メインメニューを開く

できごと編集

1月編集

  • 11日 - 2007年12月、帯広競馬で競走馬2頭から禁止薬物の「カフェイン」が検出された問題で、競馬を主催する帯広市はこの日、管理調教師の平田義弘に賞典停止50日間と馬房数2減、梨本照夫に同40日間と馬房数2減の処分をそれぞれ科した[1]
  • 20日 - 中山競馬第3競走で競走馬1頭が発馬機内で膠着し、そのまま競走中止になるハプニング。馬は1月21日から裁定委員会の議定があるまで出走停止の措置。
  • 22日 - 地方競馬全国協会は2009年のJBCクラシック及びJBCスプリントを名古屋競馬場で開催すると発表。名古屋での開催は2005年に続き2回目[2]
  • 25日 - 1月8日に行われた船橋競馬第2競走で、1位に入線した4歳牡馬(舘保昌厩舎)から禁止薬物の「プロカイン」の陽性反応。これを受け千葉県競馬組合は同馬を失格にすると同時に、競馬法違反の疑いがあるとして千葉県警船橋署に通報[3]
  • 27日 - 京都競馬第12競走で、藤田伸二(栗東)がJRA史上16人目(現役騎手8人目)となる通算1万1000回騎乗を達成[4]

2月編集

  • 3日
    • 東京競馬は降雪の影響により開催中止。代替競馬は4日に出馬投票をやり直さずに実施[5]
    • 京都競馬も降雪の影響により電話投票による早朝発売及び第4競走に組まれていた障害競走の中止、発走時刻の繰り下げ、一部競走について芝コースからダートコースへの変更を実施。
  • 9日 - 京都競馬は降雪により「公正な競馬の開催が確保できない」として第3競走以降を取りやめ。続行競馬は11日に出馬投票をやり直した上実施。電話投票による早朝発売も中止[6]
  • 10日 - 東京競馬は前日からの降雪で「安全な競馬の開催に重大な支障がある」と判断されたため開催中止。代替競馬は11日に出馬投票をやり直さずに実施[7]
  • 14日 - JRAの2008年度の新規騎手及び調教師試験の合格者を発表。騎手は5人で、競馬学校を卒業する3人に加え、大井所属の内田博幸、高知所属の鷹野宏史が合格。調教師は7人で、現役騎手の須貝尚介、元騎手だった村山明もこの中に含まれている。それぞれ3月1日付での免許交付[8]
  • 17日
    • 東京競馬第3競走で、小島太一(美浦)が調整ルームで寝過ごし、所定の計量時間に間に合わず騎手変更。小島は「騎手としての注意義務を怠った」として開催日2日間の騎乗停止処分[9]
    • ばんえい競馬に出走予定だった同じ厩舎の競走馬7頭が許可されていない飼料添加物を使用したとして競走除外。帯広市は当面7頭の出走を停止させ、関係者の処分を行う方針[10]
  • 18日 - 競馬専門紙である『ホースニュース・馬』が売上げ低迷による経営環境の悪化を理由に19日付の南関東公営競馬版を最後に休刊(事実上の廃刊)。
  • 24日 - 京都競馬は降雪の影響により、電話投票による早朝発売及び第4競走に組まれていた障害競走の中止、第1競走から第3競走までの発走時間繰り下げ、芝コースで行われる競走をすべてダートコースに変更し、一部レースについては距離も変更して実施。

3月編集

  • 4日 - アドマイヤキッス(JRA)が腸捻転などのため栗東トレーニングセンター(以下栗東トレセンと表記)で急死。2月27日に骨折のために手術を受けたが容態が急変。予後不良として安楽死の措置が取られたもの。
  • 9日
    • サンアディユ(JRA)が急性心不全のため栗東トレセンで死亡。
    • 中京競馬第9競走で、1着から4番人気→16番人気→13番人気の順で入線。三連単式の配当が中京競馬史上最高となる756万6630円を記録[11]
  • 15日 - 中山競馬第1競走で、横山典弘(美浦)がJRA史上7人目(現役騎手4人目)となる通算1万3000回騎乗を達成[12]
  • 16日
    • 中山競馬第8競走で5頭が落馬するアクシデント。第4コーナー手前でコールトゥーアーミーが馬体に故障を発生し転倒したのをきっかけに、直後にいた4頭が転倒、接触し落馬したもの。鞍上の田中勝春江田照男(いずれも美浦)は大事を取って第9競走以降の騎乗を取りやめ騎手変更[13]
    • 中山競馬第12競走で、1着から13番人気→16番人気→11番人気の順で入線。馬番複勝式が36万4410円、馬番単勝式が65万5240円、三連単式が641万6270円を記録する大波乱[14]
  • 27日 - 中山グランドジャンプ(4月16日)で4連覇を目指していた豪州所属のカラジが中山競馬場での調教中に屈腱炎を発症したため、同競走及びペガサスジャンプステークス(3月29日)への出走を回避しそのまま引退[15]
  • 29日 - 3月19日に行われた浦和競馬に出走し2位入線した5歳牡馬から禁止薬物の「カフェイン」が検出されたことがわかり、埼玉県浦和競馬組合は同馬を失格、30日間の出走停止にすると同時に競馬法違反の疑いで埼玉県警浦和署に通報[16]

4月編集

  • 1日 - 帯広競馬場に隣接する公園に馬ふんや人参を不法に投棄したとして、帯広市は調教師2人と厩務員2人の合わせて4人を戒告及び賞典停止15日 - 20日間の処分。調査に対しある調教師は「家庭菜園の堆肥に使いたいと頼まれたため数回公園に置いた」と釈明。
  • 13日 - 第68回桜花賞で、1着から12番人気→15番人気→5番人気の順に入線し、三連単式の配当が954万2920円となり、2007年のNHKマイルカップ(973万9870円)に次ぐ重賞競走高額配当[17]。鞍上の小牧太(栗東)は中央移籍後初のGI勝利[18]
  • 16日 - 4月7日に行われた盛岡競馬で1着となった5歳牝馬の尿から禁止薬物の「クレンブテロール」(気管支拡張剤)が検出されたことが分かり、岩手県競馬組合は同馬を失格、出走停止30日の処分を行うと同時に競馬法違反で岩手県警に通報[19]

