2009年度の将棋界(2009ねんどのしょうぎかい)では、2009年(平成21年)4月から2010年(平成22年)3月の将棋界に関する出来事について記述する。

できごと編集

5月15日 - フリークラスの瀬川晶司が、順位戦復帰条件の一つである勝率の規定「良い所取りで、30局以上の勝率が6割5分以上であること」を満たし(直近35局で23勝12敗、勝率0.657)、2010年度から第69期順位戦C級2組への参加が決定[1]。プロ編入試験合格者の順位戦参加は初。

記録編集

タイトル戦編集

棋戦 勝者 開催時期 番勝負 備考
在位者 勝敗 挑戦者
名人戦 第67期名人 羽生善治 2009年4-6月 羽生善治 名人 4-3 郷田真隆 九段 2期連続(通算6期) [2]
棋聖戦 第80期棋聖 羽生善治 2009年6-7月 羽生善治 棋聖 3-2 木村一基 八段 2期連続(通算8期) [3]
王位戦 第50期王位 深浦康市 2009年7-9月 深浦康市 王位 4-3 木村一基 八段 3期連続(通算3期) [4]
王座戦 第57期王座 羽生善治 2009年9-10月 羽生善治 王座 3-0 山崎隆之 七段 18期連続(通算18期) [5]
竜王戦 第22期竜王 渡辺明 2009年10-12月 渡辺明 竜王 4-0 森内俊之 九段 6期連続(通算6期) [6]
王将戦 第59期王将 久保利明 2010年1-3月 羽生善治 王将 2-4 久保利明 棋王 初王将 [7]
棋王戦 第35期棋王 久保利明 2010年2-3月 久保利明 棋王 3-2 佐藤康光 九段 2期連続(通算2期) [8]

その他の棋戦編集

新:新人棋戦 非:非公式戦
棋戦 優勝者 決勝開催日 準優勝者 備考
大和証券杯ネット将棋・最強戦 3 山崎隆之七段 2009年8月2日 木村一基八段 初優勝 [9]
富士通杯達人戦 17 南芳一九段 2009年9月12日 塚田泰明九段 初優勝 [10]
銀河戦 17 阿久津主税七段 2009年9月19日 深浦康市王位 初優勝 [11]
新人王戦 40 広瀬章人五段 2009年10月13日 中村太地四段 初優勝 [12]
JT将棋日本シリーズ 30 谷川浩司九段 2009年11月22日 深浦康市王位 初優勝 [13]
朝日杯将棋オープン戦 3 羽生善治名人 2010年2月13日 久保利明棋王 初優勝 [14]
NHK杯将棋トーナメント 59 羽生善治名人 2010年2月15日 糸谷哲郎五段 2年連続8回目 [15]

女流タイトル戦編集

棋戦 勝者 開催時期 番勝負 備考
在位者 勝敗 挑戦者
マイナビ女子オープン 第2期女王 矢内理絵子 2009年6-8月 矢内理絵子女王 3-0 岩根忍女流初段 2期連続(通算2期) [16]
女流王位戦 第20期女流王位 清水市代 2009年10-11月 石橋幸緒女流王位 2-3 清水市代女流二冠 3期ぶり(通算期) [17]
女流王将戦 第31女流王将 清水市代 2009年10-11月 清水市代女流王将 2-0 上田初美女流二段 3期連続(通算9期) [18]
倉敷藤花戦 第17期倉敷藤花 里見香奈 2009年11月 里見香奈倉敷藤花 2-0 中村真梨花女流二段 2期連続(通算2期) [19]
女流名人位戦 第36期女流名人 里見香奈 2010年1-3月 清水市代女流名人 0-3 里見香奈倉敷藤花 初女流名人 [20]

