メインメニューを開く

2007 FIFA女子ワールドカップ: FIFA Women's World Cup China 2007)は、2007年9月10日から9月30日にかけて、中国で開催された第5回目[注 1]FIFA女子ワールドカップである。

2007 FIFA女子ワールドカップ
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2007年9月10日 - 9月30日
チーム数 16 (6連盟)
大会結果
優勝  ドイツ (2回目)
準優勝  ブラジル
3位  アメリカ合衆国
4位  ノルウェー
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 111点
(1試合平均 3.47点)
総入場者数 1,156,955人
(1試合平均 36,155人)
得点王 ブラジルの旗 マルタ(7点)
最優秀選手 ブラジルの旗 マルタ
 < 20032011

目次

開催までの経緯編集

中国は本来、前回大会の開催国となる予定であったが、SARSの蔓延により開催権を返上し[1]アメリカが代替の開催地となる[2]という経緯があった。主催者であるFIFAは2007年大会開催国を中国としたため、次回大会の開催地が決定されるまでは、これまで開催国となったこととない国からの選定は行われないこととなった[注 2]

開催地は前回に予定していた上海杭州武漢成都天津を加えた5都市で、開幕戦と決勝戦は上海で開催された。

この大会は北京オリンピックUEFA地域予選を兼ねており[3]、優勝したドイツ、ベスト4に進出したノルウェー、そしてスウェーデンの3国に出場権が与えられた[注 3]

予選編集

出場国編集

大陸連盟 出場
枠数
予選大会
予選順位
出場国・地域 出場回数 備考
AFC 1+2.5 開催国   中国 5大会連続5回目
女子アジアカップ 準優勝   オーストラリア 4大会連続4回目
3位   北朝鮮 3大会連続3回目
4位   日本 5大会連続5回目
CAF 2 アフリカ女子選手権 優勝   ナイジェリア 5大会連続5回目
準優勝   ガーナ 3大会連続3回目
CONCACAF 2.5 女子ゴールドカップ 優勝   アメリカ合衆国 5大会連続5回目
準優勝   カナダ 4大会連続4回目
CONMEBOL 2 スダメリカーノ・フェメニーノ 優勝   アルゼンチン 2大会連続2回目
準優勝   ブラジル 5大会連続5回目
OFC 1 OFC女子ネイションズカップ 優勝   ニュージーランド 4大会ぶり2回目
UEFA 5 ヨーロッパ予選 1組 1位   ノルウェー 5大会連続5回目
2組 1位   スウェーデン 5大会連続5回目
3組 1位   デンマーク 2大会ぶり4回目
4組 1位   ドイツ 5大会連続5回目
5組 1位   イングランド 3大会ぶり2回目

本大会編集

概要編集

開催1ヶ月半前の8月2日、歴史的な事情により日本がいるグループリーグA組3日目の日程変更が発表となったこの大会は、開幕戦もまた歴史的なものであった。

2008年に行われる北京オリンピックの予行を思わせるような開会式の後に行われた開幕戦・ドイツアルゼンチン戦は、2つのオウンゴールを含む11得点によりドイツが本大会史上最多得点試合で勝利した。

翌日から始まった他のグループリーグも、台風による日程変更もあったものの全日程を消化。「死の組」といわれたB組では強豪国のスウェーデンが、C組では前大会4位だったカナダが、D組では常連国のデンマークが敗退する一方、開催国である中国ノルウェーアメリカ、ドイツとともに5大会連続で決勝トーナメントに進出。ほかにオーストラリア北朝鮮が初めて、ブラジルが3大会連続で、イングランドが3大会ぶりに決勝トーナメント進出を決めた。

8チームによる決勝トーナメント準々決勝はグループリーグ1位のチームがすべて勝利。つづく準決勝ではドイツがノルウェーを、ブラジルがアメリカをともに大差で破って決勝へ進出した。

3位決定戦が行われた直後の上海虹口体育場で午後8時(現地時間)に開始された決勝戦は前半を無得点で折り返し、迎えた52分、ドイツのエースストライカー、ビルギット・プリンツが先制ゴール。対するブラジルは64分にペナルティーキックを与えられるが、マルタの蹴ったボールは相手チームのゴールキーパーに防がれ得点とならなかった。そして86分にはコーナーキックからのボールを決めてドイツが追加点を上げ、そのまま2対0で試合終了。ドイツは大会初の2連覇を6試合すべて無失点により果たした。

エピソード編集

グループリーグの日本対ドイツ戦において、日本の国歌斉唱では多くの観客が起立せず、ブーイングも起きた。また、試合中もブーイングを浴びせられた。 試合後、日本代表は白地に青い文字で「ARIGATO 謝謝 CHINA!」と書いた横断幕を掲げた。国営新華社通信は「北京五輪でこのような反日感情を持ち込めば、中国人の国際的なイメージを損なう」とし、国際先駆導報も「日本人は不快な気持ちを乗り越える勇気を見せたが、中国人にはその勇気がなかった」と指摘した。地元メディアは「中国のブーイングは日本の横断幕に負けた」と観戦マナーを批判した。インターネット上では賛否両論であった[4]