5月編集

  • 7日 - 1月8日の船橋競馬で1位入線馬から禁止薬物の「プロカイン」が検出された事件で、千葉県警は管理調教師の舘保昌を競馬法違反で逮捕。舘は「身に覚えがない」と容疑を否認[20](その後起訴猶予処分となり保釈[21])。→1月25日の出来事参照
  • 10日 - 京都競馬第3競走で、騎手の武豊(栗東)が史上初となる京都競馬場での通算1000勝を達成[22]
  • 18日 - 5月7日のホッカイドウ競馬札幌開催第11競走で2着に入線した3歳牡馬(黒川武厩舎)から禁止薬物の「フェニルピラゾロン誘導体」が検出され、北海道競馬事務所は同馬を失格及び賞金返還、30日間の出走停止処分にすると同時に競馬法違反の疑いがあるとして北海道警札幌中央署に通報[23]
  • 25日 - 第69回優駿牝馬(オークス)トールポピー(JRA)が1着となったが、その際最後の直線走路で内側に斜行したとして鞍上の池添謙一(栗東)は開催日2日間の騎乗停止処分[24]。ただし走行妨害には至らないとして着順の変更はなし。

6月編集

  • 1日 - 第75回東京優駿(日本ダービー)で、騎手の四位洋文(栗東)が連覇。同競走を連覇したのは武豊に次いで史上二人目で[25]、牡馬・牝馬の両方で東京優駿を制覇したのは史上初。
  • 9日 - JRAは6月21日から開幕する夏季競馬で施行される新馬戦競走について、『メイクデビュー』という愛称を付けることを発表。開催される競馬場の名称と併せて『メイクデビュー函館』『メイクデビュー阪神』の名で呼称する[26]
  • 15日 - 第25回エプソムカップ(GIII)で横山典弘が史上5人目、現役では武豊に次いで2人目の重賞100勝を達成[27]
  • 17日 - 姫路競馬第1競走でエリザベスクィーン(兵庫)が2着に敗れ、デビューからの連敗が162となり、ハクホークインを抜き中央・地方合わせての最多連敗記録を更新[28]
  • 18日 - 第44回関東オークス(交流GII)で、ユキチャン(JRA)が後続に6馬身の差をつけて優勝し、白毛馬で史上初となる重賞制覇を達成[29]
  • 23日 - 午前0時40分頃、船橋競馬場の敷地内にある山浦武厩舎から火災が発生。厩舎建物を全焼し、競走馬など9頭が焼死[30]
  • 30日
    • JRAは大阪市内で行った定例記者会見で、7月19日から9月7日まで現在後半4レース限定となっている三連単をウインズ京都・ウインズ梅田を除く各競馬場・ウインズで全レース発売すると発表[31]。今後の展開次第でそれ以降の継続も示唆。
    • 岩手県競馬組合も7月12日の第4回盛岡競馬から三連単を全レースで発売すると発表[32]

7月編集

  • 5日
    • 阪神競馬第2競走で、コアレスベクター(JRA)が競走中に急性心不全を発症し間もなく死亡[33]
    • 6月27日に行われた大井競馬第8競走で、1位入線の4歳牡馬(蛯名末五郎厩舎)から禁止薬物の「プロカイン」を検出。特別区競馬組合は馬を失格処分にすると共に、競馬法違反で警視庁大井署に通報。なおこの馬は1月に船橋競馬で陽性反応を示した馬と同一で、その後大井に移籍していた[21]。→1月25日及び5月7日の出来事参照
  • 26日
    • 新潟競馬第3競走で、中舘英二(美浦)がJRA史上5人目(現役騎手3人目)となる通算1万4000回騎乗を達成[34]
    • 小倉競馬第6競走で、1着から9番人気→3番人気→18番人気の順で入線し、三連単の配当が小倉競馬史上最高(JRA全体で史上9位)となる546万8930円を記録[35]
    • 一方新潟競馬第8競走では三連単の配当が330円と同式におけるJRA史上最低払戻金を更新[36]
  • 28日 - JRAは、中京競馬場の施設改修工事を2010年4月から2012年1月まで実施することを発表[37]
  • 29日 - 園田競馬第8競走でエリザベスクィーン(兵庫)が1着となり、中央・地方合わせての最多連敗記録を165で止めた[38]。→6月17日の出来事参照

8月編集

  • 1日 - 1月に管理馬から禁止薬物が検出され競馬法違反で逮捕、その後起訴猶予処分となった元調教師の舘保昌について、千葉県競馬組合は8月1日から2年間の競馬関与停止処分を課した[39]。→1月25日・5月7日・7月5日の出来事参照
  • 6日 - 元JRA調教師の浅見国一が、中央競馬の馬主登録審査に合格していたことが判明。JRAの元調教師が中央競馬の馬主になるのは史上初[40]
  • 24日 - 今年デビューした三浦皇成(美浦)が、札幌競馬第2競走で1着となり、1987年の武豊を抜き新人騎手最速記録となる通算50勝目を達成[41]
  • 26日 - 浦和競馬第5競走で、三連単の配当が浦和競馬史上最高(地方競馬全体でも史上9位)となる699万4230円を記録[42]

