メインメニューを開く

2010 FIFAワールドカップ日本代表(2010フィーファワールドカップにほんだいひょう)は、2010年南アフリカで開催されたFIFAワールドカップサッカー日本代表である。

目次

概要編集

メンバー選考編集

日本代表はアジア最終予選グループAでオーストラリアに次ぐ2位となり、4大会連続ワールドカップ出場を果たした(2002年大会は自国開催枠での出場)。2008年に急病のため退任したイビツァ・オシムから監督の座を引き継いだ岡田武史は、初出場した1998年大会以来2度目の大舞台での指揮となった。

国際サッカー連盟(FIFA)が採用した新ルールでは、5月11日までに予備登録メンバー30名、6月1日までに最終登録メンバー23名を申請するという流れだったが、日本は締切り3週間前の5月10日の時点で最終登録メンバーを発表した[1]。予備登録の7名は事前合宿にも参加せず、代わりに練習要員のサポートメンバー4名をチームに帯同した[2]

主力メンバーは2004年アテネ五輪世代(29歳~27歳)と2008年北京五輪世代(24~22歳)が中心となった。上の年代の黄金世代に比べると国際大会での成績が見劣りするため、「谷間の世代」「谷底の世代」と冷評されていた[3]。ワールドカップを経験している30歳以上の選手も7名おり、ゴールキーパー川口能活楢崎正剛は4大会連続選出となった。候補に挙げられていた石川直宏香川真司が最終登録から漏れる一方、岡田ジャパンでの実績が少ない矢野貴章や、大怪我により半年間実戦から遠ざかっていた川口能活がサプライズ選出された[4][5]

戦術変更編集

岡田の監督就任以来、日本代表は前線からのプレッシングでボールを奪い、素早く攻撃に転じるサッカーを目指してきた[6](岡田はそのスタイルをハエに喩えた[7])。しかし、2月の東アジアカップやその後の国際試合では得点力不足や守備の不安を払拭できず、岡田は本大会直前になって堅守速攻スタイルへのシフトを決断した[8]

アンカーシステムの採用は5月30日のイングランド戦(テストマッチ)、本田の1トップ起用は6月10日のジンバブエ戦(練習試合)が初めてであり[9]、6月14日の初戦までに時間のない急造作業となった。

本大会登録メンバー編集

  • 「出場状況」欄の「〇」はフル出場、「 」は途中交代アウト、「 」は途中交代イン、「 」は獲得得点をそれぞれ示す。
  • 「年齢」「所属クラブ」は、開会式が行われた2010年6月11日時点。
背番号 選手名 Pos. 生年月日(年齢) 所属クラブ 出場状況 備考
カメルーン戦
6月14日
オランダ戦
6月19日
デンマーク戦
6月24日
パラグアイ戦
6月29日
1 楢崎正剛 GK (1976-04-15)1976年4月15日(34歳)   名古屋グランパス
2 阿部勇樹 MF (1981-09-06)1981年9月6日(28歳)   浦和レッズ   81分
3 駒野友一 DF (1981-07-25)1981年7月25日(28歳)   ジュビロ磐田
4 田中マルクス闘莉王 DF (1981-04-24)1981年4月24日(29歳)   名古屋グランパス
5 長友佑都 DF (1986-09-12)1986年9月12日(23歳)   FC東京
6 内田篤人 DF (1988-03-27)1988年3月27日(22歳)   鹿島アントラーズ
7 遠藤保仁 MF (1980-01-28)1980年1月28日(30歳)   ガンバ大阪   90+1分 
8 松井大輔 MF (1981-05-11)1981年5月11日(29歳)   グルノーブル   69分   64分   74分   65分
9 岡崎慎司 FW (1986-04-16)1986年4月16日(24歳)   清水エスパルス   69分   77分   74分    65分
10 中村俊輔 MF (1978-06-24)1978年6月24日(31歳)   横浜F・マリノス   64分
11 玉田圭司 FW (1980-04-11)1980年4月11日(30歳)   名古屋グランパス   77分   91分
12 矢野貴章 FW (1984-04-05)1984年4月5日(26歳)   アルビレックス新潟   82分
13 岩政大樹 DF (1982-01-30)1982年1月30日(28歳)   鹿島アントラーズ
14 中村憲剛 MF (1980-10-31)1980年10月31日(29歳)   川崎フロンターレ   81分
15 今野泰幸 DF (1983-01-25)1983年1月25日(27歳)   FC東京   88分
16 大久保嘉人 FW (1982-06-09)1982年6月9日(28歳)   ヴィッセル神戸   82分   77分   88分   91分
17 長谷部誠 MF (1984-01-18)1984年1月18日(26歳)   ヴォルフスブルク   88分   77分 主将
18 本田圭佑 MF (1986-06-13)1986年6月13日(23歳)   CSKAモスクワ    
19 森本貴幸 FW (1988-05-07)1988年5月7日(22歳)   カターニア
20 稲本潤一 MF (1979-09-18)1979年9月18日(30歳)   川崎フロンターレ   88分   90+1分
21 川島永嗣 GK (1983-03-20)1983年3月20日(27歳)   川崎フロンターレ
22 中澤佑二 DF (1978-02-25)1978年2月25日(32歳)   横浜F・マリノス
23 川口能活 GK (1975-08-15)1975年8月15日(34歳)   ジュビロ磐田