会場一覧編集

競技場 都市 収容人数
上海虹口足球場 上海 34,000人
天津奥林匹克体育中心体育場 天津 60,000人
武漢体育中心 武漢 55,000人
杭州黄龍体育中心 杭州 52,000人
成都市体育中心 成都 40,000人

開催方式編集

グループリーグ編集

  • 4チームによる1回戦総当たりのリーグ戦
  • 試合時間90分(前後半各45分)を終了して同点の場合は引き分け
  • 勝ち点制度(勝利3点、引き分け1点、負け0点)
  • 2チーム以上の勝ち点が同じ場合は以下の優先順位で決定する
  1. グループ内での得失点差
  2. グループ内での総得点
  3. 当該チーム間での勝ち点
  4. 当該チーム間での得失点差
  5. 当該チーム間での総得点
  6. フェアプレーポイント(警告・退場処分の数による)
  7. 抽選

決勝トーナメント編集

  • ファーストラウンド各組上位2チームが準々決勝に進出
  • 90分間(前後半各45分)の1試合
  • 90分間で勝敗が決しない場合は30分間(前後半各15分)の延長戦ゴールデンゴールは適用しない)
  • 延長戦でも勝敗が決しない場合はPK戦によって決定

賞金編集

今大会から初めて、参加チームに賞金が支給されることとなった。

成績 金額
優勝 1,000,000.USドル
準優勝 800,000.USドル
3位 650,000.USドル
4位 550,000.USドル
ベスト8 300,000.USドル
グループリーグ敗退 200,000.USドル

結果編集

グループリーグ編集

  • 試合開始時刻は現地時間
  • 各組上位2チームが準々決勝に進出

グループ A編集

チーム
1   ドイツ 3 2 1 0 13 0 +13 7
2   イングランド 3 1 2 0 8 3 +5 5
3   日本 3 1 1 1 3 4 −1 4
4   アルゼンチン 3 0 0 3 1 18 −17 0


ドイツ   11 - 0   アルゼンチン
ベーリンガー   12分24分
ガーレフレケス   17分
プリンツ   29分45+1分59分
リンゴル   51分90+1分
スミゼク   57分70分79分
レポート

日本   2 - 2   イングランド
宮間あや   55分90+5分 レポート K.スミス   81分83分
上海虹口足球場上海
観客数: 27,146人
主審:   カーリ・ザイツ


アルゼンチン   0 - 1   日本
レポート 永里優季   90+1分

イングランド   0 - 0   ドイツ
レポート


ドイツ   2 - 0   日本
プリンツ   21分
リンゴル   87分 (PK)
レポート



グループ B編集

チーム
1   アメリカ合衆国 3 2 1 0 5 2 +3 7
2   北朝鮮 3 1 1 1 5 4 +1 4
3   スウェーデン 3 1 1 1 3 4 −1 4
4   ナイジェリア 3 0 1 2 1 4 −3 1


アメリカ合衆国   2 - 2   北朝鮮
ワンバック   50分
オライリー   69分
レポート 吉善姫   58分
金英愛   62分

ナイジェリア   1 - 1   スウェーデン
ウワク   82分 レポート スヴェンソン   50分
成都市体育中心成都
観客数: 21,740人
主審:   牛麗君


スウェーデン   0 - 2   アメリカ合衆国
レポート ワンバック   34分 (PK)58分

北朝鮮   2 - 0   ナイジェリア
金敬花   17分
李今淑   21分
レポート


ナイジェリア   0 - 1   アメリカ合衆国
レポート チャラプニー   1分
上海虹口足球場上海
観客数: 26,100人
主審:   大岩真由美

北朝鮮   1 - 2   スウェーデン
李雲淑   22分 レポート シェリン   4分54分


グループ C編集

チーム
1   ノルウェー 3 2 1 0 10 4 +6 7
2   オーストラリア 3 1 2 0 7 4 +3 5
3   カナダ 3 1 1 1 7 4 +3 4
4   ガーナ 3 0 0 3 3 15 −12 0





カナダ   4 - 0   ガーナ
シンクレア   16分62分
シュミット   55分
フランコ   77分
レポート

オーストラリア   1 - 1   ノルウェー
デ・ヴァンナ   83分 レポート R.グルブランセン   5分
杭州黄龍体育中心杭州
観客数: 33,835人
主審:   牛麗君





グループ D編集

チーム
1   ブラジル 3 3 0 0 10 0 +10 9
2   中国 3 2 0 1 5 6 −1 6
3   デンマーク 3 1 0 2 4 4 0 3
4   ニュージーランド 3 0 0 3 0 9 −9 0


