2010年のサッカー日本女子代表

ここでは2010年におけるサッカー日本女子代表(A代表)の試合結果などについて記載する。

2009年-2010年-2011年

記録編集

競技大会 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
BICENNTENIAL WOMAN'S CUP 2010 4 3 1 0 9 3
東アジアサッカー選手権2010 3 3 0 0 7 1
国際親善 2 2 0 0 7 0
2010 AFC女子アジアカップ 5 4 0 1 16 2
2010年アジア競技大会 4 3 1 0 6 0
合計 18 15 2 1 45 6

得点者編集

選手名 BICENNTENIAL
WOMAN'S CUP
東アジアサッカー選手権 国際親善 AFC女子アジアカップ アジア競技大会 総得点
大野忍 0 1 3 0 2 6
山口麻美 2 1 0 2 0 5
安藤梢 2 0 0 3 0 5
高瀬愛実 1 1 1 1 0 4
岩清水梓 1 0 0 1 1 3
澤穂希 0 0 0 3 0 3
中野真奈美 1 0 0 1 0 2
宮間あや 0 1 0 1 0 2
近賀ゆかり 0 1 1 0 0 2
岩渕真奈 0 2 0 0 0 2
南山千明 0 0 2 0 0 2
須藤安紀子 1 0 0 0 0 1
鮫島彩 0 0 0 1 0 1
上尾野辺めぐみ 0 0 0 1 0 1
宇津木瑠美 0 0 0 1 0 1
永里優季 0 0 0 1 0 1
北本綾子 0 0 0 0 1 1
阪口夢穂 0 0 0 0 1 1

ユニフォーム編集

スタッフ編集

2010年11月、アジア競技大会[1]

役職 名前
監督   佐々木則夫
コーチ   望月聡
ゴールキーパーコーチ   前田信弘

選手編集

2010年11月、アジア競技大会招集メンバー[1]

  • 年齢、出場数、ゴール数、在籍クラブは  北朝鮮戦終了時。
No. Pos. 選手名 生年月日(年齢) 出場数 ゴール 在籍クラブ
1 GK 山郷のぞみ (1975-01-16)1975年1月16日(35歳) 95 0   浦和レッドダイヤモンズ・レディース
12 GK 海堀あゆみ (1986-09-04)1986年9月4日(24歳) 13 0   INAC神戸レオネッサ
4 DF 近賀ゆかり (1984-05-02)1984年5月2日(26歳) 55 4   日テレ・ベレーザ
3 DF 矢野喬子 (1984-06-03)1984年6月3日(26歳) 65 1   浦和レッドダイヤモンズ・レディース
2 DF 岩清水梓 (1986-10-14)1986年10月14日(24歳) 57 8   日テレ・ベレーザ
5 DF 鮫島彩 (1987-06-16)1987年6月16日(23歳) 20 2   東京電力女子サッカー部マリーゼ
15 DF 長船加奈 (1989-10-16)1989年10月16日(21歳) 3 0   東京電力女子サッカー部マリーゼ
13 DF 熊谷紗希 (1990-10-17)1990年10月17日(20歳) 17 0   浦和レッドダイヤモンズ・レディース
10 MF 澤穂希 (1978-09-06)1978年9月6日(32歳) 161 75   日テレ・ベレーザ[2]
8 MF 宮間あや (1985-01-28)1985年1月28日(25歳) 86 22   岡山湯郷Belle[3]
16 MF 川澄奈穂美 (1985-09-23)1985年9月23日(25歳) 10 0   INAC神戸レオネッサ
7 MF 上尾野辺めぐみ (1986-03-15)1986年3月15日(24歳) 11 1   アルビレックス新潟レディース
14 MF 山口麻美 (1986-08-13)1986年8月13日(24歳) 16 6   日テレ・ベレーザ
17 MF 中野真奈美 (1986-08-30)1986年8月30日(24歳) 10 2   岡山湯郷Belle
6 MF 阪口夢穂 (1987-10-15)1987年10月15日(23歳) 33 15   アルビレックス新潟レディース
9 FW 北本綾子 (1983-06-22)1983年6月22日(27歳) 17 4   浦和レッドダイヤモンズ・レディース
11 FW 大野忍 (1984-01-23)1984年1月23日(26歳) 80 33   日テレ・ベレーザ
18 FW 高瀬愛実 (1990-11-10)1990年11月10日(20歳) 12 4   INAC神戸レオネッサ

