メインメニューを開く

2008年北京オリンピック陸上競技は、北京国家体育場をメインスタジアムとして2008年8月15日から8月24日までの競技日程で実施された。男女計47種目が行われ、200カ国・地域から2056人の選手が参加した[1]。この大会で5種目の世界新記録と17種目のオリンピック新記録が誕生した。

2008年北京オリンピックの陸上競技
Beijing Olympic Stadium August 15 709713b52c o.jpg
日程 2008年8月15日 - 8月24日
競技場 北京国家体育場
参加国 200カ国・地域
参加選手 2056人 (男子 : 1082人 / 女子 : 974人)
種目数 47 (男子 : 24 / 女子 : 23)
新記録 世界新 : 5
五輪新 : 17
サイト IAAF
2004
2012

目次

概要編集

女子3000m障害が正式種目として採用され、男子は24種目、女子は1種目増え23種目で行われた。

標準記録編集

標準記録Aを突破した選手は1ヶ国につき最大3選手までエントリーが可能、標準記録Bもしくは標準記録以下でも1ヶ国につき1選手のエントリーが可能。実施競技と標準記録は以下の通り。

種目 男子標準記録A 男子標準記録B 女子標準記録A 女子標準記録B
100m 10秒21 10秒28 11秒32 11秒42
200m 20秒59 20秒75 23秒00 23秒20
400m 45秒55 45秒95 51秒55 52秒35
800m 1分46秒00 1分47秒60 2分00秒00 2分01秒30
1500m 3分36秒60 3分39秒00 4分07秒00 4分08秒00
5000m 13分21秒50 13分28秒00 15分09秒00 15分24秒00
10000m 27分50秒00 28分10秒00 31分45秒00 32分20秒00
マラソン 2時間15分00秒 2時間18分00秒 2時間37分00秒 2時間42分00秒
20km競歩 1時間23分00秒 1時間24分30秒 1時間33分30秒 1時間38分00秒
50km競歩 4時間00分00秒 4時間07分00秒 - -
100mハードル - - 12秒96 13秒11
110mハードル 13秒55 13秒72 - -
400mハードル 49秒20 49秒50 55秒60 56秒50
3000m障害 8分24秒60 8分32秒00 9分46秒00 9分55秒00
走高跳 2m30cm 2m27cm 1m95cm 1m91cm
棒高跳 5m70cm 5m55cm 4m45cm 4m30cm
走幅跳 8m20cm 8m05cm 6m72cm 6m60cm
三段跳 17m10cm 16m80cm 14m20cm 14m00cm
砲丸投 20m30cm 19m80cm 18m35cm 17m20cm
円盤投 64m50cm 62m50cm 61m00cm 59m00cm
ハンマー投 78m50cm 74m00cm 69m50cm 67m00cm
やり投 81m80cm 77m80cm 60m50cm 56m00cm
七種競技 - - 6,000 点 5,800 点
十種競技 8,000 点 7,700 点 - -

