メインメニューを開く

2011年モナコグランプリは、2011年F1世界選手権第6戦として、2011年5月29日モンテカルロ市街地コースで開催された。2011 Formula 1 Gran Prix de Monaco[1]

モナコの旗 2011年モナコグランプリ
レース詳細
Monte Carlo Formula 1 track map.svg
日程 2011年シーズン第6戦
決勝開催日 5月29日
開催地 モンテカルロ市街地コース
モナコ
コース長 3.340km
レース距離 78周(260.520km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:13.556
ファステストラップ
ドライバー オーストラリアの旗 マーク・ウェバー
タイム 1:16.234(Lap 78)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

結果編集

結果 No ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:15.606 1:14.277 1:13.556 1
2 4   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:15.397 1:14.545 1:13.997 2
3 2   マーク・ウェバー レッドブルルノー 1:16.087 1:14.742 1:14.019 3
4 5   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:16.051 1:14.569 1:14.483 4
5 7   ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:16.092 1:14.981 1:14.682 5
6 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 1:16.309 1:14.648 1:14.877 6
7 8   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:15.858 1:14.741 1:15.766 7
8 12   パストール・マルドナド ウィリアムズコスワース 1:15.819 1:15.545 1:16.528 8
9 3   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1:15.207 1:14.275 no time1 9
10 17   セルジオ・ペレス ザウバーフェラーリ 1:15.918 1:15.482 no time2 DNS
11 10   ビタリー・ペトロフ ルノー 1:16.378 1:15.815 10
12 11   ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズコスワース 1:16.616 1:15.826 11
13 16   小林可夢偉 ザウバーフェラーリ 1:16.513 1:15.973 12
14 15   ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 1:16.813 1:16.188 13
15 14   エイドリアン・スーティル フォースインディアメルセデス 1:16.600 1:16.121 14
16 9   ニック・ハイドフェルド ルノー 1:16.681 1:16.214 15
17 14   セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソフェラーリ 1:16.358 1:16.300 16
18 20   ヘイキ・コバライネン ロータスルノー 1:17.343 17
19 21   ヤルノ・トゥルーリ ロータスルノー 1:17.381 18
20 19   ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソフェラーリ 1:17.820 19
21 24   ティモ・グロック ヴァージンコスワース 1:17.9143 20
22 25   ジェローム・ダンブロシオ ヴァージンコスワース 1:18.7363 21
予選通過タイム: 1:20.471 (107%ルール)
23 22   ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース no time 22
24 23   ヴィタントニオ・リウッツィ HRTコスワース no time 23

Notes:

  1. ^ – ルイス・ハミルトンはQ3にて7番手タイムに相当する1:15.280を記録したが、シケインカットによりタイム抹消
  2. ^ – セルジオ・ペレスはQ3中にクラッシュ、負傷したため、決勝は出走せず
  3. ^ – ナレイン・カーティケヤン・ヴィタントニオ・リウッツィは予選時にカートラブルによりタイムを記録できなかったが、練習走行時に107%タイムを満たしていたため、出走を許可された。

決勝編集

展開編集

結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid ポイント
1 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 78 2:09:38.373 1 25
2 5   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 78 +1.138 4 18
3 4   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 78 +2.378 2 15
4 2   マーク・ウェバー レッドブルルノー 78 +23.101 3 12
5 16   小林可夢偉 ザウバーフェラーリ 78 +26.916 12 10
6 3   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 78 +47.2101 9 8
7 14   エイドリアン・スーティル フォースインディアメルセデス 77 +1 Lap 14 6
8 9   ニック・ハイドフェルド ルノー 77 +1 Lap 15 4
9 11   ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズコスワース 77 +1 Lap 11 2
10 18   セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソフェラーリ 77 +1 Lap 16 1
11 8   ニコ・ロズベルグ メルセデス 76 +2 Laps 7
12 15   ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 76 +2 Laps 13
13 21   ヤルノ・トゥルーリ ロータスルノー 76 +2 Laps 18
14 20   ヘイキ・コバライネン ロータスルノー 76 +2 Laps 17
15 25   ジェローム・ダンブロシオ ヴァージンコスワース 75 +3 Laps 21
16 23   ヴィタントニオ・リウッツィ HRTコスワース 75 +3 Laps 23
17 22   ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース 74 +4 Laps 22
18 12   パストール・マルドナド ウィリアムズコスワース 73 アクシデント2 8
Ret 10   ビタリー・ペトロフ ルノー 67 アクシデント 10
Ret 19   ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソフェラーリ 66 アクシデント 19
Ret 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 32 アクシデント 6
Ret 7   ミハエル・シューマッハ メルセデス 32 火災 5
Ret 24   ティモ・グロック ヴァージンコスワース 30 サスペンション 20
DNS 17   セルジオ・ペレス ザウバーフェラーリ 0 負傷

Notes:

  1. ^ – ルイス・ハミルトンはパストール・マルドナドとの接触の原因を作ったとして、レース後に20秒加算ペナルティを課せられた。
  2. ^ – パストール・マルドナドは73周目、サンデボーテでハミルトンと接触・リタイアしたが、レースの90%以上を消化していたため、完走扱い

第6戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集