メインメニューを開く
Jリーグ > Jリーグカップ > 2008年のJリーグカップ

2008年のJリーグカップは、2008年3月20日に開幕し11月1日国立霞ヶ丘陸上競技場で決勝が行われた。

2008 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2008年3月20日-11月1日
参加チーム数 18
優勝 大分トリニータ
準優勝 清水エスパルス
スルガ銀行CS出場 大分トリニータ
パンパシ2009出場 大分トリニータ
試合総数 61
ゴール数 153 (1試合平均 2.51 点)
観客動員数 719,719 (1試合平均 11,799 人)
得点王 杉本恵太(名古屋:5得点)
最優秀選手 高松大樹(大分)
2007
2009
テンプレートを表示

優勝は大分トリニータ(初優勝)。

大会名称編集

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとして2008Jリーグヤマザキナビスコカップとして開催する。

レギュレーション編集

前年までのレギュレーションを踏襲している。

  • 2008年度J1リーグ参加18クラブが出場。
  • グループリーグは3月20日から開始し、それ以外の16チームを4チームずつ4グループに分けてホーム・アンド・アウェーの2回戦総当りを行う。
    • 各グループの組み合わせは、前シーズンのリーグ戦順位をもとに決定
    • 各グループリーグの最上位チーム(4チーム)と、各リーグの2位のうち成績上位の2チーム、計6チームが決勝トーナメントに進出する。
  • 決勝トーナメントはグループリーグを勝ち抜いた6チームに鹿島、G大阪を加えた8チームによって行われる。
    • 準々決勝・準決勝
      1. 2試合における合計得点数(=得失点差)
      2. アウェーでの得点数(アウェーゴールルール)
      3. 並んだ場合は第2戦の後半終了後、引き続き15分ハーフの延長戦(アウェーゴールルールは採用せず)
      4. それでも決しない場合はPK戦(双方5人ずつ。決着しない場合は6人目以降サドンデス方式)
    • 決勝

グループリーグ編集

グループA編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 名古屋 15 5 0 1 14 5 9
2 神戸 10 3 1 2 5 5 0
3 京都 6 1 3 2 7 8 -1
4 浦和 2 0 2 4 8 16 -8

グループB編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 清水 11 3 2 1 13 6 7
2 FC東京 11 3 2 1 12 7 5
3 磐田 10 3 1 2 10 7 3
4 東京V 1 0 1 5 2 17 -15

グループC編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 千葉 12 3 3 0 9 5 4
2 9 2 3 1 9 7 2
3 川崎 6 2 0 4 9 10 -1
4 札幌 5 1 2 3 4 9 -5

グループD編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 横浜FM 12 3 3 0 8 2 6
2 大分 11 3 2 1 9 5 4
3 新潟 4 0 4 2 4 8 -4
4 大宮 3 0 3 3 4 10 -6

2位クラブの決勝トーナメント進出決定カート編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 FC東京 11 3 2 1 12 7 5
2 大分 11 3 2 1 9 5 4
3 神戸 10 3 1 2 5 5 0
4 9 2 3 1 9 7 2

これによりFC東京、大分の決勝トーナメント進出が決定。

決勝トーナメント編集

準々決勝、準決勝については、トーナメント表上側のチームが2戦目ホームとなる。

準々決勝 準決勝 決勝
                   
7月2日8月6日        
 大分トリニータ 3
9月3日7日
 FC東京 2  
 大分トリニータ 2
7月2日8月6日
   名古屋グランパス 1  
 名古屋グランパス 2
11月1日
 ジェフユナイテッド千葉 0  
 大分トリニータ 2
7月2日8月6日
   清水エスパルス 0
 横浜F・マリノス 2
9月3日7日
 ガンバ大阪 2(a)  
 ガンバ大阪 3
7月2日8月6日
   清水エスパルス 4  
 清水エスパルス 2
 鹿島アントラーズ 1  

準々決勝編集

第1戦編集

FC東京 1 - 2 大分トリニータ
石川直宏   44分 レポート 前田俊介   28分
エジミウソン   83分
味の素スタジアム
観客数: 11,378人
主審: 扇谷健司