過去の招集編集

Pos. 選手名 生年月日(年齢) 出場数 ゴール 在籍クラブ 最近の招集
GK 福元美穂 (1983-10-02)1983年10月2日(27歳) 51 0   岡山湯郷Belle 2010 AFC女子アジアカップ, 2020年5月
GK 山根恵里奈 (1990-12-20)1990年12月20日(19歳) 1 0   東京電力女子サッカー部マリーゼ BICENNTENIAL WOMAN'S CUP 2010, 2020年1月
DF 金野結子 (1980-10-10)1980年10月10日(30歳) 1 0   ジェフユナイテッド市原・千葉レディース v.  メキシコ, 2010年5月11日
DF 須藤安紀子 (1984-04-07)1984年4月7日(26歳) 15 3   日テレ・ベレーザ 2010 AFC女子アジアカップ, 2020年5月
DF 豊田奈夕葉 (1986-09-15)1986年9月15日(24歳) 22 0   日テレ・ベレーザ 2010 AFC女子アジアカップ, 2020年5月
DF 川村優理 (1989-05-17)1989年5月17日(21歳) 2 0   アルビレックス新潟レディース BICENNTENIAL WOMAN'S CUP 2010, 2020年1月
MF 南山千明 (1985-10-16)1985年10月16日(25歳) 4 2   日テレ・ベレーザ 2010 AFC女子アジアカップ, 2020年5月
MF 井手上麻子 (1987-05-05)1987年5月5日(23歳) 1 0   東京電力女子サッカー部マリーゼ v.  メキシコ, 2010年5月11日
MF 宇津木瑠美 (1988-12-05)1988年12月5日(21歳) 38 5   モンペリエHSC[4] 2010 AFC女子アジアカップ, 2020年5月
MF 原菜摘子 (1989-03-01)1989年3月1日(21歳) 2 0   日テレ・ベレーザ BICENNTENIAL WOMAN'S CUP 2010, 2020年1月
MF 木龍七瀬 (1989-10-31)1989年10月31日(21歳) 3 0   日テレ・ベレーザ 東アジアサッカー選手権2010, 2010年2月
MF 菅澤優衣香 (1990-10-05)1990年10月5日(20歳) 6 0   アルビレックス新潟レディース 2010 AFC女子アジアカップ, 2020年5月
FW 安藤梢 (1982-07-09)1982年7月9日(28歳) 79 17   FCR2001デュースブルク 2010 AFC女子アジアカップ, 2020年5月
FW 永里優季 (1987-07-15)1987年7月15日(23歳) 58 29   1.FFCトゥルビネ・ポツダム 2010 AFC女子アジアカップ, 2020年5月
FW 安本紗和子 (1990-07-06)1990年7月6日(20歳) 2 0   東京電力女子サッカー部マリーゼ v.  メキシコ, 2010年5月11日
FW 岩渕真奈 (1993-03-18)1993年3月18日(17歳) 3 2   日テレ・ベレーザ 東アジアサッカー選手権2010, 2010年2月

大会・招集選手編集

日程編集

BICENNTENIAL WOMAN'S CUP 2010
東アジアサッカー選手権2010
国際親善 (アジアカップ2010壮行試合)
2010 AFC女子アジアカップ グループリーグ
2010 AFC女子アジアカップ 決勝トーナメント 準決勝
2010 AFC女子アジアカップ 決勝トーナメント 3位決定戦
2010年アジア競技大会 グループリーグ
2010年アジア競技大会 決勝トーナメント 準決勝
2010年アジア競技大会 決勝トーナメント 決勝

主なフォーメーション編集

BICENNTENIAL CUP
デンマーク戦(1/13)
[5]
東アジア選手権
韓国戦(2/13)
アジアカップ
ミャンマー戦(5/20)
アジアカップ
中国戦(5/30)
アジア大会
北朝鮮戦(11/22)


脚注編集

  1. ^ a b なでしこジャパン|日本代表財団法人日本サッカー協会”. www.jfa.or.jp. 2021年4月10日閲覧。
  2. ^ 澤が日テレに復帰、新監督に野田朱美氏が就任” (日本語). ゲキサカ (2010年11月5日). 2021年4月10日閲覧。
  3. ^ なでしこ・宮間、アメリカから復帰し岡山湯郷に合流” (日本語). ゲキサカ (2010年9月16日). 2021年4月10日閲覧。
  4. ^ 宇津木瑠美選手移籍のお知らせ « 東京ヴェルディ/TOKYO VERDY”. web.archive.org (2015年8月31日). 2021年4月10日閲覧。
  5. ^ "ヤングなでしこ"が終盤苦戦も強豪デンマークをくだす” (日本語). ゲキサカ. 2021年4月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

日本代表|公式記録|日本代表|日本サッカー協会