2010 FIFAワールドカップ・アジア1次予選

このページは2010 FIFAワールドカップ・アジア予選の1次予選の結果をまとめたものである。

フォーマット編集

参加38チームを成績上位のポットAと成績下位のポットBに分類し、ポットAのチームとポットBのチームの組み合わせが無作為に決定される。そして各チームがホーム・アンド・アウェー方式で対戦し、勝利した19チームが上位のラウンドへ進出する。 勝利19チームのうち、ランキング下位8チームは2次予選へと進出し、ランキング上位11チームは3次予選へと進出する。

なお1次予選の組み合わせ抽選は、2007年8月6日に行われた。

参加する国と地域、およびシーディング編集

ポットA
(第6シードから第24シード)
ポットB
(第25シードから第43シード)
  1.   バーレーン
  2.   ウズベキスタン
  3.   クウェート
  4.   朝鮮民主主義人民共和国
  5.   中国
  6.   ヨルダン
  7.   イラク
  8.   レバノン
  9.   オマーン
  10.   アラブ首長国連邦
  11.   カタール
  12.   シリア
  13.   パレスチナ
  14.   タイ
  15.   トルクメニスタン
  16.   タジキスタン
  17.   インドネシア
  18.   香港
  19.   イエメン
  1.   ベトナム
  2.   キルギス
  3.   モルディブ
  4.   インド
  5.   シンガポール
  6.   スリランカ
  7.   マレーシア
  8.   チャイニーズタイペイ
  9.   バングラデシュ
  10.   マカオ
  11.   パキスタン
  12.   アフガニスタン
  13.   モンゴル
  14.   グアム
  15.   ネパール
  16.   カンボジア
  17.   ブータン
  18.   ミャンマー
  19.   東ティモール
第1戦ホームチーム 結果 第2戦ホームチーム 第1戦 第2戦
  パキスタン 0 - 7   イラク 0 - 7 0 - 0
  ウズベキスタン 11 - 0   チャイニーズタイペイ 9 - 0 2 - 0
  タイ 13 - 2   マカオ 6 - 1 7 - 1
  スリランカ 0 - 6   カタール 0 - 1 0 - 5
  中国 11 - 0   ミャンマー 7 - 0 4 - 0
  ブータン 不戦勝[1]   クウェート - -
  キルギス 2 - 2
(PK 5-6)
  ヨルダン 2 - 0 0 - 2
  ベトナム 0 - 6   アラブ首長国連邦 0 - 1 0 - 5
  バーレーン 4 - 1   マレーシア 4 - 1 0 - 0
  東ティモール 3 - 11   香港 2 - 3 1 - 8
  シリア 5 - 1   アフガニスタン 3 - 0 2 - 1
  イエメン 3 - 2   モルディブ 3 - 0 0 - 2
  バングラデシュ 1 - 6   タジキスタン 1 - 1 0 - 5
  モンゴル 2 - 9   朝鮮民主主義人民共和国 1 - 4 1 - 5
  オマーン 4 - 0   ネパール 2 - 0 2 - 0
  パレスチナ 0 - 7   シンガポール 0 - 4 0 - 3
  レバノン 6 - 3   インド 4 - 1 2 - 2
  カンボジア 1 - 5   トルクメニスタン 0 - 1 1 - 4
  グアム 不戦勝[2]   インドネシア - -
  • ^ブータンの辞退により、クウェートが3次予選進出。
  • ^グアムの辞退により、インドネシアが2次予選進出。

結果編集

2007年10月22日
19:30 UTC+5
パキスタン   0 – 7   イラク
Report アクラム   19分
M.カリム   24分49分88分90分
グラーム   71分
ムハンマド   83分

イラクが7 – 0で3次予選に進出した。


ウズベキスタンが11 – 0 で3次予選に進出した。


2007年10月8日
19:00 UTC+7
タイ   6 – 1   マカオ
チャイカムディー   12分49分
ティーラシン   21分
ウィノータイ   55分 (pen.)
ペットプーン   82分
ダッサコーン   90+1分
Report 陳健星   23分

2007年10月15日
20:00 UTC+8
マカオ   1 – 7   タイ
陳健星   90+2分 Report ティーラシン   22分
スカ   39分
スラシアン   43分
ダッサコーン   48分
チャイカムディー   53分57分86分
澳門運動場澳門
観客数: 500
主審: アブドゥルラーマン・ラチョ (シリア)

タイが13 – 2で2次予選に進出した。


2007年10月21日
16:00 UTC+5:30
スリランカ   0 – 1   カタール
Report キンタナ   68分

2007年10月28日
カタール   5 – 0   スリランカ
キンタナ   4分76分
ベシール   17分55分
アッ=シャンマーリー   85分
Report

カタールが 6 – 0で3次予選に進出した。


2007年10月21日
20:00 UTC+8
中国   7 – 0   ミャンマー
曲波   17分81分
杜震宇   22分
楊林   58分
劉健   63分
李金雨   76分
  79分
Report

2007年10月28日
16:00 UTC+8
ミャンマー   0 – 4   中国
Report 呉偉安   13分
劉健   14分
鄭斌   35分
張耀坤   39分 (pen.)

