2010年度の将棋界(2010ねんどのしょうぎかい)では、2010年(平成22年)4月から2011年(平成23年)3月の将棋界に関する出来事について記述する。

できごと編集

記録編集

タイトル戦編集

棋戦 勝者 開催時期 番勝負 備考
在位者 勝敗 挑戦者
名人戦 第68期名人 羽生善治 2010年4-6月 羽生善治 名人 4-0 三浦弘行 八段 3期連続(通算7期) [1]
棋聖戦 第81期棋聖 羽生善治 2010年6-7月 羽生善治 棋聖 3-0 深浦康市 王位 3期連続(通算9期) [2]
王位戦 第51期王位 広瀬章人 2010年7-9月 深浦康市 王位 2-4 広瀬章人 六段 初タイトル [3]
王座戦 第58期王座 羽生善治 2010年9-10月 羽生善治 王座 3-0 藤井猛 九段 19期連続(通算19期) [4]
竜王戦 第23期竜王 渡辺明 2010年10-12月 渡辺明 竜王 4-2 羽生善治 名人 7期連続(通算7期) [5]
王将戦 第60期王将 久保利明 2011年1-3月 久保利明 王将 4-2 豊島将之 六段 2期連続(通算2期) [6]
棋王戦 第36期棋王 久保利明 2011年2-3月 久保利明 棋王 3-1 渡辺明 竜王 3期連続(通算3期) [7]

その他の棋戦編集

新:新人棋戦 非:非公式戦
棋戦 優勝者 決勝開催日 準優勝者 備考
大和証券杯ネット将棋・最強戦 4 久保利明二冠 2010年8月22日 森内俊之九段 初優勝 [8]
富士通杯達人戦 18 佐藤康光九段 2010年9月4日 谷川浩司九段 初優勝 [9]
銀河戦 18 佐藤康光九段 2010年9月23日 丸山忠久九段 2年ぶり3回目 [10]
新人王戦 41 阿部健治郎四段 2010年10月22日 加來博洋アマ 初優勝 [11]
JT将棋日本シリーズ 31 羽生善治名人 2010年11月23日 山崎隆之七段 7年ぶり4回目 [12]
朝日杯将棋オープン戦 4 木村一基八段 2011年2月12日 羽生善治名人 初優勝 [13]
NHK杯将棋トーナメント 60 羽生善治名人 2011年2月28日 糸谷哲郎五段 3年連続9回目 [14]

女流タイトル戦編集

棋戦 勝者 開催時期 番勝負 備考
在位者 勝敗 挑戦者
マイナビ女子オープン 第3期女王 甲斐智美 2010年3-5月 矢内理絵子女王 0-3 甲斐智美女流二段 初女王 [15]
女流王位戦 第21期女流王位 甲斐智美 2010年5-6月 清水市代女流王位 1-3 甲斐智美女王 初女流王位 [16]
女流王将戦 第32女流王将 里見香奈 2010年10月 清水市代女流王将 1-2 里見香奈女流二冠 初女流王将 [17]
倉敷藤花戦 第18期倉敷藤花 里見香奈 2010年11月 里見香奈倉敷藤花 2-1 岩根忍女流二段 3期連続(通算3期) [18]
女流名人位戦 第37期女流名人 里見香奈 2011年1-3月 里見香奈女流名人 3-0 清水市代女流六段 2期連続(通算2期) [19]

その他の女流棋戦編集

新:新人棋戦 L:LPSA主催 非:非公式戦
棋戦 優勝者 決勝開催日 準優勝者 備考
世田谷花みず木女流オープン戦 4 室谷由紀女流3級 2010年4月29日 山口恵梨子女流初段 初優勝 [20]
日レスインビテーションカップ L 4 中井広恵女流六段 2010年9月25日 石橋幸緒女流四段 2年ぶり3回目 [21]
白瀧あゆみ杯争奪戦 非/新 5 永瀬拓矢四段 2010年10月3日 竹俣紅アマ 初優勝/角落 [22]
大和証券杯ネット将棋・女流最強戦 4 中井広恵女流六段 2011年3月20日 里見香奈女流三冠 3年連続3回目 [23]
1dayトーナメント L 35 室谷早紀アマ 2010年4月29日 瀬戸川智香アマ アマ棋戦 [24]
36 石橋幸緒女流四段 2010年6月20日 松尾香織女流初段 6回目 [25]
37 船戸陽子女流二段 2010年7月19日 渡部愛ツアー女子プロ 4回目 [26]
38 和田あきアマ 2010年9月23日 鈴木悠子アマ アマ棋戦 [27]
39 石橋幸緒女流四段 2010年10月11日 中井広恵女流六段 7回目 [28]
40 中倉姉妹ペア 2010年11月23日 中井・白鳥ペア ペア棋戦 [29]
41 渡部愛ツアー女子プロ 2010年12月23日 中井広恵女流六段 2回目 [30]

