2006年バレーボール女子世界選手権

2006年バレーボール女子世界選手権英語: 2006 FIVB VOLLEYBALL WORLD CHAMPIONSHIPS JAPAN)は2006年日本で開催された第15回目のバレーボール女子世界選手権である。

2006年バレーボール女子世界選手権
開催国  日本の旗 日本
期間  10月31日 - 11月16日
チーム数  24
女子優勝  ロシアの旗 ロシア (1回目)
MVP  日本の旗 竹下佳江

日本サポーターの応援(巨大日本旗)

2006年10月31日から11月16日まで開催された。

予選編集

2005年1月12日から2005年8月28日にかけて予選が行われた。開催国である日本と前回優勝国であるブラジル(男子)、イタリア(女子)の3ヶ国・4チームは予選が免除された。男女併せて174カ国が参加した。

試合形式編集

1st Round(STAGE 1)編集

  • まずは24チームが6チームずつ4グループ(プールA、B、C、D)に分かれて1回戦総当たり戦を行う。
  • 次のラウンドに進めるのは各組から4ヶ国の16カ国。

2nd Round(STAGE 2)編集

  • 16ヵ国を2つのグループに分けて此処でも1回戦総当たり戦を実施。
    • 組み分けはプールEがAとDの組の上位4カ国、プールFはBとCの組の上位4カ国。
    • 但し1次予選で戦った国の3試合の成績はそのまま持ち越し(成績共有。2次予選では戦わない)となるため、実際に試合をするのは4試合。
  • 次のラウンドに進めるのは各組から6ヶ国の12カ国。

Final Round(STAGE 3)編集

  • 12ヶ国がその順位によって3つのトーナメントグループに分かれて順位を決定。
    • 大きく1-4位決定戦(2次リーグの上位2カ国ずつ)、5-8位決定戦(同3・4位の2カ国ずつ)、9-12位決定戦(同5・6位の2カ国ずつ)と分けられ、それぞれ準決勝=予備戦と決勝=順位決定戦が行われる。
  • 1~4位決定戦の決勝で勝った国が世界一。

出場国編集

1st Round編集

Pool A(東京・代々木)編集

順位 チーム             勝ち点
1   チャイニーズ・タイペイ 3-1 3-1 3-2 3-0 3-0 10 5 0
2   日本 1-3 3-1 3-1 3-0 3-0 9 4 1
3   ポーランド 1-3 1-3 3-2 3-1 3-1 8 3 2
4   韓国 2-3 1-3 2-3 3-0 3-0 7 2 3
5   コスタリカ 0-3 0-3 1-3 0-3 3-2 6 1 4
6   ケニア 0-3 0-3 1-3 0-3 2-3 5 0 5

10月31日

11月1日

  韓国 3 - 0   コスタリカ
  ポーランド 3 - 1   ケニア
  チャイニーズ・タイペイ 3 - 1   日本
  ケニア 0 - 3   チャイニーズ・タイペイ
  韓国 2 - 3   ポーランド
  コスタリカ 0 - 3   日本

11月3日

11月4日

  チャイニーズ・タイペイ 3 - 2   韓国
  ポーランド 3 - 1   コスタリカ
  日本 3 - 0   ケニア
  コスタリカ 3 - 2   ケニア
  ポーランド 1 - 3   チャイニーズ・タイペイ
  韓国 1 - 3   日本

11月5日

  チャイニーズ・タイペイ 3 - 0   コスタリカ
  ケニア 0 - 3   韓国
  日本 3 - 1   ポーランド

Pool B(札幌)編集

順位 チーム             勝ち点
1   ロシア 3-1 3-1 3-1 3-1 3-0 10 5 0
2   ドイツ 1-3 3-1 3-0 3-0 3-0 9 4 1
3   中国 1-3 1-3 3-1 3-0 3-0 8 3 2
4   アゼルバイジャン 1-3 0-3 1-3 3-1 3-0 7 2 3
5   ドミニカ共和国 1-3 0-3 0-3 1-3 3-0 6 1 4
6   メキシコ 0-3 0-3 0-3 0-3 0-3 5 0 5

10月31日

11月1日

  ドミニカ共和国 0 - 3   ドイツ
  メキシコ 0 - 3   ロシア
  中国 3 - 1   アゼルバイジャン
  アゼルバイジャン 1 - 3   ロシア
  ドイツ 3 - 0   メキシコ
  中国 3 - 0   ドミニカ共和国

11月3日

11月4日

  ドミニカ共和国 1 - 3   アゼルバイジャン
  ロシア 3 - 1   ドイツ
  メキシコ 0 - 3   中国
  中国 1 - 3   ロシア
  アゼルバイジャン 0 - 3   ドイツ
  ドミニカ共和国 3 - 0   メキシコ