競技結果編集

男子編集

種目
100m
詳細
  ウサイン・ボルト
ジャマイカ (JAM)
9.69
世界新
  リチャード・トンプソン
トリニダード・トバゴ (TRI)
9.89   ウォルター・ディックス
アメリカ合衆国 (USA)
9.91
200m
詳細
  ウサイン・ボルト
ジャマイカ (JAM)
19.30
世界新
  ショーン・クロフォード
アメリカ合衆国 (USA)
19.96   ウォルター・ディックス
アメリカ合衆国 (USA)
19.98
400m
詳細
  ラショーン・メリット
アメリカ合衆国 (USA)
43.75   ジェレミー・ウォリナー
アメリカ合衆国 (USA)
44.74   デービッド・ネビル
アメリカ合衆国 (USA)
44.80
800m
詳細
  ウィルフレッド・ブンゲイ
ケニア (KEN)
1:44.65   イスマイル・アハメド・イスマイル
スーダン (SUD)
1:44.70   アルフレッド・キーワ・イエゴ
ケニア (KEN)
1:44.82
1500m
詳細
  アスベル・キプロプ
ケニア (KEN)[2]
3:33.11   ニック・ウィリス
ニュージーランド (NZL)
3:34.16   メディー・バアラ
フランス (FRA)
3:34.21
5000m
詳細
  ケネニサ・ベケレ
エチオピア (ETH)
12:57.82
五輪新
  エリウド・キプチョゲ
ケニア (KEN)
13:02.80   エドウィン・チェルヨト・ソイ
ケニア (KEN)
13:06.22
10000m
詳細
  ケネニサ・ベケレ
エチオピア (ETH)
27:01.17
五輪新
  シレシ・シヒネ
エチオピア (ETH)
27:02.77   ミカ・コーゴ
ケニア (KEN)
27:04.11
マラソン
詳細
  サムエル・ワンジル
ケニア (KEN)
2h06:32
五輪新
  ジャウアド・ガリブ
モロッコ (MAR)
2h07:16   ツェガエ・ケベデ
エチオピア (ETH)
2h10:00
110mハードル
詳細
  ダイロン・ロブレス
キューバ (CUB)
12.93   デビッド・ペイン
アメリカ合衆国 (USA)
13.17   デビッド・オリバー
アメリカ合衆国 (USA)
13.18
400mハードル
詳細
  アンジェロ・テイラー
アメリカ合衆国 (USA)
47.25   カーロン・クレメント
アメリカ合衆国 (USA)
47.98   バーショーン・ジャクソン
アメリカ合衆国 (USA)
48.06
3000m障害
詳細
  ブライミン=キプロプ・キプルト
ケニア (KEN)
8:10.34   マイディーヌ・メキシベナバ
フランス (FRA)
8:10.49   リチャード・キプケンボイ=マテーロング
ケニア (KEN)
8:11.01
20km競歩
詳細
  ワレリー・ボルチン
ロシア (RUS)
1h19:01   ジェファーソン・ペレス
エクアドル (ECU)
1h19:15   ジャレド・タレント
オーストラリア (AUS)
1h19:42
50km競歩
詳細
  アレックス・シュバーツァー
イタリア (ITA)
3h37:09
五輪新
  ジャレド・タレント
オーストラリア (AUS)
3h39:27   デニス・ニジェゴロドフ
ロシア (RUS)
3h40:14
4×100mリレー
(400Mリレー)
詳細[3]
  
トリニダード・トバゴ (TRI)
38.06   
日本 (JPN)
38.15   
ブラジル (BRA)
38.24
キーストン・ブレドマン
マルク・バーンズ
エマニエル・カレンダー
リチャード・トンプソン
塚原直貴
末續慎吾
髙平慎士
朝原宣治
ビセンチ・デ・リマ
サンドロ・ビアナ
ブルーノ・デ・バロス
ジョゼ・カルロス・モレイラ
4×400mリレー
(1600Mリレー マイルリレー)
詳細[4] 
  
