メインメニューを開く

2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

2011年のポルトガルグランプリは、ロードレース世界選手権2011年シーズン第3戦として、4月29日から5月1日までポルトガルエストリル・サーキットで開催された。当初のカレンダーでは第4戦だったが、第3戦日本GP東日本大震災の影響で10月に延期となったことから、前戦スペインGPから約1ヶ月という長いインターバルを挟んでの開催となった。

ポルトガルの旗   2011年のポルトガルグランプリ
レース詳細
2011年のロードレース世界選手権 全18戦中第3戦
Estoril track map.svg
決勝日 2011年5月1日
開催地 エストリル・サーキット
開催コース 常設サーキット
4.182km
MotoGP
ポールポジション ファステストラップ
スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ スペインの旗 ダニ・ペドロサ
1:37.161 1:37.629
表彰台
1. スペインの旗 ダニ・ペドロサ
2. スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ 3. オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー


Moto2
ポールポジション ファステストラップ
ドイツの旗 ステファン・ブラドル イタリアの旗 アンドレア・イアンノーネ
1:41.591 1:42.026
表彰台
1. ドイツの旗 ステファン・ブラドル
2. スペインの旗 フリアン・シモン 3. 日本の旗 高橋裕紀
125 cc
ポールポジション ファステストラップ
スペインの旗 ニコラス・テロル スペインの旗 ニコラス・テロル
1:46.556 1:46.815
表彰台
1. スペインの旗 ニコラス・テロル
2. ドイツの旗 サンドロ・コルテセ 3. フランスの旗 ヨハン・ザルコ


概要編集

Moto2クラス編集

Moto2クラス予選では、ステファン・ブラドルが開幕から3戦連続となるポールポジションを獲得した。続いてトーマス・ルティフリアン・シモンがフロントロウに並んだ[1]

日曜日の決勝レース、スタートではブラドルがトップを維持した。4周目にはルティがトップに浮上するが、その直後に転倒リタイヤとなった。代わってブラドルに迫ったのは前年のポルトガルGPで選手権にデビューしたケナン・ソフォーグルだったが、中盤に入り徐々にペースを落として17周目には転倒リタイヤとなった。終盤には14番グリッドスタートだったアンドレア・イアンノーネがファステストラップを連発しながら猛烈な追い上げを見せて22周目にはブラドルからトップの座を奪うが、次の周に転倒を喫してしまった。その後ブラドルは最後までシモンの追撃を抑えきり、シーズン2勝目を挙げた。2位シモンはこのシーズン初の表彰台となった。3位には高橋裕紀が入り、4月24日に交通事故で亡くなった弟の高橋江紀に自身シーズン初の表彰台を捧げた。

4位には自身最高位となるドミニク・エガーターが入った。4番グリッドからスタートしたルーキーのマルク・マルケスは8位走行中の8周目にスコット・レディングに追突して転倒、下位に沈んで開幕から3戦連続でノーポイントに終わった。 ポイントランキングではブラドルがポイントリーダーに再浮上。今回13位に終わった2番手のイアンノーネに13ポイント差、5位でフィニッシュした3番手のシモーネ・コルシに24ポイント差、4番手タイのルティ、シモンに25ポイント差とした[2]

MotoGPクラス編集

MotoGPクラスでは今回のグランプリより、開幕戦カタールGPで大腿骨骨折の重傷を負っていたリズラ・スズキアルバロ・バウティスタがレースに復帰した[3][4]

予選ではホルヘ・ロレンソがシーズン初のポールポジションを獲得、2番手にはクラス自己最高グリッドとなるマルコ・シモンチェリが入った。3番手にはインターバルの間に鎖骨の金属プレートを取り除く手術を受けたダニ・ペドロサが続いた[5]。また予選後の記者会見で、ロレンソがシモンチェリのライディングスタイルを「アグレッシブすぎる。将来問題を起こすだろう」と批判したことから、両者が口論を繰り広げた[6][7]

日曜日の決勝は、1周目4コーナーでシモンチェリ、更にエクトル・バルベラが共にハイサイドでクラッシュ。更に2周目にはカレル・アブラハムが転倒、ベン・スピーズニッキー・ヘイデンが共にコースアウトする荒れた幕開けとなった。優勝争いは、トップのロレンソにペドロサがぴったりと食らいついて追う長いマッチレースが展開されることとなった。決着は残り4周となった24周目、1コーナーでロレンソをオーバーテイクしトップに立ったペドロサはファステストラップを連発してリードをどんどん広げ、シーズン初勝利を遂げた。