9月編集

  • 1日 - JRAは9月7日まで実施の「JRAサマーステージ」限定で行っている三連単の全レース発売を9月13日以降も継続すると発表。ただしウインズ京都・ウインズ梅田については阪神・京都開催分のみの発売(一部例外あり)[43]
  • 6日 - 新潟競馬第7競走で、最低18番人気の馬が3着に入線し、同馬の複勝式の配当が新潟競馬史上最高となる8990円を記録[44]
  • 7日 - 小倉競馬第3競走で、1着から12番人気→13番人気→3番人気の順で入線し、三連単式の配当が小倉競馬史上最高(JRA全体でも3位)となる1092万9500円を記録[45]。→7月26日の出来事参照
  • 21日 - 中山競馬第11競走(第62回セントライト記念)の第1コーナーで、リノーンリーズンが疾病を急に発生して転倒し、鞍上の吉田隼人(美浦)が落馬。そのあおりを受けてフジヤマラムセスもバランスを崩し、鞍上の柴山雄一(美浦)も落馬するアクシデント。リノーンリーズンは心不全のため死亡、吉田隼も脳しんとう打撲傷を負った(柴山は異常なし)[46]
  • 28日 - 阪神競馬第3競走で、騎手の福永祐一(栗東)がJRA通算984勝を達成し、実父の福永洋一の通算勝利数を超えた。祐一はその後行われた第8競走でも勝利。通算985勝とした[47]

10月編集

  • 5日 - 第87回凱旋門賞で、日本から参戦した武豊騎乗のメイショウサムソンは10着に敗れる。優勝はクリストフ・スミヨン騎乗のザルカヴァ
  • 16日 - 北海道旭川市旭川競馬場が、この日行われたホッカイドウ競馬ナイター開催最終日をもって80年の歴史に幕。施設は2009年にも取り壊される。2009年のホッカイドウ競馬は札幌と門別の2場で開催され、旭川で行われていたナイター競馬は門別で開催。
  • 19日 - 第13回秋華賞で、1着から11番人気→8番人気→16番人気の順で入線し、三連単式の配当がJRAの重賞競走史上最高額(全体でも3位)となる1098万2020円を記録。三連複式の配当も重賞競走最高額(全体でも5位)となる186万9680円を記録するなど、大波乱の結果に。
  • 21日 - 第137回天皇賞を制したアドマイヤジュピタ(JRA)が右前浅屈腱炎を発症し現役引退を発表。10月22日に競走馬登録を抹消。今後は種牡馬となる予定[48]
  • 25日 - 福島競馬第1競走で、三浦皇成が1着となり通算70勝目を達成。1987年に武豊がマークした69勝の新人最多勝利記録を21年ぶりに更新。→8月24日の出来事参照
  • 26日 - 第69回菊花賞オウケンブルースリ(JRA)が優勝。デビューから184日での優勝であり、グレード制施行以後の最短優勝日数記録を更新。
  • 30日 - 第68回優駿牝馬優勝のローブデコルテ(JRA)が競走馬登録を抹消。今後は繁殖牝馬に[49]

11月編集

  • 2日 - 第138回天皇賞で武豊が1着となり、天皇賞通算勝利を11勝として同競走最多勝利数を更新。
  • 4日 - ドリームパスポート(JRA)が左前浅屈腱炎を発症。「回復に時間がかかる」として現役引退。今後は乗馬となる予定[50]
  • 5日 - チャクラ(JRA)が現役引退。今後は種牡馬となる予定[51]
  • 9日 - 東京競馬全レース終了後に騎手OB8名による「第2回ジョッキーマスターズ」が行われ、現調教師河内洋が連覇。
  • 13日
  • 18日 - JRAは2009年度の競馬開催日程並びに競馬競走番組について発表[54]。また、2009年と2010年の2年間にわたり、すべての重賞競走を国際競走として施行する対外開放路線を敷くことも決定[55]
  • 19日
  • 22日
    • 東京競馬第12競走で、 1着から8番人気→14番人気→16番人気の順に入線し、三連単式の配当がJRA歴代5位、東京競馬単独でも歴代2位となる1046万500円を記録[58]
    • 11月11日の門別競馬第7競走で7位に入線した2歳牡馬(石本孝博厩舎)から禁止薬物の「メフェナム酸」が検出され、北海道競馬事務所は同馬を失格及び30日間の出走停止、出走手当返還の処分を行うと同時に、競馬法違反で北海道警に通報[59]
  • 23日 - 京都競馬第5競走で、セイウンアレースがレース中に故障を発生し鞍上の武豊が落馬。このあおりでリベラルランスルー、サイタの二頭も相次いで落馬。これにより武豊は右尺骨骨幹部骨折の重傷を負い、当日のマイルチャンピオンシップ出走のスズカフェニックスを含む以後の騎乗を取り止め、他騎手に乗り替わりに。また小原義之(栗東)は肝損傷及び肺挫傷の重傷、中村将之(栗東)も腰の打撲を負った[60]
  • 26日 - アイポッパー(JRA)が宮城県山元トレーニングセンターでの疾病療養中に蹄葉炎を発生し、回復の見込みがないと診断されたため安楽死措置に[61]
  • 30日 - 水沢競馬第9競走の第1コーナーで、先頭を走っていた馬が故障し転倒したのをきっかけに出走した9頭のうち5頭が落馬。競走中止となるアクシデント。これにより騎手3名が頭部打撲などで病院に搬送[62]

12月編集

  • 6日 - 阪神競馬第12競走で、クリーン(JRA)が602kgで出走し1着となり、JRA史上最高馬体重勝利記録を更新。これまでの記録は2006年の東京競馬第7競走でのゲンキナシャチョウの600kg[63]
  • 16日 - サイレントディール(JRA)が高齢による体力の限界を理由として競走馬登録を抹消。翌2009年から種牡馬入り[64]
  • 18日 - 名古屋競馬第7競走で、調教師の角田輝也(愛知)が年間205勝目を記録。2年前に自ら記録した204勝を上回り、調教師年間最多勝記録を更新[65]
  • 25日 - 大井競馬第1競走(ポインセチア賞)で、1着から11番人気→5番人気→8番人気の順で入線し、三連単式の配当が地方競馬史上最高(中央競馬を含めると史上3番目)配当となる1523万6020円を記録(的中は電話投票・SPAT4による1票のみ)[66]
  • 28日 - 第53回有馬記念で、ダイワスカーレット(牝4歳)が優勝。牝馬が同競走を制したのは1971年トウメイ以来37年ぶり4頭目。しかし、2着に最低14番人気、3着に10番人気が入線したため、三連単馬券は有馬記念史上最高配当となる98万5580円の波乱に[67]
  • 31日 - 7月に大井競馬で禁止薬物の「プロカイン」が検出された事象で、特別区競馬組合は調教師の蛯名末五郎に対し戒告と賞典停止30日間の処分を課した[68]。→7月5日の出来事参照