その他の女流棋戦編集

新:新人棋戦 L:LPSA主催 非:非公式戦
棋戦 優勝者 決勝開催日 準優勝者 備考
世田谷花みず木女流オープン戦 3 香川愛生女流2級 2009年4月29日 渡辺弥生女流2級 初優勝 [21]
NSN女流プロトーナメント戦 8 中村真梨花女流二段 2009年6月17日 安食総子女流初段 3回目 [22]
日レスインビテーションカップ L 3 石橋幸緒女流王位 2009年10月24日 成田弥穂女子アマ王位 初優勝 [23]
白瀧あゆみ杯争奪戦 非/新 4 田中悠一四段 2009年10月12日 山口恵梨子女流1級 初優勝/角落 [24]
LADIES HOLLY CUP 非/新 1 中村真梨花女流二段 2009年11月5日 上田初美女流二段 初優勝 [25]
大和証券杯ネット将棋・女流最強戦 3 中井広恵女流六段 2010年3月21日 矢内理絵子女王 2年連続2回目 [26]
1dayトーナメント L 23 中田功七段 2009年4月19日 武田俊平アマ どうぶつしょうぎ [27]
24 中井広恵女流六段 2009年5月6日 石橋幸緒女流王位 5回目 [28]
25 石橋幸緒女流王位 2009年6月14日 船戸陽子女流二段 5回目 [29]
26 船戸陽子女流二段 2009年7月20日 中倉彰子女流初段 3回目 [30]
27 渡部愛ツアー女子プロ 2009年8月16日 中井広恵女流六段 初優勝 [31]
28 藤井敬子アマ 2009年9月23日 鈴木真里アマ 学生棋戦 [32]
29 中井広恵女流六段 2009年10月11日 藤田麻衣子女流1級 6回目 [33]
30 中井植山ペア 2009年11月15日 松尾所司ペア ペア棋戦 [34]
31 中井広恵女流六段 2009年12月23日 石橋幸緒女流王位 7回目 [35]
32 中井広恵女流六段 2010年1月11日 石橋幸緒女流四段 8回目 [36]
33 伊藤大介アマ 2010年2月28日 城市泉アマ どうぶつしょうぎ [37]
34 島井咲緒里女流初段 2010年3月22日 藤田麻衣子女流1級 5回目 [38]

順位戦編集

第68期順位戦(2009年6月 - 2010年3月)

昇級
次期クラス 棋士 成績
A級 渡辺明 B級1組(10勝2敗) [39]
久保利明 B級1組(9勝3敗)
B級1組 中村修 B級2組(8勝2敗) [40]
中田宏樹 B級2組(8勝2敗)
B級2組 戸辺誠 C級1組(10勝0敗) [41]
飯島栄治 C級1組(9勝1敗)
C級1組 豊島将之 C級2組(10勝0敗) [42]
高崎一生 C級2組(9勝1敗)
金井恒太 C級2組(8勝2敗)
降級
次期クラス 棋士 成績
B級1組 井上慶太 A級(3勝6敗) [43]
佐藤康光 A級(2勝7敗)
B級2組 阿部隆 B級1組(2勝10敗) [39]
堀口一史座 B級1組(2勝10敗)
C級1組 内藤國雄 B級2組(3勝7敗) [40]
森雞二 B級2組(2勝8敗)
C級2組 石川陽生 C級1組(3勝7敗) [41]
神崎健二 C級1組(2勝8敗)
フリークラス 有吉道夫 C級2組(2勝8敗) [42]
大内延介 C級2組(2勝8敗)
児玉孝一 C級2組(2勝8敗)
藤倉勇樹 C級2組(1勝9敗)

竜王ランキング戦編集

第22期竜王戦ランキング戦(2008年12月 - 2009年9月)

