2009年バレーボール・ワールドグランプリ

2009年バレーボール・ワールドグランプリ英語: FIVB World Grand Prix 2009)は、2009年7月31日から8月23日にかけて行われた、国際バレーボール連盟主催の第17回バレーボール・ワールドグランプリ。出場国は12カ国。決勝ラウンドは日本東京で開催された。ブラジルが2大会連続8回目の優勝を飾った。

ブラジル-プエルトリコ戦
アメリカ-ドイツ戦

出場国編集

予選ラウンド編集

3週にかけて各チーム9試合の予選ラウンドを世界各地の会場で行う。それぞれのラウンドで4カ国がシングルラウンドロビン方式(総当り)で対戦(このため複数回対戦するチームと1度も戦わないチームがある)。

第1週編集

Pool A編集

開催地:  ブラジルリオデジャネイロ

試合日 チーム セット 得 点 総得点
1 2 3 4 5
7月31日   ブラジル  プエルトリコ 3 - 0 25-22 25-17 25-17     75-56
  ドイツ  アメリカ合衆国 3 - 0 25-15 25-15 25-16     75-46
8月1日   ブラジル  ドイツ 3 - 0 25-12 25-19 25-16     75-47
  プエルトリコ  アメリカ合衆国 2 - 3 25-21 25-20 23-25 14-25 13-15 100-106
8月2日   ブラジル  アメリカ合衆国 3 - 0 25-18 25-22 25-13     75-53
  プエルトリコ  ドイツ 2 - 3 25-19 20-25 25-18 13-25 12-15 95-102

Pool B編集

開催地:  ポーランドキェルツェ

試合日 チーム セット 得 点 総得点
1 2 3 4 5
7月31日   ポーランド  タイ 2 - 3 25-12 23-25 22-25 25-19 13-15 108-96
  日本  オランダ 0 - 3 13-25 19-25 20-25     52-75
8月1日   ポーランド  オランダ 0 - 3 23-25 20-25 21-25     64-75
  タイ  日本 3 - 2 19-25 25-20 25-18 20-25 15-11 104-99
8月2日   ポーランド  日本 3 - 0 25-20 26-24 27-25     78-69
  オランダ  タイ 3 - 1 25-27 25-21 25-17 25-20   100-85

Pool C編集

開催地:  中国寧波市

試合日 チーム セット 得 点 総得点
1 2 3 4 5
7月31日   ロシア  韓国 3 - 0 25-23 25-23 25-15     75-61
  中国  ドミニカ共和国 3 - 0 25-12 25-18 25-19     75-49
8月1日   ドミニカ共和国  ロシア 2 - 3 21-25 27-25 25-19 11-25 10-15 94-109
  中国  韓国 3 - 0 25-15 25-21 25-14     75-50
8月2日   韓国  ドミニカ共和国 2 - 3 22-25 12-25 25-18 26-24 10-15 95-107
  中国  ロシア 3 - 2 23-25 25-23 20-25 25-14 15-9 108-96

第2週編集

Pool D編集

開催地:  中華民国苗栗市

試合日 チーム セット 得 点 総得点
1 2 3 4 5
8月7日   アメリカ合衆国  ドミニカ共和国 3 - 2 25-18 25-19 23-25 21-25 23-21 117-108
  オランダ  ドイツ 3 - 1 25-13 25-23 22-25 25-23   97-84
8月8日   アメリカ合衆国  オランダ 2 - 3 25-12 22-25 16-25 25-21 13-15 101-98
  ドミニカ共和国  ドイツ 0 - 3 16-25 17-25 20-25     53-75
8月9日   オランダ  ドミニカ共和国 3 - 0 25-19 25-15 25-18     75-52
  ドイツ  アメリカ合衆国 3 - 0 25-22 25-18 27-25     77-65

Pool E編集

開催地:  マカオ

試合日 チーム セット 得 点 総得点
1 2 3 4 5
8月7日   ブラジル  タイ 3 - 0 25-14 25-17 25-11     75-42
  中国  ポーランド 3 - 2 25-19 25-27 24-26 25-14 15-12 114-98
8月8日   ブラジル  ポーランド 3 - 1 25-22 25-9 13-25 25-15   88-71
  中国  タイ 3 - 1 25-27 25-19 25-17 25-19   100-82
8月9日   タイ  ポーランド 0 - 3 24-26 13-25 22-25     59-76
  中国  ブラジル 2 - 3 21-25 20-25 25-19 25-22 12-15 103-106

