メインメニューを開く

2009年民主党代表選挙(2009ねんみんしゅとうだいひょうせんきょ)は、2009年5月16日に行なわれた両院議員総会において民主党代表を選任する選挙である。この結果、鳩山由紀夫が新代表として選出された。

概要編集

5月10日以前の民主党内では、西松事件に絡む小沢一郎の公設第一秘書逮捕に伴い小沢の求心力が低下していた。また各種世論調査でも党勢に陰りが見られた。これを受けて小沢は5月11日に辞任を表明、代表選が行われることとなった。代表選の日程については5月12日午前の党役員会・役員会後の常任幹事会・夕方の両院議員総会において5月16日に立候補受付・投開票とすることが決定した。党役員会の際、代表選の投票権者の範囲について、政調会長代理の長妻昭ら4名が執行部案の国会議員だけではなく、さらに広げるべきだと主張したが、小沢は「長妻、安住野田福山の4人組!お前らいつも反対反対と、最後くらい言うことを聞け!」と強く反対、副代表の北澤俊美による異論にも「北澤先生ともあろう方がこんなことを言うとは信じられない!」と言って押し切った。また常任幹事会、両院議員総会でも異論が出たが、最終的には執行部案のまま押し切られることとなった[1][2]

候補者編集

正式な立候補受付は投開票が行われる両院議員総会当日午前9時から10時までの1時間であるが、5月14日に鳩山由紀夫、岡田克也両名が立候補を表明し[3]、この2名によって選挙戦は行われた。

党代表選データ編集

選挙の結果編集

得票数
鳩山由紀夫 124票
岡田克也 95票

(欠席:1、無効票:1)  

その他編集

  • 福岡政行が投票直前に行われた候補者2人によるディベート司会を担当した。
  • 衆議院議員の岩國哲人が欠席し、無効票は白票であった[5]
  • 衆議院の任期満了を間近に控えて総選挙が近かったこともあり、とかく亀裂を残しがちだった過去の代表選に対する反省から、論戦は低調だった。しかし民主党のマニフェストをめぐっていくつかの対立点も浮かび上がった。代表的なものがガソリンのいわゆる暫定税率を巡るもので、鳩山が暫定税率廃止によるガソリン代引き下げを政権奪取後初年度から行うべきだと主張したのに対し、岡田は優先順位が低いとして先送りを示唆した。結局鳩山が勝利し、暫定税率廃止は公約に掲げられたが、政権獲得後の税制改正でこの問題は大きな争点となり、財源不足から撤回に追い込まれることになった。
  • 菅直人はこの選挙までのすべての代表選に出馬していたが、今回は出馬を見送った。
  • 選挙の結果新代表として選出された鳩山は、小沢が代表辞任を発表するまで自らの進退について「小沢氏の下での幹事長だ。殉じるときは殉じる」と述べ、小沢が辞任する際には自らも連帯責任を取り幹事長を辞任する考えを示していた。また、後任の代表に自らが就く可能性については「そんなふうにはいかない」と否定していた[6]

脚注編集

  1. ^ 民主党代表選:「親小沢」VS「非小沢」 選出方法めぐり亀裂” (2009年5月13日). 2009年5月24日閲覧。
  2. ^ 【ポスト小沢】民主代表選は一騎討ちの様相 小沢氏、露骨に“圧力”” (2009年5月13日). 2009年5月24日閲覧。
  3. ^ 情報BOX:民主党代表候補、鳩山氏と岡田氏の横顔” (2009年5月14日). 2009年5月24日閲覧。
  4. ^ 民主党代表選:新代表、午後決定 岡田・鳩山両氏出馬 中間層の動向カギ” (2009年5月16日). 2009年5月18日閲覧。
  5. ^ 民主代表選、岩國氏は欠席 無効票1票は白票” (2009年5月16日). 2009年5月24日閲覧。
  6. ^ 鳩山氏、小沢氏辞任なら殉じる 代表就任も否定” (2009年3月29日). 2009年6月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集