッセ福岡
WBC世界フェザー級
タイトルマッチ
越本隆志
(王者/FUKUOKA)
★7RTKO☆ ルディ・ロペス
(14位/メキシコ)
8月2日 横浜市港北区
横浜アリーナ
WBA世界ライトフライ級
王座決定戦
ファン・ランダエタ
(1位/ベネズエラ
★判定1-2☆ 亀田興毅
(2位/協栄)
8月5日 パナマ パナマシティ WBA世界スーパーフェザー級
タイトルマッチ
ビセンテ・モスケラ
(王者/パナマ
★10RTKO☆ エドウィン・バレロ
(1位/帝拳[2]
9月18日 横浜市西区
パシフィコ横浜
WBC世界スーパーフライ級
暫定王座決定戦
川嶋勝重
(2位/大橋)
★判定1-2☆ クリスチャン・ミハレス
(4位/メキシコ)
10月9日 文京区
後楽園ホール
WBC世界ライトフライ級
暫定タイトルマッチ
ワンディー・シンワンチャー
(前暫定王者[3]/タイ)
☆判定3-0★ 嘉陽宗嗣
(9位/白井・具志堅)
11月7日 大阪市北区
グランキューブ大阪
WBA世界ミニマム級
暫定王座決定戦
カルロス・メロ
(1位/パナマ)
★9R負傷判定☆
0-3
高山勝成
(5位/グリーンツダ)
11月13日 千代田区
日本武道館
WBC世界バンタム級
タイトルマッチ
長谷川穂積
(王者/千里馬神戸)
☆判定3-0★ ヘナロ・ガルシア
(1位/メキシコ)
WBC世界ミニマム級
タイトルマッチ
イーグル京和
(王者/角海老宝石)
☆判定3-0★ ロレンソ・トレホ
(4位/メキシコ)
12月2日 大阪市浪速区
大阪府立体育会館
WBA世界スーパーフライ級
タイトルマッチ
名城信男
(王者/六島)
☆判定3-0★ エデュアルド・ガルシア
(13位/メキシコ)
フランス パリ WBA世界フライ級
暫定王座決定戦
ロベルト・バスケス
(1位/パナマ)
☆判定2-1★ 坂田健史
(3位/協栄)
12月10日 ロシア モスクワ WBC世界ヘビー級
タイトルマッチ
オレグ・マスカエフ
(王者/カザフスタン
☆判定3-0★ MG・ピーター
(8位/緑)
12月20日 江東区
有明コロシアム
WBA世界ライトフライ級
タイトルマッチ
亀田興毅
(王者/協栄)
☆判定3-0★ ファン・ランダエタ
(1位/ベネズエラ)

年間表彰選手編集

モータースポーツ編集

四輪カテゴリー編集

二輪カテゴリー編集

野球編集

ラグビー編集

国際大会編集

全日本選手権編集

東芝府中ブレイブルーパス 6-6 NECグリーンロケッツ

ジャパンラグビートップリーグ編集

日本の学生ラグビー編集

陸上競技編集

マラソン編集

ワールドマラソンメジャーズ編集

日本国内大会編集

男子編集
女子編集
男女混合編集

駅伝編集

男子編集

女子編集

男女同日開催編集

クロスカントリー編集

レスリング編集

スポーツの賞編集

その他のスポーツ編集

誕生編集

死去編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 越本は2度目の挑戦で世界タイトルを奪取。35歳での世界タイトル奪取は 輪島功一の32歳9か月を大幅に更新する日本人最高齢記録。また 日本人のフェザー級世界王者は 柴田国明以来36年ぶり。
  2. ^ バレロは日本のジムに「所属」という形態ではないが、ここに含めた。
  3. ^ ワンディーは前日計量にて王座剥奪となった。