2006年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

2006年のマレーシアグランプリは、ロードレース世界選手権2006年シーズン第13戦として、9月8日から10日までマレーシアセパン・インターナショナル・サーキットで開催された。

マレーシアの旗   2006年のマレーシアグランプリ
レース詳細
2006年のロードレース世界選手権 全17戦中第13戦
Sepang.svg
決勝日 2006年9月10日
開催地 セパン・インターナショナル・サーキット
開催コース 常設サーキット
5.543km
MotoGP
ポールポジション ファステストラップ
イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ イタリアの旗 ロリス・カピロッシ
2:00.605 2:02.127
表彰台
1. イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ
2. イタリアの旗 ロリス・カピロッシ 3. スペインの旗 ダニ・ペドロサ


250 cc
ポールポジション ファステストラップ
スペインの旗 エクトル・バルベラ 日本の旗 青山博一
2:08.266 2:08.761
表彰台
1. スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ
2. イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ 3. サンマリノの旗 アレックス・デ・アンジェリス
125 cc
ポールポジション ファステストラップ
スペインの旗 アルバロ・バウティスタ スペインの旗 アルバロ・バウティスタ
2:13.846 2:13.118
表彰台
1. スペインの旗 アルバロ・バウティスタ
2. フィンランドの旗 ミカ・カリオ 3. スペインの旗 エクトル・ファウベル


概要編集

土曜日の予選セッションは、悪天候により125ccクラスを除いて中止となった。MotoGPクラスのスターティンググリッドは、フリー走行での各自のベストタイムにより決定された[1]

日曜日の決勝、125ccクラスでは2周目に多重クラッシュが発生したことから赤旗が掲示されレースは中断。周回数を19周から12周に短縮しおこなわれた再レースでは、ポイントリーダーのアルバロ・バウティスタが独走しシーズン6勝目を挙げた。これでバウティスタはランキング2位のミカ・カリオに対し74ポイントの大差を築き、初のチャンピオン獲得に王手をかけた[2]

250ccクラス決勝では、ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソがランキング2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾを下し、シーズン7勝目を挙げた。これで両者のポイント差は12となった[3]

MotoGPクラスではキャメル・ヤマハバレンティーノ・ロッシが、ドゥカティ・マルボロロリス・カピロッシとのバトルを制してシーズン5勝目を挙げた。ポイントランキングでは、トップのニッキー・ヘイデンから22ポイント差でダニ・ペドロサ、26ポイント差でロッシとなった[4]

MotoGPクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   バレンティーノ・ロッシ ヤマハ 43:07.829 1 25
2   ロリス・カピロッシ ドゥカティ +0.849 3 20
3   ダニ・ペドロサ ホンダ +3.863 19 16
4   ニッキー・ヘイデン ホンダ +5.780 2 13
5   セテ・ジベルナウ ドゥカティ +9.301 5 11
6   ジョン・ホプキンス スズキ +11.081 7 10
7   ケニー・ロバーツJr. KR212V +11.838 4 9
8   ケーシー・ストーナー ホンダ +12.267 9 8
9   マルコ・メランドリ ホンダ +15.019 8 7
10   コーリン・エドワーズ ヤマハ +19.909 10 6
11   クリス・バーミューレン スズキ +24.371 14 5
12   カルロス・チェカ ヤマハ +30.884 13 4
13   ランディ・ド・プニエ カワサキ +36.335 6 3
14   玉田誠 ホンダ +48.777 15 2
15   アレックス・ホフマン ドゥカティ +59.081 16 1
16   ジェームス・エリソン ヤマハ +1:05.787 17
17   ホセ・ルイス・カルドソ ドゥカティ +1:37.862 18
Ret   トニ・エリアス ホンダ アクシデント 12
Ret   中野真矢 カワサキ アクシデント 11

250ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   ホルヘ・ロレンソ アプリリア 43:15.499 2 25
2   アンドレア・ドヴィツィオーゾ ホンダ +5.428 5 20
3   アレックス・デ・アンジェリス アプリリア +10.225 6 16
4   高橋裕紀 ホンダ +25.669 9 13
5   ロベルト・ロカテリ アプリリア +31.152 4 11
6   青山周平 ホンダ +39.936 7 10
7   シルバン・ギュントーリ アプリリア +50.672 10 9
8   マルコ・シモンチェリ ジレラ +1:06.107 12 8
9   アレックス・エスパルガロ ホンダ +1:06.556 13 7
10   ジュール・クルーセル アプリリア +1:17.868 20 6
11   アルノー・ヴァンサン ホンダ +1:27.761 27 5
12   ジョルディ・カルチャノ ホンダ +1:54.913 18 4
13   関口太郎 アプリリア +2:00.097 22 3
14   ルカ・モレリ アプリリア +2:24.623 21 2
15   アンソニー・ウエスト アプリリア +1 Lap 26 1
16   Chi Feng Ho アプリリア +1 Lap 23
17   Rong Zhai Su アプリリア +1 Lap 25
18   アレッシオ・パルンボ アプリリア +1 Lap 24
Ret   ファブリシオ・ペレン ホンダ アクシデント 19
Ret   アンドレア・バレリーニ アプリリア アクシデント 17
Ret   ヤコブ・シュムルツ アプリリア アクシデント 15
Ret   マヌエル・ポジャーリ KTM アクシデント 11
Ret   デューク・ヘイドルフ アプリリア 棄権 14
Ret   青山博一 KTM 棄権 3
Ret   アルトゥーロ・ティゾン ホンダ アクシデント 16
Ret   マルティン・カルデナス ホンダ アクシデント 8
Ret   エクトル・バルベラ アプリリア アクシデント 1

125ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   アルバロ・バウティスタ アプリリア 26:52.154 1 25
2   ミカ・カリオ KTM +3.577 2 20
3   エクトル・ファウベル アプリリア +9.904 5 16
4   フリアン・シモン KTM +9.974 11 13
5   ホアン・オリベ アプリリア +11.551 4 11
6   セルヒオ・ガデア アプリリア +11.588 15 10
7   マティア・パシーニ アプリリア +13.157 3 9
8   ガボール・タルマクシ ホンダ +13.198 12 8
9   ルーカス・ペセック デルビ +13.934 7 7
10   ニコラス・テロル デルビ +15.004 6 6
11   ファブリツィオ・ライ ホンダ +19.568 8 5
12   エステベ・ラバト ホンダ +25.342 24 4
13   トーマス・ルティ アプリリア +26.317 16 3
14   ポル・エスパルガロ アプリリア +34.470 22 2
15   シモーネ・コルシ アプリリア +41.849 19 1
16   フェデェリコ・サンディ アプリリア +41.917 21
17   サンドロ・コルテセ ホンダ +42.058 10
18   カレル・アブラハム アプリリア +47.431 26
19   ロベルト・タンブリーニ アプリリア +47.466 23
20   ミハエル・ランセデール KTM +48.003 29
21   ミケーレ・コンティ ホンダ +48.480 31
22   マヌエル・エルナンデス アプリリア +49.229 27
23   イムレ・トス アプリリア +49.987 18
24   ミケーレ・ピロ ホンダ +54.614 25
25   ロベルト・ラカレンドーラ アプリリア +1:07.132 36
26   ドニ・タタ・プラディタ ヤマハ +1:24.614 35
Ret   ディノ・ロンバルディ アプリリア 棄権 30
Ret   ジョーイ・リットジェーン ホンダ 棄権 33
Ret   小山知良 マラグーティ アクシデント 9
Ret   ラファエレ・デ・ロサ アプリリア 棄権 14
Ret   パブロ・ニエト アプリリア 棄権 13
Ret   マイク・ディ・メッリオ ホンダ 棄権 20
Ret   ロレンツォ・ザネッティ アプリリア アクシデント 17
DNS   ヴァンサン・ブライヤール アプリリア 再レースにスタートせず 32
DNS   アンドレア・イアンノーネ アプリリア 再レースにスタートせず 28
DNS   シモーネ・グロツキー アプリリア スタートせず 34

脚注編集

参考文献編集


前戦
2006年のチェコグランプリ
ロードレース世界選手権
2006年シーズン
次戦
2006年のオーストラリアグランプリ
前回開催
2005年のマレーシアグランプリ
  マレーシアグランプリ 次回開催
2007年のマレーシアグランプリ