メインメニューを開く

2008年北京オリンピック卓球競技は、北京大学体育館で2008年8月14日から8月23日までの競技日程で実施された。

目次

概要編集

前回大会まで実施されていた男女ダブルスに代わり、男女団体が行われた。男女団体は3人が1組となりダブルスとシングルスで争われた。

実施種目・決勝戦日程編集

  • 男子シングルス -(8月23日決勝)
  • 男子 団 体  -(8月18日決勝)
  • 女子シングルス -(8月22日決勝)
  • 女子 団 体  -(8月17日決勝)

競技結果編集

国・地域別のメダル獲得数編集

順位 国・地域
1   中国 (CHN) 4 2 2 8
2   ドイツ (GER) 0 1 0 1
  シンガポール (SIN) 0 1 0 1
4   韓国 (KOR) 0 0 2 2
合計 4 4 4 12

その他編集

2007年12月18日から19日に北京オリンピック団体戦の予行イベントとして2007グッドラック北京国際大会が開催された。形式は3名による4シングルス1ダブルスの試合方式。男子はトーナメント戦、女子はリーグ方式がとられた。 男子は中国、韓国、香港、ヨーロッパ選抜(サムソノフ、アポロニア、ガシナ)が出場。女子は中国、香港、シンガポール、ヨーロッパ選抜(ボロシュ、ウー・ジャデュオ、バーデル)が出場。 男子は中国が優勝(馬龍陳玘郝帥)、2位韓国。 女子は中国が優勝、2位香港だった。[1]

なお、男子は2日後のITTFトーナメントオブチャンピオンズを優先し主力を派遣しなかった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 卓球Report2008年2月号36ページ。

外部リンク編集