メインメニューを開く

2011 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表

2011 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表(2011フィーファじょしワールドカップにほんじょしだいひょう)は、2011年6月26日から7月17日にかけて、ドイツで開催された2011 FIFA女子ワールドカップサッカー日本女子代表チームである。

概要編集

6回目の出場となる今回はグループリーグ2勝1敗の2位で通過し、第2回大会以来の決勝トーナメント進出。これまで一度も勝利していなかった優勝候補のドイツアメリカを破り、男女、年齢別代表を通じ、日本代表としては初のFIFA主催の世界大会優勝という快挙を成し遂げた。 また大会のフェアプレー賞も受賞した。 MVPと得点王には澤穂希、また大会の優秀選手にあたるオールスターチームには澤をはじめ海堀あゆみ宮間あや大野忍の4人が選ばれた。

本大会登録メンバー編集

  • 「出場状況」欄の「〇」はフル出場、「▼」は途中交代アウト、「▲」は途中交代イン、「退」は退場、数字は試合開始からの経過時間(分)、「得点」は獲得得点をそれぞれ表す。
  • 「所属クラブ」は、開会式が行われた2011年6月26日時点の所属クラブ。試合の日付は現地時間。
背番号 選手名 ポジション 所属クラブ 出場状況 備考
NZL
6月27日
MEX
7月1日
ENG
7月5日
GER
7月9日
SWE
7月13日
USA
7月17日
1 山郷のぞみ GK   浦和レッズレディース
2 近賀ゆかり DF   INAC神戸レオネッサ
3 岩清水梓 DF   日テレ・ベレーザ 退 121
4 熊谷紗希 DF   浦和レッズレディース
5 矢野喬子 DF   浦和レッズレディース
6 阪口夢穂 MF   アルビレックス新潟レディース ▼75
7 安藤梢 FW   デュースブルク ▼90+2 ▼69 ▼56 ▼66
8 宮間あや MF   岡山湯郷Belle 〇 1得点 ▼89 〇 1得点 主将代行
9 川澄奈穂美 MF   INAC神戸レオネッサ ▲69 ▲82 ▼74 2得点
10 澤穂希 MF   INAC神戸レオネッサ ▼83 3得点 〇 1得点 〇 1得点 主将
11 大野忍 FW   INAC神戸レオネッサ ▼55 ▼69 1得点 ▼82 ▼66 ▼86 ▼66
12 福元美穂 GK   岡山湯郷Belle
13 宇津木瑠美 MF   モンペリエ ▲83 ▲116
14 上尾野辺めぐみ DF   アルビレックス新潟レディース ▲89
15 鮫島彩 DF   ボストン・ブレイカーズ
16 田中明日菜 DF   INAC神戸レオネッサ ▲90+2
17 永里優季 FW   トゥルビネ・ポツダム ▼76 1得点 ▼46 ▲74 ▲66
18 丸山桂里奈 FW   ジェフ千葉レディース ▲76 ▲56 ▲46 1得点 ▲66 ▼119
19 高瀬愛実 FW   INAC神戸レオネッサ ▲86
20 岩渕真奈 FW   日テレ・ベレーザ ▲55 ▲69 ▲75 ▲66 ▼116 ▲119
21 海堀あゆみ GK   INAC神戸レオネッサ

スタッフ編集

審判員(レフェリー)編集

試合結果編集

グループリーグ編集

グループB

チーム 勝点
試合
勝利
引分
敗戦
得点
失点
点差
  イングランド 7 3 2 1 0 5 2 +3
  日本 6 3 2 0 1 6 3 +3
  メキシコ 2 3 0 2 1 3 7 -4
  ニュージーランド 1 3 0 1 2 4 6 -2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
ニュージーランド[2]
 
日本:
GK 21 海堀あゆみ
RB 2 近賀ゆかり
CB 3 岩清水梓
CB 4 熊谷紗希
LB 15 鮫島彩
CM 6 阪口夢穂
CM 10 澤穂希
RW 7 安藤梢   90+2分
LW 8 宮間あや
CF 11 大野忍   55分
CF 17 永里優季   76分
途中出場:
FW 20 岩渕真奈   55分
FW 18 丸山桂里奈   76分
DF 16 田中明日菜   90+2分
監督:
  佐々木則夫
 
 
ニュージーランド:
GK 1 Jenny Bindon
RB 3 Anna Green
CB 5 Abby Erceg
CB 6 Rebecca Smith (c)   67分
LB 7 Ali Riley
CM 12 Betsy Hassett
CM 4 Katie Hoyle
RW 2 Ria Percival   76分
LW 18 Katie Bowen   45+1分   46分
CF 10 Sarah Gregorius   62分
CF 9 Amber Hearn   77分
途中出場:
MF 8 Hayley Moorwood   46分
FW 17 Hannah Wilkinson   62分
MF 16 Annalie Longo   76分
Manager:
  John Herdman