予備登録メンバー編集

選手名 所属クラブ
徳永悠平   FC東京
槙野智章   サンフレッチェ広島
石川直宏   FC東京
小笠原満男   鹿島アントラーズ
香川真司   セレッソ大阪
前田遼一   ジュビロ磐田
田中達也   浦和レッズ

サポートメンバー編集

選手名 所属クラブ
山村和也   流通経済大学
酒井高徳   アルビレックス新潟
香川真司   セレッソ大阪
永井謙佑   福岡大学

スタッフ編集

試合結果編集

日時はすべて現地時間UTC+2)。

グループ E編集

チーム
1   オランダ 3 3 0 0 5 1 +4 9
2   日本 3 2 0 1 4 2 +2 6
3   デンマーク 3 1 0 2 3 6 −3 3
4   カメルーン 3 0 0 3 2 5 −3 0

日本 vs カメルーン編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カメルーン
 
日本:
GK 21 川島永嗣
RB 3 駒野友一
CB 22 中澤佑二
CB 4 田中マルクス闘莉王
LB 5 長友佑都
DM 2 阿部勇樹   90+1分
RM 8 松井大輔   69分
CM 17 長谷部誠     88分
CM 7 遠藤保仁
LM 16 大久保嘉人   82分
CF 18 本田圭佑
選手交代:
FW 9 岡崎慎司   69分
FW 12 矢野貴章   82分
MF 20 稲本潤一   88分
監督:
  岡田武史
 
 
カメルーン:
GK 16 スレイマヌ・ハミドゥ
RB 19 ステファーヌ・エムビア
CB 3 ニコラ・ヌクル   72分
CB 5 セバスティアン・バソング
LB 2 ブノワ・アスー=エコト
RM 21 ジョエル・マティプ   63分
CM 11 ジャン・マクーン   75分
LM 18 エヨング・エノー
RF 9 サミュエル・エトオ  
CF 15 ピエール・ウェボ
LF 13 エリック・マキシム・シュポ=モティング   75分
選手交代:
FW 10 アシール・エマナ   63分
DF 8 ジェレミ・ヌジタップ   75分
FW 17 モハンマドゥ・イドリソ   75分
監督:
  ポール・ル・グエン

マン・オブ・ザ・マッチ:
  本田圭佑

副審:
  ジョゼ・カルディナル
  ベルティーノ・ミランダ
第4の審判:
  オスカル・ルイス
第5の審判:
  アブラム・ゴンサーレス


オランダ vs 日本編集

 
 
 
 
 
 
 
 
オランダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本
 
オランダ:
GK 1 マールテン・ステケレンブルフ
RB 2 グレゴリー・ファン・デル・ヴィール   36分
CB 3 ヨニー・ハイティンハ
CB 4 ヨリス・マタイセン
LB 5 ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト  
CM 6 マルク・ファン・ボメル
CM 8 ナイジェル・デ・ヨング
AM 10 ヴェスレイ・スナイデル   83分
RW 7 ディルク・カイト
LW 23 ラファエル・ファン・デル・ファールト   72分
CF 9 ロビン・ファン・ペルシ   88分
選手交代:
FW 17 エルイェロ・エリア   72分
MF 20 イブラヒム・アフェレイ   83分
FW 21 クラース・ヤン・フンテラール   88分
監督:
  ベルト・ファン・マルワイク
 
 
日本:
GK 21 川島永嗣
RB 3 駒野友一
CB 22 中澤佑二
CB 4 田中マルクス闘莉王
LB 5 長友佑都
DM 2 阿部勇樹
CM 17 長谷部誠     77分
CM 7 遠藤保仁
RW 8 松井大輔   64分
LW 16 大久保嘉人   77分
CF 18 本田圭佑
選手交代:
MF 10 中村俊輔   64分
FW 9 岡崎慎司   77分
FW 11 玉田圭司   77分
監督:
  岡田武史

マン・オブ・ザ・マッチ:
  ヴェスレイ・スナイデル

副審:
  リカルド・カサス
  エルナン・マイダナ
第4の審判:
  マルティン・ハンソン
第5の審判:
  ヘンリク・アンドレン


デンマーク vs 日本編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
デンマーク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本
 
