2011年世界ジュニア柔道選手権大会

2011年世界ジュニア柔道選手権大会(第17回世界ジュニア柔道選手権大会)は南アフリカケープタウン2011年11月3日から11月6日まで開催された[1]。 今大会はコーチが選手に対して、審判がマテをかけてからハジメと発声する間のみ有用な技術的及び戦術的助言を送ることを認めるといった、コーチの試合中の掛け声に対する制限が試験的に導入された[2]

メダリスト編集

男子編集

Event
55kg以下級   サハヴァト・ガドジエフ   セリクテイ・ザケタイェフ   ゲルト・マース
  ゲオルゲ・メサブリシビリ
60kg以下級   高藤直寿   アン・バウル   エルドス・スメトフ
  アラン・クワバラ
66kg以下級   竪山将   マゴメド・アフマロフ   ラシャ・シャフダトゥアシビリ
  イ・ドンキョ
73kg以下級   大野将平   アジズ・カルカマニュリ   ウラジーミル・ゾロエフ
  チョン・ヘジュ
81kg以下級   丸山剛毅   アルベルト・コストエフ   ベカ・グビニアシビリ
  ハバムベイ・ホヴダル
90kg以下級   カズベク・ザンキシエフ   フセン・ハルムルザエフ   ベン・フレッチャー
  スタニスラフ・レティンスキー
100kg以下級   ホセ・アルメンテロス   ドメニコ・ディグイダ   浅沼拓海
  アリハン・ドゥザルモトフ
100kg超級   王子谷剛志   チョ・グハム   スベン・ハインレ
  アントン・クリヴォボコフ

女子編集

Event
44kg以下級   濵田早萌   アグエダ・シルバ   クリスティナ・カサス
  ヘイリー・ウイリス
48kg以下級   遠藤宏美   アレシャ・クズネツォワ   メラニー・クレマン
  チェ・スヒ
52kg以下級   宮川拓美   オレクサンドラ・スタルコワ   フローチェ・ストープ
  チェイェンネ・ビエンツ
57kg以下級   山本杏   サンネ・フェルハーヘン   ティナ・ゼルトナー
  ファビエンヌ・コッハー
63kg以下級   太田晴奈   ハリマ・ムハメド=セギール   クラリス・アグベニュー
  カテリナ・リアリナ
70kg以下級   ベルナデッテ・グラフ   ツェンドアユシュ・ナランジャルガル   リサ・シュナイデル
  チェン・ロン
78kg以下級   梅木真美   ユン・ヒョンジ   フーシェ・ステーンハイス
  ユリア・ティルマンス
78kg超級   井上愛美   カロリン・ヴァイス   テシー・サフェルカウルス
  ジョ・アラ

各国メダル数編集

国・地域
1   日本 12 0 1 13
2   ロシア 2 4 3 9
3   オーストリア 1 0 1 2
4   キューバ 1 0 0 1
5   韓国 0 3 4 7
6   カザフスタン 0 2 2 4
7   ドイツ 0 1 3 4
  オランダ 0 1 3 4
9   ウクライナ 0 1 2 3
10   ブラジル 0 1 1 2
11   イタリア 0 1 0 1
  モンゴル 0 1 0 1
  ポーランド 0 1 0 1
14   ジョージア 0 0 3 3
15   フランス 0 0 2 2
  イギリス 0 0 2 2
  スイス 0 0 2 2
18   ベルギー 0 0 1 1
  中国 0 0 1 1
  スペイン 0 0 1 1

年齢詐称疑惑編集

  • 90kg級で2位になったロシアのフセン・ハルムルザエフは1993年10月9日生まれということになっていたが、実際はそれより3年早く生まれているという疑惑が浮上した。今大会は大会開催年の12月31日時点で男女とも20歳未満の選手がジュニア年齢と規定されているため、もしその疑惑が事実なら、今大会においてハルムルザエフに出場資格はなく、規定違反に該当することとなる。なお、ハルムルザエフは当初2013年のヨーロッパジュニアに出場予定だったが、年齢詐称疑惑が浮上したことにより、ロシアチームはハルムルザエフの出場を見合わせることになった[3][4]

脚注編集

外部リンク編集