3番手には終始単独走行となったケーシー・ストーナー、4番手にはフィニッシュライン直前でバレンティーノ・ロッシを差したアンドレア・ドヴィツィオーゾが続いた。青山博一カル・クラッチローとのバトルを制し、サテライト勢2番手となる7位でフィニッシュを果たした。

ポイントランキングでは、3戦連続で表彰台を獲得しているロレンソを、同じく連続表彰台のペドロサが4ポイント差で追う形となった。3番手ストーナーはトップから24ポイント差となった[8]

125ccクラス編集

125ccクラス予選では、ニコラス・テロルがシーズン2度目のポールポジションを獲得、2番手にはサンドロ・コルテセ、3番手には地元のルーキーミゲル・オリベイラが続き、ポルトガル人ライダー初となるフロントロウを獲得した[9]

3クラス中最後の開催となった日曜日の決勝では、テロルが序盤から他を圧倒するラップタイムを刻んで独走態勢を築き、開幕から3連勝を遂げた。125ccクラスでの開幕3連勝は1999年東雅雄以来のこととなった。

2位の座はレース終盤コルテセ、エクトル・ファウベルヨハン・ザルコ、そしてルーキーのマーベリック・ビニャーレスの4台によって争われた。ファウベルは残り4周時点でハイサイドから転倒リタイヤ、開幕から毎戦表彰台争いを展開しながらも、またも結果を残せず終えることとなった。この転倒で後続との差が僅かに広がったコルテセが2位でフィニッシュを果たした。3位争いはフィニッシュライン直前にビニャーレスのスリップストリームからザルコが抜け出す形で両者がほぼ同時にゴール、ビデオ判定の結果ザルコが3位となり、2戦連続で表彰台を獲得した。地元オリベイラは7位フィニッシュとなった。

今回のレースのスタートでは、下位グリッドで明らかなフライングを犯したルイジ・モルシアーノを起因として、ダニー・ケントピーター・セベスティエンジャスパー・イウェマの計4台がジャンプスタートによりライドスルーペナルティを科せられた。

ポイントランキングでは、ここまで無敗で75ポイントを稼いだテロルが、今回の2位でランキング2番手に浮上したコルテセとの差を25ポイントとした[10]

MotoGPクラス決勝結果編集

順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 26   ダニ・ペドロサ ホンダ 28 45:51.483 3 25
2 1   ホルヘ・ロレンソ ヤマハ 28 +3.051 1 20
3 27   ケーシー・ストーナー ホンダ 28 +7.658 4 16
4 4   アンドレア・ドヴィツィオーゾ ホンダ 28 +16.530 6 13
5 46   バレンティーノ・ロッシ ドゥカティ 28 +16.555 9 11
6 5   コーリン・エドワーズ ヤマハ 28 +32.575 7 10
7 7   青山博一 ホンダ 28 +38.749 11 9
8 35   カル・クラッチロー ヤマハ 28 +40.912 8 8
9 69   ニッキー・ヘイデン ドゥカティ 28 +54.887 13 7
10 14   ランディ・ド・プニエ ドゥカティ 28 +59.697 16 6
11 24   トニ・エリアス ホンダ 28 +1:00.374 17 5
12 65   ロリス・カピロッシ ドゥカティ 28 +1:01.793 14 4
13 19   アルバロ・バウティスタ スズキ 28 +1:24.370 15 3
Ret 11   ベン・スピーズ ヤマハ 12 アクシデント 5
Ret 17   カレル・アブラハム ドゥカティ 1 アクシデント 12
Ret 58   マルコ・シモンチェリ ホンダ 0 アクシデント 2
Ret 8   エクトル・バルベラ ドゥカティ 0 アクシデント 10

