2007 ワールドポート・トーナメント

2007 ワールドポート・トーナメント英語: 2007 World Port Tournament)は、2007年8月2日から12日にかけてオランダロッテルダムで開催されたワールドポート・トーナメントの第11回大会である。

参加したのはオランダ日本アメリカ合衆国キューバチャイニーズタイペイの5カ国で、東都大学野球リーグ選抜が日本代表として出場した。

概要編集

ワールドポート・トーナメントは1985年から始まり、その後2年おきに開催。2007年は第11回大会となった。試合会場はオランダのNeptunus Familie Stadionを利用している。本大会は国際野球連盟が主催・協賛しているオリンピック野球競技世界大学野球選手権などとは違い、大会の位置づけは低く、オランダが野球の普及に向けて企画しているイベント的なものである。しかしこの大会の成果もあってオランダでの野球人気は年々高まってきており、1985年大会の観客動員数は3万人であったが、2007年大会は6万2千人に達した。試合観戦は有料(2007年度は大人で約2千円)で、ヘッドスポンサーはエネコ(ENECO Energie)となっている。

試合はホームアウェーの2試合を各国総当たり戦で戦い、上位2チームが優勝決定戦に進む。日本からは日本代表チームとして東都大学リーグの1部、2部から選抜されたメンバーが出場した。ただし2007年の同時期に開催された北京プレオリンピック野球大会に出場する選手は除かれている。オランダキューバのメンバー構成はWBC出場選手も含まれていたこともあって、日本代表チームの試合結果は8戦全敗で最下位となった。最終順位は1位キューバ、2位チャイニーズタイペイ、3位アメリカ、4位オランダ、5位日本。

参加国・地域編集

優勝決定戦進出チーム
チーム 試合数 勝敗率 援護点 RA
  キューバ 8 8 0 100% 50 16
  チャイニーズタイペイ 8 4 4 50% 24 24
  アメリカ合衆国 8 4 4 50% 40 26
  オランダ 8 4 4 50% 19 36
  日本 8 0 8 0% 13 44

試合結果編集

日本編集

  • 日本0 - 1アメリカ
  • 日本3 - 11キューバ
  • 日本1 - 3台湾
  • 日本3 - 4オランダ
  • アメリカ10 - 0日本
  • キューバ8 - 1日本
  • チャイニーズタイペイ4 - 1日本
  • オランダ3 - 2日本

優勝決勝戦編集

  • キューバ2 - 0チャイニーズタイペイ


 2007 ワールドポート・トーナメント 優勝国 
 
キューバ
3大会連続4回目の優勝

関連項目編集

外部リンク編集