メインメニューを開く

2007年バスケットボール男子アジア選手権

2007年FIBAアジア男子バスケットボール選手権(The 24th FIBA Asia Championship for Men)は、日本徳島県徳島市徳島県立産業観光交流センター徳島市立体育館で開催された第24回バスケットボール男子アジア選手権大会2007年7月28日から8月5日までの日程で開催された。日本開催は1999年の福岡大会以来8年ぶり5回目。大会マスコットには開催地徳島県のキャラクターであるすだちくんが使われた。

2007年男子アジア選手権
第24回男子バスケットボールアジア選手権
公式サイト
2007 FIBA Asia Championship
概要
開催国 日本の旗 日本
期間 7月28日から8月5日
チーム数 16チーム (44連盟)
会場 2会場 (1都市)
優勝  イラン (1回目)
MVP イランの旗 ハメッド・ハッダディ
詳細
選手 チーム
PPG シリアの旗 Madanly (33.1)  シリア (95.3)
リバウンド シリアの旗 Yakoub (10.6)  シリア (41.7)
アシスト インドの旗 Kadam (4.0)  日本 (15.5)
2005
2009

開催国の日本バスケットボール協会では執行部と一部評議員の対立が長引き前年度予算を組めない状態が続いたため開催が危ぶまれたが、理事会の決定で大会暫定予算を執行し、開催へ導くことになった。

イランが初優勝を果たし、北京オリンピック出場権を獲得した。2位のレバノンと3位の韓国は世界最終予選に進んだ。

日本は32年ぶりオリンピック出場も期待されたが、この大会での五輪出場決定を逃すばかりか、アジア選手権史上最低の8位(当時)に終わった。

また、前回優勝の中国は既に開催国として五輪出場が決まっているのに加え、同時期のスタンコビッチ・コンチネンタル・チャンピオンズカップ出場のため若手主体で出場したこともあり、2次ラウンド上位グループ進出を果たせず4連覇で途切れ、こちらも史上最低の10位に終わった。

目次

地区予選編集

東南アジア編集

タイラーチャブリー県東南アジアバスケットボール選手権を兼ねて開催。

Team 勝点
  フィリピン 8 4 0
  インドネシア 7 3 1
  マレーシア 6 2 2
  タイ 5 1 3
  シンガポール 4 0 4

中央アジア編集

中央アジアバスケットボール選手権を兼ねてコロンボで開催。

Team 勝点
  カザフスタン 4 2 0
  インド 3 1 1
  スリランカ 2 0 2
決勝

東アジア編集

東アジア予選には  中華台北  香港の2チームしかエントリーしていなかったため自動的に出場権を獲得した。

西アジア編集

西アジア予選には  シリア  ヨルダンの2チームしかエントリーしていなかったため自動的に出場権を獲得した。

湾岸編集

湾岸バスケットボール選手権として開催。シード権により出場が決まっているカタールを除く2チームが出場権を得た。  イエメンは棄権。

Team 勝点
  カタール 5 5 0 386 264 +122 10
  サウジアラビア 5 4 1 345 289 +56 9
  アラブ首長国連邦 5 3 2 351 298 +53 8
  バーレーン 5 2 3 323 348 −25 7
  クウェート 5 1 4 325 355 −30 6
  オマーン 5 0 5 194 370 −176 5

出場国編集

前回上位5か国と各地区予選を勝ち抜いた10か国に開催国日本を加えた16か国が出場。

東アジア編集

東南アジア編集

中央アジア編集

湾岸編集

西アジア編集

本来、出場枠はFIBAアジアスタンコビッチカップの結果によって決まっていたが、中止となったため、前回優勝国を除く上位4か国に出場枠が与えられた。(前回5位は開催国日本のためイランが繰り上げ)

1次ラウンド編集

グループA編集

Team 勝点 試合数
  イラン 6 3 3 0
  ヨルダン 5 3 2 1
  フィリピン 4 3 1 2
  中国 3 3 0 3

7月28日

7月29日

  中国 65 - 78   ヨルダン
  イラン 75 - 69   フィリピン
  フィリピン 79 - 74   中国
  ヨルダン 54 - 60   イラン

7月30日

  イラン 77 - 68   中国
  フィリピン 76 - 84   ヨルダン

グループB編集

Team 勝点 試合数
  日本 6 3 3 0
  レバノン 5 3 2 1
  アラブ首長国連邦 4 3 1 2
  クウェート 3 3 0 3

7月28日

7月29日

  アラブ首長国連邦 66 - 109   日本
  レバノン 104 - 59   クウェート
  クウェート 68 - 69   アラブ首長国連邦
  日本 77 - 67   レバノン