11月5日

  ドイツ 3 - 1   中国
  メキシコ 0 - 3   アゼルバイジャン
  ロシア 3 - 1   ドミニカ共和国

Pool C(神戸)編集

順位 チーム             勝ち点
1   ブラジル 3-0 3-2 3-0 3-0 3-0 10 5 0
2   アメリカ合衆国 0-3 3-2 3-0 3-2 3-0 9 4 1
3   オランダ 2-3 2-3 3-0 3-2 3-0 8 3 2
4   プエルトリコ 0-3 0-3 0-3 3-1 3-0 7 2 3
5   カザフスタン 0-3 2-3 2-3 1-3 3-0 6 1 4
6   カメルーン 0-3 0-3 0-3 0-3 0-3 5 0 5

10月31日

11月1日

  ブラジル 3 - 0   プエルトリコ
  オランダ 3 - 0   カメルーン
  アメリカ合衆国 3 - 2   カザフスタン
  カザフスタン 0 - 3   ブラジル
  カメルーン 0 - 3   プエルトリコ
  オランダ 2 - 3   アメリカ合衆国

11月3日

11月4日

  ブラジル 3 - 2   オランダ
  プエルトリコ 3 - 1   カザフスタン
  アメリカ合衆国 3 - 0   カメルーン
  アメリカ合衆国 0 - 3   ブラジル
  カメルーン 0 - 3   カザフスタン
  オランダ 3 - 0   プエルトリコ

11月5日

  ブラジル 3 - 0   カメルーン
  プエルトリコ 0 - 3   アメリカ合衆国
  カザフスタン 2 - 3   オランダ

Pool D(名古屋)編集

順位 チーム             勝ち点
1   セルビア・モンテネグロ 3-1 3-1 3-0 3-2 3-0 10 5 0
2   イタリア 1-3 3-1 3-0 3-0 3-0 9 4 1
3   キューバ 1-3 1-3 3-0 3-2 3-0 8 3 2
4   トルコ 0-3 0-3 0-3 3-2 3-0 7 2 3
5   ペルー 2-3 0-3 2-3 2-3 3-0 6 1 4
6   エジプト 0-3 0-3 0-3 0-3 0-3 5 0 5

10月31日

11月1日

  ペルー 3 - 0   エジプト
  トルコ 0 - 3   キューバ
  イタリア 1 - 3   セルビア・モンテネグロ
  エジプト 0 - 3   トルコ
  セルビア・モンテネグロ 3 - 1   キューバ
  イタリア 3 - 0   ペルー

11月3日

11月4日

  ペルー 2 - 3   セルビア・モンテネグロ
  キューバ 3 - 0   エジプト
  トルコ 0 - 3   イタリア
  セルビア・モンテネグロ 3 - 0   エジプト
  ペルー 2 - 3   トルコ
  イタリア 3 - 1   キューバ

11月5日

  トルコ 0 - 3   セルビア・モンテネグロ
  キューバ 3 - 2   ペルー
  エジプト 0 - 3   イタリア

2nd Round編集

Pool E(名古屋)編集

A組とD組の上位4ヶ国・合計8カ国で対戦

Team 勝点 得点 失点
  イタリア 13 6 1 568 448 1.268
  セルビア・モンテネグロ 13 6 1 628 563 1.115
  キューバ 12 5 2 578 532 1.086
  日本 11 4 3 652 644 1.012
  チャイニーズ・タイペイ 10 3 4 574 636 0.903
  トルコ 9 2 5 493 540 0.913
  韓国 8 1 6 552 592 0.932
  ポーランド 8 1 6 524 614 0.853

11月8日

11月9日

  韓国 0 - 3   セルビア・モンテネグロ
  ポーランド 0 - 3   イタリア
  日本 1 - 3   キューバ
  チャイニーズ・タイペイ 1 - 3   トルコ
  韓国 0 - 3   イタリア
  ポーランド 0 - 3   セルビア・モンテネグロ
  日本 3 - 1   トルコ
  チャイニーズ・タイペイ 0 - 3   キューバ

11月11日

11月12日

  韓国 0 - 3   キューバ
  ポーランド 0 - 3   トルコ
  日本 3 - 2   セルビア・モンテネグロ
  チャイニーズ・タイペイ 0 - 3   イタリア
  韓国 3 - 0   トルコ
  ポーランド 0 - 3   キューバ
  日本 0 - 3   イタリア
  チャイニーズ・タイペイ 2 - 3   セルビア・モンテネグロ

Pool F(大阪・市中央体育館)編集

B組とC組の上位4ヶ国・合計8カ国で対戦

Team 勝ち点 得点 失点
  ブラジル 14 7 0 628 517 1.215
  ロシア 13 6 1 596 512 1.164
  オランダ 11 4 3 620 646 0.960
  中国 10 3 4 648 642 1.009
  ドイツ 10 3 4 609 606 1.005
  アメリカ合衆国 10 3 4 605 608 0.995
  アゼルバイジャン 9 2 5 549 585 0.938
  プエルトリコ 7 0 7 394 533 0.739