順位戦編集

第69期順位戦(2010年6月 - 2011年3月)

昇級
次期クラス 棋士 成績
A級 佐藤康光 B級1組(9勝3敗) [31]
屋敷伸之 B級1組(8勝4敗)
B級1組 橋本崇載 B級2組(9勝1敗) [32]
阿久津主税 B級2組(8勝2敗)
B級2組 広瀬章人 C級1組(9勝1敗) [33]
田村康介 C級1組(9勝1敗)
C級1組 佐藤天彦 C級2組(10勝0敗) [34]
糸谷哲郎 C級2組(9勝1敗)
稲葉陽 C級2組(8勝2敗)
C級2組 瀬川晶司四段 フリークラスより昇級 [35]
降級
次期クラス 棋士 成績
B級1組 木村一基 A級(3勝6敗) [36]
藤井猛 A級(3勝6敗)
B級2組 豊川孝弘 B級1組(4勝8敗) [31]
杉本昌隆 B級1組(4勝8敗)
C級1組 土佐浩司 B級2組(3勝7敗) [32]
佐藤秀司 B級2組(2勝8敗)
C級2組 勝又清和 C級1組(2勝8敗) [33]
西川慶二 C級1組(2勝8敗)

竜王ランキング戦編集

第23期竜王戦ランキング戦(2009年12月 - 2010年9月)

昇級
次期クラス 棋士 成績
1組 藤井猛 2組優勝 [37]
三浦弘行 2組2位
木村一基 2組3位
飯島栄治 2組3位
2組 阿久津主税 3組優勝 [38]
中座真 3組2位
畠山鎮 3組3位
野月浩貴 3組3位
3組 村山慈明 4組優勝 [39]
小林裕士 4組2位
飯塚祐紀 4組3位
佐藤天彦 4組3位
4組 戸辺誠 5組優勝 [40]
神崎健二 5組2位
田村康介 5組3位
広瀬章人 5組3位
長岡裕也 5組5位
5組 中村太地 6組優勝 [41]
阿部健治郎 6組2位
熊坂学 6組3位
澤田真吾 6組3位
千葉幸生 6組5位
降級
次期クラス 棋士 成績
2組 鈴木大介 1組
5位決定戦
初戦敗退
[42]
橋本崇載
谷川浩司
井上慶太
3組 富岡英作 2組
昇級者決定戦
初戦敗退
[37]
佐藤紳哉
片上大輔
北島忠雄
4組 小林健二 3組
昇級者決定戦
初戦敗退
[38]
青野照市
高田尚平
中田宏樹
5組 村田智弘 4組
昇級者決定戦
初戦敗退
[39]
脇謙二
岡崎洋
村中秀史
6組 西川慶二 5組
昇級者決定戦
初戦敗退
[40]
加藤一二三
石田和雄
木下浩一

将棋大賞編集

第38回将棋大賞受賞者[43]

各賞 受賞者 受賞 備考
最優秀棋士賞 羽生善治 4年連続18回目
優秀棋士賞 久保利明 2年連続2回目
渡辺明 2年ぶり3回目
敢闘賞 広瀬章人
新人賞 豊島将之
最多対局賞 渡辺明 58局
最多勝利賞 羽生善治 3年ぶり11回目 43勝
勝率一位賞 佐藤天彦 .795
連勝賞 佐藤天彦 17連勝
最優秀女流棋士賞 里見香奈 2年連続2回目
女流棋士賞 甲斐智美
女流最多対局賞 中井広恵 30局
清水市代
東京記者会賞 佐伯昌優
升田幸三賞 星野良生(三段) 対ゴキゲン中飛車
超速▲3七銀」戦法
名局賞 〇広瀬章人
深浦康市
第51期王位戦七番勝負第6局
2010年9月1・2日
名局賞特別賞 藤井猛
森内俊之
第69期A級順位戦7回戦
2011年1月13日