7月30日

  アラブ首長国連邦 64 - 106   レバノン
  日本 101 - 48   クウェート

グループC編集

Team 勝点 試合数
  カタール 6 3 3 0
  カザフスタン 5 3 2 1
  インド 4 3 1 2
  インドネシア 3 3 0 3

7月28日

7月29日

  カタール 106 - 49   インド
  カザフスタン 107 - 53   インドネシア
  インド 74 - 97   カザフスタン
  インドネシア 45 - 86   カタール

7月30日

  インドネシア 66 - 72   インド
  カザフスタン 69 - 76   カタール

グループD編集

Team 勝点 試合数
  韓国 6 3 3 0
  中華台北 5 3 2 1
  香港 4 3 1 2
  シリア 3 3 0 3

7月28日

7月29日

  韓国 107 - 67   香港
  シリア 66 - 90   中華台北
  香港 104 - 100   シリア
  中華台北 70 - 85   韓国

7月30日

  シリア 79 - 89   韓国
  中華台北 98 - 81   香港

2次ラウンド編集

1次ラウンド上位各2か国計8か国がグループI・IIに、下位各2か国計8か国はグループIII・IVに振り分けられる。31日・2日のIVと1日のIIIは徳島市立体育館、他はすべてアスティとくしまで開催。

グループI編集

Team 勝点 試合数
  レバノン 6 3 3 0
  イラン 5 3 2 1
  カタール 4 3 1 2
  中華台北 3 3 0 3

7月31日

8月1日

  イラン 76 - 64   中華台北
  レバノン 72 - 68   カタール
  中華台北 64 - 95   レバノン
  カタール 87 - 95   イラン

8月2日

  カタール 87 - 74   中華台北
  イラン 60 - 82   レバノン

グループII編集

Team 勝点 試合数 対戦でのタイブレーク
  カザフスタン 5 3 2 1 1勝
  韓国 5 3 2 1 1敗
  日本 4 3 1 2 1勝
  ヨルダン 4 3 1 2 1敗

7月31日

8月1日

  ヨルダン 65 - 70   韓国
  日本 85 - 93   カザフスタン
  カザフスタン 73 - 82   ヨルダン
  韓国 93 - 83   日本

8月2日

  カザフスタン 75 - 73   韓国
  ヨルダン 68 - 71   日本

グループIII編集

Team 勝点 試合数
  フィリピン 6 3 3 0
  シリア 5 3 2 1
  クウェート 4 3 1 2
  インド 3 3 0 3

7月31日

8月1日

  フィリピン 107 - 100   シリア
  クウェート 72 - 68   インド
  インド 69 - 104   フィリピン
  シリア 109 - 69   クウェート

8月2日

  フィリピン 89 - 58   クウェート
  インド 54 - 105   シリア

グループIV編集

Team 勝点 試合数
  中国 6 3 3 0
  インドネシア 5 3 2 1
  香港 4 3 1 2
  アラブ首長国連邦 3 3 0 3

7月31日

8月1日

  中国 93 - 69   香港
  アラブ首長国連邦 81 - 83   インドネシア
  インドネシア 47 - 102   中国
  香港 87 - 64   アラブ首長国連邦

8月2日

  中国 100 - 55   アラブ首長国連邦
  インドネシア 81 - 78   香港

決勝トーナメント・順位決定戦編集

決勝トーナメント(アスティとくしま)編集

グループI・II上位各2か国計4か国が進出。

準決勝 決勝
           
8月4日 18:00-    
   レバノン 76
   韓国 74  
  8月5日 20:15-
   レバノン 69
     イラン 74
 
3位決定戦
8月4日 20:15- 8月5日 18:00-
   カザフスタン 62    韓国 80
   イラン 75      カザフスタン 76

5-8位決定戦(アスティとくしま)編集

グループI・II下位各2か国計4か国が回る。

5-8位決定予備戦 5位決定戦
           
8月4日 13:00-    
   カタール 67
   ヨルダン 77  
  8月5日 13:00-
   ヨルダン 97
     中華台北 74
 
3位決定戦
8月4日 15:45- 8月5日 15:45-
   日本 80    カタール 86
   中華台北 85      日本 82

9-16位決定戦編集

グループIII・IVの各順位ごとに組み合わせが決まる。

8月4日 徳島市立体育館

15-16位決定戦   インド 82 - 77   アラブ首長国連邦
13-14位決定戦   クウェート 66 - 72   香港

8月4日 アスティとくしま

11-12位決定戦   シリア 108 - 79   インドネシア
9-10位決定戦   フィリピン 78 - 76   中国

最終結果編集

放送について編集

  • FIBA主催試合放映権を持つJ SPORTSにて日本戦全試合を中心に決勝戦まで生中継。日本戦は同日録画も行う。
  • BSフジでも日本戦を主に同日録画で放送。

関連項目編集

外部リンク編集