メインメニューを開く

2010年ブラジルグランプリ

2010年ブラジルグランプリは、2010年F1世界選手権第18戦として、2010年11月7日アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェで開催された。正式名称は2010 FORMULA 1 Grande Prêmio Petrobras do Brasil

ブラジルの旗 2010年ブラジルグランプリ
レース詳細
Autódromo José Carlos Pace (AKA Interlagos) track map.svg
日程 2010年シーズン第18戦
決勝開催日 11月7日
開催地 アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ
ブラジル サンパウロ
コース長 4.309km
レース距離 71周(305.909km)
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'14.470
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
タイム 1'13.851
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

展開編集

Q1編集

午前中から降りだした雨により路面はウェットの状態でセッションはスタートする。各車インターミディエイトタイヤで燃料を積んで周回を重ねていく中、ウェバーベッテルレッドブル勢が早々に1-2体制を築く。しかし、終盤再度コースインしたフェラーリアロンソが1'18.987でトップを奪いQ1が終了。以下、スーティルグロックトゥルーリコバライネンディ・グラッシクリエンセナがQ1敗退となった。

Q2編集

Q2では雨量は少なくなり、各車インターミディエイトタイヤを履いてコースに出て行く。開始4分ほど経過した時点でウェバーが1'19.694でトップに。その後ろから全くの同タイムでシューマッハが通過。しかし開始10分ほどが経過するとベッテルがトップに立ち、またもレッドブルが1-2体制を築く。残り2分でウェバーがトップに立ちレッドブルが1-2のままセッションは終了。マクラーレンバトンは最後10番手に入ったが、そのあとから来たマッサが10番手に入り、バトンはノックアウト。又、日本人の小林も12番手となりノックアウト。結果、バトン、小林、ロズベルグアルグエルスアリブエミハイドフェルドリウッツィがQ2敗退となった。

Q3編集

迎えたQ3。各車インターミディエイトタイヤでコースインしていく。まずは各車インターミディエイトタイヤでタイムを出し、ハミルトンが1'17.212でトップに立つ。しかし、路面は乾いてきており、クビサを先頭に各車スリックタイヤに変えていく。まずクビサがアタックをしていくが、ターン12などのセクター3は乾いておらずスピンしてしまう。しかし、ウィリアムズヒュルケンベルグがセクター1をファステスト、セクター2を自己ベストで駆け抜け1'16.373でトップに立った。さらにその後ろから来たハミルトン、アロンソがトップタイムを塗り替えていく。しかし、その後ろからまたもヒュルケンベルグがファステストを叩き出しトップへ。クビサ、ハミルトン、ウェバー、ベッテルが来るもトップタイムは奪えず。この時点でヒュルケンベルグのポールが確定。しかし、その後ろからまだアタックしていたヒュルケンベルグがセクター1、セクター2をファステストでつなぎ、自身のタイムを約1秒も更新する渾身のアタックを決め見事ポールポジションを獲得した。ウィリアムズにとっては2005年ヨーロッパGP以来となるポールポジションであった。

結果編集

順位 No ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 10   ニコ・ヒュルケンベルグ ウィリアムズコスワース 1:20.050 1:19.144 1:14.470 1
2 5   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:19.160 1:18.691 1:15.519 2
3 6   マーク・ウェバー レッドブルルノー 1:19.025 1:18.516 1:15.637 3
4 2   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1:19.931 1:18.921 1:15.747 4
5 8   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:18.987 1:19.010 1:15.989 5
6 9   ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズコスワース 1:19.799 1:18.925 1:16.203 6
7 11   ロバート・クビサ ルノー 1:19.249 1:18.877 1:16.552 7
8 3   ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:19.879 1:18.923 1:16.925 8
9 7   フェリペ・マッサ フェラーリ 1:19.778 1:19.200 1:17.101 9
10 12   ヴィタリー・ペトロフ ルノー 1:20.189 1:19.153 1:17.656 10
11 1   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:19.905 1:19.288 11
12 23   小林可夢偉 BMWザウバーフェラーリ 1:19.741 1:19.385 12
13 4   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:20.153 1:19.486 13
14 17   ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソフェラーリ 1:20.158 1:19.581 14
15 16   セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソフェラーリ 1:20.096 1:19.847 19
16 22   ニック・ハイドフェルド BMWザウバーフェラーリ 1:20.174 1:19.899 15
17 15   ヴィタントニオ・リウッツィ フォースインディアメルセデス 1:20.592 1:20.357 16
18 14   エイドリアン・スーティル フォースインディアメルセデス 1:20.830 22
19 24   ティモ・グロック ヴァージンコスワース 1:22.130 17
20 18   ヤルノ・トゥルーリ ロータスコスワース 1:22.250 18
21 19   ヘイキ・コバライネン ロータスコスワース 1:22.378 20
22 25   ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージンコスワース 1:22.810 21
23 20   クリスチャン・クリエン HRTコスワース 1:23.083 23
24 21   ブルーノ・セナ HRTコスワース 1:23.796 24
  • No.16は前戦での危険行為で5グリッド降格
  • No.14は前戦での危険行為で5グリッド降格


決勝編集

結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 5   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 71 1:33'11.803 2 25
2 6   マーク・ウェバー レッドブルルノー 71 +4.243 3 18
3 8   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 71 +6.807 5 15
4 2   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 71 +14.634 4 12
5 1   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 71 +15.593 11 10
6 4   ニコ・ロズベルグ メルセデス 71 +35.320 13 8
7 3   ミハエル・シューマッハ メルセデス 71 +43.456 8 6
8 10   ニコ・ヒュルケンベルグ ウィリアムズコスワース 70 +1 Lap 1 4
9 11   ロバート・クビサ ルノー 70 +1 Lap 7 2
10 23   小林可夢偉 BMWザウバーフェラーリ 70 +1 Lap 12 1
11 17   ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソフェラーリ 70 +1 Lap 14
12 14   エイドリアン・スーティル フォースインディアメルセデス 70 +1 Lap 22
13 16   セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソフェラーリ 70 +1 Lap 19
14 9   ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズコスワース 70 +1 Lap 6
15 7   フェリペ・マッサ フェラーリ 70 +1 Lap 9
16 12   ヴィタリー・ペトロフ ルノー 70 +1 Lap 10
17 22   ニック・ハイドフェルド BMWザウバーフェラーリ 70 +1 Lap 15
18 19   ヘイキ・コバライネン ロータスコスワース 69 +2 Laps 20
19 18   ヤルノ・トゥルーリ ロータスコスワース 69 +2 Laps 18
20 24   ティモ・グロック ヴァージンコスワース 69 +2 Laps 17
21 21   ブルーノ・セナ HRTコスワース 69 +2 Laps 24
22 20   クリスチャン・クリエン HRTコスワース 65 +6 Laps 23
NC 25   ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージンコスワース 62 +9 Laps 21
Ret 15   ヴィタントニオ・リウッツィ フォースインディアメルセデス 49 クラッシュ 16
  • No.25はチェッカーフラッグを受けたが、規定周回数の90%を走破していないためリタイア扱い

脚注編集