Pool F編集

開催地:  日本大阪大阪市中央体育館

試合日 チーム セット 得 点 総得点
1 2 3 4 5
8月7日   韓国  ロシア 2 - 3 25-23 20-25 18-25 27-25 13-15 103-113
  日本  プエルトリコ 3 - 0 25-22 25-21 25-17     75-60
8月8日   ロシア  プエルトリコ 1 - 3 17-25 22-25 25-22 26-28   90-100
  日本  韓国 3 - 1 22-25 25-13 25-18 25-10   97-66
8月9日   韓国  プエルトリコ 3 - 2 25-18 25-18 24-26 22-25 15-13 111-100
  日本  ロシア 3 - 1 20-25 25-19 25-15 25-21   95-80

第3週編集

Pool G編集

開催地:  中国香港

試合日 チーム セット 得 点 総得点
1 2 3 4 5
8月14日   ポーランド  オランダ 0 - 3 17-25 17-25 13-25     47-75
  中国  ドミニカ共和国 3 - 1 25-21 21-25 25-17 25-20   96-83
8月15日   ドミニカ共和国  オランダ 0 - 3 14-25 31-33 28-30     73-88
  中国  ポーランド 2 - 3 21-25 21-25 25-18 26-14 11-15 104-107
8月16日   ドミニカ共和国  ポーランド 2 - 3 25-22 23-25 14-25 25-13 11-15 98-100
  中国  オランダ 3 - 1 25-21 25-22 21-25 25-21   96-89

Pool H編集

開催地:  韓国木浦市

試合日 チーム セット 得 点 総得点
1 2 3 4 5
8月14日   韓国  ドイツ 1 - 3 27-25 20-25 22-25 11-25   80-100
  日本  ブラジル 1 - 3 12-25 19-25 25-15 13-25   69-90
8月15日   ブラジル  ドイツ 3 - 2 25-27 25-15 25-19 19-25 15-10 109-96
  韓国  日本 0 - 3 13-25 20-25 22-25     55-75
8月16日   ドイツ  日本 2 - 3 25-23 14-25 18-25 25-21 10-15 92-109
  韓国  ブラジル 1 - 3 27-25 15-25 15-25 19-25   76-100

Pool I編集

開催地:  タイバンコク

試合日 チーム セット 得 点 総得点
1 2 3 4 5
8月14日   タイ  プエルトリコ 3 - 0 27-25 30-28 25-13     82-66
  アメリカ合衆国  ロシア 1 - 3 21-25 24-26 25-19 17-25   87-95
8月15日   ロシア  タイ 3 - 1 25-18 24-26 25-11 25-12   99-67
  プエルトリコ  アメリカ合衆国 0 - 3 16-25 18-25 22-25     56-75
8月16日   アメリカ合衆国  タイ 2 - 3 25-19 20-25 21-25 25-23 11-15 102-107
  プエルトリコ  ロシア 0 - 3 16-25 17-25 19-25     52-75

予選ラウンド結果編集

順位 チーム 勝点 試 合 得 点 セット
得点 失点 得点率 セット率
1   ブラジル 18 9 9 0 793 613 1.294 27 7 3.857
2   オランダ 17 9 8 1 772 654 1.180 25 7 3.571
3   中国 16 9 7 2 871 760 1.146 25 13 1.923
4   ロシア 15 9 6 3 832 767 1.085 22 15 1.467
5   日本 14 9 5 4 740 700 1.057 18 16 1.125
6   ドイツ 14 9 5 4 748 729 1.026 20 15 1.333
7   ポーランド 13 9 4 5 749 778 0.963 17 19 0.895
8   タイ 13 9 4 5 724 825 0.878 15 21 0.714
9   アメリカ合衆国 12 9 3 6 752 791 0.951 14 22 0.636
10   プエルトリコ 10 9 1 8 685 791 0.866 9 25 0.360
11   ドミニカ共和国 10 9 1 8 717 830 0.864 10 26 0.385
12   韓国 10 9 1 8 697 842 0.828 10 26 0.385