アメリカ合衆国 (USA)
2:55.39
五輪新
  
バハマ (BAH)
2:58.03   
イギリス (GBR)
2:58.81
ラショーン・メリット
アンジェロ・テイラー
デービッド・ネビル
ジェレミー・ウォリナー
アンドレッティ・ベイン
マイケル・マシュー
アンドレ・ウィリアムズ
クリス・ブラウン
アンドリュー・スティール
ロバート・トビン
マイケル・ビンガム
マーティン・ルーニー
走高跳
詳細
  アンドレイ・シルノフ
ロシア (RUS)
2.36m   ジャーメイン・メイソン
イギリス (GBR)
2.34m   ヤロスラフ・リバコフ
ロシア (RUS)
2.34m
棒高跳
詳細
  スティーブン・フッカー
オーストラリア (AUS)
5.96m
五輪新
  エフゲニー・ルキャネンコ
ロシア (RUS)
5.85m   デニス・ユルチェンコ
ウクライナ (UKR)
5.70m
走幅跳
詳細
  イルビング・サラディノ
パナマ (PAN)
8.34m   コッツォ・モコエナ
南アフリカ (RSA)
8.24m   イブラヒム・カメホ
キューバ (CUB)
8.20m
三段跳
詳細
  ネルソン・エボラ
ポルトガル (POR)
17.67m   フィリップス・イドウ
イギリス (GBR)
17.62m   リーバン・サンズ
バハマ (BAH)
17.59m
砲丸投
詳細
  トマシュ・マエフスキ
ポーランド (POL)
21.51m
五輪新
  クリスチャン・キャントウェル
アメリカ合衆国 (USA)
21.09m   アンドレイ・ミフネビッチ
ベラルーシ (BLR)
21.05m
円盤投
詳細
  ゲルド・カンテル
エストニア (EST)
68.82m   ピョートル・マラチョフスキ
ポーランド (POL)
67.82m   ウィルギリウス・アレクナ
リトアニア (LTU)
67.79m
やり投
詳細
  アンドレアス・トルキルドセン
ノルウェー (NOR)
90.57m
五輪新
  アイナルス・コバルス
ラトビア (LAT)
86.64m   テロ・ピトカマキ
フィンランド (FIN)
86.16m
ハンマー投
詳細
  プリモジュ・コズムス
スロベニア (SLO)
82.02m   ワディム・デフヤトフスキー
ベラルーシ (BLR)[5]
81.61m   イワン・チホン
ベラルーシ (BLR)[5]
81.51m
十種競技
詳細
  ブライアン・クレイ
アメリカ合衆国 (USA)
8791   アンドレイ・クラウチャンカ
ベラルーシ (BLR)
8551   レオネル・スアレス
キューバ (CUB)
8527

女子編集

種目
100m
詳細
  シェリー=アン・フレーザー
ジャマイカ (JAM)
10.78   シェローン・シンプソン
ジャマイカ (JAM)
10.98
  ケロン・スチュワート
ジャマイカ (JAM)
200m
詳細
  ベロニカ・キャンベル=ブラウン
ジャマイカ (JAM)
21.74   アリソン・フェリックス
アメリカ合衆国 (USA)
21.93   ケロン・スチュワート
ジャマイカ (JAM)
22.00
400m
詳細
  クリスティーン・オールグー
イギリス (GBR)
49.62   シェリカ・ウィリアムズ
ジャマイカ (JAM)
49.69   サーニャ・リチャーズ
アメリカ合衆国 (USA)
49.93
800m
詳細
  パメラ・ジェリモ
ケニア (KEN)
1:54.87   ジェネス・ジェプコスゲイ
ケニア (KEN)
1:56.07   ハスナ・ベンハシ
モロッコ (MAR)
1:56.73
1500m
詳細
  ナンシージェベット・ラガト
ケニア (KEN)
4:00.23   イリーナ・リシチンスカ
ウクライナ (UKR)
4:01.63   ナタリア・トビアス
ウクライナ (UKR)
4:01.78
5000m
詳細
  ティルネシュ・ディババ
エチオピア (ETH)
15:41.40   エルバン・アベイレゲッセ
トルコ (TUR)
15:42.74   メセレト・デファー
エチオピア (ETH)
15:44.12
10000m
詳細
  ティルネシュ・ディババ
エチオピア (ETH)
29:54.66
五輪新
  エルバン・アベイレゲッセ
トルコ (TUR)
29:56.34   シャレーン・フラナガン
アメリカ合衆国 (USA)
30:22.22
マラソン
詳細
  コンスタンティナ・トメスク
ルーマニア (ROU)
2h26:44   キャサリン・ヌデレバ
ケニア (KEN)
2h27:06   周春秀
中国 (CHN)
2h27:07
100mハードル
詳細
  ドーン・ハーパー
アメリカ合衆国 (USA)
12.54   サリー・マクレラン
オーストラリア (AUS)
12.64   プリシラ・ロペス=シュリエプ
カナダ (CAN)
12.64
400mハードル
詳細
  メレーン・ウォーカー
ジャマイカ (JAM)
52.64
五輪新
  シーナ・トスタ
アメリカ合衆国 (USA)
53.70   ターシャ・ダンバース
イギリス (GBR)
53.84
3000m障害
詳細
  グルナラ・サミトワ=ガルキナ
ロシア (RUS)
8:58.81
世界新
  ユーニス・ジェプコリル
ケニア (KEN)
9:07.41   エカテリーナ・ヴォルコワ
ロシア (RUS)
9:07.64
20km競歩
詳細
  オルガ・カニスキナ
ロシア (RUS)
1h26:31   シェルティ・テュッセ・プラッツェル
ノルウェー (NOR)
1h27:07   エリザ・リガウド
イタリア (ITA)
1h27:12
4×100mリレー
(400Mリレー)
詳細
  
