メインメニューを開く

2006 ワールド・ベースボール・クラシック・プエルトリコ代表

2006 ワールド・ベースボール・クラシック・プエルトリコ代表は、2006年3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック第1回大会に出場したプエルトリコ代表である。監督はホセ・オケンドーMLBセントルイス・カージナルス三塁コーチ)が務めた。

経緯編集

地元開催という地の利もあり、1次リーグを3戦全勝で突破した。2次リーグ進出8チームの中では打率が日本アメリカ合衆国に次ぐ3位、出塁率は日本に次ぐ2位であった。しかし2次リーグではドミニカ共和国に勝ったものの、打線が繋がりを欠いたベネズエラ戦、キューバ戦に連敗し、敗退した。

最終成績編集

2次リーグ敗退(大会通算成績:4勝2敗)

1次リーグ編集

POOL C を3戦全勝で1位通過。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  パナマ(1敗) 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 1
  プエルトリコ(1勝) 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 5 1
  1. : ホセ・サンティアゴ(1勝)  : マニー・アコスタ(1敗)  S: フェルナンド・カブレラ(1S)  
  2. :  プエルトリコ – アレックス・リオス1号(ソロ、レニン・ピコタ
プエルトリコは4回に押し出し四球で1点の先制を許した。しかし5回にアレックス・リオスのソロ本塁打で同点に追いつくと、一死二塁からバーニー・ウィリアムスが適時打を放ち逆転。そのまま逃げ切り、WBC白星スタートを切った。
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  プエルトリコ(2勝) 1 0 1 1 0 2 2 0 1 8 14 4
  オランダ(1敗) 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3 5 1
  1. : オーランド・ロマン(1勝)  : ジェイアー・ジャージェンス(1敗)  
  2. :  プエルトリコ – ハビー・ロペス1号(ソロ、ロブ・コルデマンス)、イバン・ロドリゲス1号(ソロ、ヤイアー・ユリヘンス)、カルロス・ベルトラン1号(ソロ、デーブ・ドライハー
4回までに3点を挙げながら5回に追いつかれたプエルトリコだったが、6回に再び勝ち越しに成功すると、その後も得点を重ね8-3で勝利。2次リーグ進出へ近づいた。
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
  プエルトリコ(3勝) 1 2 0 5 5 2 2 12 10 2
  キューバ(2勝1敗) 0 1 0 1 2 0 1 2 5 1
  1. (7回規定によりコールドゲーム)
  2. : ディッキー・ゴンザレス(1勝)  : ルイス・ボロト(1敗)  
  3. :  プエルトリコ – バーニー・ウィリアムス1号(2ラン、ルイス・ボロト)、アレックス・シントロン1号(2ラン、ルイス・ボロト)、カルロス・ベルトラン2号(3ラン、ホンデル・マルティネス
2連勝チーム同士の対戦は、3本の本塁打などで12点を奪ったプエルトリコが7回コールド勝ち。3勝無敗で1次リーグ首位通過を決めた。

2次リーグ編集

POOL 2 で1勝2敗の最下位に終わり敗退。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  プエルトリコ(1勝) 0 0 0 1 0 3 3 0 0 7 13 1
  ドミニカ共和国(1敗) 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 2
ハビアー・バスケス(1勝) ダマソ・マルテ(1敗)
本塁打:[ドミニカ共和国] エイドリアン・ベルトレ4号(ソロ、ハビアー・バスケス
プエルトリコ先発のハビアー・バスケスが、強打のドミニカ共和国打線を相手に5回1失点の好投を見せ、その後登板したリリーフ陣も0点に抑えた。6回のホゼ・クルーズ・ジュニアの2点適時打が決勝点となり、プエルトリコが勝利した。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  ベネズエラ(1勝1敗) 0 0 0 0 2 0 0 4 0 6 6 2
  プエルトリコ(1勝1敗) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
カルロス・ザンブラーノ(1勝) ジョエル・ピネイロ(1敗)
本塁打:[ベネズエラ] エンディ・チャベス2号(2ラン、ジョエル・ピネイロ) ビクター・マルティネス1号(満塁、イバン・マルドナド
プエルトリコが大会初黒星を喫した。打線はベネズエラ投手陣に完封され、投手陣も本塁打2本を浴び6失点を許した。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  キューバ(2勝1敗) 1 0 0 3 0 0 0 0 0 4 6 2
  プエルトリコ(1勝2敗) 1 0 0 0 0 0 2 0 0 3 9 1
オルマリ・ロメロ(2勝) Sビショアンドリ・オデリン(2敗1S) ディッキー・ゴンザレス(1勝1敗)
本塁打:[プエルトリコ] バーニー・ウィリアムス2号(ソロ、オルマリ・ロメロ
1次リーグの再戦で、両者とも「勝てば準決勝進出、負ければ2次リーグ敗退」となる試合。前回のキューバ戦で好投したディッキー・ゴンザレスがこの日は4失点。7回に1点差まで追い上げたプエルトリコだったが、あと1点が奪えずに敗れた。

代表選手編集

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 ホセ・オケンドー  セントルイス・カージナルス
コーチ ホセ・クルーズ・シニア  ヒューストン・アストロズ ホセ・クルーズ・ジュニアの父
投手 9 フェデリコ・バエス  ウェストテン・ダイヤモンドジャックス
23 ハビアー・バスケス  シカゴ・ホワイトソックス
29 フアン・パディーヤ  ニューヨーク・メッツ
33 J.C.ロメロ  ロサンゼルス・エンゼルス
38 ジョエル・ピネイロ  シアトル・マリナーズ
40 ホセ・サンティアゴ  ニューヨーク・メッツ
43 ディッキー・ゴンザレス  東京ヤクルトスワローズ
45 ジョシュ・マトス  ニューアーク・ベアーズ
48 ペドロ・フェリシアーノ  ニューヨーク・メッツ
50 キコ・カレーロ  オークランド・アスレチックス
52 オーランド・ロマン  ビンガムトン・メッツ
55 イバン・マルドナド  ビンガムトン・メッツ
56 フェルナンド・カブレラ  クリーブランド・インディアンス
57 クリス・ロハス  アルトゥーナ・カーブ
58 ウィリー・コラーゾ  ビンガムトン・メッツ
捕手 4 ヤディアー・モリーナ  セントルイス・カージナルス
7 イバン・ロドリゲス  デトロイト・タイガース
8 ハビー・ロペス  ボルチモア・オリオールズ
17 ハビアー・バレンティン  シンシナティ・レッズ
内野手 5 エドゥアルド・ペレス  クリーブランド・インディアンス
6 ルーベン・ゴタイ  カンザスシティ・ロイヤルズ
10 ホセ・バレンティン  ニューヨーク・メッツ
12 アレックス・シントロン  シカゴ・ホワイトソックス
13 アレックス・コーラ  ボストン・レッドソックス
25 カルロス・デルガド  ニューヨーク・メッツ
外野手 15 カルロス・ベルトラン  ニューヨーク・メッツ
19 アレックス・リオス  トロント・ブルージェイズ
20 ホセ・クルーズ・ジュニア  ロサンゼルス・ドジャース
24 リッキー・レディ  ロサンゼルス・ドジャース
32 ルイス・マトス  ボルチモア・オリオールズ
51 バーニー・ウィリアムス  ニューヨーク・ヤンキース

外部リンク編集