メインメニューを開く

2007年のアメリカグランプリ (ロードレース)

2007年のアメリカグランプリは、ロードレース世界選手権2007年シーズン第11戦として、7月20日から22日までアメリカ合衆国カリフォルニア州ラグナ・セカで開催された。

アメリカ合衆国の旗   2007年のアメリカグランプリ
レース詳細
2007年のロードレース世界選手権 全18戦中第11戦
Laguna Seca.svg
決勝日 2007年7月22日
開催地 ラグナ・セカ
開催コース 常設サーキット
3.602km
MotoGP
ポールポジション ファステストラップ
オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー
1:22.292 1:22.564
表彰台
1. オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー
2. オーストラリアの旗 クリス・バーミューレン 3. イタリアの旗 マルコ・メランドリ




概要編集

例年どおり、カリフォルニア州の大気汚染防止法で2ストロークエンジンの使用が禁止されているため、最高峰MotoGPクラスのみの開催となった。今回のグランプリには地元AMA[要曖昧さ回避]のシリーズに参戦しているライダーが3人出場した。一人はニッキー・ヘイデンの弟のロジャー・リー・ヘイデンで、ワイルドカード枠でカワサキ・レーシング3台目のマシンを走らせた[1]。もう一人はミゲール・デュハメルで、大腿骨を骨折し療養中のトニ・エリアスの代役としてホンダ・グレシーニから出場した[2]。最後に急遽参戦が決まったのがチャズ・デイビスで、金曜日のフリー走行で左手を骨折したアレックス・ホフマンの代役としてプラマック・ダンティーンから出場することになった[3]

日曜日の決勝は、ポールポジションからスタートしたポイントリーダーのケーシー・ストーナーが他を寄せ付けず、独走でシーズン6勝目を遂げた。以下ブリヂストンタイヤ勢が強さを見せ、2位にクリス・バーミューレン、3位にマルコ・メランドリと続いた。AMA勢の最高位はトップ10入りを果たしたロジャー・リー・ヘイデンだった[4]。ランキング2位のバレンティーノ・ロッシは4位に終わり、ストーナーとの差は47ポイントに広がった。レース後インタビューに答えたロッシは、グリップしないミシュランタイヤに失望した旨のコメントを残した[5]

MotoGPクラス決勝結果編集

順位 # ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 27   ケーシー・ストーナー ドゥカティ 32 44:20.325 1 25
2 71   クリス・バーミューレン スズキ 32 +9.865 3 20
3 33   マルコ・メランドリ ホンダ 32 +25.641 10 16
4 46   バレンティーノ・ロッシ ヤマハ 32 +30.664 5 13
5 26   ダニ・ペドロサ ホンダ 32 +35.622 2 11
6 14   ランディ・ド・プニエ カワサキ 32 +38.306 13 10
7 13   アンソニー・ウエスト カワサキ 32 +41.422 12 9
8 6   玉田誠 ヤマハ 32 +42.355 11 8
9 4   アレックス・バロス ドゥカティ 32 +43.520 17 7
10 13   ロジャー・リー・ヘイデン カワサキ 32 +43.720 16 6
11 5   コーリン・エドワーズ ヤマハ 32 +47.376 8 5
12 56   中野真矢 ホンダ 32 +52.848 9 4
13 50   シルバン・ギュントーリ ヤマハ 32 +58.410 14 3
14 7   カルロス・チェカ ホンダ 32 +1'15.366 15 2
15 21   ジョン・ホプキンス スズキ 30 +2 laps 7 1
16 66   チャズ・デイビス ドゥカティ 29 +3 laps 20
Ret 1   ニッキー・ヘイデン ホンダ 22 棄権 4
Ret 17   ミゲール・デュハメル ホンダ 10 棄権 19
Ret 80   カーティス・ロバーツ KR212V 5 棄権 18
Ret 65   ロリス・カピロッシ ドゥカティ 3 棄権 6


前戦
2007年のドイツグランプリ
ロードレース世界選手権
2007年シーズン
次戦
2007年のチェコグランプリ
前回開催
2006年のアメリカグランプリ
  アメリカグランプリ 次回開催
2008年のアメリカグランプリ

脚注編集

参考文献編集