メインメニューを開く
Jリーグ > Jリーグカップ > 2011年のJリーグカップ

2011年のJリーグカップは、2011年6月5日に開幕し10月29日国立霞ヶ丘陸上競技場で決勝が行われた大会である。

2011 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2011年6月5日-10月29日
参加チーム数 18
優勝 鹿島アントラーズ
準優勝 浦和レッズ
スルガ銀行CS出場 鹿島アントラーズ
試合総数 27
ゴール数 81 (1試合平均 3 点)
観客動員数 292,190 (1試合平均 10,822 人)
得点王 デスポトビッチ(浦和)
(4得点)
最優秀選手 大迫勇也(鹿島)
2010
2012
テンプレートを表示

優勝は鹿島アントラーズ(9年ぶり4回目)。

目次

大会名称編集

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとして2011Jリーグヤマザキナビスコカップとして開催する。

レギュレーション編集

当初の予定編集

当初は、前年までと同じ方式が採用される予定だった。

試合日程
  • 予選リーグ
  1. 3月15日
  2. 3月25日3月26日のいずれか
  3. 4月6日
  4. 4月20日
  5. 5月11日
  6. 5月25日
  7. 6月5日

東日本大震災に伴う大会形式の変更編集

開幕を目前に控えた3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生。Jリーグでは開催について協議した結果、3月13日に3月開催予定の第1・2節の中止・延期を発表。3月22日には、4月に予定していた第3・4節の開催中止・延期も発表した。そして、4月1日に「予選リーグを中止し、全試合トーナメント戦」とする、新たな大会概要を発表した[2]。全試合がトーナメント方式となったのは2001年大会(この時はJ1・J2の全チームが参加)以来。

  • 1・2回戦はホーム・アンド・アウェーでの2試合制。以下の方法で優劣を決定する[3]
    1. 2試合における合計得点数(=得失点差)
    2. アウェーでの得点数(アウェーゴールルール)
    3. 並んだ場合は第2戦の後半終了後、引き続き15分ハーフの延長戦(アウェーゴールルールは採用せず)
    4. それでも決しない場合はPK戦(双方5人ずつ。決着しない場合は6人目以降サドンデス方式)
    • 1回戦終了後、組み合わせ抽選を改めて行い、新たに大宮、新潟を2回戦からのシードとする。
  • 準々決勝・準決勝はホーム・アンド・アウェーをやめ、一方のチームのホームゲームによる一発勝負(同点の場合は延長戦→PK戦で完全決着)とする。
    • AFCチャンピオンズリーグ2011 (ACL2011) に出場する名古屋、G大阪、C大阪、鹿島の4チームは、当初の予定通り準々決勝からの出場とし、準々決勝はホームで戦う。
  • 決勝戦は当初から変更無し(1試合勝負・90分で同点の場合は延長戦→PK戦で決着)。日程も当初通り10月29日に設定された[1]

大会日程編集

ステージ ラウンド 第1戦 第2戦 備考
決勝トーナメント
1回戦 2011年6月5日 2011年7月27日
2回戦 2011年9月14日 2011年9月28日 大宮、新潟の出場
準々決勝
2011年10月5日
AFCチャンピオンズリーグ2011出場チーム(G大阪C大阪名古屋鹿島)の出場
準決勝
2011年10月9日
決勝
2011年10月29日

決勝トーナメント編集

1回戦、2回戦については、トーナメント表上側のチームが2戦目ホームとなる。

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
 
 
 
 
 
10月5日
 
 セレッソ大阪 1
 浦和レッズ 2
 
9月14日・9月28日
 
 大宮アルディージャ 1
6月5日・7月27日
 浦和レッズ 4
 モンテディオ山形 1
10月9日
 浦和レッズ 4
 浦和レッズ 2
 ガンバ大阪 1
 
 
 
 
 
10月5日
 
 ガンバ大阪 3
6月5日・7月27日
 ジュビロ磐田 1
 アビスパ福岡 0
9月14日・9月28日
 ジュビロ磐田 5
 ジュビロ磐田 3
6月5日・7月27日  
 ベガルタ仙台 0
 ベガルタ仙台 3     
 柏レイソル 1     
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
 
 
 
 
 
10月5日
 
 名古屋グランパス(aet) 5
 アルビレックス新潟 3
 
9月14日・9月28日
 
 アルビレックス新潟 4
6月5日・7月27日
 清水エスパルス 3
 清水エスパルス 2
10月9日
 ヴァンフォーレ甲府 1
 名古屋グランパス 1
 鹿島アントラーズ(aet) 2
 
 
 
 
 
10月5日
 
 鹿島アントラーズ(aet) 3
6月5日・7月27日
 横浜F・マリノス 2
 川崎フロンターレ 5
9月14日・9月28日
 サンフレッチェ広島 3
 川崎フロンターレ 3
6月5日・7月27日  
 横浜F・マリノス 6
 ヴィッセル神戸 2     
 横浜F・マリノス 3     

