メインメニューを開く
Jリーグ > Jリーグカップ > 2007年のJリーグカップ

2007年Jリーグカップ3月21日に開幕した。11月3日国立霞ヶ丘陸上競技場で決勝戦が行われた。

2007 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2007年3月21日-11月3日
参加チーム数 18
優勝 ガンバ大阪
準優勝 川崎フロンターレ
スルガ銀行CS出場 ガンバ大阪
パンパシ2008出場 ガンバ大阪
試合総数 61
ゴール数 160 (1試合平均 2.62 点)
観客動員数 615,149 (1試合平均 10,084 人)
得点王 須藤大輔(甲府)(6得点)
最優秀選手 安田理大(G大阪)
2006
2008
テンプレートを表示

優勝はガンバ大阪(初優勝)。

大会名称編集

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとして2007Jリーグヤマザキナビスコカップとして開催された。

レギュレーション編集

基本的に前年のレギュレーションを踏襲しているが、前年はAFCチャンピオンズリーグ出場枠に伴うシードチームが1チームだったためグループリーグのレギュレーションが異なっており、グループリーグのレギュレーションは前々年のものを復活させている。

  • 2007年度J1リーグ参加18クラブが出場。
  • グループリーグは3月21日から開始し、それ以外の16チームを4チームずつ4グループに分けてホーム・アンド・アウェーの2回戦総当りを行う。
    • 各グループの組み合わせは、前シーズンのリーグ戦順位をもとに決定。
    • 各グループリーグの最上位チーム(4チーム)と、各リーグの2位のうち成績上位の2チーム、計6チームが決勝トーナメントに進出する。
  • 決勝トーナメントはグループリーグを勝ち抜いた6チームに浦和、川崎を加えた8チームによって行われる。
    • 組み合わせは準々決勝・準決勝ごとにオープンドローで決定する。
    • 準々決勝・準決勝
      1. 2試合における合計得点数(=得失点差)
      2. アウェーでの得点数(アウェーゴールルール)
      3. 並んだ場合は第2戦の後半終了後、引き続き15分ハーフの延長戦(アウェーゴールルールは採用せず)
      4. それでも決しない場合はPK戦(双方5人ずつ。決着しない場合は6人目以降サドンデス方式)
    • 決勝

グループリーグ編集

グループA編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 広島 12 4 0 2 6 5 1
2 G大阪 10 3 1 2 10 6 4
3 千葉 9 3 0 3 7 5 2
4 神戸 4 1 1 4 6 13 -7
3月21日 広島 0 - 3 G大阪 ビッグアーチ
3月21日 神戸 1 - 4 千葉 ホムスタ
3月25日 G大阪 2 - 2 神戸 万博
3月25日 千葉 2 - 1 広島 フクアリ
4月4日 G大阪 0 - 1 千葉 万博
4月4日 広島 2 - 0 神戸 ビッグアーチ
4月11日 千葉 0 - 1 G大阪 フクアリ
4月11日 神戸 0 - 1 広島 ホムスタ
5月9日 千葉 0 - 1 神戸 フクアリ
5月9日 G大阪 0 - 1 広島 万博
5月23日 神戸 2 - 4 G大阪 ホムスタ
5月23日 広島 1 - 0 千葉 ビッグアーチ

グループB編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 横浜FM 8 2 2 2 8 7 1
2 清水 8 2 2 2 8 7 1
3 8 2 2 2 6 6 0
4 大宮 8 2 2 2 5 7 -2

※1位、2位は当該チーム間の対戦成績によって決定

3月21日 2 - 1 清水 日立柏
3月21日 横浜FM 0 - 1 大宮 三ツ沢
3月25日 大宮 2 - 1 駒場
3月25日 清水 2 - 2 横浜FM 日本平
4月4日 0 - 0 大宮 日立柏
4月4日 横浜FM 2 - 0 清水 三ツ沢
4月11日 大宮 1 - 1 横浜FM 駒場
4月11日 清水 0 - 0 日本平
5月9日 大宮 1 - 2 清水 駒場
5月9日 横浜FM 3 - 0 三ツ沢
5月23日 3 - 0 横浜FM 日立柏
5月23日 清水 3 - 0 大宮 日本平
 