決勝ラウンド編集

9試合の成績上位5チームと決勝ラウンド開催国の日本の6チームが決勝ラウンドに進み、成績をリセットした上でシングルラウンドロビン方式で対戦し、優勝チームを決定。但し、日本が予選を5位で通過したため、順当に予選上位6チームが東京ラウンドに進んだ。

開催地:  日本東京東京体育館

試合日 チーム セット 得 点 総得点
1 2 3 4 5
8月19日   オランダ  中国 3 - 2 18-25 25-22 25-22 24-26 15-13 107-108
  ブラジル  ロシア 3 - 2 25-20 22-25 25-17 24-26 16-14 112-102
  日本  ドイツ 1 - 3 21-25 25-16 17-25 22-25   85-91
8月20日   オランダ  ドイツ 3 - 2 19-25 25-21 25-22 21-25 15-13 105-106
  中国  ブラジル 0 - 3 21-25 20-25 29-31     70-81
  日本  ロシア 1 - 3 17-25 23-25 29-27 14-25   83-102
8月21日   中国  ロシア 1 - 3 29-27 16-25 19-25 23-25   87-102
  ブラジル  ドイツ 3 - 0 25-15 25-15 25-16     75-46
  日本  オランダ 3 - 0 25-22 25-18 25-22     75-62
8月22日   ドイツ  ロシア 1 - 3 25-16 21-25 23-25 20-25   89-91
  ブラジル  オランダ 3 - 1 25-22 18-25 25-20 25-16   93-83
  日本  中国 0 - 3 20-25 23-25 17-25     60-75
8月23日   ドイツ  中国 3 - 1 25-14 23-25 25-21 25-14   98-74
  ロシア  オランダ 3 - 0 25-20 25-23 25-21     75-64
  日本  ブラジル 1 - 3 21-25 27-25 19-25 19-25   86-100

決勝ラウンド結果編集

順位 チーム 勝点 試 合 得 点 セット
得点 失点 得点率 セット率
1   ブラジル 10 5 5 0 461 387 1.191 15 4 3.750
2   ロシア 9 5 4 1 472 435 1.085 14 6 2.333
3   ドイツ 7 5 2 3 430 430 1.000 9 11 0.818
4   オランダ 7 5 2 3 421 457 0.921 7 13 0.538
5   中国 6 5 1 4 414 448 0.924 7 12 0.583
6   日本 6 5 1 4 389 430 0.905 6 12 0.500

最終結果編集

 2009年ワールドグランプリ優勝国 
 
ブラジル
2大会連続8回目
順位
    ブラジル
    ロシア
    ドイツ
4   オランダ
5   中国
6   日本
7   ポーランド
8   タイ
9   アメリカ合衆国
10   プエルトリコ
11   ドミニカ共和国
12   韓国

個人賞編集

選手 所属国
最優秀選手賞 シェイラ・カストロ   ブラジル
ベストスコアラー賞 マノン・フリール   オランダ
ベストスパイカー賞 タチアナ・コシェレワ   ロシア
ベストブロッカー賞 ファビアナ・クラウジノ   ブラジル
ベストサーバー賞 マノン・フリール   オランダ
ベストセッター賞 竹下佳江   日本
ベストリベロ賞 ケールスティン・チューリヒ   ドイツ

放送に関する特記事項編集

ワールドグランプリの重要な要素であるテレビ中継については、日本ではフジテレビジョンがホスト兼国内放送送り出し担当となった。契約上本来はTBSテレビの担当(最終年度)であったが、TBSテレビが国内放送を担当する2009年世界陸上競技選手権大会と日程が重なったため、条件を付けてフジへ中継権を譲渡した形となった。

日本戦については全て中継されたものの、ポーランドラウンドについては時差の関係で、フジネットワーク加盟局の一部でしか放送されなかった。それ以外については、ゴールデンタイムまたはプライムタイムでの放送となった。

さらに、大会の趣旨を反映し、日本民間放送連盟の地上デジタル放送推進キャラクターである地デジカバボちゃんとタイアップ。アナログ放送完全終了による地デジ移行のお願いを行ったほか、地デジカを絡めた地デジ対応テレビのプレゼント企画も展開された。

外部リンク編集