メインメニューを開く

2006年ニューヨーク小型機衝突事故

2006年ニューヨーク小型機衝突事故(2006ねんニューヨークこがたきしょうとつじこ)は、2006年10月11日アメリカニューヨークマンハッタンにある超高層アパートに小型機が衝突した事故である。

2006年ニューヨーク小型機衝突事故
Belaire Condominium, 12 October 2006.jpg
事故後のビル
出来事の概要
日付 2006年10月11日
概要 高層アパートへの衝突
現場 ニューヨークマンハッタン
乗員数 2
負傷者数
(死者除く)
11(消防士)
死者数 2
生存者数 0
機種 Cirrus SR20
運用者 個人
機体記号 N929CD
テンプレートを表示
衝突した場所
Cirrus SR20(事故機の同型機)

調査により、事故機はプロ野球チームのニューヨーク・ヤンキースに所属していたコリー・ライドルの小型機と判明した。また、操縦していたライドルと同乗していたインストラクターの計2人の死亡が確認された。アメリカ同時多発テロ事件に光景が似ていたため、テロの疑いがもたれた。

目次

経過編集

午後2時45分(日本時間12日午前3時45分)ごろ、ニューヨーク・ マンハッタンの中心部に近い50階建てアパートの40階付近に小型機が衝突し、操縦していたライドルと同乗していたインストラクターの2名が死亡した。消防士11名が負傷した。

同機はニュージャージー州にある小型機専門のテターボロ空港を同日午後2時半ごろ離陸した。マンハッタンの自由の女神像を飛行した後何らかのトラブルが発生した。ふらつきながらビルの北側外壁に衝突し、大きな音とともに炎上し、落下した。アパートの下の路上には小型機の車輪などが転がっていた。

小型機が飛行していたのは15分ほどで、ライドルとインストラクターはニューヨークを観光していたと見られている。

アメリカ連邦航空局(FAA)によると、小型機が高層アパートに衝突する直前、エンジントラブルで救難信号を発していたと述べている。

事故後編集

現場は世界貿易センタービルの5マイル (8km) 北の場所であったため、テロの可能性も考慮された。ペンタゴンは、事故発生の10分後にニューヨークワシントンD.C.ロサンゼルスシアトルなどの都市に戦闘機を配備した。

その後、FBIの調査により、小型機の所有者名とパスポートから、死亡したのがコリー・ライドルであることが判明した。

原因編集

国家運輸安全委員会は、この事故の原因が、限られた旋回空間内での180度の旋回操縦の操縦において、操縦士の不適切な計画、判断、および機体操縦であると判断した[1]:13

外部リンク編集