メインメニューを開く

2006年イタリアグランプリ (LXXVII Gran Premio Vodafone d'Italia) は、2006年F1世界選手権の第15戦として、2006年9月10日にモンツァ・サーキットで開催された。

イタリアの旗 2006年イタリアグランプリ
レース詳細
Monza track map.svg
日程 2006年シーズン
決勝開催日 9月10日
開催地 モンツァ・サーキット
コース長 5.793km
レース距離 307.029km
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1.21.484
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
タイム 1:22.559
決勝順位
優勝
2位
3位

レース後にミハエル・シューマッハは2006年シーズンをもって引退すると発表した。ロバート・クビサはF1デビューから3戦目にして初の表彰台を獲得した。このレースはFIAによるハイスピードバリアーが導入された初のレースであった。システムは第2シケインのランオフエリア後端および「パラボリカ」に設置された[1]。また、クリスチャン・クリエンレッドブルにおける最後のレースであった。

金曜フリー走行編集

予選編集

From:[2]

順位 国籍 ドライバー コンストラクター Q3 Q2 Q1
1   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 1:21.484 1:21.349 1:21.994
2   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1:21.486 1:21.353 1:21.711
3   ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:21.653 1:21.425 1:21.764
4   フェリペ・マッサ フェラーリ 1:21.704 1:21.225 1:22.028
5   ジェンソン・バトン ホンダ 1:22.011 1:21.572 1:22.512
6   ロバート・クビサ BMWザウバー 1:22.258 1:21.270 1:22.437
7   ペドロ・デ・ラ・ロサ マクラーレン-メルセデス 1:22.280 1:21.878 1:22.422
8   ルーベンス・バリチェロ ホンダ 1:22.787 1:21.688 1:22.640
9   ジャンカルロ・フィジケラ ルノー 1:23.175 1:21.722 1:22.486
10   フェルナンド・アロンソ* ルノー 1:25.688 1:21.526 1:21.747
11   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:21.924 1:22.093
12   ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ-コスワース 1:22.203 1:22.581
13   ラルフ・シューマッハ トヨタ 1:22.280 1:22.622
14   デヴィッド・クルサード レッドブル-フェラーリ 1:22.589 1:22.618
15   スコット・スピード トロ・ロッソ-コスワース 1:23.165 1:22.943
16   クリスチャン・クリエン レッドブル-フェラーリ 1:22.898
17   ヴィタントニオ・リウッツィ トロ・ロッソ-コスワース 1:23.043
18   クリスチャン・アルバース スパイカーMF1-トヨタ 1:23.116
19   マーク・ウェバー ウィリアムズ-コスワース 1:23.341
20   ティアゴ・モンテイロ スパイカーMF1-トヨタ 1:23.920
21   佐藤琢磨 スーパーアグリ-ホンダ 1:24.289
22   山本左近 スーパーアグリ-ホンダ 1:26.001

  • * フェルナンド・アロンソはQ3で1:21.829のタイムを記録したが、フェラーリのフェリペ・マッサの予選を妨害したとスチュワードが判定し、Q3のタイムが削除された。結果として5番手から10番手へ降格となった[3]

決勝編集

From [4]:

順位 No 国籍 ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 5   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 53 1:14:51.975 2 10
2 3   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 53 +8.046 secs 1 8
3 17   ロバート・クビサ BMWザウバー 53 +26.414 secs 6 6
4 2   ジャンカルロ・フィジケラ ルノー 53 +32.045 secs 9 5
5 12   ジェンソン・バトン ホンダ 53 +32.685 secs 5 4
6 11   ルーベンス・バリチェロ ホンダ 53 +42.409 secs 8 3
7 8   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 53 +44.662 secs 11 2
8 16   ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 53 +45.309 secs 3 1
9 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 53 +45.995 secs 4
10 9   マーク・ウェバー ウィリアムズ-コスワース 53 +72.602 secs 19
11 15   クリスチャン・クリエン レッドブル-フェラーリ 52 +1 lap 16
12 14   デヴィッド・クルサード レッドブル-フェラーリ 52 +1 lap 14
13 21   スコット・スピード トロ・ロッソ-コスワース 52 +1 lap 15
14 20   ヴィタントニオ・リウッツィ トロ・ロッソ-コスワース 52 +1 lap 17
15 7   ラルフ・シューマッハ トヨタ 52 +1 lap 13
16 22   佐藤琢磨 スーパーアグリ-ホンダ 51 +2 laps 21
17 19   クリスチャン・アルバース スパイカーMF1-トヨタ 51 +2 laps 18
リタイア 18   ティアゴ・モンテイロ スパイカーMF1-トヨタ 44 ブレーキ 20
リタイア 1   フェルナンド・アロンソ ルノー 43 エンジン 10
リタイア 4   ペドロ・デ・ラ・ロサ マクラーレン-メルセデス 20 エンジン 7
リタイア 23   山本左近 スーパーアグリ-ホンダ 18 ハイドロリック 22
リタイア 10   ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ-コスワース 9 ドライブシャフト 12

第15戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照編集

  1. ^ The High Speed Safety Barrier FIA.com. Retrieved 4 October 2006
  2. ^ Domenjoz, Luc et al.. Formula One Yearbook 2006-2007. Chronosports S.A.. p. 182. ISBN 2-84707-110-5. 
  3. ^ Alonso punished for blocking Massa”. 2007年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年9月8日閲覧。
  4. ^ a b c Domenjoz, Luc et al.. Formula One Yearbook 2006-2007. Chronosports S.A.. p. 189. ISBN 2-84707-110-5. 
前戦
2006年トルコグランプリ
FIA F1世界選手権
2006年シーズン
次戦
2006年中国グランプリ
前回開催
2005年イタリアグランプリ
  イタリアグランプリ次回開催
2007年イタリアグランプリ