主な重賞競走の変更点編集

競走成績編集

中央競馬・平地GI,JpnI編集

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 タイム
第25回フェブラリーステークス ヴァーミリアン 牡6 武豊 石坂正 JRA栗東
2月24日 東京競馬場 (有)サンデーレーシング 1:35.3
第38回高松宮記念 ファイングレイン 牡5 幸英明 長浜博之 JRA栗東
3月30日 中京競馬場 (有)社台レースホース 1:07.1
第68回桜花賞 レジネッタ 牝3 小牧太 浅見秀一 JRA栗東
4月13日 阪神競馬場 (有)社台レースホース 1:34.4
第68回皐月賞 キャプテントゥーレ 牡3 川田将雅 森秀行 JRA栗東
4月20日 中山競馬場 (有)社台レースホース 2:01.7
第137回天皇賞・春 アドマイヤジュピタ 牡5 岩田康誠 友道康夫 JRA栗東
5月4日 京都競馬場 近藤利一 3:15.1
第13回NHKマイルカップ ディープスカイ 牡3 四位洋文 昆貢 JRA栗東
5月11日 東京競馬場 深見敏男 1:34.2
第3回ヴィクトリアマイル エイジアンウインズ 牝4 藤田伸二 藤原英昭 JRA栗東
5月18日 東京競馬場 太田美實 1:33.7
第69回優駿牝馬(オークス) トールポピー 牝3 池添謙一 角居勝彦 JRA栗東
5月25日 東京競馬場 (有)キャロットファーム 2:28.8
第75回東京優駿(日本ダービー) ディープスカイ 牡3 四位洋文 昆貢 JRA栗東
6月1日 東京競馬場 深見敏男 2:26.7
第58回安田記念 ウオッカ 牝4 岩田康誠 角居勝彦 JRA栗東
6月8日 東京競馬場 谷水雄三 1:32.7
第49回宝塚記念 エイシンデピュティ 牡6 内田博幸 野元昭 JRA栗東
6月29日 阪神競馬場 平井豊光 2:15.3
第42回スプリンターズステークス スリープレスナイト 牝4 上村洋行 橋口弘次郎 JRA栗東
10月5日 中山競馬場 (有)サンデーレーシング 1:08.0
第13回秋華賞 ブラックエンブレム 牝3 岩田康誠 小島茂之 JRA美浦
10月19日 京都競馬場 田原邦男 1:58.4
第69回菊花賞 オウケンブルースリ 牡3 内田博幸 音無秀孝 JRA栗東
10月26日 京都競馬場 福井明 3:05.7
第138回天皇賞・秋 ウオッカ 牝4 武豊 角居勝彦 JRA栗東
11月2日 東京競馬場 谷水雄三 1:57.2(レコード)
第33回エリザベス女王杯 リトルアマポーラ 牝3 クリストフ・ルメール 長浜博之 JRA栗東
11月16日 京都競馬場 (有)社台レースホース 2:12.0
第25回マイルチャンピオンシップ ブルーメンブラット 牝5 吉田豊 石坂正 JRA栗東
11月23日 京都競馬場 (有)キャロットファーム 1:32.6
第28回ジャパンカップ スクリーンヒーロー 牡4 ミルコ・デムーロ 鹿戸雄一 JRA美浦
11月30日 東京競馬場 吉田照哉 2:25.5
第9回ジャパンカップダート カネヒキリ 牡6 クリストフ・ルメール 角居勝彦 JRA栗東
12月7日 阪神競馬場 金子真人ホールディングス(株) 1:49.2
第60回阪神ジュベナイルフィリーズ ブエナビスタ 牝2 安藤勝己 松田博資 JRA栗東
12月14日 阪神競馬場 (有)サンデーレーシング 1:35.2
第60回朝日杯フューチュリティステークス セイウンワンダー 牡2 岩田康誠 領家政蔵 JRA栗東
12月21日 中山競馬場 大谷高雄 1:35.1
第53回有馬記念 ダイワスカーレット 牝4 安藤勝己 松田国英 JRA栗東
12月28日 中山競馬場 大城敬三 2:31.5

ダートグレート競走(地方競馬開催分)編集

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 タイム
第57回川崎記念 フィールドルージュ 牡6 横山典弘 西園正都 JRA栗東
1月30日 川崎競馬場 地田勝三 2:13.1
第20回かしわ記念 ボンネビルレコード 牡6 的場文男 堀井雅広 JRA美浦
5月5日 船橋競馬場 塩田清 1:37.6
第31回帝王賞 フリオーソ 牡4 戸崎圭太 川島正行 南関東・船橋
6月25日 大井競馬場 ダーレー・ジャパン・ファーム 2:04.7
第10回ジャパンダートダービー サクセスブロッケン 牡3 横山典弘 藤原英昭 JRA栗東
7月9日 大井競馬場 高嶋哲 2:04.5
第21回マイルチャンピオンシップ南部杯 ブルーコンコルド 牡8 幸英明 服部利之 JRA栗東
10月13日 盛岡競馬場 (株)ブルーマネジメント 1:37.3
第8回JBCスプリント バンブーエール 牡5 松岡正海 安達昭夫 JRA栗東
11月3日 園田競馬場 (有)バンブー牧場 1:25.6
第8回JBCクラシック ヴァーミリアン 牡6 武豊 石坂正 JRA栗東
11月3日 園田競馬場 (有)サンデーレーシング 1:56.7
第59回全日本2歳優駿 スーニ 牡2 内田博幸 吉田直弘 JRA栗東
12月17日 川崎競馬場 吉田和美 1:40.5
第54回東京大賞典 カネヒキリ 牡6 クリストフ・ルメール 角居勝彦 JRA栗東
12月29日 大井競馬場 金子真人ホールディングス(株) 2:04.5