ニュージーランド   0 - 5   ブラジル
レポート ダニエラ   10分
クリスチアニ   54分
マルタ   74分90+3分
ヘナタ・コスタ   86分

中国   3 - 2   デンマーク
李潔   31分
華妍   50分
宋暁麗   88分
レポート ニールセン   51分
パースケ   87分


デンマーク   2 - 0   ニュージーランド
ペデルセン   61分
パースケ   66分
レポート
武漢体育中心武漢
観客数: 54,000人
主審:   大岩真由美

ブラジル   4 - 0   中国
マルタ   42分70分
クリスチアニ   47分48分
レポート



ブラジル   1 - 0   デンマーク
プレチーニャ   90+1分 レポート


決勝トーナメント編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
9月22日 17:00 武漢        
   ドイツ 3
9月26日 20:00 天津
   北朝鮮 0  
   ドイツ 3
9月23日 17:00 武漢
     ノルウェー 0  
   ノルウェー 1
9月30日 20:00 上海
   中国 0  
   ドイツ 2
9月22日 20:00 天津
     ブラジル 0
   アメリカ合衆国 3
9月27日 20:00 杭州
   イングランド 0  
   アメリカ合衆国 0 3位決定戦
9月23日 20:00 天津
     ブラジル 4  
   ブラジル 3    ノルウェー 1
   オーストラリア 2      アメリカ合衆国 4
9月30日 17:00 上海

準々決勝編集


ドイツ   3 - 0   北朝鮮
ガーレフレケス   44分
リンゴル   67分
クラーン   72分
レポート


ノルウェー   1 - 0   中国
ヘルロヴセン   32分 レポート


準決勝編集



アメリカ合衆国   0 - 4   ブラジル
レポート オズボーン  20分 (OG)
マルタ   27分79分
クリスチアニ   56分

3位決定戦編集



決勝編集


ドイツ   2 - 0   ブラジル
プリンツ   52分
ラウデール   86分
レポート

優勝国編集

 2007 FIFA女子ワールドカップ優勝国 
 
ドイツ
2大会連続2回目

順位編集

国・地域名 成績
1   ドイツ 優勝 6 5 1 0 16 21 0 +21
2   ブラジル 準優勝 6 4 1 1 13 17 4 +13
3   アメリカ合衆国 3位 6 4 1 1 13 12 7 +5
4   ノルウェー 4位 6 3 1 2 10 12 11 +1
5   中国 ベスト8 4 2 0 2 6 5 7 -2
6   オーストラリア ベスト8 4 1 2 1 5 9 7 +2
7   イングランド ベスト8 4 1 2 1 5 8 6 +2
8   北朝鮮 ベスト8 4 1 1 2 4 5 7 -2
9   カナダ グループリーグ敗退 3 1 1 1 4 7 4 +3
10   日本 グループリーグ敗退 3 1 1 1 4 3 4 -1
10   スウェーデン グループリーグ敗退 3 1 1 1 4 3 4 -1
12   デンマーク グループリーグ敗退 3 1 0 2 3 4 4 0
13   ナイジェリア グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 1 4 -3
14   ニュージーランド グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 0 9 -9
15   ガーナ グループリーグ敗退 3 0 0 3 0 3 15 -12
16   アルゼンチン グループリーグ敗退 3 0 0 3 0 1 18 -17
  • PK戦で決着がついた試合は記録上引き分けとなる

得点ランキング編集

表彰編集

脚注編集

  1. ^ 「FIFA女子世界選手権」と呼称されていた第1回大会(1991年)から第3回大会(1999年)を含んだ回数。
  2. ^ 中国は1991 FIFA女子世界選手権の開催地。
  3. ^ イングランドはオリンピックへの出場権がないため[3]、UEFA内での順位は1位:ドイツ、2位:ノルウェー、3位:スウェーデンおよびデンマークとされた(ともにグループリーグ敗退であった2チームについては、北京オリンピックの予選に関しては同順位と扱われ、プレーオフを実施するものとされていた[3])。スウェーデンはプレーオフでデンマークを破り北京オリンピックへの出場権を得た。
  4. ^ a b 九一八事変(満州事変)勃発の日(柳条湖事件)との関係で変更。
  5. ^ a b c d e 台風により変更。

出典編集

  1. ^ SARS: FIFA executive decides to relocate FIFA Women's World Cup 2003 (英語) FIFA公式サイト 2003.5.3付ニュースリリース
  2. ^ FIFA Women’s World Cup 2003 to be held in USA (英語) FIFA公式サイト 2003.5.26付ニュースリリース
  3. ^ a b c Three European teams will book their spot to Beijing 2008”. 国際サッカー連盟 (2007年9月6日). 2011年9月13日閲覧。
  4. ^ 女子サッカー日本代表の横断幕に、ブーイングの中国反省[1]

外部リンク編集