11月8日

11月9日

  ロシア 3 - 0   プエルトリコ
  ドイツ 2 - 3   オランダ
  中国 3 - 1   アメリカ合衆国
  アゼルバイジャン 0 - 3   ブラジル
  ロシア 3 - 0   オランダ
  ドイツ 3 - 0   プエルトリコ
  中国 2 - 3   ブラジル
  アゼルバイジャン 3 - 2   アメリカ合衆国

11月11日

11月12日

  ロシア 3 - 0   アメリカ合衆国
  ドイツ 0 - 3   ブラジル
  中国 3 - 0   プエルトリコ
  アゼルバイジャン 0 - 3   オランダ
  ロシア 1 - 3   ブラジル
  ドイツ 2 - 3   アメリカ合衆国
  中国 2 - 3   オランダ
  アゼルバイジャン 3 - 0   プエルトリコ

Final Round(大阪)編集

準決勝 決勝
           
11月15日 – 大阪市中央体育館    
   イタリア 0
   ロシア 3  
 

11月16日 – 大阪市中央体育館

   ロシア 3
     ブラジル 2
 
3位決定戦

11月15日 – 大阪市中央体育館

11月16日 – 大阪市中央体育館

   セルビア・モンテネグロ 1    イタリア 0
   ブラジル 3      セルビア・モンテネグロ 3


5-8位決定予備戦 5位決定戦
           
11月15日 - 大阪市中央体育館    
   オランダ 1
   日本 3  
 

11月16日 - 大阪市中央体育館

   日本 0
     中国 3
 
7位決定戦
11月15日 - 大阪府立体育会館

11月16日 - 大阪府立体育会館

   キューバ 1    オランダ 0
   中国 3      キューバ 3
9-12位決定予備戦 9位決定戦
           
11月15日 - 大阪府立体育会館    
   アメリカ合衆国 3
   チャイニーズ・タイペイ 0  
 

11月16日 - 大阪府立体育会館

   アメリカ合衆国 3
     トルコ 1
 
11位決定戦
11月15日 - 大阪府立体育会館

11月16日 - 大阪府立体育会館

   トルコ 3    ドイツ 3
   ドイツ 1      チャイニーズ・タイペイ 0

最終結果編集

 2006年女子世界選手権優勝 
 
ロシア
初優勝

旧ソ連時代も含めれば16年ぶり6度目の優勝

順位
2   ブラジル
3   セルビア・モンテネグロ
4   イタリア
5   中国
6   日本
7   キューバ
8   オランダ
9   アメリカ合衆国
10   トルコ
11   ドイツ
12   チャイニーズタイペイ
13   韓国
  アゼルバイジャン
15   ポーランド
  プエルトリコ
17   コスタリカ
  ドミニカ共和国
  カザフスタン
  ペルー
21   ケニア
  メキシコ
  カメルーン
  エジプト
選手
最優秀殊勲選手(MVP) 竹下佳江   日本
ベスト・スコアラー ネスリハン・ダルネル   トルコ
ベスト・スパイカー ロシル・カルデロン   キューバ
ベスト・ブロッカー クリスティアネ・フュルスト   ドイツ
ベスト・サーバー エレーナ・ゴーディナ   ロシア
ベスト・セッター 竹下佳江   日本
ベスト・リベロ スザナ・チェービッチ   セルビア・モンテネグロ

会場一覧編集

大会協賛編集

1998年本大会に続き2度目

オフィシャルサポーター編集

女子大会ではWaTの方が観戦・応援を行っていた。ただし、モーニング娘。は女子開幕戦と男子1次・2次ラウンド、Berryz工房は週末の男子ラウンド日本戦(関東地区内で行われる試合のみ)、DEF.DIVAはWaTと共に男子ファイナルラウンドのみ参加した。

TV放送編集

地上波編集

  • 大会の模様はTBS系列で日本戦と世界一決定戦の決勝戦を独占放送。ゴールデンタイムを中心に40時間に渡って放送。また夏に同系列で放送される世界バスケと共にこの年の『2大スポーツ・世界大会/独占中継』として注目を集めた。
  • この大会を盛り上げるための番組、「世界バレーTV Val!」が、TBSで2006年4月13日(木曜深夜、その後金曜深夜に移動)から12月1日まで放送された。
  • 試合は11月15日(この日はサッカー日本代表の親善試合があったため)を除いて夜7時台~9時に放送した。基本的に試合進行中ながら生放送ではなく撮って出しで行われた。
  • 当日のハイライトは「筑紫哲也NEWS23」(平日)「チューボーですよ!」(土曜日)「世界遺産」(日曜日)の後に10分間放送された。
  • 試合翌日が平日のときは「みのもんたの朝ズバッ!」内において7:30前後(11月16日以降7:15前後)に「朝ズバッ!2006世界バレー」として前日のハイライトとこの日、日本と対戦する国の試合展望を放送した。
  • 開催地の系列局では、日本戦以外の注目カードの中継も行われた。
  • 朝日新聞は、過剰演出や、日本戦での特別扱いに関しての批判記事を掲載した。この種の批判は同様の手法でバレーボール大会中継を行っているフジテレビに対してもなされている[1]

その他編集

脚注編集

外部リンク編集