昇級
次期クラス 棋士 成績
1組 森内俊之 2組優勝 [44]
森下卓 2組2位
谷川浩司 2組3位
井上慶太 2組3位
2組 片上大輔 3組優勝 [45]
北島忠雄 3組2位
行方尚史 3組3位
島朗 3組3位
飯島栄治 3組5位
3組 田中寅彦 4組優勝 [46]
中田宏樹 4組2位
西尾明 4組3位
糸谷哲郎 4組3位
矢倉規広 4組5位
4組 豊島将之 5組優勝 [47]
佐藤天彦 5組2位
佐藤和俊 5組3位
村中秀史 5組3位
5組 稲葉陽 6組優勝 [48]
長岡裕也 6組2位
村田顕弘 6組3位
田中悠一 6組3位
広瀬章人 6組5位
降級
次期クラス 棋士 成績
2組 木村一基 1組
5位決定戦
初戦敗退
[49]
山崎隆之
先崎学
中原誠
3組 屋敷伸之 2組
昇級者決定戦
初戦敗退
[44]
小林健二
阿久津主税
中村修
4組 神谷広志 3組
昇級者決定戦
初戦敗退
[45]
南芳一
森雞二
村田智弘
5組 西川慶二 4組
昇級者決定戦
初戦敗退
[46]
浦野真彦
泉正樹
田村康介
6組 土佐浩司 5組
昇級者決定戦
初戦敗退
[47]
室岡克彦
飯野健二
神吉宏充

将棋大賞編集

第37回将棋大賞受賞者[50]

各賞 受賞者 受賞 備考
最優秀棋士賞 羽生善治 3年連続17回目
優秀棋士賞 久保利明
敢闘賞 木村一基
新人賞 戸辺誠
最多対局賞 久保利明 2年連続2回目 61局
最多勝利賞 豊島将之 45勝
勝率一位賞 豊島将之 .763
連勝賞 阿久津主税 13連勝
最優秀女流棋士賞 里見香奈
女流棋士賞 清水市代 8年ぶり2回目
女流最多対局賞 上田初美 36局
岩根忍
東京記者会賞 谷川治恵
升田幸三賞 飯島栄治 飯島流引き角戦法
名局賞 ●久保利明
佐藤康光
第35期棋王戦五番勝負第5局
2010年3月30日
名局賞特別賞 児玉孝一
金井恒太
第68期C級2組順位戦9回戦
2010年2月2日(千日手指し直し局)

昇段・引退編集

昇段(級) 棋士 昇段日 昇段理由
四段 澤田真吾 2009年4月1日 第44回奨励会三段リーグ1位 [51]
大石直嗣 2009年4月1日 第44回奨励会三段リーグ2位 [52]
永瀬拓矢 2009年10月1日 第45回奨励会三段リーグ1位 [52]
阿部健治郎 2009年10月1日 第45回奨励会三段リーグ2位 [52]
五段 佐藤天彦 2009年4月30日 竜王ランキング戦連続昇級 [53]
豊島将之 2009年5月8日 竜王ランキング戦連続昇級 [54]
村中秀史 2009年9月15日 勝数規定 [55]
阪口悟 2009年12月8日 勝数規定 [56]
高崎一生 2010年2月2日 順位戦C級1組昇級 [57]
金井恒太 2010年3月9日 順位戦C級1組昇級 [58]
六段 片上大輔 2009年5月12日 竜王ランキング戦2組昇級 [59]
増田裕司 2009年9月11日 勝数規定 [60]
村中秀史 2009年10月16日 竜王ランキング戦連続昇級 [61]
戸辺誠 2010年2月9日 順位戦B級2組昇級 [62]
七段 大野八一雄 2009年4月1日 フリ―クラス昇段規定 [63]
阿久津主税 2009年4月1日 特別昇段(朝日杯優勝) [64]
飯塚祐紀 2009年10月27日 勝数規定 [65]
小林宏 2009年11月25日 勝数規定 [66]
八段 中川大輔 2009年12月11日 勝数規定 [67]
九段 久保利明 2010年3月30日 タイトル3期 [68]
女流2級 渡辺弥生 2009年4月1日 女流育成会昇級点2回 [69]
女流1級 香川愛生 2009年7月25日 マイナビ女子オープン本戦入り [70]
女流初段 熊倉紫野 2009年4月1日 女流王位リーグ残留 [63]
伊藤明日香 2009年4月1日 引退女流棋士昇段規定 [63]
女流二段 神田真由美 2009年4月1日 女流棋士引退規定 [71]
女流三段 里見香奈 2009年4月1日 タイトル1期 [63]
女流四段 里見香奈 2010年2月10日 タイトル3期 [72]
引退 棋士(最終段位) 最終対局日 引退理由
引退 依田有司 六段 2010年3月25日 フリークラス引退規定 [73]
藤田麻衣子女流1級 2010年3月31日 引退届提出 [74]
林まゆみ女流二段 2010年3月31日 女流棋士引退規定 [75]
藤森奈津子女流三段 2010年3月31日 引退届提出 [74]

