2011年のバレーボール

< 2011年 | 2011年のスポーツ

2011年のバレーボール(2011ねんのバレーボール)では、2011年平成23年)のバレーボール関連の出来事をまとめる。

できごと編集

1月編集

3月編集

4月編集

  • FIVBローマ総会でのルール改正を受け、「新リベロ・リプレイスメント」(第1リベロと第2リベロ同士の交代制限撤廃)などを、4月からJVAでも導入[1][2]

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

  • 1日 - 7月29日から開催されていたインターハイの決勝が行われ、男子は創造学園が初優勝、女子は東九州龍谷高校が2年ぶり通算5度目の優勝を飾った[3]
  • 1日 - ペルーで開催されていた2011バレーボール世界ジュニア女子選手権大会はイタリアが優勝。日本は16チーム中11位[4]
  • 1日 - 今季のV・プレミアリーグの日程が発表された[5][6]。ワールドカップ開催の影響で例年より遅く12月10日にスタートし、3月25日まで。V・チャレンジマッチ(入替戦)は、3月31日-4月1日に実施される。
  • 10日 - ブラジルで開催されていた2011バレーボール世界ジュニア男子選手権大会はロシアが優勝。日本は16チーム中12位[7]
  • 21日 - トルコで開催されていた第12回世界ユース女子選手権大会は開催国のトルコが優勝。日本は16チーム中7位[8]
  • 22日 - 中国深圳で開催されていた第26回ユニバシアード大会バレーボール競技は、男子がロシア[9]、女子はブラジル[10]がそれぞれ優勝した。日本は男子9位、女子が4位。
  • 28日 - 女子バレーボールのワールドグランプリが閉幕し、アメリカが2年連続優勝。日本は5位[11]

9月編集

10月編集

  • 10日 - 国民体育大会決勝、3位決定戦が行われ、成人男子は東京都(FC東京)、成人女子は滋賀県(東レ・アローズ)、少年男子は開催県の山口県(宇部商業高校)、少年女子は同じく山口県(誠英高等学校)がそれぞれ優勝した[17]

11月編集

12月編集

国際大会編集

国内大会編集

日本編集

  • 全日本インカレ (12月6日~12月11日)
    • 男子決勝 東海大学 3-2 日本体育大学
    • 女子決勝 東海大学 3-1 日本体育大学

韓国編集

死去編集

脚注編集