2008年北京オリンピックのウエイトリフティング競技

2008年北京オリンピックウエイトリフティング競技は、北京航空航天大学体育館で2008年8月9日から8月19日までの競技日程で実施された。

Weightliftingbeijing2008.jpg

概要編集

前回のアテネオリンピックと同様に男子は全8階級、女子は全7階級で争われる。参加枠は2006年と2007年の世界選手権の結果および各大陸予選とランキングポイントから各国および地域に分配され、このうち1カ国または地域から1つの階級に最大2選手エントリーすることができ、男子は最大で計6選手まで女子は最大で計4選手まで派遣することができる。

ドーピング編集

国際重量挙げ連盟(IWF)は2016年8月24日、北京五輪で採取した検体を国際オリンピック委員会(IOC)が再検査した結果、金メダルを獲得した中国の女子3選手、75キロ級の曹磊、48キロ級の陳燮霞、69キロ級の劉春紅を含む、男女メダリストら計15人がドーピングの陽性反応を示したと発表し[1]、メダルは剥奪された。

競技結果編集

男子編集

種目
56kg級   龍清泉
中国 (CHN)
  アン・ホアング
ベトナム (VIE)
  エコユリ・イラワン
インドネシア (INA)
62kg級   張湘祥
中国 (CHN)
  ディエゴ・サラサール
コロンビア (COL)
  トリヤトノ
インドネシア (INA)
69kg級[2]   廖輝
中国 (CHN)
  ヴェンセラス・ダバヤティアンチュ
フランス (FRA)
  ヨルダニス・ボレロ
キューバ (CUB)
77kg級   史載赫
韓国 (KOR)
  李宏利
中国 (CHN)
  ゲボルク・ダフチャン
アルメニア (ARM)
85kg級[3]   陸永
中国 (CHN)
  チグラン・マルチロスリャン
アルメニア (ARM)
  ハディエル・バジャダレス
キューバ (CUB)
94kg級[4]   シモン・コレチキー
ポーランド (POL)
  アルセン・カサビエフ
グルジア (GEO)
  ヨアンドリ・エルナンデス
キューバ (CUB)
105kg級[5]   アンドレイ・アラムナウ
ベラルーシ (BLR)
  ドミトリー・クロコフ
ロシア (RUS)
  マルチン・ドレガ
ポーランド (POL)
105kg超級   マティアス・シュタイナー
ドイツ (GER)
  エフゲニー・チギシェフ
ロシア (RUS)
  ビクトルス・スチェルバティス
ラトビア (LAT)

女子編集

種目
48kg級[6]   陳葦綾
チャイニーズタイペイ (TPE)
  任貞化
韓国 (KOR)
  ペンシリ・ラオシリクル
タイ (THA)
53kg級[7]   プラパワデ・ジャロエンラタナタラコン
タイ (THA)
  尹真熙
韓国 (KOR)
  ラエマ・リサ・ルンベワス
インドネシア (INA)
58kg級[8]   陳艶青
中国 (CHN)
  オ・ジョンエ
北朝鮮 (PRK)
  ワンディ・カメアイム
タイ (THA)
63kg級[9]   朴賢淑
北朝鮮 (PRK)
  盧映錡
チャイニーズタイペイ (TPE)
  クリスティン・ギラード
カナダ (CAN)
69kg級[10]   オクサナ・スリベンコ
ロシア (RUS)
  レイディ・ソリス
コロンビア (COL)
  アビール・アブドゥッラフマーン
エジプト (EGY)
75kg級[11]   アラ・ワゼニナ
カザフスタン (KAZ)
  リディア・バレンティン
スペイン (ESP)
  ダマリス・アギーレ
メキシコ (MEX)
75kg超級[12]   張美蘭
韓国 (KOR)
  エレ・オペロゲ
サモア (SAM)
  マリアム・ウスマン
ナイジェリア (NGR)

国・地域別のメダル獲得数編集

国・地域
1   中国 (CHN) 5 1 0 6
2   韓国 (KOR) 2 2 0 4
3   ロシア (RUS) 1 2 0 3
4   チャイニーズタイペイ (TPE) 1 1 0 2
  北朝鮮 (PRK) 1 1 0 2
6   タイ (THA) 1 0 2 3
7   ポーランド (POL) 1 0 1 2
8   ベラルーシ (BLR) 1 0 0 1
  ドイツ (GER) 1 0 0 1
  カザフスタン (KAZ) 1 0 0 1
11   コロンビア (COL) 0 2 0 2
12   アルメニア (ARM) 0 1 1 2
13   フランス (FRA) 0 1 0 1
  グルジア (GEO) 0 1 0 1
  サモア (SAM) 0 1 0 1
  スペイン (ESP) 0 1 0 1
  ベトナム (VIE) 0 1 0 1
18   キューバ (CUB) 0 0 3 3
  インドネシア (INA) 0 0 3 3
20   カナダ (CAN) 0 0 1 1
  エジプト (EGY) 0 0 1 1
  ラトビア (LAT) 0 0 1 1
  メキシコ (MEX) 0 0 1 1
  ナイジェリア (NGR) 0 0 1 1
合計 15 15 15 45

事故編集

8月13日に行われた男子77kg級の競技の最中にハンガリーヤーノス・バラニャイが148kgのバーベルを持ち上げた瞬間、右腕が逆方向に曲がり、手から離れたバーベルが後頭部を直撃した。骨折はなかったが競技続行は不可能となった。なお、バラニャイは同競技における唯一のハンガリーの選手だった。

脚注編集

  1. ^ 読売新聞2016年8月25日付け朝刊「北京・重量挙げ15人陽性…中国「金」3選手も」より。
  2. ^ 当初は  チグラン・マルチロスリャン (ARM)が3位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、ヨルダニス・ボレロ以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング男子69kg級公式結果
  3. ^ 当初は  アンドレイ・リバコフ (BLR)が2位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、チグラン・マルチロスリャン以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング男子85kg級
  4. ^ 当初は  イリア・イリン (KAZ)  ハジムラト・アカエフ (RUS)がそれぞれ1位、3位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、シモン・コレチキー以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング94kg級
  5. ^ 当初は  ドミトリー・ラピコフ (RUS)が3位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、マルチン・ドレガ以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング男子105kg級
  6. ^ 当初は  陳燮霞 (CHN)  セビル・オズカン (TUR)がそれぞれ1位、2位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、陳葦綾以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング女子48kg級
  7. ^ 当初は  ナターシャ・ノビカワ (BLR)が3位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、ラエマ・リサ・ルンベワス以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング女子53kg級
  8. ^ 当初は  マリナ・シャイノワ (RUS)が2位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、オ・ジョンエ以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング女子58kg級
  9. ^ 当初は  イリーナ・ネクラソワ (KAZ)が2位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、盧映錡以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング女子63kg級
  10. ^ 当初は1位  劉春紅 (CHN)、3位  ナタリア・ダビドワ (UKR)となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、オクサナ・スリベンコ以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング女子69kg級
  11. ^ 当初は1位  曹磊 (CHN)、3位  ナデジャ・エフシュキナ (RUS)となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、アラ・ワゼニナ以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング女子75kg級
  12. ^ 当初は2位  オルハ・コロブカ (UKR)、3位  マリーナ・グラボベツカヤ (KAZ)となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、エレ・オペロゲ以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2008 レスリング女子75kg超級

外部リンク編集