昇段・引退編集

昇段(級) 棋士 昇段日 昇段理由
四段 菅井竜也 2010年4月1日 第46回奨励会三段リーグ1位 [44]
牧野光則 2010年4月1日 第46回奨励会三段リーグ2位 [45]
佐々木勇気 2010年10月1日 第47回奨励会三段リーグ1位 [45]
船江恒平 2010年10月1日 第47回奨励会三段リーグ2位 [45]
五段 長岡裕也 2010年11月2日 竜王ランキング戦連続昇級 [46]
中村太地 2011年1月27日 勝数規定 [47]
遠山雄亮 2011年2月22日 勝数規定 [48]
稲葉陽 2011年3月8日 順位戦C級1組昇級 [49]
六段 広瀬章人 2010年6月11日 タイトル挑戦 [50]
宮田敦史 2010年9月3日 勝数規定 [51]
千葉幸生 2010年9月16日 勝数規定 [52]
豊島将之 2010年11月29日 タイトル挑戦 [53]
高野秀行 2011年2月22日 勝数規定 [54]
七段 神吉宏充 2010年4月1日 フリ―クラス昇段規定 [55]
広瀬章人 2010年9月2日 タイトル1期 [56]
飯島栄治 2010年10月22日 竜王ランキング戦1組昇級 [57]
八段 鈴木輝彦 2010年4月1日 引退棋士昇段規定 [55]
日浦市郎 2010年4月16日 勝数規定 [58]
九段 井上慶太 2011年3月3日 勝数規定 [59]
女流2級 室谷由紀 2010年7月17日 年間参加棋戦数と同数の勝ち星 [60]
女流1級 室谷由紀 2010年7月17日 マイナビ女子オープン本戦入り [60]
渡辺弥生 2011年3月3日 女流名人位戦B級入り [61]
女流初段 山口恵梨子 2010年4月1日 年度指し分け以上 [55]
女流二段 村田智穂 2011年2月10日 勝数規定 [62]
女流三段 林まゆみ 2010年4月1日 引退女流棋士昇段規定 [55]
甲斐智美 2010年4月19日 タイトル1期 [63]
女流四段 藤森奈津子 2010年4月1日 LPSA理事会審議により [64]
引退 棋士(最終段位) 最終対局日 引退理由
引退 大内延介 九段 2010年4月20日 フリークラス棋士引退規定 [65]
有吉道夫 九段 2010年5月24日 フリークラス棋士引退規定 [66]
小阪昇 七段 2010年7月14日 フリークラス棋士引退規定 [67]