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ:
宮間あや (日本)

副審:
Anu Jokela(フィンランド[1]
Tonja Paavola(フィンランド[1]
第4審判:
Kateryna Monzul(ウクライナ[1]


 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メキシコ[4]
 
日本:
GK 21 海堀あゆみ
RB 2 近賀ゆかり
CB 3 岩清水梓
CB 4 熊谷紗希
LB 15 鮫島彩
RM 11 大野忍   69分
CM 6 阪口夢穂
CM 10 澤穂希   83分
LM 8 宮間あや
CF 7 安藤梢   69分
CF 17 永里優季
途中出場:
MF 9 川澄奈穂美   69分
FW 20 岩渕真奈   69分
MF 13 宇津木瑠美   83分
監督:
佐々木則夫
 
 
メキシコ:
GK 20 Cecilia Santiago
RB 5 Natalie Vinti
CB 6 Natalie Garcia
CB 4 Alina Garciamendez
LB 15 Luz del Rosario Saucedo
DM 10 Dinora Garza
DM 11 Nayeli Rangel   46分
RW 21 Stephany Mayor
LW 19 Mónica Ocampo
SS 18 Veronica Perez   79分
CF 9 マリベル・ドミンゲス (c)   62分
途中出場:
MF 13 Liliana Mercado   46分
DF 2 Kenti Robles   62分
MF 17 Teresa Noyola   79分
Manager:
Leonardo Cuéllar

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ:
澤穂希 (日本)

副審:
Hege Steinlund(ノルウェー[3]
Lada Rojc(クロアチア[3]
第4審判:
Thalia Mitsi(ギリシャ[3]


 
 
 
 
 
 
イングランド[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本[6]
 
イングランド:
GK 1 Karen Bardsley
RB 2 Alex Scott
CB 15 Sophie Bradley
CB 6 Casey Stoney (c)
LB 3 Rachel Unitt
CM 4 Jill Scott
CM 18 Anita Asante
RW 12 Karen Carney
LW 7 Jessica Clarke   46分
SS 10 Kelly Smith   62分
CF 9 Ellen White
途中出場:
MF 11 Rachel Yankey   46分
FW 14 Eniola Aluko   62分
監督:
Hope Powell
 
 
日本:
GK 21 海堀あゆみ
RB 2 近賀ゆかり
CB 3 岩清水梓
CB 4 熊谷紗希
LB 15 鮫島彩
CM 6 阪口夢穂   75分
CM 10 澤穂希
RW 11 大野忍   82分
LW 8 宮間あや
CF 7 安藤梢   56分
CF 17 永里優季
途中出場:
FW 18 丸山桂里奈   56分
FW 20 岩渕真奈   75分
MF 9 川澄奈穂美   82分
監督:
佐々木則夫

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ:
Jill Scott (イングランド)

副審:
Marlene Duffy(アメリカ合衆国[5]
Emperatriz Ayala(エルサルバドル[5]
第4審判:
Kari Seitz(アメリカ合衆国[5]

決勝トーナメント編集

準々決勝編集


 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドイツ[7]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本[7]
 
ドイツ:
GK 1 Nadine Angerer
RB 10 Linda Bresonik   65分
CB 5 Annike Krahn
CB 3 Saskia Bartusiak
LB 4 Babett Peter   105+1分
CM 14 Kim Kulig   8分
CM 6 Simone Laudehr
RW 18 Kerstin Garefrekes (c)
LW 7 Melanie Behringer
AM 13 Célia Okoyino da Mbabi
CF 8 Inka Grings   102分
途中出場:
DF 2 Bianca Schmidt   8分
DF 20 Lena Goeßling   65分
FW 11 Alexandra Popp   102分
監督:
Silvia Neid
 
 
日本:
GK 21 海堀あゆみ
RB 2 近賀ゆかり
CB 3 岩清水梓   55分
CB 4 熊谷紗希   115分
LB 15 鮫島彩
CM 6 阪口夢穂   72分
CM 10 澤穂希   87分
RW 11 大野忍   66分
LW 8 宮間あや
SS 7 安藤梢
CF 17 永里優季   46分
途中出場:
FW 18 丸山桂里奈   46分
FW 20 岩渕真奈   66分   116分
MF 13 宇津木瑠美   116分
監督:
佐々木則夫

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ:
澤穂希 (日本)

副審:
Rita Munoz(メキシコ
Mayte Chavez(メキシコ
第4審判:
キャロル・アン・チェナード(カナダ

準決勝編集


 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本[8]
 
 
 
 
 
 
 
 
スウェーデン[8]
 
