メインメニューを開く

2010年バンクーバーオリンピックのスキージャンプ競技

ウィスラー・オリンピック・パーク

2010年バンクーバーオリンピックスキージャンプ競技は2月12日から22日までの競技日程でウィスラー・オリンピック・パークで開催された。ノーマルヒル個人の予選は今大会で唯一開会式前に実施された。

目次

競技日程編集

競技時間は太平洋標準時。日本とバンクーバーとの時差は17時間である。

大会日 日時 競技開始 競技終了 種目 ラウンド
第1日 2010年2月12日 10:00 11:05 ノーマルヒル個人 予選
第2日 2010年2月13日 9:45 11:25 ノーマルヒル個人 決勝
第8日 2010年2月19日 10:00 11:05 ラージヒル個人 予選
第9日 2010年2月20日 11:30 13:10 ラージヒル個人 決勝
第11日 2010年2月22日 10:00 11:55 ラージヒル団体 予選・決勝

競技の結果編集

ノーマルヒル編集

順位 国・地域 選手 1本目 2本目 得点
得点 飛距離 得点 飛距離
1   スイス シモン・アマン 135.5 105.0m 141.0 108.0m 276.5
2   ポーランド アダム・マリシュ 132.5 103.5m 137.0 105.0m 269.5
3   オーストリア グレゴア・シュリーレンツァウアー 128.0 101.5m 140.0 106.5m 268.0
4   フィンランド ヤンネ・アホネン 129.5 102.0m 133.5 104.0m 263.0
5   ドイツ ミヒャエル・ウアマン 133.0 103.5m 129.5 102.0m 262.5
6   スロベニア ロベルト・クラニエッツ 129.0 102.0m 130.5 102.5m 259.5
7   スロベニア ペテル・プレヴツ 124.0 100.0m 135.0 104.5m 259.0
8   オーストリア トーマス・モルゲンシュテルン 130.0 102.0m 128.5 101.5m 258.5
9   ノルウェー アンデシュ・ヤコブセン 123.5 99.5m 133.5 104.0m 257.0
10   ドイツ マルティン・シュミット 123.0 99.5m 133.0 103.5m 256.0
15   日本 伊東大貴 125.0 100.5m 124.5 100.0m 249.5
17   日本 葛西紀明 120.5 99.0m 124.0 100.5m 244.5
34   日本 竹内択 110.5 94.5m 2本目に進めず 110.5
37   日本 栃本翔平 108.5 93.5m 2本目に進めず 108.5

ラージヒル編集

  • 実施日・2月20日
  • コースの要件
    • K点・125m
    • ヒルサイズ・140m
  • ノーマルヒルを制したアマンがまたしても一、二本目ともに最長不倒を飛んで圧勝、2度目のオリンピック2冠を達成した。合計4個の金メダルはジャンプ史上最多。
  • FIS公式記録:個人ラージヒル
順位 国・地域 選手 1本目 2本目 得点
得点 飛距離 得点 飛距離
1   スイス シモン・アマン 144.7 144.0m 138.9 138.0m 283.6
2   ポーランド アダム・マリシュ 138.1 137.0m 131.3 133.5m 269.4
3   オーストリア グレゴア・シュリーレンツァウアー 125.4 130.5m 136.8 136.0m 262.2
4   オーストリア アンドレアス・コフラー 127.2 131.5m 134.0 135.0m 261.2
5   オーストリア トーマス・モルゲンシュテルン 123.6 129.5m 123.1 129.5m 246.7
6   ドイツ ミヒャエル・ノイマイアー 122.5 130.0m 123.0 130.0m 245.5
7   チェコ アントニン・ハイエク 119.4 128.0m 121.2 129.0m 240.6
8   日本 葛西紀明 105.7 121.5m 133.5 135.0m 239.2
9   スロベニア ロベルト・クラニエッツ 99.3 118.5m 134.4 135.5m 233.7
10   オーストリア ウォルフガング・ロイツル 124.1 129.5m 106.2 121.5m 230.3
20   日本 伊東大貴 95.6 117.0m 121.3 128.5m 216.9
37   日本 竹内択 83.9 110.5m 2本目に進めず 83.9
45   日本 栃本翔平 73.4 105.5m 2本目に進めず 73.4

ラージヒル団体編集

  • 実施日・2月22日
  • コースの要件
    • K点・125m
    • ヒルズサイズ・140m
  • 二本目に進出できるのは一本目上位8チームのみである。
  • ワールドカップ総合で2位から5位までを占めるオーストリアが前評判通り圧倒的な力を見せて金メダルを獲得した。
  • FIS公式記録:団体ラージヒル
順位 国・地域 選手 1本目 2本目 得点
得点 飛距離 得点 飛距離
1   オーストリア ウォルフガング・ロイツル 140.4 138.0m 141.8 138.5m 1107.9
アンドレアス・コフラー 126.1 132.0m 138.6 142.0m
トーマス・モルゲンシュテルン 135.9 135.5m 135.0 135.0m
グレゴア・シュリーレンツァウアー 144.9 140.5m 145.2 146.5m
2   ドイツ ミヒャエル・ノイマイアー 135.6 137.0m 134.7 136.5m 1035.8
アンドレアス・ヴァンク 120.3 128.5m 141.7 139.0m
マルティン・シュミット 119.9 128.0m 106.6 122.0m
ミヒャエル・ウアマン 133.5 135.0m 143.5 140.0m
3   ノルウェー アンデシュ・バーダル 118.4 128.0m 117.1 127.0m 1030.3
トム・ヒルデ 118.5 127.5m 141.7 139.0m
ヨハン・レメン・エベンセン 126.7 131.5m 122.1 129.5m
アンデシュ・ヤコブセン 140.4 138.0m 145.4 140.5m
4   フィンランド マッティ・ハウタマキ 129.8 133.5m 123.5 130.0m 1014.6
ヤンネ・ハッポネン 120.3 128.5m 142.2 139.0m
カッレ・ケイツリ 108.4 123.0m 126.6 132.0m
ハッリ・オッリ 131.7 134.0m 132.1 134.5m
5   日本 伊東大貴 122.1 129.5m 130.8 133.5m 1007.7
竹内択 113.4 125.5m 122.1 129.5m
栃本翔平 118.4 128.0m 126.6 132.0m
葛西紀明 130.8 133.5m 143.5 140.0m
6   ポーランド ステファン・フラ 122.2 129.0m 118.5 127.5m 996.7
ルカシュ・ルトコウスキー 108.4 123.0m 118.5 127.5m
カミル・ストッフ 116.2 126.5m 132.6 134.5m
アダム・マリシュ 137.2 136.5m 143.1 139.5m
7   チェコ アントニン・ハイエク 121.2 129.0m 134.0 135.0m 981.8
ロマン・コウデルカ 124.3 131.0m 134.4 135.5m
ルカシュ・フラヴァ 112.5 125.0m 114.3 126.0m
ヤクブ・ヤンダ 119.4 128.0m 121.7 129.0m
8   スロベニア プリモジュ・ピクル 109.2 124.0m 102.1 119.5m 958.8
ミトヤ・メツナル 114.7 126.5m 124.3 131.0m
ペテル・プレヴツ 127.1 132.0m 118.0 127.5m
ロベルト・クラニエッツ 121.2 129.0m 142.2 139.0m

各国メダル数編集

国・地域
1   スイス 2 0 0 2
2   オーストリア 1 0 2 3
3   ポーランド 0 2 0 2
4   ドイツ 0 1 0 1
5   ノルウェー 0 0 1 1

その他選手編集

関連項目編集

外部リンク編集