メインメニューを開く

2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表(2006 - がっしゅうこくだいひょう)は、2006年3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック第1回大会に出場したアメリカ合衆国代表である。

経緯編集

「野球の母国」として優勝候補筆頭との呼び声も高かったが、カナダ韓国に敗れるなど精彩を欠き、2次リーグで早々と姿を消した。

最終成績編集

2次リーグ敗退(大会通算成績:3勝3敗)

1次リーグ編集

POOL B を2勝1敗で2位通過。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  メキシコ(1敗) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
  アメリカ合衆国(1勝) 0 0 0 1 0 0 1 0 X 2 6 1
マイク・ティムリン(1勝) Sブラッド・リッジ(1S) ロドリゴ・ロペス(1敗)
本塁打:[アメリカ] デレク・リー1号(ソロ、ロドリゴ・ロペス) チッパー・ジョーンズ1号(ソロ、オスカー・ビーヤリアル
アメリカは4回にデレク・リー、7回にチッパー・ジョーンズがそれぞれソロ本塁打を放ち、7人の投手を注ぎ込んだ小刻みなリレーで逃げ切った。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  カナダ(2勝) 1 1 3 2 1 0 0 0 0 8 13 1
  アメリカ合衆国(1勝1敗) 0 0 0 0 6 0 0 0 0 6 9 0
アダム・ローウェン(1勝) Sスティーブ・グリーン(1S) ドントレル・ウィリス(1敗)
本塁打:[カナダ] アダム・スターン1号(ソロ、ゲーリー・マジュースキー) [アメリカ] ジェイソン・バリテック1号(満塁、エリック・カー
アメリカ先発のドントレル・ウィリスが3回途中5失点でKOされ、その後もカナダに得点を許す。5回にはジェイソン・バリテックが満塁本塁打を放つなど6点をあげたが、追いつくことができず敗戦。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  アメリカ合衆国(2勝1敗) 4 6 6 1 0 - - - - 17 18 0
  南アフリカ(3敗) 0 0 0 0 0 - - - - 0 2 1
ロジャー・クレメンス(1勝) カール・マイケルズ(1敗)
本塁打:[アメリカ] デレク・リー2号(2ラン、カール・マイケルズ) ケン・グリフィー・ジュニア1号(3ラン、カール・マイケルズ)2号(3ラン、バリー・アーミテージ
打線が南アフリカ投手陣に18安打を浴びせ4回までに17点を奪うと、アメリカ先発のロジャー・クレメンスも4回1/3を無失点に抑え、5回コールドで圧勝した。

2次リーグ編集

POOL 1 で3位に終わり敗退(1勝2敗)。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  日本(1敗) 1 2 0 0 0 0 0 0 0 3 8 2
  アメリカ合衆国(1勝) 0 1 0 0 0 2 0 0 1X 4 12 0
ブラッド・リッジ(1勝1S) 藤川球児(1敗)
本塁打:[日本] イチロー1号(ソロ、ジェイク・ピービー) [アメリカ] チッパー・ジョーンズ2号(ソロ、上原浩治) デレク・リー3号(2ラン、清水直行
初回、イチローに先頭打者本塁打を打たれるなど3点のリードを許すアメリカだが、6回にデレク・リーの2ランで同点に追いつく。8回には一時犠牲フライで勝ち越しと思われたがアウトと判定し点を許さなかった。9回にアレックス・ロドリゲスが藤川球児からサヨナラタイムリーを放ち、日本に辛勝した。疑わしい判定が勝利に導いた。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  アメリカ合衆国(1勝1敗) 0 0 1 0 0 0 0 0 2 3 9 3
  韓国(2勝) 2 0 1 3 0 1 0 0 X 7 10 0
孫敏漢(1勝) ドントレル・ウィリス(2敗)
本塁打:[アメリカ] ケン・グリフィー・ジュニア3号(ソロ、孫敏漢) [韓国] 李承燁5号(ソロ、ドントレル・ウィリス) 崔煕渉1号(3ラン、ダン・ウィーラー
先発ドントレル・ウィリスがまたも不調。李承燁に本塁打を打たれるなど3回3失点でKOされた。守備でも3失策と奮わなかったアメリカが3-7で敗れた。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  アメリカ合衆国(1勝2敗) 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 3 0
  メキシコ(1勝2敗) 0 0 1 0 1 0 0 0 X 2 6 1
エドガー・ゴンザレス(1勝) Sデビッド・コルテス(1S) ロジャー・クレメンス(1勝1敗)
3回にホルヘ・カントゥの適時打で先制を許したアメリカは、5回にも内野ゴロの間に失点。9回には一死一、二塁と逆転のチャンスを迎えたが、バーノン・ウェルズが併殺打に倒れゲームセット。アメリカ、日本、メキシコの3チームが1勝2敗で並んだが、失点率で日本が準決勝進出。アメリカは2次リーグ敗退となった。