日本:
GK 21 海堀あゆみ
RB 2 近賀ゆかり
CB 3 岩清水梓
CB 4 熊谷紗希
LB 15 鮫島彩
CM 6 阪口夢穂
CM 10 澤穂希
RW 11 大野忍   86分
LW 8 宮間あや   89分
CF 7 安藤梢
CF 9 川澄奈穂美   74分
途中出場:
FW 17 永里優季   74分
FW 19 高瀬愛実   86分
DF 14 上尾野辺めぐみ   89分
監督:
佐々木則夫
 
 
スウェーデン:
GK 1 Hedvig Lindahl
RB 4 Annica Svensson   70分
CB 7 Sara Larsson
CB 2 Charlotte Rohlin (c)
LB 6 Sara Thunebro
CM 20 Marie Hammarström   69分
CM 17 Lisa Dahlkvist
RW 16 Linda Forsberg   65分
LW 15 Therese Sjögran
CF 8 ロッタ・シェリン
CF 14 Josefine Öqvist   75分
途中出場:
MF 10 Sofia Jakobsson   65分
FW 9 Jessica Landström   69分
MF 11 Antonia Göransson   75分
監督:
Thomas Dennerby

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ:
宮間あや (日本)

副審:
Rita Munoz(メキシコ
Mayte Chavez(メキシコ
第4審判:
Therese Neguel(カメルーン

決勝編集


 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本[10]
 
 
 
 
 
アメリカ合衆国[10]
 
日本:
GK 21 海堀あゆみ
RB 2 近賀ゆかり
CB 3 岩清水梓   120+1分
CB 4 熊谷紗希
LB 15 鮫島彩
CM 6 阪口夢穂
CM 10 澤穂希
RW 11 大野忍   66分
LW 8 宮間あや   97分
CF 7 安藤梢   66分
CF 9 川澄奈穂美
途中出場:
FW 18 丸山桂里奈   66分   119分
FW 17 永里優季   66分
FW 20 岩渕真奈   119分
監督:
  佐々木則夫
 
 
アメリカ合衆国:
GK 1 ホープ・ソロ
RB 11 アレックス・クリーガー英語版
CB 19 レイチェル・ベーラー英語版
CB 3 クリスティ・ランポーン英語版
LB 6 エイミー・レペイルベット英語版
CM 10 カーリー・ロイド
CM 7 シャノン・ボックス英語版
RW 9 ヘザー・オライリー英語版
LW 15 ミーガン・ラピノー   114分
SS 12 ローレン・チェニー英語版   46分
CF 20 アビー・ワンバック
途中出場:
FW 13 アレックス・モーガン   46分
MF 17 トビン・ヒース英語版   114分
監督:
  ピア・スンドハーゲ

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ:
海堀あゆみ(日本)

副審:
マリナ・ウォズニアック(ドイツ[9]
カトリン・ラファルスキー(ドイツ[9]
第4審判:
イェニー・パルムクヴィスト(スウェーデン[9]

受賞編集

また各選手は、出身地もしくは所属するチームがある都道府県・市町村の、県民栄誉賞なども受賞している。

脚注編集

  1. ^ a b c d Schiedsrichterinnen für die Spiele 1 bis 8 benannt”. FIFA (2011年6月24日). 2011年6月24日閲覧。
  2. ^ a b Tactical Line-up – Group B – Japan-New Zealand (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2011年6月27日). 2011年6月27日閲覧。
  3. ^ a b c d Schiedsrichterinnen für die Spiele 9 bis 16 benannt”. FIFA (2011年6月28日). 2011年6月28日閲覧。
  4. ^ a b Tactical Line-up – Group B – Japan-Mexico (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2011年7月1日). 2011年7月1日閲覧。
  5. ^ a b c d Bibiana Steinhaus pfeift Äquatorial-Guinea gegen Brasilien”. dfb.de (2011年7月4日). 2011年7月4日閲覧。
  6. ^ a b Tactical Line-up – Group B – England-Japan (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2011年7月5日). 2011年7月5日閲覧。
  7. ^ a b Tactical Line-up – Quarterfinal – Germany-Japan (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2011年7月9日). 2011年7月9日閲覧。
  8. ^ a b Tactical Line-up – Semifinal – Japan-Sweden (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2011年7月13日). 2011年7月13日閲覧。
  9. ^ a b c d FIFA Women's World Cup Final 2011: Steinhaus (GER)”. refereeingworld.blogspot.com (2011年7月15日). 2011年7月15日閲覧。
  10. ^ a b Tactical Line-up (PDF)” (英語). FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2011年7月17日). 2011年8月6日閲覧。
  11. ^ なでしこに国民栄誉賞!菅内閣が凱旋試合を観戦へ:日本代表:サッカー特集 - スポーツ報知[リンク切れ]
  12. ^ なでしこ、国民栄誉賞の表彰式 記念品は化粧筆7本 - スポーツ - asahi.com(朝日新聞社)

関連項目編集