グループC編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 FC東京 10 3 1 2 7 7 0
2 横浜FC 9 3 0 3 6 5 1
3 大分 9 3 0 3 6 6 0
4 磐田 7 2 1 3 7 8 -1
3月21日 大分 1 - 0 横浜FC 九石ドーム
3月21日 磐田 2 - 2 FC東京 ヤマハ
3月25日 FC東京 0 - 2 大分 味の素
3月25日 横浜FC 2 - 0 磐田 三ツ沢
4月4日 磐田 0 - 1 横浜FC ヤマハ
4月4日 大分 0 - 1 FC東京 九石ドーム
4月11日 FC東京 2 - 1 磐田 国立競技場
4月11日 横浜FC 1 - 2 大分 三ツ沢
5月9日 FC東京 0 - 1 横浜FC 国立競技場
5月9日 磐田 1 - 0 大分 ヤマハ
5月23日 横浜FC 1 - 2 FC東京 三ツ沢
5月23日 大分 1 - 3 磐田 九石ドーム

グループD編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 鹿島 12 4 0 2 12 7 5
2 甲府 10 3 1 2 5 6 -1
3 新潟 9 2 3 1 8 6 2
4 名古屋 2 0 2 4 5 11 -6
3月21日 甲府 2 - 1 名古屋 小瀬
3月21日 新潟 3 - 1 鹿島 東北電力
3月25日 鹿島 2 - 1 新潟 カシマ
3月25日 名古屋 0 - 1 甲府 瑞穂
4月4日 鹿島 0 - 1 甲府 カシマ
4月4日 名古屋 2 - 2 新潟 瑞穂
4月11日 鹿島 2 - 1 名古屋 カシマ
4月11日 新潟 2 - 1 甲府 東北電力
5月9日 甲府 0 - 0 新潟 小瀬
5月9日 名古屋 1 - 4 鹿島 瑞穂
5月23日 甲府 0 - 3 鹿島 小瀬
5月23日 新潟 0 - 0 名古屋 東北電力

2位クラブの決勝トーナメント進出決定カート編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 G大阪 10 3 1 2 10 6 4
2 甲府 10 3 1 2 5 6 -1
3 横浜FC 9 3 0 3 6 5 1
4 清水 8 2 2 2 8 7 1

これによりG大阪、甲府の決勝トーナメント進出が決定。

決勝トーナメント編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
7月7日15日        
 川崎フロンターレ(aet) 6
10月10日13日
 ヴァンフォーレ甲府 5  
 川崎フロンターレ 6
7月8日14日
   横浜F・マリノス 3  
 FC東京 3
11月3日
 横浜F・マリノス 4  
 川崎フロンターレ 0
7月8日15日
   ガンバ大阪 1
 鹿島アントラーズ 3
10月10日13日
 サンフレッチェ広島 2  
 鹿島アントラーズ 3
7月7日14日
   ガンバ大阪(a) 3  
 ガンバ大阪 6
 浦和レッドダイヤモンズ 3  

準々決勝編集

第1戦編集

ヴァンフォーレ甲府 3 - 2 川崎フロンターレ
須藤大輔   5分31分89分 レポート   26分 (o.g.)
ジュニーニョ   56分

横浜F・マリノス 0 - 1 FC東京
レポート 鈴木規郎   45分
三ツ沢公園球技場
観客数: 13,420人
主審: 松尾一

サンフレッチェ広島 1 - 0 鹿島アントラーズ
服部公太   23分 レポート
広島ビッグアーチ
観客数: 7,086人
主審: 家本政明

浦和レッズ 1 - 1 ガンバ大阪
小野伸二   12分 レポート 山口智   87分
埼玉スタジアム2002
観客数: 44,609人
主審: 扇谷健司

第2戦編集

川崎フロンターレ 4 - 2
(延長)
ヴァンフォーレ甲府
谷口博之   26分64分
鄭大世   88分
黒津勝   113分
レポート 須藤大輔   12分74分
国立競技場
観客数: 10,107人
主審: 柏原丈二

1勝1敗、2戦合計5-5、アウェーゴール2-2につき延長戦を実施、延長1-0(合計6-5)で川崎が準決勝進出。


FC東京 2 - 4 横浜F・マリノス
石川直宏   78分
金沢浄   87分
レポート 山瀬功治   19分
大島秀夫   48分68分
マルケス   72分
味の素スタジアム
観客数: 17,044人
主審: 高山啓義

1勝1敗、2戦合計4-3で横浜が準決勝進出。


鹿島アントラーズ 3 - 1 サンフレッチェ広島
マルキーニョス   15分40分
野沢拓也   47分
レポート ウェズレイ   63分

1勝1敗、2戦合計3-2で鹿島が準決勝進出。


ガンバ大阪 5 - 2 浦和レッズ
シジクレイ   9分
山口智   31分
播戸竜二   41分
二川孝広   51分
家長昭博   54分
レポート 永井雄一郎   17分
細貝萌   63分
万博記念競技場
観客数: 14,213人
主審: 吉田寿光