Moto2クラス決勝結果編集

順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 65   ステファン・ブラドル カレックス 26 44:40.765 1 25
2 60   フリアン・シモン スッター 26 +0.147 3 20
3 72   高橋裕紀 モリワキ 26 +6.188 7 16
4 77   ドミニク・エガーター スッター 26 +16.822 5 13
5 3   シモーネ・コルシ FTR 26 +17.076 17 11
6 44   ポル・エスパルガロ FTR 26 +25.956 10 10
7 4   ランディ・クルメナッハ カレックス 26 +26.102 25 9
8 25   アレックス・バルドリーニ スッター 26 +26.333 12 8
9 63   マイク・ディ・メッリオ テック3 26 +26.636 26 7
10 34   エステベ・ラバト FTR 26 +29.077 23 6
11 71   クラウディオ・コルティ スッター 26 +39.637 30 5
12 15   アレックス・デ・アンジェリス モトビ 26 +39.913 28 4
13 29   アンドレア・イアンノーネ スッター 26 +42.466 14 3
14 88   リカルド・カルダス モリワキ 26 +47.382 20 2
15 80   アクセル・ポンス ポンス カレックス 26 +47.406 16 1
16 35   ラファエレ・デ・ロサ モリワキ 26 +48.025 18
17 9   ケニー・ノエス FTR 26 +52.538 27
18 68   ヨニー・エルナンデス FTR 26 +53.478 33
19 21   ハビエル・フォレス スッター 26 +53.938 31
20 75   マティア・パシーニ FTR 26 +56.089 19
21 93   マルク・マルケス スッター 26 +1:04.697 4
22 51   ミケーレ・ピロ モリワキ 26 +1:04.890 6
23 39   ロベルティーノ・ピエトリ スッター 26 +1:17.101 35
24 64   サンティアゴ・エルナンデス FTR 26 +1:18.110 34
25 45   スコット・レディング スッター 26 +1:26.190 13
26 19   ザビエル・シメオン テック3 26 +1:27.600 21
27 13   アンソニー・ウエスト MZ-RE ホンダ 26 +1:36.540 29
28 95   マシェル・アル・ナイミ モリワキ 25 +1 Lap 36
29 38   ブラッドリー・スミス テック3 24 +2 Laps 15
Ret 53   バレンティン・デビーズ FTR 23 アクシデント 32
Ret 14   ラタパー・ウィライロー FTR 21 棄権 24
Ret 36   ミカ・カリオ スッター 18 アクシデント 22
Ret 40   アレックス・エスパルガロ ポンス カレックス 18 棄権 11
Ret 54   ケナン・ソフォーグル スッター 17 棄権 8
Ret 16   ジュール・クルーセル スッター 11 アクシデント 9
Ret 97   Steven Odendaal スッター 7 棄権 37
Ret 12   トーマス・ルティ スッター 4 アクシデント 2
DNS 49   ケブ・コフラン FTR スタートせず
DNS 76   マックス・ノイキルヒナー MZ-RE ホンダ スタートせず
DNQ 99   ルーカス・ワルガラ モリワキ 予選落ち

125ccクラス決勝結果編集

順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 18   ニコラス・テロル アプリリア 23 41:21.986 1 25
2 11   サンドロ・コルテセ アプリリア 23 +3.671 2 20
3 5   ヨハン・ザルコ デルビ 23 +4.466 6 16
4 25   マーベリック・ビニャーレス アプリリア 23 +4.468 11 13
5 94   ジョナス・フォルガー アプリリア 23 +12.140 8 11
6 7   エフレン・バスケス デルビ 23 +20.304 9 10
7 44   ミゲル・オリベイラ アプリリア 23 +25.905 3 9
8 39   ルイス・サロム アプリリア 23 +46.316 7 8
9 26   アドリアン・マルティン アプリリア 23 +46.395 10 7
10 15   シモーネ・グロツキー アプリリア 23 +49.447 14 6
11 63   ズルファミ・カイルディン デルビ 23 +51.071 15 5
12 33   セルヒオ・ガデア アプリリア 23 +1:00.365 12 4
13 84   ヤコブ・コーンフェール アプリリア 23 +1:00.479 16 3
14 31   ニクラス・アジョ アプリリア 23 +1:11.738 19 2
15 52   ダニー・ケント アプリリア 23 +1:13.752 23 1
16 99   ダニー・ウェブ マヒンドラ 23 +1:15.357 18
17 76   尾野弘樹 KTM 23 +1:18.155 21
18 77   マルセル・シュロッター マヒンドラ 23 +1:27.900 26
19 30   ジュリアン・ペドーネ アプリリア 23 +1:32.623 24
20 36   ホアン・ペレロ アプリリア 23 +1:35.088 25
21 3   ルイジ・モルシアーノ アプリリア 22 +1 Lap 22
22 86   Kevin Hanus ホンダ 22 +1 Lap 29
23 56   ピーター・セベスティエン KTM 22 +1 Lap 27
24 69   サラス・クマー アプリリア 21 +2 Laps 30
Ret 55   エクトル・ファウベル アプリリア 19 アクシデント 4
Ret 21   ハリー・スタフォード アプリリア 18 棄権 17
Ret 53   ジャスパー・イウェマ アプリリア 12 棄権 20
Ret 43   フランチェスコ・マウリエロ アプリリア 8 棄権 28
Ret 96   ルイ・ロッシ アプリリア 6 アクシデント 13
Ret 23   アルベルト・モンカヨ アプリリア 4 棄権 5
DNS 17   テイラー・マッケンジー アプリリア スタートせず
DNS 19   アレッサンドロ・トヌッチ アプリリア スタートせず

脚注編集

参考文献編集