出典編集

  1. ^ 第68期名人戦・順位戦 七番勝負”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  2. ^ 第81期棋聖戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  3. ^ 第51期王位戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  4. ^ 第58期王座戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  5. ^ 第23期竜王戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  6. ^ 第60期王将戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  7. ^ 第36期棋王戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  8. ^ 第4回大和証券杯ネット将棋・最強戦”. 日本将棋連盟. 2018年6月21日閲覧。
  9. ^ 第18回 富士通杯 達人戦”. 富士通杯 達人戦中継. 2018年6月19日閲覧。
  10. ^ 銀河戦”. 囲碁・将棋チャンネル. 2018年6月3日閲覧。
  11. ^ 第41期新人王戦”. 日本将棋連盟. 2018年6月3日閲覧。
  12. ^ 第31回JT将棋日本シリーズ”. 日本将棋連盟. 2018年6月10日閲覧。
  13. ^ 第4回朝日杯将棋オープン戦 棋譜一覧”. 朝日杯将棋オープン戦中継サイト. 2018年6月10日閲覧。
  14. ^ 第60回NHK杯戦”. 日本将棋連盟. 2018年6月10日閲覧。
  15. ^ 第3期マイナビ女子オープン”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  16. ^ 第21期女流王位戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  17. ^ 第32期  霧島酒造杯女流王将戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  18. ^ 第18期 大山名人杯倉敷藤花戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  19. ^ 第37期ユニバーサル杯女流名人位戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月26日閲覧。
  20. ^ 第4回世田谷花みず木女流オープン”. 日本将棋連盟. 2018年6月3日閲覧。
  21. ^ 日レスインビテーションカップ・第4回女流棋士トーナメント 中井六段が3度目のV”. 日本女子プロ将棋協会. 2018年6月3日閲覧。
  22. ^ 第5回記念白瀧あゆみ杯争奪戦 最強者決定戦”. 日本将棋連盟. 2018年6月3日閲覧。
  23. ^ 第1回大和証券杯ネット将棋・女流最強戦”. 日本将棋連盟. 2018年6月3日閲覧。
  24. ^ 第35回GSPカップWest”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  25. ^ 第36回NIS×TefuCUP”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  26. ^ 第37回マンデーカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  27. ^ 第38回GSPカップEast”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  28. ^ 第39回ファンクラブカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  29. ^ 第40回HIAファミリーカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  30. ^ 第41回フランボワーズカップ”. 1dayトーナメント中継サイト. 2018年5月29日閲覧。
  31. ^ a b 第69期名人戦・順位戦 B級1組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  32. ^ a b 第69期名人戦・順位戦 B級2組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  33. ^ a b 第69期名人戦・順位戦 C級1組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  34. ^ 第69期名人戦・順位戦 C級2組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  35. ^ 瀬川晶司四段、フリークラスからC級2組へ昇級”. 日本将棋連盟/Internet Archive. 2019年9月23日閲覧。
  36. ^ 第69期名人戦・順位戦 七番勝負/A級”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  37. ^ a b 第23期竜王戦2組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  38. ^ a b 第23期竜王戦3組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  39. ^ a b 第23期竜王戦4組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  40. ^ a b 第23期竜王戦5組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  41. ^ 第23期竜王戦6組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  42. ^ 第23期竜王戦1組”. 日本将棋連盟. 2018年12月6日閲覧。
  43. ^ 将棋大賞受賞者”. 日本将棋連盟. 2018年10月21日閲覧。
  44. ^ 第46回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2018年12月3日閲覧。
  45. ^ a b c 第47回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2018年12月3日閲覧。
  46. ^ 長岡裕也四段が五段に昇段”. 日本将棋連盟 (2010年11月4日). 2018年12月6日閲覧。
  47. ^ 中村太地四段が五段に昇段”. 日本将棋連盟 (2011年1月28日). 2018年12月6日閲覧。
  48. ^ 遠山雄亮四段が五段に昇段(2月22日付)”. 日本将棋連盟 (2011年2月23日). 2018年12月6日閲覧。
  49. ^ 稲葉陽四段が五段に昇段”. 日本将棋連盟 (2011年3月9日). 2018年12月6日閲覧。
  50. ^ 広瀬章人五段が六段に昇段”. 日本将棋連盟 (2010年6月12日). 2018年12月6日閲覧。
  51. ^ 宮田敦史五段が六段に昇段”. 日本将棋連盟 (2010年9月4日). 2018年12月6日閲覧。
  52. ^ 千葉幸生五段が六段に昇段”. 日本将棋連盟 (2010年9月17日). 2018年12月6日閲覧。
  53. ^ 豊島将之五段が六段に昇段”. 日本将棋連盟 (2010年11月30日). 2018年12月6日閲覧。
  54. ^ 高野秀行五段が六段に昇段(2月22日付)”. 日本将棋連盟 (2011年2月23日). 2018年12月6日閲覧。
  55. ^ a b c d 2010年4月1日付昇段・昇級者”. 日本将棋連盟 (2010年4月1日). 2018年12月6日閲覧。
  56. ^ 広瀬章人六段が七段に昇段”. 日本将棋連盟 (2010年9月3日). 2018年12月6日閲覧。
  57. ^ 飯島栄治六段が七段に昇段”. 日本将棋連盟 (2010年10月23日). 2018年12月6日閲覧。
  58. ^ 日浦市郎七段が八段に昇段”. 日本将棋連盟 (2010年4月20日). 2018年12月6日閲覧。
  59. ^ 井上慶太八段が九段に昇段”. 日本将棋連盟 (2011年3月4日). 2018年12月6日閲覧。
  60. ^ a b 室谷由紀女流3級が女流1級に昇級”. 日本将棋連盟 (2010年7月20日). 2018年12月6日閲覧。
  61. ^ 渡辺弥生女流2級が女流1級に昇級”. 日本将棋連盟 (2011年3月4日). 2018年12月6日閲覧。
  62. ^ 村田智穂女流初段が女流二段に昇段”. 日本将棋連盟 (2011年2月11日). 2018年12月6日閲覧。
  63. ^ 甲斐智美女流二段が女流三段に昇段”. 日本将棋連盟 (2010年4月20日). 2018年12月6日閲覧。
  64. ^ 日本女子プロ将棋協会 - お知らせ(2010年5月23日時点のアーカイブ)
  65. ^ 大内延介九段が引退”. 日本将棋連盟 (2010年4月21日). 2018年12月6日閲覧。
  66. ^ 有吉道夫九段が引退”. 日本将棋連盟 (2010年5月25日). 2018年12月6日閲覧。
  67. ^ 小阪 昇七段が引退”. 日本将棋連盟 (2010年7月15日). 2018年12月6日閲覧。

外部リンク編集