G大阪の1勝1分け(2戦合計6-3)でG大阪が準決勝進出。

準決勝編集

第1戦編集

横浜F・マリノス 1 - 2 川崎フロンターレ
山瀬幸宏   47分 レポート ジュニーニョ   8分59分
日産スタジアム
観客数: 11,181人
主審: 扇谷健司

ガンバ大阪 1 - 0 鹿島アントラーズ
遠藤保仁   57分 レポート
万博記念競技場
観客数: 8,157人
主審: 柏原丈二

第2戦編集

川崎フロンターレ 4 - 2 横浜F・マリノス
伊藤宏樹   20分
鄭大世   23分
ジュニーニョ   35分
黒津勝   89分
レポート 大島秀夫   7分
坂田大輔   37分
等々力陸上競技場
観客数: 15,948人
主審: 岡田正義

1勝1敗、2戦合計6-3につき川崎が決勝進出。


鹿島アントラーズ 3 - 2 ガンバ大阪
本山雅志   41分44分
小笠原満男   51分
レポート 播戸竜二   49分
シジクレイ   66分

1勝1敗、2戦合計3-3、アウェーゴール2-0につきG大阪が決勝進出。

決勝編集

決勝は2000年以来7年ぶりの決勝進出を果たし初タイトルを狙う川崎フロンターレと、2005年以来2年ぶりの登場となるガンバ大阪の対決になった。川崎はACL準々決勝で敗退し国内のリーグ戦と未だチャンスの残っていたカップ戦に集中し、10月はカップ戦を含めて負け無しの5連勝であった。特に直前のFC東京戦では7-0と大勝しており、上げ潮ムードでの登場。一方ガンバは直前のリーグ戦で清水に敗北、リーグ優勝は遠のきチームの調子は良いとは言いがたかった。ただしガンバは昨年、一昨年とカップ戦の決勝に連続して進出しており、カップ戦決勝の戦い方を肌で知っているという強みがあった。

試合はここ最近のカップ戦決勝の傾向の例に漏れず、両者ともディフェンスに傾注し双方の攻撃陣はチャンスは作りながらも前半は0-0で進んだ。試合が動いたのは55分(後半10分)、ゴール前の混戦からガンバ大阪の安田理大がこぼれ球をゴールマウスに押し込み先制。試合は残り35分以上残していたが、ガンバ大阪が守りきり初めてリーグカップのタイトルを手にした。MVPはこの試合唯一のゴールを挙げた安田が獲得。

これまでJリーグカップを制覇した西限のチームはジュビロ磐田であったが、本年のガンバ大阪の優勝によってJリーグカップは天竜川を越えて大きく西進する事になった。

優勝したガンバ大阪は、翌2008年から新設されたパンパシフィックチャンピオンシップに日本代表として出場することとなった。なお、優勝時点では大会の開催そのものが決定されていなかったため、代表資格そのものは後付けである。

川崎フロンターレ 0 - 1 ガンバ大阪
レポート 安田理大   55分
国立競技場
観客数: 41,569人
主審: 吉田寿光
川崎フロンターレ
GK 01   川島永嗣
DF 05   箕輪義信
DF 03   佐原秀樹   44分   74分
DF 02   伊藤宏樹
MF 19   森勇介
MF 14   中村憲剛  
MF 29   谷口博之
MF 13   寺田周平
MF 24   大橋正博   63分
FW 16   鄭大世   78分
FW 10   ジュニーニョ
控え:
GK 21   相澤貴志
DF 04   井川祐輔
MF 06   河村崇大   74分
MF 08   フランシスマール
MF 20   養父雄仁
FW 23   久木野聡   63分
FW 07   黒津勝   78分
   
監督
  関塚隆
ガンバ大阪
GK 22   藤ヶ谷陽介   79分
DF 21   加地亮
DF 05   シジクレイ   19分
DF 06   山口智  
DF 13   安田理大
MF 17   明神智和
MF 27   橋本英郎
MF 07   遠藤保仁   83分
MF 10   二川孝広
FW 18   バレー   89分
FW 09   マグノ・アウベス
控え:
GK 01   松代直樹
DF 02   中澤聡太
DF 15   青木良太
MF 08   家長昭博
MF 16   前田雅文
MF 20   寺田紳一
FW 11   播戸竜二   89分
   
監督
  西野朗
2007 Jリーグカップ 優勝
ガンバ大阪
初優勝
テレビ中継

表彰編集

関連項目編集