中央競馬・障害(JGI)編集

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 タイム
第10回中山グランドジャンプ マルカラスカル 牡6 西谷誠 増本豊 JRA栗東
4月19日 中山競馬場 河長産業(株) 4:57.7
第131回中山大障害 キングジョイ 牡6 高田潤 増本豊 JRA栗東
12月27日 中山競馬場 松岡隆雄 4:45.0

ばんえい編集

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 タイム
月日 競馬場 馬主
第40回ばんえい記念 トモエパワー 牡8 西弘美 松井浩文 5:35.8
3月23日 帯広競馬場 酒井兼益

騎手招待競走編集

表彰編集

JRA賞編集

2009年1月6日発表[69][70]

競走馬部門
調教師・騎手部門
  • 最多勝利調教師・優秀技術調教師:池江泰寿(栗東)
  • 最高勝率調教師:藤原英昭(栗東)
  • 最多賞金獲得調教師:角居勝彦(栗東)
  • 最多勝利騎手・最高勝率騎手:武豊(栗東)
  • 最多賞金獲得騎手:岩田康誠(栗東)
  • 最多勝利障害騎手:西谷誠(栗東)※対象は10勝以上
  • 最多勝利新人騎手:三浦皇成(美浦)※対象は30勝以上
  • 特別模範騎手:該当者なし
JRA賞馬事文化賞[71]
  • 受賞作品:『どうして僕はきょうも競馬場に』
  • 受賞者:亀和田武作家

NARグランプリ編集

2009年1月8日発表[72]

表彰馬部門
  • 年度代表馬・サラブレッド最優秀4歳以上牡馬:フリオーソ船橋川島正行厩舎)
  • サラブレッド2歳最優秀馬:アンペア北海道・角川秀樹厩舎)
  • サラブレッド3歳最優秀馬:ドリームスカイ(川崎・内田勝義厩舎)
  • アラブ最優秀馬:|該当馬なし
  • ばんえい最優秀馬:ナリタボブサップ(大友栄人厩舎)
  • 最優秀牝馬:トーセンジョウオー(船橋・川島正行厩舎)
  • 最優秀短距離馬:フジノウェーブ大井高橋三郎厩舎)
  • 最優秀ターフ馬:イグゼキュティヴ(北海道・田部和則厩舎)
  • ダートグレード競走特別賞馬:カネヒキリ(JRA栗東・角居勝彦厩舎)
  • 特別表彰馬:ホスピタリテイ(種牡馬・2008年没)
表彰者部門

通算勝利数の記録編集

地方競馬は「地方通算」のものと「中央・地方通算」があるが、それぞれ出典に拠った。

記載は氏名(達成地、達成日)の順。

騎手編集

初勝利
三浦皇成(JRA中山、3月1日)[73]
川島正太郎(船橋、5月5日)[74]
澤田龍哉(船橋、5月6日)[75]
池崎祐介(JRA新潟、5月11日)[76]
鷹野宏史(JRA新潟、5月18日)[77]※中央初勝利
桑村真明(JRA札幌、9月20日)[78]※北海道所属。JRA初勝利
100勝
菊地昇吾(JRA阪神、6月22日)[79]
200勝
川田将雅(JRA京都、5月11日)[80]
吉田隼人(JRA小倉、8月23日)[81]
内田博幸(JRA新潟、8月24日)[82]
ミルコ・デムーロ(JRA阪神、12月21日)[83]※JRA通算
400勝
岩田康誠(JRA京都、1月12日)[84]
500勝
和田竜二(JRA中京、6月7日)[85]
800勝
安藤勝己(JRA京都、2月3日)[86]
1000勝
福永祐一(JRA京都、11月30日)[87]
1300勝
田中勝春(JRA東京、6月7日)[88]
1400勝
中舘英二(JRA東京、2月24日)[89]
1500勝
藤田伸二(JRA札幌、9月21日)[90]
1600勝
蛯名正義(JRA中山、1月27日)[91]
1900勝
横山典弘(JRA函館、8月3日)[92]
2000勝
山口勲(佐賀、7月5日)[93]
3100勝
武豊(JRA東京、6月15日)[94]
5500勝
的場文男(大井、4月20日)[95]

調教師編集

初勝利
野中賢二(JRa阪神、3月15日)[96]
松山将樹(JRA福島、4月13日)[97]
吉橋淳一(川崎、5月22日)[98]
山中尊徳(船橋、7月21日)[99]※初出走で達成
100勝
藤岡健一(JRA小倉、1月20日)[100]
飯田雄三(JRA阪神、3月15日)[96]
菊川正達(JRA札幌、8月31日)[101]
200勝
沢峰次(JRA中山、1月13日)[102]
西園正都(JRA新潟、8月23日)[103]
藤原英昭(JRA新潟、8月23日)[103]
300勝
浅見秀一(JRA京都、1月5日)[104]
小島太(JRA函館、7月6日)[105]
400勝
長浜博之(JRA京都、1月20日)[100]
野村彰彦(JRA福島、7月13日)[106]
500勝
松田博資(JRA阪神、4月5日)[107]
600勝
尾形充弘(JRA札幌、9月28日)[108]

