2009年アイスホッケー世界選手権

2009年アイスホッケー世界選手権(第73回アイスホッケー世界選手権)は2009年4月24日から5月10日までスイスベルンなどで開催された。ロシア代表が優勝しイリヤ・コバルチャクが大会最優秀選手に選ばれた。

2009年アイスホッケー世界選手権
2009 IIHF Weltmeisterschaft
概要
開催国 スイスの旗 スイス
期間 4月24日〜5月10日
参加チーム数 16チーム
会場数 2会場 (2都市)
最終結果
優勝 Gold medal blank.svg  ロシア (3/25[1]回目)
準優勝 Silver medal blank.svg  カナダ
第3位 Bronze medal blank.svg  スウェーデン
第4位  アメリカ合衆国
統計
試合数 56試合
ゴール数 327点 (1試合平均5.84点)
観客動員数 379,044人 (1試合平均6,769人)
得点王 カナダの旗 マーティン・セントルイス (15 pts)
MVP ロシアの旗 イリヤ・コバルチャク
2008
2010

世界選手権編集

大会方式編集

16ヶ国が4ヶ国ずつ4つの1次リーグに分かれて争い、上位3位以内に入った12ヶ国が6ヶ国ずつ2つの2次リーグに分かれて争い、上位4ヶ国ずつ計8ヶ国がトーナメントに進出し優勝を争う。また1次リーグで最下位に終わった4ヶ国でリーグを行い、下位2ヶ国がディビジョン I に降格する。リーグ戦で勝利すると勝ち点3、オーバータイムまたはペナルティシュートアウトで決着がついた場合は勝利チームに勝ち点2、敗戦チームに勝ち点1が与えられる。勝ち点方式はディビジョン I 以下についても同様。

結果編集

順位
優勝   ロシア
2位   カナダ
3位   スウェーデン
4   アメリカ合衆国
5   フィンランド
6   チェコ
7   ラトビア
8   ベラルーシ
9   スイス
10   スロバキア
11   ノルウェー
12   フランス
13   デンマーク
14   オーストリア
15   ドイツ*
16   ハンガリー

* 次回世界選手権開催国のためオーストリアとハンガリーが降格。

ディビジョンI編集

最終結果

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 旧ソ連時代で22度優勝している

外部リンク編集