中華人民共和国が 11 – 0で3次予選に進出した。


ブータンが辞退したため[3]クウェート3次予選に進出した。


2007年10月18日
15:30 UTC+6
キルギス   2 – 0   ヨルダン
ウール   45分
ボコエフ   76分
Report

2 – 2 で終わったためPK戦を行い、 6 – 5でヨルダン3次予選に進出した。


2007年10月8日
20:30 UTC+7
ベトナム   0 – 1   アラブ首長国連邦
Report サイード   79分
ミーディン国立競技場ハノイ
観客数: 20,000
主審: 西村雄一 (日本)

アラブ首長国連邦が6 – 0で3次予選に進出した。


2007年10月21日
18:00 UTC+3
バーレーン   4 – 1   マレーシア
ファタディ   4分
ジョン   15分
アブドゥッラフマーン   55分
フバイル   90分 (pen.)
Report ウマル   45+2分
バーレーン・ナショナル・スタジアムリファー
観客数: 4,000
主審: Yang Zhiqiang (中国)

2007年10月28日
20:45 UTC+8
マレーシア   0 – 0   バーレーン
Report

バーレーンが 4 – 1で3次予選に進出した。


2007年10月21日
15:30 UTC+8
東ティモール   2 – 3   香港
アリ   41分69分 Report 鄭少偉   25分50分
エステベス   35分 (o.g.)

2007年10月28日
15:00 UTC+8
香港   8 – 1   東ティモール
盧均宜   2分
陳肇麒   5分78分85分
蒋世豪   49分
鄭少偉   67分70分
林嘉緯   83分
Report アリ   53分
香港スタジアム香港
観客数: 1,542
主審: モフセン・トーキー (イラン)

香港が11 – 3で2次予選に進出した。


2007年10月8日
21:00 UTC+3
シリア   3 – 0   アフガニスタン
アッ=ズィーノー   73分87分 (pen.)
アル=サイド   81分 (pen.)
Report

シリアが5 – 1で3次予選に進出した。


2007年10月8日
21:00 UTC+3
イエメン   3 – 0   モルディブ
サレム   44分
アル=フバイシ   66分
タビト   80分
Report

2007年10月28日
16:00 UTC+5
モルディブ   2 – 0   イエメン
カシム   14分
アシファク   67分
Report
ガロル国立競技場マレ
観客数: 8,900
主審: スブラタ・サルカル (インド)

イエメンが 3 – 2で2次予選に進出した。


タジキスタンが 6 – 1で2次予選に進出した。


2007年10月21日
13:00 UTC+8
モンゴル   1 – 4   北朝鮮
オドクー   90+3分 Report 朴哲民   14分
鄭哲民   24分32分81分

2007年10月28日
16:00 UTC+9
北朝鮮   5 – 1   モンゴル
朴哲民   3分79分
金功榛   10分
鄭哲民   36分
全光益   90+1分
Report ルクンベンガラフ   41分
金日成競技場平壌
観客数: 5,000
主審: ラム・ゴシュ (バングラデシュ)

朝鮮民主主義人民共和国が 9 – 2で3次予選に進出した。


オマーンが 4 – 0で3次予選に進出した。


シンガポールが 7 – 0で2次予選に進出した。


2007年10月8日
21:00 UTC+3
レバノン   4 – 1   インド
アンタル   33分
ガダル   62分76分
エル・アリ   63分
Report チェトリ   30分

2007年10月30日
15:00 UTC+5:30
[note 5]
インド   2 – 2   レバノン
チェトリ   29分
ディアス   90+2分
Report ガダル   72分 (pen.)85分

レバノンが6 – 3で3次予選に進出した。


トルクメニスタンが5 – 1で2次予選に進出した。


グアムが辞退したため[3][7]インドネシア2次予選に進出した。

脚注編集

  1. ^ a b c 警備上の問題によりイラクはホームゲームをシリアで、パレスチナはカタールで、アフガニスタンはタジキスタンで行った[1]
  2. ^ ミャンマーのホームゲームはミャンマー、中国双方の要請によってマレーシアに変更された[2]
  3. ^ 東ティモールはホームゲームをインドネシアで開催した
  4. ^ パレスチナ代表は出場出来なかったため、シンガポールの3-0での勝利とされた[4][5]パレスチナサッカー協会はイスラエルがガザ地区からの人の出国を認めない方針を打ち出したため延期をFIFAに要請したものの認められず、パレスチナの選手18人が出国を認められず、試合を行う事が出来なかった[6]
  5. ^ a b 当初は10月28日に行われる予定であったが、チェンナイの豪雨の影響によって延期された[5]

出典編集

  1. ^ No home play for Iraq in World Cup qualifiers AFP; 6 August 2007
  2. ^ Myanmar-China switched to Malaysia FIFA; 18 October 2007
  3. ^ a b Bhutan out of 2010 race”. FIFA. 2007年9月13日閲覧。
  4. ^ Road to South Africa: Singapore through to second round after Palestine no-show”. シンガポールサッカー協会. 2007年10月28日閲覧。
  5. ^ a b Lebanon advance to Round 3”. FIFA. 2007年10月31日閲覧。
  6. ^ Fifa reject Palestinian appeal Al Jazeera Sports; 31 October 2007
  7. ^ Indonesia goes straight through - Guam declines” (Indonesian). インドネシアサッカー協会. 2007年8月7日閲覧。