誕生編集

死去編集

競走馬、繁殖馬編集

人物編集

引退編集

競走馬編集

人物編集

繁殖馬編集

新種牡馬編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ばんえいの禁止薬物検出で調教師処分 - スポニチアネックス(2008年1月11日)※2015年4月8日閲覧
  2. ^ 09年JBC競走は名古屋に決定 - スポニチアネックス(2008年1月23日)※2015年4月8日閲覧
  3. ^ 船橋競馬 1着馬から禁止薬物 - スポニチアネックス(2008年1月25日)※2015年4月8日閲覧
  4. ^ 藤田JRA通算1万1000回騎乗 - スポニチアネックス(2008年1月28日)※2015年4月8日閲覧
  5. ^ 出馬表そのまま東京競馬4日代替開催 - スポニチアネックス(2008年2月4日)※2015年4月8日閲覧
  6. ^ 京都 第3レース以降雪で中止 - スポニチアネックス(2008年2月9日)※2015年4月8日閲覧
  7. ^ 東京は雪で中止 11日代替開催 - スポニチアネックス(2008年2月10日)※2015年4月8日閲覧
  8. ^ JRA免許試験 内田博騎手ら合格 - スポニチアネックス(2008年2月14日)※2015年4月8日閲覧
  9. ^ 小島 レース前検量に遅刻し騎乗停止 - スポニチアネックス(2008年2月18日)※2015年4月8日閲覧
  10. ^ ばんえいで未検査の飼料添加物使用 - スポニチアネックス(2008年2月17日)※2015年4月8日閲覧
  11. ^ 中京競馬史上最高756万馬券出た~ - スポニチアネックス(2008年3月10日)※2015年4月8日閲覧
  12. ^ 横山典が1万3000回騎乗達成 - スポニチアネックス(2008年3月16日)※2015年4月8日閲覧
  13. ^ 玉突き落馬…中山8R5頭が競走中止 - スポニチアネックス(2008年3月17日)※2015年4月8日閲覧
  14. ^ 中山ドカ~ンと641万円馬券 - スポニチアネックス(2008年3月16日)※2015年4月8日閲覧
  15. ^ 故障…4連覇果たせぬままカラジ引退 - スポニチアネックス(2008年3月28日)※2015年4月8日閲覧
  16. ^ 浦和競馬 競走馬からカフェイン - スポニチアネックス(2008年3月29日)※2015年4月8日閲覧
  17. ^ 下克嬢!!レジネッタ700万女王/桜花賞 - スポニチアネックス(2008年4月14日)※2015年4月8日閲覧
  18. ^ 小牧男泣き「今夜は吐くまで飲む」/桜花賞 - スポニチアネックス(2008年4月14日)※2015年4月8日閲覧
  19. ^ 岩手競馬 競走馬から禁止薬物検出 - スポニチアネックス(2008年4月16日)※2015年4月10日閲覧
  20. ^ 禁止薬物投与で船橋競馬の調教師を逮捕 - スポニチアネックス(2008年5月8日)※2015年4月8日閲覧
  21. ^ a b 大井競馬 競走馬から禁止薬物 - スポニチアネックス(2008年7月5日)※2015年4月9日閲覧
  22. ^ 武豊偉業達成「気づいてもらえてよかった」 - スポニチアネックス(2008年5月10日)※2015年4月8日閲覧
  23. ^ 道営競馬で2着馬から禁止薬物、出走停止に - スポニチアネックス(2008年5月18日)※2015年4月8日閲覧
  24. ^ オークス優勝の池添騎手に騎乗停止処分 - スポニチアネックス(2008年5月25日)※2015年4月8日閲覧
  25. ^ ディープスカイ変則2冠達成!/ダービー - スポニチアネックス(2008年6月1日)※2015年4月8日閲覧
  26. ^ 新馬戦の愛称は「メイクデビュー」に決定 - スポニチアネックス(2008年6月10日)※2015年4月8日閲覧
  27. ^ ノリ重賞100勝!“早く武豊に追いつきたい” - スポニチアネックス(2008年6月15日)※2015年4月8日閲覧
  28. ^ エリザベスクィーン162連敗、記録更新 - スポニチアネックス(2008年6月17日)※2015年4月8日閲覧
  29. ^ やったぞユキチャン!白毛初の重賞制覇 - スポニチアネックス(2008年6月18日)※2015年4月8日閲覧
  30. ^ 不運9頭焼け死ぬ 船橋競馬場の厩舎全焼 - スポニチアネックス(2008年6月23日)※2015年4月8日閲覧
  31. ^ JRA最高1846万超え必至!全レース3連単 - スポニチアネックス(2008年7月1日)※2015年4月8日閲覧
  32. ^ 岩手競馬では3連単の全競走発売12日から - スポニチアネックス(2008年7月1日)※2015年4月8日閲覧
  33. ^ レース中競走馬が死亡 - 毎日新聞 2008年7月5日閲覧[リンク切れ]
  34. ^ 中舘英二騎手がJRA通算1万4000回騎乗 - スポニチアネックス(2008年7月27日)※2015年4月9日閲覧
  35. ^ 小倉最高!546万馬券が飛び出した~! - スポニチアネックス(2008年7月26日)※2015年4月9日閲覧
  36. ^ 3連単で330円!JRAの最低払戻金を更新 - スポニチアネックス(2008年7月26日)※2015年4月9日閲覧
  37. ^ 中京競馬場に日本最長直線のダートコース - スポニチアネックス(2008年7月29日)※2015年4月9日閲覧
  38. ^ エリザベスクィーン 165連敗でストップ - スポニチアネックス(2008年7月29日)※2015年4月9日閲覧
  39. ^ 元調教師 薬物使用問題で競馬関与停止2年 - スポニチアネックス(2008年8月2日)※2015年4月9日閲覧
  40. ^ 浅見国一氏がJRA初の調教師出身の馬主に - スポニチアネックス(2008年8月8日)※2015年4月9日閲覧
  41. ^ 武豊超えた!皇成 驚速、最速の50勝 - スポニチアネックス(2008年8月25日)※2015年4月9日閲覧