ロシア (RUS)
42.31   
ベルギー (BEL)
42.54   
ナイジェリア (NGR)
43.04
エフゲニヤ・ポリャコワ
アレクサンドラ・ フェドリワ
ユリア・グシチナ
ユリア・チェルモシャンスカヤ
オリビア・ボルレー
ハンナ・マリエン
エロディ・ウエドラオゴ
キム・ゲバールト
フランサ・イドコ
グロリア・ケマスオデ
ハリマット・イスメイラ
オルダモラ・オサヨミ
4×400mリレー
(1600Mリレー マイルリレー)
詳細
  
アメリカ合衆国 (USA)
3:18.54 空位[6]   
ジャマイカ (JAM)
3:20.40
メアリー・ワインバーグ
アリソン・フェリックス
モニーク・ヘンダーソン
サーニャ・リチャーズ
シェリカ・ウィリアムズ
シェリーファ・ロイド
ローズマリー・ホワイト
ノブレーン・ウィリアムズ
走高跳
詳細
  ティア・エルボー
ベルギー (BEL)
2.05m   ブランカ・ブラシッチ
クロアチア (CRO)
2.05m   アンナ・チチェロワ
ロシア (RUS)
2.03m
棒高跳
詳細
  エレーナ・イシンバエワ
ロシア (RUS)
5.05m
世界新
  ジェニファー・スタチンスキ
アメリカ合衆国 (USA)
4.80m   スベトラーナ・フェオファノワ
ロシア (RUS)
4.75m
走幅跳
詳細
  マウレン・マギ
ブラジル (BRA)
7.04m   タチアナ・レベデワ
ロシア (RUS)
7.03m   ブレッシング・オカグバレ
ナイジェリア (NGR)
6.91m
三段跳
詳細
  フランソワーズ・ムバンゴ
カメルーン (CMR)
15.39m
五輪新
  タチアナ・レベデワ
ロシア (RUS)
15.32m   クリソピギ・デベツィ
ギリシャ (GRE)
15.23m
砲丸投
詳細
  バレリー・ビリ
ニュージーランド (NZL)
20.56m   ナタリア・ミフネビッチ
ベラルーシ (BLR)
20.28m   ナドゼヤ・オスタプチュク
ベラルーシ (BLR)
19.86m
円盤投
詳細
  ステファニー・ブラウン・トラフトン
アメリカ合衆国 (USA)
64.74m   ヤレリス・バリオス
キューバ (CUB)
63.64m   オレナ・アントノワ
ウクライナ (UKR)
62.59m
やり投
詳細
  バルボラ・シュポタコバ
チェコ (CZE)
71.42m   マリア・アバクモワ
ロシア (RUS)
70.78m   クリスティーナ・オーバークフォル
ドイツ (GER)
66.13m
ハンマー投
詳細
  アクサナ・ミアンコワ
ベラルーシ (BLR)
76.34m
五輪新
  イプシ・モレノ
キューバ (CUB)
75.20m   張文秀
中国 (CHN)
74.32m
七種競技
詳細
  ナタリア・ドブルインスカ
ウクライナ (UKR)
6733   ハイレアス・ファウンテン
アメリカ合衆国 (USA)[7]
6619   タチアナ・チェルノワ
ロシア (RUS)
6591