ジェフユナイテッド千葉 0 - 1 名古屋グランパス
レポート ヨンセン   14分
フクダ電子アリーナ
観客数: 8,472人
主審: 村上伸次

ガンバ大阪 1 - 0 横浜F・マリノス
平井将生   78分 レポート

鹿島アントラーズ 0 - 0 清水エスパルス
レポート

第2戦編集

大分トリニータ 1 - 1 FC東京
エジミウソン   40分 レポート カボレ   3分
九州石油ドーム
観客数: 13,483人
主審: 扇谷健司

大分の1勝1分け(2戦合計3-2)で大分が準決勝進出。


名古屋グランパス 1 - 0 ジェフユナイテッド千葉
増川隆洋   60分 レポート

名古屋の2勝(2戦合計2-0)で名古屋が準決勝進出。


横浜F・マリノス 2 - 1 ガンバ大阪
小宮山尊信   32分
ロペス   84分
レポート 二川孝広   34分

1勝1敗、2戦合計2-2、アウェーゴール1-0によりG大阪が準決勝進出。


清水エスパルス 2 - 1 鹿島アントラーズ
岩下敬輔   16分
兵働昭弘   48分
レポート マルキーニョス   57分
日本平スタジアム
観客数: 8,949人
主審: 松村和彦

清水の1勝1分け(2戦合計2-1)により清水が準決勝進出。

準決勝編集

第1戦編集

名古屋グランパス 1 - 1 大分トリニータ
ヨンセン   64分 レポート ウェズレイ   69分

清水エスパルス 1 - 1 ガンバ大阪
枝村匠馬   54分 レポート 二川孝広   10分
日本平スタジアム
観客数: 8,013人
主審: 扇谷健司

第2戦編集

大分トリニータ 1 - 0 名古屋グランパス
ウェズレイ   49分 レポート
九州石油ドーム
観客数: 20,371人
主審: 岡田正義

大分の1勝1分け(2戦合計2-1)により大分が決勝進出。


ガンバ大阪 2 - 3 清水エスパルス
ロニー   11分
ルーカス   79分
レポート 山本真希   3分
枝村匠馬   46分55分
万博記念競技場
観客数: 9,103人
主審: 西村雄一

清水の1勝1分け(2戦合計4-3)により清水が決勝進出。

決勝編集

決勝は12年ぶりの優勝を目指す清水エスパルスと、初の決勝進出となった大分トリニータが対戦。首都圏以外のチーム同士の決勝戦はこれが初めてとなったが、国立競技場は4万人を超える観客が集まった。

試合は後半に2得点を挙げた大分が勝利し初タイトルを獲得。Jリーグカップは初めて関門海峡を越えて初めて九州のクラブが獲得した。またJ2からスタートしたクラブがタイトルを獲得したのは、2004年FC東京が同大会を制して以来4年ぶり2チーム目となる。

大分トリニータ 2 - 0 清水エスパルス
高松大樹   68分
ウェズレイ   90分
レポート
国立競技場
観客数: 44,723人
主審: 吉田寿光
大分トリニータ
GK 16   下川誠吾   85分
DF 04   深谷友基
DF 06   森重真人
DF 22   上本大海   33分
MF 03   ホベルト
MF 05   エジミウソン
MF 08   金崎夢生   89分
MF 20   高橋大輔
MF 33   藤田義明   84分   89分
FW 10   ウェズレイ
FW 13   高松大樹     82分
控え:
GK 29   清水圭介
DF 25   小林宏之   89分
MF 02   小林亮
MF 07   西山哲平   89分
MF 14   家長昭博
MF 28   清武弘嗣
FW 09   森島康仁   82分
   
監督
  シャムスカ
清水エスパルス
GK 29   山本海人
DF 05   岩下敬輔
DF 26   青山直晃
DF 04   高木和道     74分
DF 02   児玉新   71分
MF 28   山本真希   71分
MF 07   伊東輝悦
MF 13   兵働昭弘
MF 08   枝村匠馬   82分
FW 19   原一樹   89分
FW 23   岡崎慎司
控え:
GK 21   西部洋平
DF 03   山西尊裕
DF 25   市川大祐   71分
MF 16   本田拓也
MF 06   マルコス・パウロ   71分
FW 11   戸田光洋
FW 09   矢島卓郎   82分
   
監督
  長谷川健太
2008 Jリーグカップ 優勝
大分トリニータ
初優勝
テレビ中継

表彰編集

表彰制度
  • 優勝:賞金1億円、Jリーグカップ(チェアマン杯)、ヤマザキナビスコカップ(スポンサー杯)、メダル
  • 2位:賞金5000万円、楯、メダル
  • 3位:1クラブにつき賞金2000万円、楯
表彰
表彰名 選手名 所属クラブ
ニューヒーロー賞 金崎夢生 大分トリニータ
大会MVP 高松大樹
大会得点王 杉本恵太 名古屋グランパス

関連項目編集