  42. ^ 浦和競馬で699万円の特大馬券 - スポニチアネックス(2008年8月27日)※2015年4月9日閲覧
  43. ^ 3連単の全競走発売は秋以降も継続 - スポニチアネックス(2008年9月1日)※2015年4月9日閲覧
  44. ^ 新潟史上最高!激アツ複勝8990円出た - スポニチアネックス(2008年9月6日)※2015年4月9日閲覧
  45. ^ 小倉で1092万9500円! 史上3番目高額馬券 - スポニチアネックス、2008年9月7日閲覧
  46. ^ リノーンリーズンは急性心不全で死亡 - スポニチアネックス、2008年9月21日閲覧
  47. ^ 福永祐一、偉大な父を超える - Netkeiba.com 2008年9月28日閲覧
  48. ^ アドマイヤジュピタ引退 - サンケイスポーツ、2008年10月21日閲覧[リンク切れ]
  49. ^ ロープデコルテ引退 - スポーツ報知、2008年10月29日閲覧[リンク切れ]
  50. ^ ドリームパスポート引退 - スポーツニッポン、2008年11月4日閲覧[リンク切れ]
  51. ^ チャクラ引退 - スポーツニッポン、2008年11月5日閲覧[リンク切れ]
  52. ^ ヤマニンアラバスタ号が登録抹消 - JRAプレスリリース、2008年11月13日閲覧[リンク切れ]
  53. ^ タレンティドガール号死亡について - JRAプレスリリース、2008年11月13日閲覧[リンク切れ]
  54. ^ 2009年度競馬番組 - 日本中央競馬会プレスリリース、2008年11月18日閲覧[リンク切れ]
  55. ^ 競馬番組における2009年度以降の外国産馬の取扱い - 日本中央競馬会ニュース 2008年11月18日閲覧[リンク切れ]
  56. ^ G1馬のヒシアケボノが病死 - スポニチアネックス(2008年11月19日)※2015年4月9日閲覧
  57. ^ 調教中の悪夢…チョウサン予後不良 --スポニチアネックス(2008年11月21日)※2015年4月9日閲覧
  58. ^ JRA史上5位 東京競馬で1046万馬券 - ポニチアネックス(2008年11月22日)※2015年4月9日閲覧
  59. ^ 禁止薬物メフェナム酸 門別競馬で検出 - スポニチアネックス(2008年11月23日)※2015年4月9日閲覧
  60. ^ 武豊騎手は右尺骨骨幹部骨折 - netkeiba.com 2008年11月23日閲覧
  61. ^ アイポッパー安楽死 - 競馬ブックオンライン 2008年11月26日閲覧
  62. ^ 出走9頭中、5頭が落馬/水沢競馬 - スポニチアネックス(2008年12月1日)※2015年4月9日閲覧
  63. ^ 重くても強い 602キロのクリーンが最重量V - スポニチアネックス(2008年12月6日)※2015年4月9日閲覧
  64. ^ サイレントディール号が競走馬登録抹消 - JRAニュース 2008年12月14日閲覧[リンク切れ]
  65. ^ 日本新記録!角田師が年間205勝達成 - スポニチアネックス(2008年12月19日)※2015年4月9日閲覧
  66. ^ 「大井で地方競馬史上最高配当、3連単1523万円」 - ラジオNIKKEI・競馬実況web 2008年12月25日閲覧
  67. ^ ダイワスカーレット37年ぶりの快挙V/有馬記念 - スポニチアネックス(2008年12月28日)※2015年4月9日閲覧
  68. ^ 蛯名調教師を戒告処分に - スポニチアネックス(2008年12月31日)※2015年4月9日閲覧
  69. ^ 08年度代表馬はウオッカ、スカーレット退ける - スポニチアネックス(2009年1月6日)※2015年4月9日閲覧
  70. ^ 「勝ち星」の武豊に「賞金」の岩田 - スポニチアネックス(2009年1月7日)※2015年4月9日閲覧
  71. ^ JRA“馬の文化賞”に亀和田武氏 - スポニチアネックス(2009年1月6日)※2015年4月9日閲覧
  72. ^ 川島父子で栄冠/NARグランプリ08 - スポニチアネックス(2009年1月8日)※2015年4月9日閲覧
  73. ^ 衝撃新人!三浦デビュー当日特別V - スポニチアネックス(2008年3月2日)※2015年4月8日閲覧
  74. ^ 川島正行師の息子がデビュー2戦目で初勝利 - スポニチアネックス(2008年5月6日)※2015年4月8日閲覧
  75. ^ 船橋の新人・沢田うれし悲しの初勝利 - スポニチアネックス(2008年5月7日)※2015年4月8日閲覧
  76. ^ デビュー97戦目 池崎祐介騎手ついに初勝利 - スポニチアネックス(2008年5月12日)※2015年4月8日閲覧
  77. ^ ベテラン鷹野が新潟3Rで中央初勝利 - スポニチアネックス(2008年5月18日)※2015年4月8日閲覧
  78. ^ 道営の桑村真明騎手がJRA初勝利 - スポニチアネックス(2008年9月20日)※2015年4月9日閲覧
  79. ^ 菊地昇吾騎手JRA通算100勝 - スポニチアネックス(2008年6月23日)※2015年4月8日閲覧
  80. ^ 川田将雅騎手JRA通算200勝達成 - スポニチアネックス(2008年5月12日)※2015年4月8日閲覧
  81. ^ ジュバンで吉田隼200勝/小倉TVQ杯 - スポニチアネックス(2008年8月24日)※2015年4月9日閲覧
  82. ^ ウチパクJRA通算200勝を達成 - スポニチアネックス(2008年8月24日)※2015年4月9日閲覧
  83. ^ デムーロ通算200勝達成 - スポニチアネックス(2008年12月22日)※2015年4月9日閲覧
  84. ^ 岩田がJRA通算400勝 - スポニチアネックス(2008年1月12日)※2015年4月8日閲覧
  85. ^ 和田“ウッシャー”JRA500勝 - スポニチアネックス(2008年9月8日)※2015年4月8日閲覧