各国メダル数編集

国・地域
1   アメリカ合衆国 7 9 7 23
2   ロシア 6 4 7 17
3   ケニア 6 4 4 14
4   ジャマイカ 6 3 2 11
5   エチオピア 4 1 2 7
6   ベラルーシ 1 3 3 7
7   キューバ 1 2 2 5
8   オーストラリア 1 2 1 4
  イギリス 1 2 1 4
10   ウクライナ 1 1 3 5
11   ベルギー 1 1 0 2
  ノルウェー 1 1 0 2
  ポーランド 1 1 0 2
  ニュージーランド 1 1 0 2
15   イタリア 1 0 1 2
16   ブラジル 1 0 0 1
  カメルーン 1 0 0 1
  チェコ 1 0 0 1
  エストニア 1 0 0 1
  パナマ 1 0 0 1
  ポルトガル 1 0 0 1
  ルーマニア 1 0 0 1
  スロベニア 1 0 0 1
24   トリニダード・トバゴ 0 2 0 2
  トルコ 0 2 0 2
26   バハマ 0 1 1 2
  モロッコ 0 1 1 2
  フランス 0 1 1 2
29   クロアチア 0 1 0 1
  エクアドル 0 1 0 1
  ラトビア 0 1 0 1
  南アフリカ 0 1 0 1
  スーダン 0 1 0 1
34   中国 0 0 2 2
  ナイジェリア 0 0 2 2
36   カナダ 0 0 1 1
  フィンランド 0 0 1 1
  ドイツ 0 0 1 1
  ギリシャ 0 0 1 1
  日本 0 1 0 1
  リトアニア 0 0 1 1

脚注編集

  1. ^ Athletics at the 2008 Beijing Summer Games Sports-Refernce. 2012年6月24日閲覧.
  2. ^ 当初、優勝がラシド・ラムジバーレーン)2位はキプロプ、3位はウィリスであったが、オリンピック後のドーピング再検査で、オリンピック後に検査法が確立されたエリスロポエチンの陽性反応が出たため、IOCは2009年11月18日(現地時間)、ラムジは失格・メダル剥奪と発表。キプロプ以下の順位が繰り上がった。 ラムジの金メダルはく奪へ IOC、薬物違反で - 47NEWS
  3. ^ 当初、優勝はジャマイカチームであったが、オリンピック後のドーピング再検査でネスタ・カーターに禁止薬物の陽性反応が出たため、IOCは2017年1月、ジャマイカチームを失格処分とした。その後、ネスタ・カーターがスポーツ仲裁裁判所に提訴したが棄却されたため2018年12月、正式に繰り上げが決まった。 男子400リレーのジャマイカ失格=日本は銀に繰り上がり-北京五輪ドーピング再検 - 時事通信、北京五輪400mリレー金のカーターがCASに提訴 - 日刊スポーツ
  4. ^ 当初、3位はロシアであったが、オリンピック後のドーピング再検査でデニス・アレクセエフに禁止薬物の陽性反応が出たため、IOCは2016年9月、ロシアの失格とメダル剥奪を発表した。その結果、4位のイギリスが3位に繰り上がった 。IOC sanctions four athletes for failing anti-doping tests at Beijing 2008 and London 2012 - IOC
  5. ^ a b 競技後のドーピング検査で、使用が禁止されているテストステロンの陽性反応が出たため、IOCの協議の結果、2位デフヤトフスキー、3位チホンの両者は失格とメダル剥奪が決定。4位以下の選手の順位が繰り上がったが、両者がスポーツ仲裁裁判所に不服を申し立て、2010年6月10日に処分が撤回されたためメダルの獲得が認められた。
  6. ^ ロシアチームがドーピング違反したため剥奪
  7. ^ 当初、2位はリュドミラ・ブロンスカウクライナ)であったが、競技後のドーピング検査で陽性反応が出たため、3位以下の選手の順位が繰り上がった。

関連項目編集

外部リンク編集