メインメニューを開く

2007年世界柔道選手権大会

柔道の国際大会

日程編集

  • 13日 男子100kg超級 男子100kg級 女子78kg超級 女子78kg級
  • 14日 男子90kg級 男子81kg級 女子70kg級 女子63kg級
  • 15日 男子73kg級 男子66kg級 女子57kg級 女子52kg級
  • 16日 男子60kg級 男子無差別級 女子48kg級 女子無差別級

メダリスト編集

男子編集

階級
60kg以下級   ルーベン・フーケス   ネストル・ヘルギアニ   ルートウィヒ・パイシャー
  崔敏浩
66kg以下級   ジョアン・デルリ   ヨルダニス・アレンシビア   アラシュ・ミレスマイリ
  ミクローシュ・ウングバリ
73kg以下級   王己春   エルヌル・ママドリ   金丸雄介
  ラスル・ボキエフ
81kg以下級   ティアゴ・カミロ   アントニー・ロドリーグ   ギヨーム・エレモント
  イアン・バートン
90kg以下級   イラクリ・チレキゼ   イリアス・イリアディス   ロベルト・メローニ
  イヴァン・ペルシン
100kg以下級   ルシアーノ・コヘア   ピーター・カズンズ   ハドフィ・ダーニエル
  オレイディス・デスパイネ
100kg超級   テディ・リネール   タメルラン・トメノフ   ラシャ・グジェジアニ
  ジョアン・シリトレー
無差別級   棟田康幸   ユーリ・ルイバク   マチュー・バタイユ
  アブドゥロ・タングリエフ

女子編集

階級
48kg以下級   谷亮子   ヤネト・ベルモイ   フレデリク・ジョシネ
  アリナ・ドゥミトル
52kg以下級   石俊杰   テルマ・モンテイロ   西田優香
  安琴愛
57kg以下級   ケー・スンヒ   イサベル・フェルナンデス   佐藤愛子
  バツコー・ベルナデット
63kg以下級   ドリュリス・ゴンサレス   リュシ・デコス   エリザベト・ウィルボーダス
  谷本歩実
70kg以下級   ジブリズ・エマヌ   ロンダ・ラウジー   イレニア・スカピン
  アネット・メサロシュ
78kg以下級   ユリセル・ラボルデ   中澤さえ   ステファニー・ポサメ
  鄭敬美
78kg超級   佟文   塚田真希   サンドラ・ケッペン
  カローラ・アイレンフト
無差別級   塚田真希   ルツィヤ・ポラウデル   アン=ソフィー・モンディエール
  エレナ・イワシェンコ

メダル獲得数の国別一覧 編集

順位 国・地域
1   日本 3 2 4 9
2   ブラジル 3 1 4
3   フランス 2 2 4 8
4   キューバ 2 2 1 5
5   中国 2 2
6   ジョージア 1 1 1 3
7   オランダ 1 3 4
8   韓国 1 2 3
9   北朝鮮 1 1 2
10   ロシア 1 2 3
11   イギリス 1 1 2
12   アゼルバイジャン 1 1
12   ベラルーシ 1 1
12   ギリシャ 1 1
12   ポルトガル 1 1
12   スロベニア 1 1
12   スペイン 1 1
12   アメリカ合衆国 1 1
19   ハンガリー 4 4
20   イタリア 2 2
21   オーストリア 1 1
21   ドイツ 1 1
21   イラン 1 1
21   ルーマニア 1 1
21   タジキスタン 1 1
21   ウズベキスタン 1 1
合計 16 16 32 64

日本での放送編集

フジテレビ系列で放送された。メインキャスターを坂口憲二平井理央、コメンテーターを山口香篠原信一、スペシャルコメンテーターを藤原紀香、インタビュアーを三四六務めた[1]。また倖田來未の「Come Over」が応援ソングと使用された[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 番組出演者 フジテレビ
  2. ^ 応援ソング フジテレビ

外部リンク編集