  86. ^ アンカツ キッスで800勝目/京都牝馬S - スポニチアネックス(2008年2月3日)※2015年4月8日閲覧
  87. ^ 福永“父の果たせなかった”1000勝達成 - スポニチアネックス(2008年11月30日)※2015年4月9日閲覧
  88. ^ カッチーJRA通算1300勝 - スポニチアネックス(2008年9月8日)※2015年4月8日閲覧
  89. ^ 中舘 42歳のJRA通算1400勝 - スポニチアネックス(2008年2月25日)※2015年4月8日閲覧
  90. ^ 藤田伸二 通算1500勝 - スポニチアネックス(2008年9月21日)※2015年4月9日閲覧
  91. ^ 蛯名史上8人目JRA通算1600勝 - スポニチアネックス(2008年1月28日)※2015年4月8日閲覧
  92. ^ 横山典騎手が1900勝 JRA史上5人目 - スポニチアネックス(2008年8月3日)※2015年4月9日閲覧
  93. ^ 佐賀の山口勲騎手が通算2000勝達成 - スポニチアネックス(2008年7月6日)※2015年4月9日閲覧
  94. ^ 武豊が3100勝目 - スポニチアネックス(2008年6月15日)※2015年4月8日閲覧
  95. ^ 的場文騎手が地方通算5500勝 - スポニチアネックス(2008年4月20日)※2015年4月8日閲覧
  96. ^ a b 野中賢二師が通算8戦目で初白星 - スポニチアネックス(2008年3月16日)※2015年4月8日閲覧
  97. ^ 松山将樹師が福島9RでJRA初勝利 - スポニチアネックス(2008年4月14日)※2015年4月8日閲覧
  98. ^ 川崎の吉橋淳一師が初勝利 - スポニチアネックス(2008年5月23日)※2015年4月8日閲覧
  99. ^ デビュー戦いきなりV!山中尊徳調教師 - スポニチアネックス(2008年7月22日)※2015年4月9日閲覧
  100. ^ a b 長浜師3542戦目の400勝 - スポニチアネックス(2008年1月21日)※2015年4月8日閲覧
  101. ^ 菊川正達調教師 JRA通算100勝 - スポニチアネックス(2008年8月31日)※2015年4月9日閲覧
  102. ^ 沢峰次調教師がJRA通算200勝 - スポニチアネックス(2008年1月14日)※2015年4月8日閲覧
  103. ^ a b 西園正都師&藤原英昭師200勝“競演” - スポニチアネックス(2008年8月24日)※2015年4月8日閲覧
  104. ^ 浅見秀一師JRA通算300勝 - スポニチアネックス(2008年1月6日)※2015年4月8日閲覧
  105. ^ 小島太師JRA「300勝」 - スポニチアネックス(2008年7月7日)※2015年4月9日閲覧
  106. ^ 野村彰彦師JRA通算400勝達成 - スポニチアネックス(2008年7月14日)※2015年4月9日閲覧
  107. ^ 松田調教師がJRA500勝達成 - スポニチアネックス(2008年4月5日)※2015年4月8日閲覧
  108. ^ 尾形充弘調教師が通算600勝達成 - スポニチアネックス(2008年9月28日)※2015年4月9日閲覧
  109. ^ フェイトフルウォーJBISサーチ
  110. ^ シゲルジュウヤクJBISサーチ
  111. ^ クレスコグランドJBISサーチ
  112. ^ ドナウブルーJBISサーチ
  113. ^ クィーンズバーンJBISサーチ
  114. ^ マルセリーナJBISサーチ
  115. ^ ダノンバラードJBISサーチ
  116. ^ マイネルラクリマJBISサーチ
  117. ^ アドマイヤラクティJBISサーチ
  118. ^ レッドデイヴィスJBISサーチ
  119. ^ カレンミロティックJBISサーチ
  120. ^ ホエールキャプチャJBISサーチ
  121. ^ ローマンレジェンドJBISサーチ
  122. ^ オールザットジャズJBISサーチ
  123. ^ デスペラードJBISサーチ
  124. ^ スマートロビンJBISサーチ
  125. ^ クラーベセクレタJBISサーチ
  126. ^ ヒットザターゲットJBISサーチ
  127. ^ アヴェンチュラJBISサーチ
  128. ^ ダノンシャークJBISサーチ
  129. ^ エリンコートJBISサーチ
  130. ^ ボレアスJBISサーチ
  131. ^ ロードカナロアJBISサーチ
  132. ^ ギュスターヴクライJBISサーチ
  133. ^ トーセンレーヴJBISサーチ
  134. ^ ナカヤマナイトJBISサーチ
  135. ^ ヴェルデグリーンJBISサーチ
  136. ^ オーシャンブルーJBISサーチ
  137. ^ ビッグロマンスJBISサーチ
  138. ^ グランプリボスJBISサーチ
  139. ^ サダムパテックJBISサーチ
  140. ^ ダンスファンタジアJBISサーチ
  141. ^ ショウナンマイティJBISサーチ
  142. ^ スノードラゴン - netkeiba.com、2016年10月25日閲覧
  143. ^ レーヴディソールJBISサーチ
  144. ^ ウインバリアシオンJBISサーチ
  145. ^ グレープブランデーJBISサーチ
  146. ^ ミトラJBISサーチ
  147. ^ ムスカテールJBISサーチ
  148. ^ マイネルメダリストJBISサーチ
  149. ^ バウンシーチューンJBISサーチ
  150. ^ トーセンラーJBISサーチ
  151. ^ トレンドハンターJBISサーチ
  152. ^ ベルシャザールJBISサーチ
  153. ^ マーベラスカイザーJBISサーチ
  154. ^ メーデイアJBISサーチ
  155. ^ グルヴェイグJBISサーチ
  156. ^ オルフェーヴルJBISサーチ
  157. ^ リアルインパクトJBISサーチ
  158. ^ フレールジャックJBISサーチ