メインメニューを開く

2006 ワールド・ベースボール・クラシック中国代表

2006 ワールド・ベースボール・クラシック中国代表(2006 - ちゅうごくだいひょう)は、2006年3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック第1回大会に出場した、野球中国ナショナルチームである。

2008年の北京オリンピックを見据え、プロ・リーグの発足(2002年)やジム・ラフィーバー監督の招聘、代表チームのアジアシリーズ出場など様々な強化策を講じてきた中国代表。しかし日韓台3か代表との差は大きく、3試合連続で2桁失点の大敗を喫した。

最終成績編集

1次リーグ敗退(大会通算成績:0勝3敗)

1次リーグ編集

POOL A で0勝3敗。最下位となり敗退。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  日本(1勝) 0 1 1 0 4 3 2 7 - 18 15 0
  中国(1敗) 0 0 0 2 0 0 0 0 - 2 7 4
上原浩治(1勝) S清水直行(1S) 趙全勝(1敗)
本塁打:[日本] 西岡剛1号(3ラン、趙全勝) 福留孝介1号(ソロ、趙全勝) 多村仁1号(2ラン、徐錚) [中国] 王偉1号(2ラン、上原浩治)
4回に一度は同点に追いついた中国だったが、直後の5回に2者連続本塁打を浴び、その後も打ち込まれた。8回コールドで大敗し、WBC初戦を落とした。
  • 3月4日:韓国戦(東京ドーム / 2時間32分 / 3,925人)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  中国(2敗) 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2 1
  韓国(2勝) 1 0 3 1 0 2 2 1 X 10 18 0
孫敏漢(1勝) 陳坤(1敗)
本塁打:[韓国] 李承燁1号(2ラン、陳坤)2号(ソロ、頼国鈞) [中国] 楊碩1号(ソロ、鄭載勳
李承燁に2本塁打を含む4安打5打点と打ち込まれるなど、18安打10点を喫した。中国は前日の日本戦に続いて大敗を喫した。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  チャイニーズタイペイ(1勝2敗) 0 0 1 4 0 2 0 4 1 12 15 2
  中国(3敗) 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3 8 3
潘威倫(1勝) 王楠(1敗)
本塁打:[中華台北] 陳鏞基1号(満塁、徐錚
既に敗退が決まっているチーム同士の対戦となった。中国は3回に先制を許すと、4回には満塁本塁打を打たれ一挙4失点。3失策など守備の乱れもあって、中華台北に12点を奪われた。

出場メンバー編集

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 55 ジム・ラフィーバー
コーチ 29 易勝  北京タイガース
47 ブルース・ハースト
投手 6 李晨浩  北京タイガース
7 王楠  北京タイガース
15 趙全勝  天津ライオンズ
17 張力  上海ゴールデンイーグルス
21 徐錚  北京タイガース
22 李宏瑞  中国ホープスターズ
23 李帥  北京タイガース
24 黄権  中国ホープスターズ
28 趙博  四川ドラゴンズ
33 陳坤  四川ドラゴンズ
66 張俊  上海ゴールデンイーグルス
68 卜濤  中国ホープスターズ
80 頼国鈞  広東レパーズ コーチ兼任
捕手 2 張振旺  天津ライオンズ
12 馮毅  広東レパーズ
56 王偉  北京タイガース
内野手 3 陳哲  北京タイガース
5 馮飛  四川ドラゴンズ
9 張玉峰  上海ゴールデンイーグルス
10 劉広標  広東レパーズ
11 国濤  北京タイガース
18 楊国剛  天津ライオンズ
20 陳琦  上海ゴールデンイーグルス
32 王靖超  天津ライオンズ
37 潘文彬  広東レパーズ
51 李磊  北京タイガース
外野手 1 孫嶺峰  北京タイガース
26 劉雅卿  中国ホープスターズ
35 楊碩  北京タイガース
36 張洪波  広東レパーズ

関連項目編集

外部リンク編集