メインメニューを開く

2010年6月民主党代表選挙(2010ねん6がつみんしゅとうだいひょうせんきょ)は、6月2日に突然辞任を表明した鳩山由紀夫の後任を選出するため、2010年6月4日両院議員総会において実施された民主党代表選挙である。この結果、菅直人が新代表として選出された。

目次

概要編集

2009年9月に発足した鳩山由紀夫内閣は直後には高い支持率を記録したものの、鳩山自身や幹事長小沢一郎に「政治とカネ」の問題が出てきたほか、普天間基地移設問題では沖縄県外への移設を目指したが結局は自公政権時代の合意案であった辺野古崎地区への基地移転で日米合意がなされ、これに反対する社会民主党連立政権離脱を招いた。これらの騒動によって各種世論調査で党勢にかげりがみられ、2010年7月の第22回参議院議員通常選挙で相当な苦戦が予想されたことから党内で「鳩山おろし」が鮮明化。鳩山は6月2日に退陣を表明し、これにともない代表選が行われることとなった。

党代表選挙は6月4日に立候補受付・投開票が行われた。時間的制約の事由から投票権は国会議員のみに認められ、前回2009年の代表選挙に引き続いて一般党員やサポーターの参加は見送られた。

民主党にとっては党首選挙の結果がそのまま次期内閣総理大臣を決めることが投票の段階で明らかになっている初の選挙となった。

6月3日に副総理財務大臣菅直人衆議院環境委員長樽床伸二が立候補を表明し、この2名によって選挙戦は行われた。

党代表選データ編集

選挙の結果編集

得票数
菅直人 291票
樽床伸二 129票

(欠席:1、無効票:2)  

その他編集

  • 無効票は2票とも白票であった[2]
  • 菅の推薦人には外務大臣岡田克也国土交通大臣前原誠司など小沢一郎から距離を置いているメンバーが集まり、逆に、樽床の推薦人には小沢に近いメンバーが集まるなど対照的な顔ぶれとなった[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集