出典編集

  1. ^ 瀬川晶司四段、フリークラスからC級2組へ昇級/社団法人 日本将棋連盟”. https://web.archive.org Intenet Archive. 2019年9月23日閲覧。
  2. ^ 第67期名人戦・順位戦 七番勝負”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  3. ^ 第80期棋聖戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  4. ^ 第50期王位戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  5. ^ 第57期王座戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  6. ^ 第22期竜王戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  7. ^ 第59期王将戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  8. ^ 第35期棋王戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  9. ^ 第3回大和証券杯ネット将棋・最強戦”. 日本将棋連盟. 2018年6月21日閲覧。
  10. ^ 第17回 富士通杯 達人戦”. 富士通杯 達人戦中継. 2018年6月19日閲覧。
  11. ^ 銀河戦”. 囲碁・将棋チャンネル. 2018年6月3日閲覧。
  12. ^ 第40期新人王戦”. 日本将棋連盟. 2018年6月3日閲覧。
  13. ^ 第30回JT将棋日本シリーズ”. 日本将棋連盟. 2018年6月10日閲覧。
  14. ^ 第3回朝日杯将棋オープン戦 棋譜一覧”. 朝日杯将棋オープン戦中継サイト. 2018年6月10日閲覧。
  15. ^ 第59回NHK杯戦”. 日本将棋連盟. 2018年6月10日閲覧。
  16. ^ 第2期マイナビ女子オープン”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  17. ^ 第20期女流王位戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  18. ^ 第31期  霧島酒造杯女流王将戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  19. ^ 第17期 大山名人杯倉敷藤花戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  20. ^ 第36期ユニバーサル杯女流名人位戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  21. ^ 第3回世田谷花みず木女流オープン”. 日本将棋連盟. 2018年6月3日閲覧。
  22. ^ 第8回NSN女流プロトーナメント戦”. NSN日本将棋ネットワーク. 2018年6月3日閲覧。
  23. ^ 日レスインビテーションカップ・第3回女流棋士トーナメント”. 日本女子プロ将棋協会. 2018年6月3日閲覧。
  24. ^ 第4回記念白瀧あゆみ杯争奪戦 最強者決定戦”. 日本将棋連盟. 2018年6月3日閲覧。
  25. ^ 第1回 LADIES HOLLY CUP”. 2018年6月3日閲覧。
  26. ^ 第1回大和証券杯ネット将棋・女流最強戦”. 日本将棋連盟. 2018年6月3日閲覧。
  27. ^ 第23回どうぶつしょうぎカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  28. ^ 第24回ファンクラブカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  29. ^ 第25回とちのきカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  30. ^ 第26回マンデーカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  31. ^ 第27回シュヴァリエカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  32. ^ 第28回GSPカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  33. ^ 第29回Tefu Cup”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  34. ^ 第30回ファミリーカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  35. ^ 第31回フランボワーズカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  36. ^ 第32回Bin's Gate Cup”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  37. ^ 第33回どうぶつしょうぎカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  38. ^ 第34回けやきカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  39. ^ a b 第68期名人戦・順位戦 