代表メンバー編集

出場メンバー編集

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 31 バック・マルティネス
コーチ レジー・スミス 打撃コーチ
マーセル・ラチェマン 投手コーチ
ケン・グリフィー・シニア 一塁コーチ
ジョン・マクラーレン 三塁コーチ
投手 19 アル・ライター  ニューヨーク・ヤンキース
20 ヒューストン・ストリート  オークランド・アスレチックス
22 ロジャー・クレメンス  ヒューストン・アストロズ
32 チャド・コルデロ  ワシントン・ナショナルズ
35 ドントレル・ウィリス  フロリダ・マーリンズ
36 ジョー・ネイサン  ミネソタ・ツインズ
38 ゲイリー・マジュースキー  ワシントン・ナショナルズ
39 ダン・ウィーラー  ヒューストン・アストロズ
40 ブライアン・フエンテス  コロラド・ロッキーズ
45 ジェイク・ピービー  サンディエゴ・パドレス
50 マイク・ティムリン  ボストン・レッドソックス
54 ブラッド・リッジ  ヒューストン・アストロズ
59 トッド・ジョーンズ  デトロイト・タイガース
61 スコット・シールズ  ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム
捕手 8 マイケル・バレット  シカゴ・カブス
24 ブライアン・シュナイダー  ワシントン・ナショナルズ
33 ジェイソン・バリテック  ボストン・レッドソックス
内野手 1 マイケル・ヤング  テキサス・レンジャーズ
2 デレク・ジーター  ニューヨーク・ヤンキース
10 チッパー・ジョーンズ  アトランタ・ブレーブス
13 アレックス・ロドリゲス  タンパベイ・レイズ
23 マーク・テシェイラ  テキサス・レンジャーズ
25 デレク・リー  シカゴ・カブス
26 チェイス・アトリー  フィラデルフィア・フィリーズ
外野手 3 ケン・グリフィー・ジュニア  シンシナティ・レッズ
5 マット・ホリデイ  コロラド・ロッキーズ
6 バーノン・ウェルズ  トロント・ブルージェイズ
7 ジェフ・フランコーア  アトランタ・ブレーブス
18 ジョニー・デイモン  ニューヨーク・ヤンキース
21 ランディ・ウィン  サンフランシスコ・ジャイアンツ

予備エントリーメンバー編集

氏名 所属球団(当時) ポジション 備考
ジェレミー・ボンダーマン デトロイト・タイガース 投手
ロイ・ハラデイ トロント・ブルージェイズ 投手
ティム・ハドソン アトランタ・ブレーブス 投手
アンディ・ペティット ヒューストン・アストロズ 投手
CC・サバシア クリーブランド・インディアンス 投手
ビリー・ワグナー ニューヨーク・メッツ 投手
ダン・ヘイレン オークランド・アスレチックス 投手
ブレット・マイヤーズ フィラデルフィア・フィリーズ 投手
ベン・シーツ ミルウォーキー・ブルワーズ 投手
ポール・ロデューカ ニューヨーク・メッツ 捕手
ジョー・マウアー ミネソタ・ツインズ 捕手
チャド・モーラー ミルウォーキー・ブルワーズ 捕手
クレイグ・カウンセル アリゾナ・ダイヤモンドバックス 内野手
モーガン・エンスバーグ ヒューストン・アストロズ 内野手
ビル・ホール ミルウォーキー・ブルワーズ 内野手
ジミー・ロリンズ フィラデルフィア・フィリーズ 内野手
デビッド・ライト ニューヨーク・メッツ 内野手
エリック・チャベス オークランド・アスレチックス 内野手
ランス・バークマン ヒューストン・アストロズ 外野手
バリー・ボンズ サンフランシスコ・ジャイアンツ 外野手
カール・クロフォード タンパベイ・デビルレイズ 外野手
ルイス・ゴンザレス アリゾナ・ダイヤモンドバックス 外野手

関連項目編集

外部リンク編集