1回戦編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
モンテディオ山形 1 - 4 浦和レッズ 0 - 2 1 - 2
アビスパ福岡 0 - 5 ジュビロ磐田 0 - 2 0 - 3
ベガルタ仙台 3 - 1 柏レイソル 1 - 0 2 - 1
清水エスパルス 2 - 1 ヴァンフォーレ甲府 0 - 1 2 - 0
川崎フロンターレ 5 - 3 サンフレッチェ広島 2 - 2 3 - 1
ヴィッセル神戸 2 - 3 横浜F・マリノス 1 - 1 1 - 2

2回戦編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
大宮アルディージャ 1 - 4 浦和レッズ 0 - 2 1 - 2
ジュビロ磐田 3 - 0 ベガルタ仙台 0 - 0 3 - 0
アルビレックス新潟 4 - 3 清水エスパルス 1 - 3 3 - 0
川崎フロンターレ 3 - 6 横浜F・マリノス 0 - 4 3 - 2

準々決勝編集




準決勝編集


決勝編集

8年ぶり2回目の優勝を目指す浦和レッズと9年ぶり4回目の優勝を狙う鹿島アントラーズが対戦した。決勝がこの2チームとなるのは2003年以来8年ぶり3回目であった[4]。Jリーグトップの観客動員を誇る浦和が進出したこともあり、決勝戦のチケットは発売からわずか1時間で完売となった。

試合は終始鹿島が押し気味で進め、後半開始早々の5分に浦和MF山田直輝が退場し一人少なくなったことで猛攻を仕掛けるも、GK加藤順大を中心とした浦和守備陣が集中して守り切り、逆に鹿島も後半35分にDF青木剛が2枚目のイエローで退場となって10人対10人となったこともあり、90分では決着がつかず2年連続の延長戦へ突入。延長戦も組織的な攻撃で押し気味に試合を進めた鹿島が、延長前半終了間際の15分にFWの興梠慎三田代有三のワンツーパスから流れたボールをFW大迫勇也が右足でダイレクトにゴールを決めてついに先制。このゴールを守りきった鹿島が9年ぶり史上最多となる4回目の優勝を果たした。

浦和レッズ
GK 18   加藤順大
DF 06   山田暢久   107分
DF 26   濱田水輝
DF 17   永田充
DF 14   平川忠亮
MF 13   鈴木啓太    91分
MF 07   梅崎司   12分   76分
MF 22   山田直輝   47分   50分
MF 08   柏木陽介
MF 24   原口元気
FW 15   エスクデロ・セルヒオ
控え:
GK 01   山岸範宏
DF 02   坪井慶介   107分
DF 04   スピラノビッチ
MF 28   岡本拓也
MF 05   高橋峻希   99分   76分
FW 27   小島秀仁   91分
FW 31   デスポトビッチ
   
監督
  堀孝史
鹿島アントラーズ
GK 21   曽ヶ端準   120+1分
DF 07   新井場徹
DF 15   青木剛   43分   80分
DF 06   中田浩二
DF 05   アレックス   31分   76分
MF 20   柴崎岳
MF 40   小笠原満男    91分
MF 08   野沢拓也
MF 25   遠藤康   63分
FW 09   大迫勇也
FW 13   興梠慎三
控え:
GK 01   杉山哲
DF 22   西大伍
DF 23   昌子源
MF 10   本山雅志
MF 11   フェリペ・ガブリエル   76分
MF 14   増田誓志   91分
FW 30   田代有三   63分
   
監督
  オズワルド・オリヴェイラ
2011 Jリーグカップ 優勝
鹿島アントラーズ
9年ぶり4回目
テレビ中継

表彰編集

表彰名 選手名 所属クラブ
ニューヒーロー賞   原口元気 浦和レッズ
大会MVP   大迫勇也 鹿島アントラーズ

得点ランキング編集

順位 選手名 クラブ 得点数
1   デスポトビッチ 浦和レッズ 4
2   大迫勇也 鹿島アントラーズ 3
  大黒将志 横浜F・マリノス 3

脚注編集

  1. ^ a b 平年は11月3日が決勝戦となるが、AFCチャンピオンズリーグ2011 (ACL2011) の決勝戦が11月4日または11月5日に開催される予定であり、ACLに出場(かつナビスコ杯シード)4チームのいずれかが決勝に進出した場合の日程調整が必要であることから、決勝戦の会期は当初発表時は未定とした。その後、ACL2011決勝ラウンドに日本から4チームが出場したことを受けて、平年より繰り上げた10月29日に設定された(関連して10月29日10月30日に予定されたJ131節は11月3日に繰り下げ)。
  2. ^ 2011 Jリーグヤマザキナビスコカップ 開催概要(改訂版)発表 Jリーグ公式サイト 2011年4月1日
  3. ^ Jリーグ公式サイト:ヤマザキナビスコカップ:大会概要 2011年5月21日閲覧。
  4. ^ この試合までの決勝における対戦成績は1勝1敗(2002年決勝は1 - 0でアントラーズが、2003年決勝は4 - 0でレッズが勝利)

関連項目編集