B級1組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  40. ^ a b 第68期名人戦・順位戦 B級2組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  41. ^ a b 第68期名人戦・順位戦 C級1組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  42. ^ a b 第68期名人戦・順位戦 C級2組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  43. ^ 第68期名人戦・順位戦 七番勝負/A級”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  44. ^ a b 第22期竜王戦2組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  45. ^ a b 第22期竜王戦3組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  46. ^ a b 第22期竜王戦4組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  47. ^ a b 第22期竜王戦5組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  48. ^ 第22期竜王戦6組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  49. ^ 第22期竜王戦1組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  50. ^ 将棋大賞受賞者”. 日本将棋連盟. 2018年10月21日閲覧。
  51. ^ 第44回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2018年12月3日閲覧。
  52. ^ a b c 第45回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2018年12月3日閲覧。
  53. ^ 佐藤天彦四段が五段に昇段(4月30日付)”. 日本将棋連盟 (2009年5月1日). 2018年12月6日閲覧。
  54. ^ 豊島将之四段が五段に昇段(5月8日付)”. 日本将棋連盟 (2009年5月9日). 2018年12月6日閲覧。
  55. ^ 村中秀史四段が五段に昇段(2009年9月15日付)”. 日本将棋連盟 (2009年9月16日). 2018年12月6日閲覧。
  56. ^ 阪口悟四段が五段に昇段(2009年12月8日付)”. 日本将棋連盟 (2009年12月9日). 2018年12月6日閲覧。
  57. ^ 高崎一生四段が五段に昇段(2010年2月2日付)”. 日本将棋連盟 (2010年2月3日). 2018年12月6日閲覧。
  58. ^ 金井恒太四段が五段に昇段(3月9日付)”. 日本将棋連盟 (2010年3月10日). 2018年12月6日閲覧。
  59. ^ 片上大輔五段が六段に昇段”. 日本将棋連盟 (2009年5月13日). 2018年12月6日閲覧。
  60. ^ 増田裕司五段が六段に昇段(2009年9月11日付)”. 日本将棋連盟 (2009年9月12日). 2018年12月6日閲覧。
  61. ^ 村中秀史五段が六段に昇段(2009年10月16日付)”. 日本将棋連盟 (2009年10月19日). 2018年12月6日閲覧。
  62. ^ 戸辺誠五段が六段に昇段(2月9日付)”. 日本将棋連盟 (2010年2月10日). 2018年12月6日閲覧。
  63. ^ a b c d 2009年4月1日付昇段・昇級者”. 日本将棋連盟 (2009年4月1日). 2018年12月6日閲覧。
  64. ^ 阿久津主税六段が七段に昇段(2009年4月1日付)”. 日本将棋連盟 (2009年2月25日). 2018年12月4日閲覧。
  65. ^ 飯塚祐紀六段が七段に昇段(2009年10月27日付)”. 日本将棋連盟 (2009年10月28日). 2018年12月6日閲覧。
  66. ^ 小林宏六段が七段に昇段(2009年11月25日付)”. 日本将棋連盟 (2009年12月2日). 2018年12月6日閲覧。
  67. ^ 中川大輔七段が八段に昇段(2009年12月11日付)”. 日本将棋連盟 (2009年12月12日). 2018年12月6日閲覧。
  68. ^ 久保利明棋王・王将が九段に昇段”. 日本将棋連盟 (2003-31). 2018年12月6日閲覧。
  69. ^ 渡辺弥生 新女流棋士誕生”. 日本将棋連盟 (2009年2月1日). 2018年12月6日閲覧。
  70. ^ 香川愛生女流2級が女流1級に昇級”. 日本将棋連盟 (2009年7月28日). 2018年12月6日閲覧。
  71. ^ 神田真由美プロフィール(2014年2月18日時点のアーカイブ)
  72. ^ 里見香奈が女流名人位を奪取”. 日本将棋連盟 (2010年2月12日). 2018年12月6日閲覧。
  73. ^ 依田有司六段が引退”. 日本将棋連盟 (2010年3月29日). 2018年12月6日閲覧。
  74. ^ a b 日本女子プロ将棋協会 - お知らせ(2010年5月23日時点のアーカイブ)
  75. ^ 引退棋士のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2009-). 2018年12月6日閲覧。

外部リンク編集