デンマーク:
GK 1 トーマス・セーレンセン
RB 6 ラルス・ヤコブセン
CB 4 ダニエル・アッゲル
CB 13 ペア・クロルドルップ   29分   56分
LB 15 シモン・ポウルセン
DM 2 クリスティアン・ポウルセン   48分
RM 10 マルティン・ヨルゲンセン   34分
LM 12 トーマス・カーレンベルグ   63分
SS 9 ヨン・ダール・トマソン  
SS 19 デニス・ロンメダール
CF 11 ニクラス・ベントナー   66分
選手交代:
MF 14 ヤコブ・ポウルセン   34分
FW 18 ソレン・ラーセン   56分
MF 21 クリスティアン・エリクセン   63分
監督:
  モアテン・オルセン
 
 
日本:
GK 21 川島永嗣
RB 3 駒野友一
CB 22 中澤佑二
CB 4 田中マルクス闘莉王
LB 5 長友佑都   26分
DM 2 阿部勇樹
CM 17 長谷部誠  
CM 7 遠藤保仁   12分   90+1分
RW 8 松井大輔   74分
LW 16 大久保嘉人   88分
CF 18 本田圭佑
選手交代:
FW 9 岡崎慎司   74分
DF 15 今野泰幸   88分
MF 20 稲本潤一   90+1分
監督:
  岡田武史

マン・オブ・ザ・マッチ:
  本田圭佑

副審:
  セレスティン・ヌタグンギラ
  エノック・モレフェ
第4の審判:
  マルティン・ハンソン
第5の審判:
  ヘンリク・アンドレン


決勝トーナメント編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
パラグアイ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本
 
パラグアイ:
GK 1 フスト・ビジャール  
RB 6 カルロス・ボネット
CB 14 パウロ・ダ・シルバ
CB 21 アントリン・アルカラス
LB 3 クラウディオ・モレル
DM 20 ネストル・オルティゴサ   75分
CM 13 エンリケ・ベラ
CM 16 クリスティアン・リベーロス   118分
RW 9 ロケ・サンタ・クルス   94分
LW 10 エドガル・ベニテス   60分
CF 19 ルーカス・バリオス
選手交代:
FW 18 ネルソン・バルデス   60分
MF 8 エドガル・バレット   75分
FW 7 オスカル・カルドソ   94分
監督:
  ヘラルド・マルティーノ
 
 
日本:
GK 21 川島永嗣
RB 3 駒野友一
CB 22 中澤佑二
CB 4 田中マルクス闘莉王
LB 5 長友佑都   72分
DM 2 阿部勇樹   81分
CM 17 長谷部誠  
CM 7 遠藤保仁   113分
RW 8 松井大輔   58分   65分
LW 16 大久保嘉人   106分
CF 18 本田圭佑   90+3分
選手交代:
FW 9 岡崎慎司   65分
MF 14 中村憲剛   81分
FW 11 玉田圭司   106分
監督:
  岡田武史

マン・オブ・ザ・マッチ:
  本田圭佑

副審:
  ペテル・ヘルマンス
  ヴァルテル・フロマンス
第4の審判:
  ピーター・オレアリー
第5の審判:
  マシュー・タロ


脚注編集

  1. ^ "「W杯南ア大会代表23人発表、サプライズは川口能活」★速報★". The Studium.(2010年5月9日)2013年10月22日閲覧。
  2. ^ 元川悦子 "【日本代表】「サポートメンバー」が及ぼすメリットとデメリット". J SPORTS.(2010年5月21日)2013年10月22日閲覧。
  3. ^ "バース・ディ 2011.06.11 オンエア 「サッカー日本代表 谷底世代・岡崎慎司 新天地での新たな挑戦」". TBS.(2011年)2013年10月22日閲覧。
  4. ^ 元川悦子 "【日本代表】川口、矢野。2人のサプライズ選出の意図は? ". J SPORTS.(2010年5月11日)2013年10月23日閲覧。
  5. ^ 二宮清純 "フットボールの時間:第114回 サプライズ選出・川口能活の役割". SPORTS COMMUNICATIONS.(2010年5月20日)2013年10月22日閲覧。
  6. ^ "<南アW杯企画>岡田監督が目指す“日本人の日本人による日本人のためのサッカー”". 中日スポーツ.(2009年6月18日)2013年10月23日閲覧。
  7. ^ "岡田監督「ハエがたかるようにチャレンジ」 (2/2ページ)". SANSPO.com.(2010年5月11日)2013年10月23日閲覧。
  8. ^ 西部謙司 "岡田ジャパンが土壇場で果たした「日本化」 アジアでは攻撃型、W杯では守備型". スポーツナビ.(2010年7月6日)2013年10月23日閲覧。
  9. ^ "本田頼んだ!いざカメルーン戦へ日本の命運握る1トップ". ゲキサカ.(2010年6月14日)2013年10月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集