メインメニューを開く

2007年ブラジルグランプリ

2007年ブラジルグランプリは、2007年F1世界選手権第17戦として、2007年10月21日サンパウロ・インテルラゴスで開催された。正式名称はFORMULA1 Grande Prêmio do Brasil 2007

ブラジルの旗 2007年ブラジルグランプリ
レース詳細
Circuit Interlagos.svg
日程 2007年シーズン第17戦
決勝開催日 10月21日
開催地 インテルラゴス・サーキット
ブラジル サンパウロ市
コース長 4.309 km
レース距離 71周(305.909 km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'11.931
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
タイム 1'12.445(Lap 66)
決勝順位
優勝
  • フィンランドの旗 キミ・ライコネン
    1:28'15.270
2位
3位

予選編集

展開編集

結果編集


順位 No ドライバー チーム マシン Q1 Q2 Q3
1 5   フェリペ・マッサ フェラーリ F2007 1'12.303 1'12.374 1'11.931
2 2   ルイス・ハミルトン マクラーレン MP4-22 1'13.033 1'12.296 1'12.082
3 6   キミ・ライコネン フェラーリ F2007 1'13.016 1'12.161 1'12.322
4 1   フェルナンド・アロンソ マクラーレン MP4-22 1'12.895 1'12.637 1'12.356
5 15   マーク・ウェバー レッドブル RB3 1'13.081 1'12.683 1'12.928
6 9   ニック・ハイドフェルド BMWザウバー F1.07 1'13.472 1'12.888 1'13.081
7 10   ロバート・クビサ BMWザウバー F1.198 1'13.085 1'12.641 1'13.129
8 12   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ TF107 1'13.470 1'12.832 1'13.195
9 14   デビッド・クルサード レッドブル RB3 1'13.264 1'12.846 1'13.272
10 16   ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ FW29 1'13.707 1'12.752 1'13.477
11 8   ルーベンス・バリチェロ ホンダ RA107 1'13.661 1'12.932
12 3   ジャンカルロ・フィジケラ ルノー R27 1'13.482 1'12.968
13 19   セバスチャン・ベッテル トロ・ロッソ STR2 1'13.853 1'13.058
14 18   ヴィタントニオ・リウッツィ トロ・ロッソ STR2 1'13.607 1'13.251
15 11   ラルフ・シューマッハ トヨタ TF107 1'13.767 1'13.315
16 7   ジェンソン・バトン ホンダ RA107 1'14.054 1'13.469
17 4   ヘイキ・コバライネン ルノー R27 1'14.078
18 22   佐藤琢磨 スーパーアグリ SA07 1'14.098
19 17   中嶋一貴 ウィリアムズ FW29 1'14.417
20 23   アンソニー・デビッドソン スーパーアグリ SA07 1'14.596
21 20   エイドリアン・スーティル スパイカー F8-VII 1'15.217
22 21   山本左近 スパイカー F8-VII 1'15.487
  • コンディション:晴れ/ドライ,気温32℃・路面温度60℃


決勝編集

展開編集

予選はマッサがポールポジションを獲得した。スタートも首位をキープ。一方でハミルトンはストレートの後のコーナーでミスを犯してしまい順位を下げた。その後は順位を少し取り戻しつつあったものの、7周目にギアボックス・トラブルと思われる事態に遭遇。最後尾近くまでポジションを落とした。マッサはその後も首位を守り続けたが、2回目のピットインでライコネンがマッサを逆転し首位に立った。フェラーリはその後も危なげない走りで1-2フィニッシュを決めた。ライコネンはシーズン最多勝の6勝目、110ポイントを獲得。タイトルを争っていたアロンソは3位に終わり109ポイント、ハミルトンは序盤のトラブルが響き7位に終わり、こちらも109ポイントに終わった。

その結果、前戦中国GPでランキング3位にいたライコネンがフェラーリ移籍初年、F1デビューから7年目で初のドライバーズチャンピオンを獲得した。コンストラクターズチャンピオンシップは、マクラーレンのスパイ事件によりすでにフェラーリのものになっていたが、今回のレースで18ポイントを獲得し204ポイントを獲得した。マクラーレンはスパイ事件がなくても203ポイントでフェラーリに及ばなかった(ただしハンガリーGPでのポイントはく奪がなければ218ポイントであった)。

レースはスタートからアクシデントがあり、リウッツィやコバライネンは緊急のピットインを強いられた。2周目にもフィジケラと山本の事故がおこり両者リタイヤとなった。フィジケラはチーム残留が果たせず2008年はフォースインディアに移籍、山本のF1復帰は2010年まで待たれる。コバライネンはアクシデントでリタイヤし、全戦完走はならなかった。

中嶋にとってはデビューレースであった。最初のピットインでピットクルーをはねる事故をおこしたが大事には至らず10位でフィニッシュした。ラルフ・シューマッハは結果的にこれがF1最終戦となった。F1での「シューマッハ」の復活は2010年、兄ミハエルのメルセデスでのF1復帰まで待たれる。またアロンソもマクラーレン・メルセデスで走るのはこれが最後になった。

なおレース終了後、ウィリアムズとBMWザウバーのマシンに燃料規定違反が発覚。その後不問になったがマクラーレンが抗議。結局棄却されたものの、ライコネンのチャンピオン確定は11月までお預けになった。

結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 6  キミ・ライコネン フェラーリ 71 1:28'15.270 3 10
2 5  フェリペ・マッサ フェラーリ 71 +1.493 1 8
3 1  フェルナンド・アロンソ マクラーレン 71 +57.019 4 6
4 16  ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ 71 +1'02.848 10 5
5 10  ロバート・クビサ BMWザウバー 71 +1'10.957 7 4
6 9  ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 71 +1'11.317 6 3
7 2  ルイス・ハミルトン マクラーレン 70 +1 Lap 2 2
8 12  ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 70 +1 Lap 8 1
9 14  デビッド・クルサード レッドブル 70 +1 Lap 9
10 17  中嶋一貴 ウィリアムズ 70 +1 Lap 19
11 11  ラルフ・シューマッハ トヨタ 70 +1 Laps 16
12 22  佐藤琢磨 スーパーアグリ 69 +2 Laps 18
13 18  ヴィタントニオ・リウッツィ トロ・ロッソ 69 +2 Laps 14
14 23  アンソニー・デビッドソン スーパーアグリ 68 +3 Laps 20
DNF 20  エイドリアン・スーティル スパイカー 43 ブレーキ 22
DNF 8  ルーベンス・バリチェロ ホンダ 40 エンジン 11
DNF 4  ヘイキ・コバライネン ルノー 35 アクシデント 17
DNF 19  セバスチャン・ベッテル トロ・ロッソ 34 油圧系 13
DNF 7  ジェンソン・バトン ホンダ 20 エンジン 16
DNF 15  マーク・ウェバー レッドブル 14 トランスミッション 5
DNF 21  山本左近 スパイカー 2 アクシデント 21
DNF 3  ジャンカルロ・フィジケラ ルノー 2 アクシデント 12

ファステストラップ:キミ・ライコネン 1'12.445(Lap 66)(平均車速214.126km/h)

  • コンディション:晴/ドライ,気温36℃・路面温度63℃
  • タイムの単位は、「時間:分'秒.000」
  • 差の単位は「分'秒.000」
  • Car No.20はピットレーンスタートを選択
  • 情報は公式サイト・Yahoo!によるもの。

関連項目編集